【新関東リーグ2022・2部A・第4節】過去の対戦では1勝1敗。最後の公式戦で勝つのはどちらのチームか!?

中嶋 快

RESULTS

新関東リーグ2022・2部A・第4節

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
0-0
立教大学
FC立教

新関東2部リーグ1勝1分1敗の慶應FC NINDO(以下慶應NINDO)と1勝2敗のFC立教の試合。まだ勝ちが1つしかない2チームが第4節でぶつかった。1部昇格のためにここで勝ち点3が欲しい両チームの試合を見ていく。
両者はこれまでに公式戦で2回対戦しており、稲穂フェスタでは慶應NINDOが1―0で勝利し、新関東カップでは2―1でFC立教が勝利している。お互いの戦歴1勝1敗。注目の好カードである。

慶應NINDOのスターティングメンバー

FC立教のスターティングメンバー

前半

前半から両者譲らぬ拮抗した展開となる。

4分、慶應NINDO 6番千葉遼(3年=桜修館)のスルーパスに45番西藤涼太(3年=慶應義塾)が抜け出すも FC立教のGK山田皓大が果敢に飛び飛してゴールを防ぐ。

9分、相手のクリアミスを拾ったFC立教17番高山輝杏(2年=目白研心)が巧みな個人技からクロス。このボールにFC立教0番久米陸斗(4年=熊谷)がヘディングで合わせるが、慶應NINDO 80番青木龍太郎(3年=慶應義塾)がシュートブロック。

その後もFCにNINDOはFW6番千葉のポストプレー、FC立教は右サイドの17番高山の個人技を起点にチャンスを演出するがゴールを決めきることができない。

そして迎えた17分、両チームにアクシデントが起きる。慶應NINDOのFW45番西藤とFC立教の守備の要である2番上山直弥(3年=桐光学園)がヘディングの際に接触し、負傷交代。両チームはピッチを後にした選手のためにも戦うことを強いられた。

22分、FC立教はボランチからのスルーパスに63番松永尚之(2年=宇都宮)が抜けだし、キーパーとの1対1になるが、慶應NINDOの両センターバックのカバーにあい、決めきることができない。

30分、さらにFC立教はセンターサークル付近からの見事なダイレクトパスワークでゴールに迫るが、慶應NINDOのGK1番角田磨史雄(3年=慶應志木)が飛び出し、ゴールを決めることができない。

33分、ここで慶應NINDOに決定機が訪れる。7番照内勇輝(3年=芝浦工業柏)のフリーキックに反応した20番新谷蓮(3年=桐光学園)がトラップからボレーシュート。このボールはFC立教のDFがシュートブロック。このプレーで獲得したコーナーキックからゴール前で混戦になる。最後は慶應NINDOの2番宮崎光太郎(3年=駒場)が体ごとゴールに迫るが、ゴールライン上でのFC立教の体を張ったディフェンスにあい、決め切ることができない。

 

前半は両者拮抗した試合になり、どちらもゴールに迫るが決め切ることができず0−0で試合を終える。

後半

4分、慶應NINDO10番菊池陽(3年=駒場)が個人から抜け出して、右サイドをえぐったクロスに6番千葉がダイレクトシュートを打つが、ここもFC立教のDFがシュートブロック。FC立教の堅い守備にあい、決めきることができない。

 

6分にはFC立教63番松永が左サードから強烈なミドルシュートを打つが、ここも慶應NINDOのGK1番角田がビッグセーブ。両者譲らぬ展開が続く。

 

15分、コーナーキックのボールを慶應NINDOのGK角田がパンチング。このこぼれ球にFC立教20番松田龍治(2年=桃山学院)が反応するが、このボールはゴールバーをぎりぎりを超えていく。

 

16分、慶應NINDOはFW6番千葉に代えて、チーム1の俊足アタッカー65番片桐康佑(3年=慶應志木)を投入。するとその直後、FW65番片桐が持ち前のスピードを活かし、抜け出しキーパーと一対一に。片桐はパスを選択。その横パスに10番菊池がダイレクトでゴールを狙うが惜しくも枠を捉えることができない。決定機を決めきることができない。

その後も慶應NINDOは16番長洋輝(3年=慶應志木)の個人技からゴールに迫るが、決めきることができない。

30分、FC立教の反撃。63番松永のアーリークロスからのクリアミスを89番後藤勇翔(1年=専修大松戸)が拾ってシュート。これはクロスバーを叩く。慶應NINDOはゴールバーに救われる形となった。

 

試合はこのまま0−0で終了。両チーム、相手チームの体を張った守備を崩すことができず、痛いドローとなった。

1部昇格に向け絶対に勝ち点3が欲しい今後の両チームの試合に注目だ。

 

 

立教大学
FC立教の詳細を見る

Written by

中嶋 快

nakajimakai

Keywords

Recommend

試合情報 2018.10.23

【新関東リーグ2018 1部 第3節】ポゼッションvsロングボール 開幕未だ未勝利の両チームの試合の運命は!?

新関東リーグ2018 1 部・第3節

青山学院大学
理工サッカー部
1-1
早稲田大学
稲穂キッカーズ
read more BeYonD 編集部

新関東リーグ2018 1 部・第3節

青山学院大学
理工サッカー部
1-1
早稲田大学
稲穂キッカーズ
試合情報 2019.11.05

【新関東リーグ2019二部B・第4節】二部リーグ注目のカード、撃ち合いを制したのは!?

新関東リーグ2019二部B・第4節

中央大学
サッカー同好会
3-2
慶應義塾大学
キッカーズフットボールクラブ
read more BeYonD 編集部

新関東リーグ2019二部B・第4節

中央大学
サッカー同好会
3-2
慶應義塾大学
キッカーズフットボールクラブ
試合情報 2017.10.23

【新関東リーグ2017・1部第2節】試合巧者立愛が強豪フースバルを4得点で下す!!

新関東リーグ2017・1部第2節

立教大学
サッカー愛好会
4-2
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more 高橋佑輔

新関東リーグ2017・1部第2節

立教大学
サッカー愛好会
4-2
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2023.11.24

【新関東リーグ2023・2部B・第5節】 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部が中央大学MAPLEに勝利し、3年ぶりの1部昇格へ望みを繋ぐ。

新関東リーグ2023・2部B・第5節

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
1-0
中央大学
MAPLE
read more BeYonD 編集部

新関東リーグ2023・2部B・第5節

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
1-0
中央大学
MAPLE
試合情報 2017.04.29

【新関東カップ2017 1回戦】最後はキーパーの独壇場で理科大Ⅱ部がPK戦を制す!

新関東カップ2017 1回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
0-0
千葉大学
サッカー同好会
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 1回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
0-0
千葉大学
サッカー同好会
試合情報 2016.11.12

【新関東FL1部第6節】天国と地獄、稲穂が優勝を決める勝利を挙げる。

新関東1部第6節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
4-0
中央大学
サッカー同好会
read more BeYonD 編集部

新関東1部第6節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
4-0
中央大学
サッカー同好会
試合情報 2021.10.18

【新関東リーグ2021・1部第1節】前回王者が多くのチャンスを作るも、開幕戦勝利ならず。明治生田は価値ある勝ち点1獲得。

新関東リーグ2021・1部第1節

早稲田大学
FC.GUSTA
1-1
明治大学
生田サッカー部蹴友会
read more 東 孝太郎

新関東リーグ2021・1部第1節

早稲田大学
FC.GUSTA
1-1
明治大学
生田サッカー部蹴友会
試合情報 2019.10.28

【新関東リーグ2019二部A・第3節】ポテンシャル対決?!明治グルービーが3発快勝!

新関東リーグ二部A・第3節

明治大学
Groovy kids
3-0
東洋大学
FC.Liberte
read more BeYonD 編集部

新関東リーグ二部A・第3節

明治大学
Groovy kids
3-0
東洋大学
FC.Liberte
試合情報 2016.12.12

【東西対抗戦】盤石の試合運びで三ッ葉キッカーズを退け稲穂キッカーズが有終の美を飾る

東西対抗戦

早稲田大学
稲穂キッカーズ
3-1
同志社大学
三ツ葉キッカーズ
read more BeYonD 編集部

東西対抗戦

早稲田大学
稲穂キッカーズ
3-1
同志社大学
三ツ葉キッカーズ
試合情報 2018.11.12

【新関東リーグ2018 1部・第6節】混戦の残留争い!直接対決は攻守のバランスに優れた立教愛好会がチャンスを確実にものにし3-1で競り勝つ!

新関東リーグ2018 1部・第6節

青山学院大学
理工サッカー部
1-3
立教大学
サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

新関東リーグ2018 1部・第6節

青山学院大学
理工サッカー部
1-3
立教大学
サッカー愛好会

-PICKUP CIRCLE-