【新人戦1年生大会チャンピオンシップ決勝】中央フースバルBが劇的な同点弾の勢いのままPK戦を制し、チャンピオンシップ優勝を果たす!

BeYonD 編集部

RESULTS

新人戦1年生大会チャンピオンシップ決勝戦

法政大学
学団連サッカー部
2-2
中央大学
体同連フースバルクラブB

【新人戦1年生大会チャンピオンシップ決勝】

法政大学学団連サッカー部 2 (3-4) 2 中央大学フースバルクラブB

 

新人戦1年生大会チャンピオンシップ決勝戦では、法政大学学団連サッカー部(以下: 学団連)と中央大学フースバルクラブB(以下: フースB)が対決した。1年生大会準優勝同士の2チームがチャンピオンシップ決勝で顔を合わせるというおもしろい展開となった。

img_8925

img_8912

前半

立ち上がりから学団連が試合の主導権を握る形となる。まずは8分、28番菅野(1年=実践学園)が右サイドをドリブルを仕掛けパスを受けた20番角井(1年=広島城北)がペナルティーエリア付近からクロスを上げる。24番田所(1年=幕張総合)がヘディングで合わせるもフースBのゴールキーパー77番梅原(1年=城北)がしっかりとブロックする。

しかしその1分後ゲームが動く。9分、ペナルティーエリア内でフースBがクリアしきれなかったこぼれ玉を学団連57番町田(1年=桐蔭)が拾いそのままシュート。見事な先制点を決め、より一層流れを学団連へと引き寄せる。

学団連は司令塔6番浦(1年=幕張総合)にボールを集めて中盤を支配し、彼を中心にゲームを運ぶ。一方フースBは失点こそしたものの、キャプテンの40番渡部(1年=相馬)を中心に堅い守備で学団連の攻撃をストップし続ける。

19分、フースBはファウルをもらいフリーキックのチャンス。惜しくも得点とはならなかったが、フースBは高い技術を持つ74番佐藤(1年=武南)が果敢に攻撃を仕掛け、得点の機会をうかがう。22分、学団連追加点のチャンスとなるキーパーとの一対一はここもフースBの守護神にセーブされる。

学団連が1点をリードしたままホイッスルが鳴り、前半を折り返す。

img_8928

後半

後半も学団連は自分たちのスタイルを変えず、6番浦を中心としたポゼッションでボールを前へと運んで行く。自分たちがボールを支配する時間を長くすることにより、相手にチャンスを与えない攻撃的なサッカーを展開した。

後半開始直後、学団連57番町田が右サイドの92番藤井(1年)へとパスを出し、そのままシュートを放つが枠を捉えることができない。このまま学団連ペースで試合が進むかと思われたが、思わぬ形で試合は動く。後半8分、フースB74番佐藤が敵地でボールを奪うとそのままワンツーでペナルティーエリア内に侵入し相手のファールを誘ってPKを獲得。佐藤は自ら獲得したPKを冷静に左隅に流し込み同点とする。

しかし、学団連はまもなく勝ち越しに成功する。後半11分、学団連6番浦のフリーキックに競り合ったフースバル98番が相手選手に乗しかかり、PKを献上してしまう。これを浦が確実に決める。学団連は勝ち越しに成功した後も攻めてを緩めない。対するフースBはディフェンスリーダー渡部を中心とした守備から、ロングボールを多用することによりカウンターの機会を伺い続ける。

すると19分、フースBのロングボールに反応した学団連GKが前へに出ている隙を狙い、58番大山(1年=東福岡)が鮮やかなループでゴールネットを揺らす。押される展開が続くも声を絶やさず戦い続けたフースBが少ないチャンスをものにし、同点に追いつく。フースBはこの後も学団連の猛攻しのぎ続け、後半終了。チャンピオンシップの王者はPKに委ねられた。

 

img_8927

PK戦

 

先攻は学団連、後攻はフースB。

1人目のキッカーはお互いに左上にボールを突き刺す。迎えた2人目のキッカーは学団連が外し、フースBは確実に決める。ここでフースBが一歩リードする。PK戦を決定づけたのは3人目、学団連3人目のキッカーをフースBのGK梅原(1年=城北)が予測を的中させボールを弾きだすことに成功。フースBは決めれば勝ちとなる4人目のキッカーが左上にシュートを外すも、5人目のキッカーが確実にシュート決め、4-3でPK戦の末勝利をものにした。

 

 

学             フ

◯             ◯

×              ◯

×             ◯

◯             ×

◯             ◯

 

学 : 法政学団連

フ : 中央フースバルB

 

学団連 3-4 フースB

img_8926

 

今回のチャンピオンシップの結果を受け、フースBは1年生大会の頂点となった。決勝の相手学団連は準決勝でフースAを倒したチーム。その学団連を決勝で打ち負かすことによりリベンジに成功しただけでなく、Aチームにも引けを取らないことを結果で示した。このことはフースバルの選手層の厚さを物語るだけでなく、これからチーム内での競争がより一層強くなること示している。チーム内での競争が激しくなると、チームとしてのレベルが高くなる。そういった意味でこのフースバルがこれからどこまで強くなるか今後も目が離せなくなるだろう。

法政大学
学団連サッカー部の詳細を見る

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

試合情報 2017.05.29

【新関東カップ2017 4回戦】久我山サッカーを体現!!華麗なパスサッカーを披露したグスタが早理の堅守を粉砕した!

新関東カップ 2017 4回戦

早稲田大学
FC.GUSTA
4-0
早稲田大学
理工サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東カップ 2017 4回戦

早稲田大学
FC.GUSTA
4-0
早稲田大学
理工サッカー部
試合情報 2022.11.22

【新関東リーグ2022・1部・第5節】数字大好き理系同士の理系ダービーを制したのは!?

新関東リーグ2022・1部・第5節

明治大学
生田サッカー部蹴友会
1-0
青山学院大学
理工サッカー部
read more とーや Dしゅんぺい

新関東リーグ2022・1部・第5節

明治大学
生田サッカー部蹴友会
1-0
青山学院大学
理工サッカー部
試合情報 2019.06.14

【新関東カップ2019・準決勝】立愛vsリコタイ。白熱の準決勝を制したのは?

新関東カップ2019・準決勝

立教大学
サッカー愛好会
2-0
慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2019・準決勝

立教大学
サッカー愛好会
2-0
慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
試合情報 2017.06.04

【新関東カップ2017準々決勝】狙い通り?の試合展開でグルービーがPK戦を制し、ベスト4へ駒を進める!

新関東カップ2017 準々決勝

明治大学
Groovy kids
0-0
青山学院大学
理工サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 準々決勝

明治大学
Groovy kids
0-0
青山学院大学
理工サッカー部
試合情報 2017.04.29

【新関東カップ2017 1回戦】最後はキーパーの独壇場で理科大Ⅱ部がPK戦を制す!

新関東カップ2017 1回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
0-0
千葉大学
サッカー同好会
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 1回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
0-0
千葉大学
サッカー同好会
試合情報 2023.10.30

【新関東リーグ2023・1部・第1節】新関東リーグがついに開幕!初戦をものにして勢いづけるのはどちらだ!?

新関東リーグ2023・1部・第1節

早稲田大学
HUMAN F.C.
1-1
法政大学
学団連サッカー部
read more 柴田尋生

新関東リーグ2023・1部・第1節

早稲田大学
HUMAN F.C.
1-1
法政大学
学団連サッカー部
試合情報 2017.02.23

【早稲田大学学内戦決勝】終了間際に早稲田理工に追いつかれるも、いい雰囲気を保ち続けたHUMANがPK戦を制し、激戦区の早稲田を統一!

早稲田大学学内戦決勝戦

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-2
早稲田大学
理工サッカー部
read more BeYonD 編集部

早稲田大学学内戦決勝戦

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-2
早稲田大学
理工サッカー部
試合情報 2022.11.21

【新関東リーグ2022・2部A・第6節】首位争いの注目の一線!5連勝中の法政学団連vs明治最強の体同連の注目の首位争い!

新関東リーグ2022・2部A・第6節

法政大学
学団連サッカー部
1-2
明治大学
体同連サッカー部
read more 山崎夏果

新関東リーグ2022・2部A・第6節

法政大学
学団連サッカー部
1-2
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2021.10.18

【新関東リーグ2021・1部第1節】前回王者が多くのチャンスを作るも、開幕戦勝利ならず。明治生田は価値ある勝ち点1獲得。

新関東リーグ2021・1部第1節

早稲田大学
FC.GUSTA
1-1
明治大学
生田サッカー部蹴友会
read more 東 孝太郎

新関東リーグ2021・1部第1節

早稲田大学
FC.GUSTA
1-1
明治大学
生田サッカー部蹴友会
試合情報 2018.06.24

【新関東カップ2018準決勝】前線からのプレスからチャンスをものにした早稲田稲穂。慶應e.l.f.を下し4連覇をかけ決勝へ。

新関東カップ2018 準決勝

早稲田大学
稲穂キッカーズ
3-0
慶應義塾大学
F C e . l . f .
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2018 準決勝

早稲田大学
稲穂キッカーズ
3-0
慶應義塾大学
F C e . l . f .

-PICKUP CIRCLE-