【新関東リーグ2022・2部Aブロックマッチハイライト】新関東リーグ2部が遂に開幕。初日を勝利し、好発進を見せたチームはどこか。

中嶋 快

第1節 慶應FC NINDO vs 日本大学スポーツ科学部サッカー部

マガジン杯3位と夏に結果を出し、勢いに乗る慶應FC NINDO(以下:慶應NINDO)とアットホームカップ決勝まで進出し、全国大会への出場を決めている日本大学スポーツ科学部(以下:日大スポ科)が対戦。
前半は個人の技術が光る日大スポ科が優勢だったが、慶應NINDOの堅い守備を崩すことができない。後半は一転して慶應NINDOペース。82番蓮沼介永(3年=慶應志木)のロングスローや積極的な交代で幾度もゴールに迫るが、日大スポ科キャプテン5番牧野直人(3年=石神井)を中心とした守備を崩せず、そのまま0-0で試合を終えた。

 

 

第1節 駒澤大学サッカー同好会vs日本大学法学部サッカー部

毎年高い技術力を持ち、安定した戦いをする駒澤大学サッカー同好会(以下:駒同)と年々力をつけている日本大学サッカー部(以下:日法)との試合。
試合は終始、駒同ペース。前半15分29番竹富皓太郎(1年=駿台)のキープからのマイナスのボールに19番小野俊輔(1年=高松商業)が反応し、ワントラップからのシュートをゴールニアへ流しこんだ。後半25分には74番梨本駿介(2年)が後ろから運んでつけたボールを14番清水宏晃(3年)がペナルティエリア手前で前向いてトラップすると、ニアに落ち着いてシュートを決めた。試合は2−0で駒同が勝利した。

 

 

第1節 法政大学学団連サッカー部vs東京都立大学八雲FC

アットホームカップで強豪早稲田稲穂キッカーズを倒し、勢いに乗る法政大学学団連サッカー部(以下:学団連)とこちらもアットホームカップに出場した東京都立大学八雲FC(以下:八雲FC)の試合。
試合は終始学団連ペース。前半5分コーナキックからのボールをファーで4番島一将(3年=法政二高)がダイレクトボレーで合わせゴール。前半10分には左サイドで抉ったクロスからオウンゴールを誘発し、2-0とする。さらに学団連は66番森田純平(2年=焼津中央)がシュートのこぼれ球を拾い、体をひねってサイドネットに突き刺した。さらに学団連は後半に一点を追加し、4-0で勝利した。

 

第1節 明治大学体同連サッカー部vs FC立教

アットホームカップベスト4に進出し、全国大会出場を決めているFC立教対明治の強豪、明治大学体同連サッカー部(以下=体同連)との試合。
試合は両チーム拮抗する展開だったが、前半25分試合が動く。FC立教キャプテン2番上山直弥(3年=桐光学園)がコーナーキックからディフレクションしたボールを左足で合わせ、先制。このまま負けられない体同連は後半5分、22番岡本拓真(=明大八王子)がペナルティエリア外からスーパーミドルを突き刺し、同点に追いつく。ここからは体同連ペース。後半10分には10番野津春樹(=3年逗子開成)の低いクロスを327番金子京矢(=3年東海大高輪台)がダイレクトで合わせ、逆転に成功。さらに体動連は後半30分327番金子のスルーパスから8番高嶋友暉(=3年トリプレッタ)が抜け出し、キーパーとの1対1を冷静に決めて点差を離した。このまま試合は終了。体同連が3-1で勝利した。

 

第2節 慶應FCNINDO VS 駒澤大学サッカー同好会

初戦で勝利できず勝ちが欲しい慶應NINDOと初戦を勝利し、波に乗る駒同との試合。
序盤は個々の圧倒的な技術力を生かし、駒同がゴールに迫るが、慶應NINDOの堅い守備を崩せず。すると前半10分、ゴール前で6番千葉遼(3年=桜修館)がボールをキープすると、相手のファウルを誘いPKを獲得。このPKを自ら決め、慶應NINDOが先制点を獲得。さらに後半4分には駒同のクリアボールを11番渡辺健矢(3年=暁星)がダイレクトボレーで合わせ、2点目を獲得し、そのまま2-0で慶應NINDOが勝利した。

 

第2節 日本大学スポーツ科学部サッカー部VS日本大学法学部サッカー部

第二節で日大対決が実現した。学内戦を制し、アットホームカップに出場した日大スポ科と2試合目で勝ちが欲しい日法の試合。
試合は終始日大スポ科ペース。前半5分、37番椿斗和(1年=東久留米総合)のクロスに39番望月治征(1年=実践学園)が合わせ、先制点を獲得。8分には再び37番の椿のパスに39番望月が抜け出しゴールを決めた。21分には41番中川将貴(1年=宇都宮短大付属)がスルーパスに抜け出し、シュートを決めた。47分には5番牧野直人(3年=石神井)のクロスに34番中屋怜歩(1年=静岡学園)が合わせ、4点目を獲得。その後3得点を追加した日大スポ科は、大量7得点を奪い、7−1で日大対決を制した。

 

第2節 八雲FCVS明治大学体同連サッカー部

初戦に敗れ勝ちが欲しい八雲FCと初戦に勝利し、勢いに乗る体同連との試合。
先制は明治体同連だった。11番江頭亮太(3年=川和)がゴール前の混戦から押し込んでゴールを決めた。このままでは終われない八雲FCは失点直後、流れるパスワークから82番赤川扇月(3年=旭川実業)が倒れながらダイレクトシュートを決めた。さらにその10分後には、左サイドからの逆サイドへの大きなロングボールに反応した伊勢亀翔大(1年=県立日立第一)がダイレクトで合わせて2点目を獲得し、逆転に成功した。逆転を狙う体同連は幾度もゴールに迫るが、八雲FCキーパー46番池永怜央(3年=横浜桜ヶ丘)が好セーブを連発。FC八雲が一点差で逃げ切り、2ー1で勝利した。

 

第2節 法政大学学団連サッカー部VS FC立教

1試合目に大勝し、勢いに乗る学団連と2試合目で勝ちが欲しいFC立教との試合。
先制はFC立教だった。前半3分。ハーフウェイ付近からのフリーキックからGKがパンチングしたこぼれ球をFC立教68番久米陸斗(4年=熊谷)番がヘディングで叩きつけた。一方の学団連は失点の直後。コーナー付近のフリーキックからオウンゴールを誘い、前半を1-1で折り返した。後半は学団連ペース。後半5分、コーナーキックから1番がニアで合わせ、逆転に成功した。さらに学団連は後半34分、1番阿部克生(2年=浦和南)のスルーパスに16番森琢磨(=2年福岡大濠)が抜け出し、キーパーをかわして無人のゴールに流し込んだ。結果学団連がFC立教に3−1で勝利した。

 

 

 

 

 

 

【新関東リーグ2022・2部Aブロックマッチハイライト】新関東リーグ2部が遂に開幕。初日を勝利し、好発進を見せたチームはどこか。のチームページ

Written by

中嶋 快

nakajimakai

Keywords

Recommend

コラム 2017.02.18

【新人戦1年生大会①】総集編

【優勝】 中央大学体同連フースバルクラブA 【総評】 2月7・8日に行われた新人戦1年生①は中央大学フースバル同士の決勝戦となり、圧倒的な層の厚さを見せつけ"フースバルの大会…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.15

【BMOM98】西出有佑(3年=座間)が伝統の中大ダービーを制する決勝点!!

来たる6月10日、中央大学フースバルクラブ(:以下中央フースバル)と中央大学サッカー同好会(:以下中大サカ同)の両チームが待ちわびた因縁の中大対決がサークル界の「埼玉スタジアム2002」、ZOZOパー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.09.11

第4回 新関東リーダーズカレッジ 開催!

【Criacao×BeYond】 第4回新関東リーダーズカレッジ? ?日時 9/30(月) 18:00〜20:00 ?場所 AP西新宿 ?テーマ 最後のサークル活動をどのよう…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.16

[スパイク特集vol.3] HGのスパイクを履いているのに足の裏にマメができる!?そんな疑問を解決します!

今年は、夏が終わったと思ったら秋をすっ飛ばして冬になってしまいましたね。 ですが、スパイクコラムは大事なことを飛ばすことなくやっていきたいと思います!     …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.16

【BMOM12】菰原 大喜(2年)が途中出場で決勝点を挙げる大活躍

ウルトラマン 菰原 早稲田大学HUMAN.F.Cは第6節、立教大学サッカー愛好会と対戦した。結果は2-1で早稲田HUMANが勝利した。試合は前半開始早々から1点ずつ奪い合い、1-1で迎えた後半23分…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.16

【BMOM93】中島剣士郎(2年=早大本庄)が稲穂を優勝へ導く意地の一発!

5/13〜14に鹿島ハイツで開催された稲穂カップ2018は、早稲田大学稲穂キッカーズA(以下:稲穂)が慶応義塾大学キッカーズフットボールクラブ(以下:キッカーズ)を1-0で撃破し稲穂の優勝で幕を閉じた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.27

【マネの想いvol.8】"無冠の代とは言わせない"

–稲穂キッカーズ(以下稲穂)は練習がすごく厳しいことで有名ですよね。 週3回、午前に2時間練習します。早いときは8時から。2時間集中して練習を行います。遅刻は絶対にだめで、1年時からプレマネ関係なく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.02.14

【BeYonD History vol.5】創設者が明かすビヨンド誕生秘話とサークル界への想い

大学サッカーサークル・同好会情報を発信している私たちBeYonD(以下:ビヨンド)は今年度で7年目を迎えます!!突然ですが、そんな私たちビヨンドがどのようにして誕生したか気になりませんか?? 今回の…

read more 大田智輝
コラム 2020.11.01

【新関東リーグ2020・1部第2節マッチハイライト】優勝のために負けられない一戦の結果は!?

11月1日、開幕戦と共に連日鹿島ハイツで行われた第2節の結果がこちら。 開幕戦を勝利で飾り、共に連勝したい中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)と慶應大学理工学部サッカー部(以下:リコタイ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM2]FW大場駿(4年) 稲穂のインザーギ大場が2ゴールに絡む大活躍

稲穂のインザーギ 大場 第4節、勝ち点9の首位稲穂は勝ち点7と2位につけているフースバルとの天王山に2-0で勝利した。この大事な一戦でFWの97番大場 駿(4年=横河武蔵野Y)は、決勝点となる先制点…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-