【新関東リーグ2019一部・第6節】優勝と残留、お互いに負けられない一戦の結果は!?

BeYonD 編集部

RESULTS

新関東リーグ1部第6節

早稲田大学
FC.GUSTA
2-0
明治大学
ESPERANZA

新関東リーグ第6節、鹿島ハイツ第5グラウンドにて、早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)と明治大学エスペランサ(以下:明治エスぺ)の試合が行われた。早稲田グスタにとっては優勝するには絶対に負けられない試合。また明治エスぺにとっても残留争いから抜けるためどうしても勝ち点がほしい試合であった。

毎年強いとは言われるものの、肝心なところで勝ちきれず優勝できない早稲田グスタ。今年は悲願のタイトル獲得に向けて過去一番のいい位置につけている。一方明治エスぺは、下馬評に反して、個々のスキルは非常に高く、中央大学フースバルクラブに引き分けるなど、しぶとく勝ち点をもぎ取っている印象だ。

s__3899398

(早稲田グスタスタメン)s__3899396

(明治エスぺスタメン)

前半

お互いにとって負けられない一戦であり、特に早稲田グスタは優勝が見えてきたことから見られる緊張から、硬い試合になると予想していたが、試合は思わぬ形で動くこととなる。

前半3分早稲田グスタ22番宮沢(3年=桐朋)が敵陣右サイドの奥でファールをもらう。これを先週BMOMでも紹介された、早稲田グスタの色男こと14番三橋(3年=久我山)のキックから11番金田(3年=久我山)が合わせ、幸先よく早稲田グスタが先制した。

その後も早稲田グスタペースで試合は進んでいく。特に14番三橋が幾度となく仕掛け、左サイドは彼が圧倒していた。そこに久我山コンビと言われる11番金田や、10番下浦(2年=久我山)がテンポよくボールを受けることで、とても流動的なサッカーが行われていた。

しかしこのような状況でも明治エスぺ、ディフェンスはキーパー46番江藤(3年=茅ヶ崎北稜)を中心に身体を張り、最後のシュートの部分は打たせず、早稲田グスタに追加点を許さない。

15分明治エスぺ76番渡辺(2年=日本学園)が中央近い距離で倒され、フリーキックを獲得する。これを62番神山(2年=座間)が狙うもこのボールは壁に当たる。また明治エスぺ5番米山(2年=日本大学付属)のロングスローには早稲田グスタもうまく対応できず、苦戦していた。

このプレーをきっかけにか明治エスぺがボールを保持する時間が増えていく。特に両サイドから質の高い攻撃が繰り出され、早稲田グスタゴールに迫る場面も見られた。

25分早稲田グスタの右サイド、今シーズンチーム得点王でもある18番杉本(2年=桐光)が仕掛け、ペナルティーエリア付近で横パス、真ん中で待つ22番宮沢がスルーし、最後は11番金田が左足を振り切るも、ボールはゴール右へ外れる。しかしグスタを象徴するようなプレーであった。

前半終了間際、明治エスぺが立て続けにチャンスを作る。まずは62番神山が前線でポストプレー、たまらず早稲田グスタディフェンスが倒してしまい、フリーキックを得る。しかしこのフリーキックはファーへ流れる。その直後、左サイド奥で明治エスぺが密集を作り、5番米山がクロスを上げるがニアに走り込む選手がいなかった。

試合開始直後から攻め続けたものの追加点を取ることのできなかった早稲田グスタと、得点するにはあと一味つけたい明治エスぺ、お互いに改善点のある前半となった。

後半

開始早々、明治エスぺ77番新井(3年=富士)が右サイドの攻撃からそのまま左足でシュートを放つが、これは早稲田グスタ1番重松(3年=大森FC)のファインセーブによって阻まれる。

5分早稲田グスタ14番三橋の前線からのプレスからボールを奪い、10番下浦につなぎ、最後は22番宮沢に渡るが、これは明治エスぺディフェンスが身体をなげだしブロック。その後も立て続けに10番下浦、11番金田がシュートを放つも、ゴールの枠に入れられない。

12分早稲田グスタディフェンスのクリアミスから、明治エスぺ76番渡辺が詰めるも、1番重松が素早く飛び出し、シュートは打たせない。

24分拮抗した状況を打開したのは今波に乗っているこの男。早稲田グスタ14番三橋が意表を突く縦突破から、最後は18番杉本が左足で、冷静にゴール左へ流し込んだ。拮抗した試合展開であったために、何としても点がほしかった早稲田グスタ。勝利を大きく引き寄せる追加点を挙げた。

その後も早稲田グスタは交代して入った73番石塚(1年=小田原)が周りが疲れている中、重戦車のようなドリブルで明治エスぺを引っ掻き回した。このようなニューキッドが台頭してきたのも、早稲田グスタにとっては大きな収穫であろう。

試合終了間際は明治エスぺがグスタゴール前へ幾度となくボールを放り込み、パワープレイを試みたが、早稲田グスタも集中力を書くことなく守り続け、2-0のまま試合は終了した。

早稲田大学
FC.GUSTAの詳細を見る
明治大学
ESPERANZAの詳細を見る

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

試合情報 2019.06.08

【新関東カップ2019・3回戦】 試合は波乱の展開に!?最後まで目が離せなかった一戦!

練習試合

早稲田大学
稲穂キッカーズ
2-2
青山学院大学
理工サッカー部
read more BeYonD 編集部

練習試合

早稲田大学
稲穂キッカーズ
2-2
青山学院大学
理工サッカー部
試合情報 2023.12.10

【新関東リーグ2023・2部B・最終節】両チーム 昇格をかけた波乱の一戦。

新関東リーグ20232部B最終節

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
1-1
日本大学体育会スポーツ科学部サッカー部
read more 岡野侑真

新関東リーグ20232部B最終節

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
1-1
日本大学体育会スポーツ科学部サッカー部
試合情報 2016.11.07

【新関東FL1部第5節】生き残れ!残留争い対決は早稲田HUMANが完勝

新関東FL1部第5節

早稲田大学
HUMAN F.C.
4-0
中央大学
サッカー同好会
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第5節

早稲田大学
HUMAN F.C.
4-0
中央大学
サッカー同好会
試合情報 2017.06.05

【新関東カップ 2017準々決勝】準々決勝の最後の試合は熾烈なPK戦をヒューマンがモノにした!

新関東カップ2017 準々決勝

中央大学
体同連フースバルクラブ
0-0
早稲田大学
HUMAN F.C.
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 準々決勝

中央大学
体同連フースバルクラブ
0-0
早稲田大学
HUMAN F.C.
試合情報 2017.03.28

【慶應義塾大学学内戦・決勝】慶應リコタイが推進力のある攻撃でESPALDを下し、見事慶應の頂点に輝く!

慶應義塾大学学内戦・決勝

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
2-0
慶應義塾大学
FC.ESPALD
read more BeYonD 編集部

慶應義塾大学学内戦・決勝

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
2-0
慶應義塾大学
FC.ESPALD
試合情報 2017.11.07

【アットホームカップ2017 決勝】異例の新関東2部のチームによる決勝戦!見事慶應リコタイがサークルの頂点に立つ!

アットホームカップ2017 決勝

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
2-1
日本大学
法学部サッカー部
read more 高橋佑輔

アットホームカップ2017 決勝

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
2-1
日本大学
法学部サッカー部
試合情報 2016.10.24

【新関東FL1部第2節第1試合】 中央フースバルvs立教愛好会は激しい打ち合いをするも引き分け!

新関東F1部第2節

中央大学
体同連フースバルクラブ
2-2
立教大学
サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

新関東F1部第2節

中央大学
体同連フースバルクラブ
2-2
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2023.11.11

【新関東リーグ2023・2部A・第4節】 リーグ戦折り返しとなる今節を勝利で飾ったのは一体どっちだ!?

新関東リーグ2023・2部A・第4節

立教大学
FC立教
3-4
明治学院大学
白金FC
read more 波田野渓人

新関東リーグ2023・2部A・第4節

立教大学
FC立教
3-4
明治学院大学
白金FC
試合情報 2021.10.20

【新関東リーグ2021・1部第2節】悪天候の中生まれた値千金の決勝点!明治体同連が1部昇格組の中央サカ同を下す。

新関東リーグ2021・1部第2節

明治大学
体同連サッカー部
1-0
中央大学
サッカー同好会
read more 山田大晴

新関東リーグ2021・1部第2節

明治大学
体同連サッカー部
1-0
中央大学
サッカー同好会
試合情報 2017.10.15

【新関東リーグ2017 ・1部第1節】青理が4発快勝で開幕戦を勝利で飾る!

新関東リーグ2017・1部 第1節

青山学院大学
理工サッカー部
4-0
明治大学
Groovy kids
read more 高橋佑輔

新関東リーグ2017・1部 第1節

青山学院大学
理工サッカー部
4-0
明治大学
Groovy kids

-PICKUP CIRCLE-