大学サッカーサークル最強チームが挑む!YouTube史上初のReelZ LEAGUE とは?

竹中莉夏

ReelZ LEAGUEに出場中の2チームのキャプテンにインタビューしてみました!!

こんにちは!BeYonD編集部です!

今回の記事は、「ReelZ LEAGUE」に出場中のREVENGERSと、B&Bのキャプテン対談になります!

ReelZ LEAGUEとは、YouTube史上初の、新時代のサッカーリーグです。

このリーグには、元日本代表の那須大亮選手率いるWINNER’s1000人を超えるオーディションから勝ち上がったメンバーで構成されるTopBang、お笑い芸人チームや自衛隊チームなど、8チームが参加しています。

その中で、大学生チームから唯一、中央大学サッカー同好会(以下、中大サカ同)が選ばれています。中大サカ同は、昨年度、関東大会4冠・全国大会1冠という功績を残し、夏の全国大会であるマガジン杯では、那須大亮選手を監督として迎え入れました。その繋がりから、今回出場をオファーされ、B&Bというチーム名で出場しています!

今回インタビューしたのは、打倒WINNER’sを掲げるREVENGERSのキャプテン、あせい選手(写真右)と、大学生代表チームのB&Bのキャプテン、阿部真珠選手(写真左)です!

 

Q.今日の試合の感想をお願いします

あせい選手:先制点をとられた時は、結構えぐいシュートで綺麗に崩されたなあっていう感じだったんですけど、まあでもサッカーはあれぐらいバチバチしないとダメだと思うので。結果勝てましたけど、良い試合できたかなと思います。

阿部選手:前半は50:50でしっかり折り返せて、後半1失点したところで、全体的に守備が崩れちゃったかなっていう印象はあるので、メンバーがガラッと変わってそこを話し合えてなかったので、チーム力が課題でした。

 

Q.お互いのチームの印象を教えてください

あせい選手:ボール持てる選手や蹴れる選手がいる中で、僕たちの警戒していた選手がいなかったけど、でもその中でもクオリティが高いなという風に思いました。

阿部選手:試合前も何回かREVENGERSの試合を見たりしたんですが、今日の試合も通じて、やっぱり縦の推進力は凄いなと思いました。あとは、おば太郎さんだったり中盤から出てくる選手が、相手の嫌なところを狙うサッカーが上手いなと思いました。

 

Q.今日の試合の中で印象に残っている選手はいますか?

あせい選手:僕は野田選手ですね。ボール持てるし、運べるし、持たれたら厄介だなあと思いました。ハーフタイムもそうですけど、中盤のボールを持てる選手にいかにボールを持たせないかっていうのをずっと話してたので、みんなだいぶ警戒してました。

阿部選手:いい意味で印象に残ったのは、おば太郎選手ですね。中盤で持って、右左どっちにも蹴れるような体の使い方してて、実際に蹴って来たりもしたので、いい意味ではおば太郎選手ですね。

 

Q.試合前のルーティーンはありますか?

あせい選手:逆に何も考えないかもしれないです。試合の笛がなったらスイッチをいれる。

阿部選手:俺らも今言っていたのと同じような感じで、試合が始まるまでは楽しく、試合が始まったらバチバチにっていうのがルーティーンですね。

 

Q.逆に何も考えないと、何が良いんでしょうか?

あせい選手:ReelZ LEAGUEって、緊張もするし、サッカーのことだけを考えてると固くなっちゃうので、そこはB&Bさんと似てるかなって思うんですけど、サッカー外はとにかく楽しんで、サッカーではスイッチを入れるっていうのがREVENGERSのルーティーンかなって思います。

 

Q.次の試合に向けて一言お願いします

あせい選手:優勝も見えてきてると思うので、少しでも近づけるように、最後WINNER’s戦で勝って優勝という形が1番綺麗だと思うので、そこを達成できるように頑張りたいと思います。

阿部選手:自力での優勝が難しくなってきているので、ReelZ LEAGUEの力も借りながら、大学の方でもシーズンが始まるので、そこに向けて色んな選手を使って、どの選手を出しても勝てるように。今回もスタメンとサブが半々ぐらいだったんですが、その中で勝ちきれるようなチーム作りっていうのをちゃんとできるようにしないと、Aしか勝てないみたいになっちゃうので、それだと年間を通して人の替えっていうのができなくなるので、しっかり色んな選手使いながらやりたいかなと思います。

 今回、中大サカ同がこのリーグに選ばれたことで、サークルでもプロと戦えるぞということが証明されたように感じました。サークルのサッカーレベルなんてたかが知れている、と言う意見もありますが、サークルサッカーの本気度やレベル感が伝わる機会になると思います。

中大サカ同には、サークル界代表として、昨年度を越す功績を残してほしいです!

あせい選手、阿部選手、ありがとうございました!

試合の様子は、ReelZ LEAGUE公式YouTubeで配信されています。両チームの応援よろしくお願いします!

Written by

竹中莉夏

rika takenaka

Keywords

Recommend

コラム 2017.04.14

【マネの技術Vol.2】プレイヤーに強烈なボールが当たってしまったときに使える技術〈応急処置編〉

猿も木から落ちるみたいな感じに、プレイヤーもボールにあたる!! すぐに復活して、いや大丈夫なんかい!という場合もあれば、 ちょ・・・無理待って・・・ となってて心配になっちゃうことも…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.19

【美女マネvol.24】今回は先日のマガ杯で準優勝したあのチームのマネ!!

  こんにちは!!     先日行われたマガジン杯、例年通り大盛り上がりでしたね!!     敗戦に悔し涙を…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.28

【あの人たちが対談vol.1】カップ戦準決勝で対戦したグルービーとHUMANが対談!

"あの人と対談"という新企画を始めました!あの人と対談したいなどのご要望があれば是非ご連絡ください!マガ杯の決勝戦などマネ対談などなどやっていけるといいですね! 今春に行われた新関東カップの準決…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.19

【大東文化大学学内戦決勝】フォトギャラリー

試合前にGLANZ21番和田(4年=西武台)とAVANZRE2番川畑(2年=国際学院)が握手を交わす両チームキャプテン。   終始ゴールを狙い続けたGLANZのス…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.08.27

【特別企画】社会人が語るサークルの価値 vol.1

こんにちは!BeYonD編集部です。 今回は新シリーズとして、『社会人が語るサークルの価値』について社会で活躍しているサークル出身の方へのインタビューを通して発信して行きたいと思います!本気でサーク…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.04

【新関東リーグ2017・1部第4節ハイライト】混戦の残留争い!!伝統の2チームが優勝争いを繰り広げる!

【新関東リーグ2017】雨の予報もなくなり晴天を迎えた集中開催初日。今後の順位に大きく影響する2連戦の初戦が行われた。   明治大学体同連生田サッカー部 - 早稲田大学FC.GU…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.02.19

BeYonD HPにある同好会情報を更新しませんか!?

こんばんは!BeYonD編集部です! サッカーサークル・同好会に所属している皆様へのお知らせです! この度BeYonD HPにある同好会情報を更新しようと思い、皆様にご協力頂けたらなと考えています…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.11.28

【新関東リーグ2021・第9節】新関東リーグ最終節!優勝・残留をかけた運命の一戦に勝利したのは!?

11月27日(土)矢田部グラウンドにて新関東リーグ最終節が行われた。今節までに慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:慶應理工)と中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)の降格が決まっている。今…

read more 東 孝太郎
コラム 2021.03.29

【新歓記事2021】vol.5 中央大学サッカーサークル

本日の新歓記事は、サッカーサークル数が少ないものの、強豪チームばかりの中央大学です! 本日紹介する3チームのうち、2チームが新関東リーグ1部に所属しています! (新関東リーグの概要は、Be…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-