【新関東リーグ2017・1部第3節】落とせない明治生田と再び波に乗りたい青山理工は勝ち点1を分け合う

BeYonD 編集部

RESULTS

新関東リーグ2017・1部第3節

明治大学
生田サッカー部蹴友会
1-1
青山学院大学
理工サッカー部

10月28日、ZOZOPARKで新関東リーグ1部第3節の全4試合が行われた。
この日の第4試合は、前節明治大学体同連サッカー部に敗れた青山学院大学理工サッカー部(以下:青山理工)と、前節早稲田大学稲穂キッカーズに善戦するも終了間際に失点し惜敗した明治大学体同連生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)がぶつかり合った。

6e7f054e-9cfd-4266-b3d9-95921097bc92
(明治生田スタメン)

8200beec-1ea0-43b2-a320-4b97f11cde2a
(青山理工スタメン)

前半

試合開始のホイッスルとともに青山理工のキックオフで試合開始。

青山理工は、開幕から起用されてきた26番土佐林(2年=八千代)がベンチスタート。
今節はボランチのポジションに70番赤塚(4年=國學院久我山)を起用。
何としても勝ち点3が欲しい明治生田は、前節センターバックで起用されたキャプテン9番吉崎(3年=八千代)を前線へ配置。

序盤から明治生田が攻め込み、前へ圧力をかけていく。
青山理工の立ち上がりはややおとなしめのようにも見える。

このまま勢いを強めてゴール前へ攻め込む明治生田を、青山理工の41番蟹江(2年=國學院久我山)が決死のスライディングでブロック。
明治生田は立ち上がりから1点を狙いに行く。

明治生田は6分、ペナルティエリア右角付近でボールを持った10番小林(3年=海星)がふわりとしたボールを中へ送る。そのボールが逆サイドネットを揺らすビューティフルゴールで先制。
アイディア溢れるレフティーのゴールで、明治生田は幸先よくリードした。

失点を許した青山理工は17分、21番木越(2年=東北学院)と29番山田(2年=川和)のワンツーから右サイドを完全に崩すが、ゴールネットは揺らさない。
青山理工が本領発揮か。
青山理工は徐々にポゼッションしはじめ、ボールを動かし続けた。

24分、ペナルティエリア左で得たフリーキックの場面。
キッカー64番亦野(3年=八千代)が精度の高いボールを入れるが、惜しくも流れてしまう。

徐々にゲームが落ち着いてきた頃、前半終了のホイッスルでハーフタイムへ突入した。

092c177f-3ff0-4b06-8389-86c5c8596f9a

後半

明治生田ボールで後半開始。
青山理工はカードを切り、後半から土佐林を投入。

3分、青山理工11番田中(3年=駒場)がディフェンスの背後でボールを受けビッグチャンスを迎えるが、シュートは枠をとらえられない。

一歩リードした明治生田は小林、吉崎らによる攻撃の時間が増えていき追加点の匂いがするものの、これ以上失点を許したくない青山理工は、後半から投入された土佐林がゲームを作っていく。
その後は徐々に青山理工がボールを回す時間が増えていく。

そして後半最初にゲームが動いたのは16分。
青山理工はゴール正面でフリーキックを獲得。
キーパーの視界を遮るために、明治生田の6枚の壁に重なるような形で青山理工も壁を作る。
キャプテン亦野の狙いすました一振りはキーパーも届かずゴール右上に吸い込まれ、同点とした。

f86e4541-0423-4b39-b695-e6db5311d4af

畳みかけたい青山理工は24分、青山理工10番高橋(3年=國學院久我山)がペナルティエリア内でフリーとなりゴールを狙うがポストに嫌われてしまう。

続く26分、青山理工はこの日一番のビッグチャンスを迎える。
左サイドをコンビプレーから抜け出した土佐林が中に折り返すが、どフリーで待つ田中は外してしまう。
ここ一番の好機をものにすることができず、逆転とはならなかった。

青山理工は32分から、見事なワンタッチプレーで崩し、何度も畳み掛け、その後も攻め続けるが、得点は生まれず試合終了。

後半チャンスを作れず同点に追いつかれてしまった明治生田は、4番斉藤(3年=川口北)を中心に何とか勝ち点1を守り切った。

青山理工は開幕戦の勢いに乗ることができず、1勝1分け1敗の4位となった。

優勝争いにくい込むためにはリーグ戦の折り返しとなる次節第4節中央大学体同連フースバルクラブとの一戦は何としても勝ち点3が欲しい。

一方リードを守り切れず勝ち点3を逃してしまい、いまだ最下位から抜け出せない明治生田は、次節早稲田大学FC.GUSTAとの一戦が今後を左右するといっても過言ではない。

激戦必至の次節は注目の一戦となるだろう。

明治大学
生田サッカー部蹴友会の詳細を見る
青山学院大学
理工サッカー部の詳細を見る

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

試合情報 2017.05.20

【新関東カップ2017 2回戦】理科大II部の堅守を破った日大経済が3回戦に駒を進める!

新関東カップ2017 2回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
1-2
日本大学
経済学部サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 2回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
1-2
日本大学
経済学部サッカー部
試合情報 2018.07.01

【LEGRO FUTSAL LEAGUE2018 powered by R.Project 開幕節】ついにLEGRO FUTSAL LEAGUE2018開幕!!第1試合は強豪と新興勢力のぶつかり合い!

LEGRO FUTSAL LEAGUE2018 第1節

東京大学 FITTY626
3-1
東京工業大学 Tokyo Tech
read more BeYonD 編集部

LEGRO FUTSAL LEAGUE2018 第1節

東京大学 FITTY626
3-1
東京工業大学 Tokyo Tech
試合情報 2019.02.18

【中央大学学内戦2019決勝】因縁の対決!中央フースは王座死守なるか?中央サカ同、新関東カップのリベンジなるか!?

中央大学学内戦決勝

中央大学
サッカー同好会
1-1
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more BeYonD 編集部

中央大学学内戦決勝

中央大学
サッカー同好会
1-1
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2022.07.03

【新関東カップ2022】決勝戦 優勝の座を奪ったのはどこか!?

新関東カップ2022決勝

中央大学
サッカー同好会
5-0
立教大学
FC立教
read more 山崎冬弥

新関東カップ2022決勝

中央大学
サッカー同好会
5-0
立教大学
FC立教
試合情報 2017.02.06

【新人戦2年生大会・準決勝】昨年度準決勝敗退の法政大学Irishが見事雪辱を果たす!

新人戦2年生大会・準決勝

法政大学
学団連サッカー部
0-1
法政大学 Irish
read more BeYonD 編集部

新人戦2年生大会・準決勝

法政大学
学団連サッカー部
0-1
法政大学 Irish
試合情報 2017.05.29

【新関東カップ 4回戦】明治体同連が樋下田の2得点の活躍で日大生産工を下す!

新関東カップ 4回戦

明治大学
体同連サッカー部
3-1
日本大学
生産工学部サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東カップ 4回戦

明治大学
体同連サッカー部
3-1
日本大学
生産工学部サッカー部
試合情報 2016.10.31

【新関東FL1部第3節】立教愛好会vs明治グルービーは互いに譲らずドロー

新関東FL第3節

立教大学
サッカー愛好会
1-1
明治大学
Groovy kids
read more BeYonD 編集部

新関東FL第3節

立教大学
サッカー愛好会
1-1
明治大学
Groovy kids
試合情報 2017.03.28

【慶應義塾大学学内戦・決勝】慶應リコタイが推進力のある攻撃でESPALDを下し、見事慶應の頂点に輝く!

慶應義塾大学学内戦・決勝

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
2-0
慶應義塾大学
FC.ESPALD
read more BeYonD 編集部

慶應義塾大学学内戦・決勝

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
2-0
慶應義塾大学
FC.ESPALD
試合情報 2021.12.02

【新関東リーグ2021・1部第9節】勝った方が1部残留となる重要な一戦!自分たちの誇りのため、絶対に負けられない試合を制したのは果たして!?

新関東リーグ2021・1部第9節

中央大学
体同連フースバルクラブ
2-1
早稲田大学
FC.GUSTA
read more 東 孝太郎

新関東リーグ2021・1部第9節

中央大学
体同連フースバルクラブ
2-1
早稲田大学
FC.GUSTA
試合情報 2017.04.29

【新関東カップ2017 1回戦】最後はキーパーの独壇場で理科大Ⅱ部がPK戦を制す!

新関東カップ2017 1回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
0-0
千葉大学
サッカー同好会
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 1回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
0-0
千葉大学
サッカー同好会

-PICKUP CIRCLE-