【新関東リーグ1部・第3節】劇的決勝弾で早稲田稲穂が3連勝で首位を守る!

BeYonD 編集部

RESULTS

新関東リーグ1部・第3節

立教大学
サッカー愛好会
1-2
早稲田大学
稲穂キッカーズ

新関東リーグ第3節第1試合は、2節とも苦戦を強いられており是非とも勝ち点を手にしたい立教愛好会と開幕から大量得点を重ね暫定首位を走る早稲田稲穂の対決。

朝一の試合にも関わらず、ギャラリーも賑わいを見せる中でキックオフ。

23501a29-148b-4b7c-96ab-978438b83981

立教愛好会スタメン

6b08f9b2-90fd-4e03-a950-41fe845601ab

早稲田稲穂スタメン

前半

開始早々、先に得点の気配を感じさせたのは立教愛好会。

前半3分、ペナルティエリア付近でキャプテン29番鷲田(3年=多摩)がファールを受け、好位置でのフリーキックを獲得。直接狙ったシュートは早稲田稲穂キーパー21番松山(2年=早大本庄)が弾きだすもボールはまさかの頭上ポストへ。こぼれ球を立教愛好会9番菱沼(3年=宇都宮)がヘッドで押し込もうとしたが、なんとか守りきる。

その後もカップ戦やマガジン杯でも活躍を見せてきた16番山本(ヴィッセル神戸U-18)らを中心に攻撃を巧みに組み立て、序盤は立教愛好会がボールを支配していたと言える。

若干立ち上がりの不安定さが出てしまった早稲田稲穂。次節以降の課題でもあるだろう。

しかし立ち上がりのピンチを切り抜けるとリズムを掴み始め、早稲田稲穂が押し込む展開となる。

早稲田稲穂は6.10.12分と立て続けにセットプレーのチャンスを手にする。高身長プレーヤー7番梶原(3年=狛江)やセットプレーと言えばこの男“4番山口(3年=早稲田実業)が得点を試みるも、立教愛好会は96番鬼塚(3年=専大松戸)や28番後藤(3年=八千代)を中心に身体を張った必死のディフェンスでゴールを許さない。

猛攻を仕掛ける早稲田稲穂が待望の先制点を上げたのは15分。

中央でボールを収めた20番豊田(2年=幕張総合)は相手を1枚かわし、そのままキーパーとの対人をまた抜きシュートで決める。本人も「一瞬すぎて自分でもどんな感じだったかあんま覚えてない。でも記事に書くなら俺の名前目立たせといてください!」と笑みをこぼしながら試合後はコメント。豊田あるあるだが、この日もピッチ内で観衆を思わず笑わせるプレーは欠かさない。

e5bbf514-0b76-4c49-8102-1c6e6374d1b5

その後も果敢に攻め立てる早稲田稲穂。

3番荒巻(3年=早稲田実業)の安定した守備、精度の良いロングパスも攻撃の起点をいくつも生み出した。

一方の立教愛好会は94番谷内(2年=札幌第一)や98番岡村(2年=藤枝東)がサイドから駆け上がり攻撃の機会を窺うも、強靭なフィジカルの持ち主20番豊田や守備の要である7番梶原の壁を前に苦戦を強いられる。

26分、立教愛好会はコーナーキックのチャンス。98番岡村の蹴り込んだボールは早稲田稲穂12番橋本(3年=都立駒場)が冷静にクリア。再び立教愛好会30番石井(3年=日大習志野)が枠内にシュートを放つもキーパー21番松山がキャッチ。

立教愛好会が我慢の時間帯を切り抜け、前半は1-0で終了。

後半

なんとしてでも引き分け以上に持ち込みたい立教愛好会。後半は攻守の入れ替えが目まぐるしく動く試合展開となった。

3分、早稲田稲穂10番中島が左サイドから強烈なキック。これは立教愛好会28番後藤が足を使って抑える。

その直後にはキーパー1番山本(3年=都立東大和南)もナイスセーブを見せる。はじき飛ばしたボールに合わせた早稲田稲穂シャバシュ(2年=暁星)だったが惜しくも右枠外。

7分、立教愛好会9番菱沼が早稲田稲穂の守備をかわしゴール前まで行くも、あと一歩のとこで足を振り切れず。続くコーナーキックでも立教愛好会がセカンドをしっかり拾い、数回にわたり枠内シュートを狙う。だがキーパー21番松山がなんとかくらいつき、難を逃れる。

立教愛好会が勢いにのりはじめた10分、

29番鷲田が右サイドから鋭く蹴ったボールを21番松山はセーブするも、これが9番菱沼の足元に。落ち着いてこのチャンスをモノにした。力強いガッツポーズ、喜びの感情を露わにした。1-1と同点に追いつく。

得点後も28番後藤が縦パスを上手く使ったり、ロングボールを良い位置に蹴り込むなど、センターFW16番山本をはじめとした攻撃陣との連携の良さが見られた。

18分には敵陣ゴール近くでキーパーとの空中戦を制した立教愛好会16番山本がヘッドで押し込もうとする。無人のゴールにボールが吸い寄せられたかと思われたが、早稲田稲穂4番山口がネットを揺らすまいと掻き出す。

辛抱強く守り続ける早稲田稲穂はカウンターから1点を取ろうと挑む。

26分、相手のミスからボールを奪った9番山根(3年=湘南)は右から低めのクロス。タイミングよく飛び込んだ8番深津(3年=星稜)だが惜しくもシュートは打てず。

30分には早稲田稲穂がペナルティエリアラインギリギリの位置からフリーキックのチャンス。

10番中島が直接狙うもわずかに枠の左。頭を抱え悔しそうにしかめっ面をするも、わずかな時間を無駄にしまいと次に向けて足を止めなかった。ベンチからは「切り替え!」との声が。

刻々と迫るフルタイム。どうしても1点が欲しい両チームの激しい攻防戦が繰り広げられる。

このまま引き分けで試合が終わるかと思われた34分、勝利の綱を手繰り寄せたのは早稲田稲穂。

19番橋本(3年=八千代松陰)が出したパスを10番中島がコンパクトなタッチで収め、豪快シュートを放つも立教愛好会キーパーがまたもナイスセーブ。しかしこのこぼれ球に反応した稲穂9番山根が決勝弾となる2点目を決める。得点後は真っ先にチームメイトの元へはじける笑顔で駆け寄った。

笛が鳴るまで互いに譲らず、このまま試合終了。

最後の最後まで目が離せなかった70分間。激戦の末軍配は早稲田稲穂に上がったが、両チーム1戦に懸ける想いがひしひしと感じられる闘いだった。

早稲田稲穂は着実に勝ち点3を積み上げ、悲願の王座奪還へまた一歩近づいた。しかしここから待ち受ける相手は学内戦王者早稲田グスタやマガジン杯王者である中央フースバル。同じく今節でも勝利を収めている。直接対決での勝利が絶対条件であることは間違いない。

立教愛好会は後半怒涛の攻撃を仕掛け、稲穂ゴールを幾度となく脅かすも、手堅いディフェンス陣をなかなか突破できず。最後の最後で貴重な勝ち点を失い悔しさを滲ませた。12敗の暫定6位と厳しい状況だ。次節こそはチーム全員で歓喜の瞬間を迎えられるか。

立教大学
サッカー愛好会の詳細を見る
早稲田大学
稲穂キッカーズの詳細を見る

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

試合情報 2018.10.30

【新関東リーグ2018 1部・第4節】波崎に応援歌が鳴り響いた!早稲田稲穂vs立教愛好会 伝統の対決はいかに?

新関東リーグ2018 1部・第4節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
3-2
立教大学
サッカー愛好会
read more 高橋佑輔

新関東リーグ2018 1部・第4節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
3-2
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2020.11.23

【新関東リーグ2020・1部第7節】因縁の早稲田ダービー。開幕以降無傷のFC GUSTAが執念の逆転勝利!

新関東リーグ2020・1部

早稲田大学
FC.GUSTA
2-1
早稲田大学
稲穂キッカーズ
read more BeYonD 編集部

新関東リーグ2020・1部

早稲田大学
FC.GUSTA
2-1
早稲田大学
稲穂キッカーズ
試合情報 2016.11.23

【関西同好会リーグ第6節】同志社三ツ葉が優勝に王手

関西同好会リーグ第6節

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
4-0
立命館大学
FC原谷
read more BeYonD 編集部

関西同好会リーグ第6節

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
4-0
立命館大学
FC原谷
試合情報 2017.08.09

【千葉大学学内戦決勝】FORZZAが堅実な試合運びで”熱戦”を制し、本大会への切符を掴む!!

千葉大学学内戦決勝

千葉大学 FORZZA
2-0
千葉大学 TRABESSO
read more BeYonD 編集部

千葉大学学内戦決勝

千葉大学 FORZZA
2-0
千葉大学 TRABESSO
試合情報 2019.06.14

【新関東カップ2019・準決勝】立愛vsリコタイ。白熱の準決勝を制したのは?

新関東カップ2019・準決勝

立教大学
サッカー愛好会
2-0
慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2019・準決勝

立教大学
サッカー愛好会
2-0
慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
試合情報 2023.09.11

【マガ杯2023・準決勝】サークル日本一へ。関西の強豪同志社大学三つ葉キッカーズが決勝へと駒を進める!

第41回マガジンカップ2023 準決勝

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
1-1
中央大学
サッカー同好会
read more 東 孝太郎

第41回マガジンカップ2023 準決勝

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
1-1
中央大学
サッカー同好会
試合情報 2019.07.10

【新関東カップ2019 決勝】七夕の決勝戦を制したのは立教愛好会!

新関東カップ2019 決勝

青山学院大学
理工サッカー部
0-1
立教大学
サッカー愛好会
read more 遠藤瞭介

新関東カップ2019 決勝

青山学院大学
理工サッカー部
0-1
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2023.11.11

【新関東リーグ2023・2部A・第4節】 リーグ戦折り返しとなる今節を勝利で飾ったのは一体どっちだ!?

新関東リーグ2023・2部A・第4節

立教大学
FC立教
3-4
明治学院大学
白金FC
read more 波田野渓人

新関東リーグ2023・2部A・第4節

立教大学
FC立教
3-4
明治学院大学
白金FC
試合情報 2022.01.22

【アットホームカップインディペンデンスリーグ2021決勝】2021年最後のタイトルを掴んだチームは…

アットホームカップインディペンデンスリーグ決勝

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-1
明治学院大学
白金FC
read more 編集部BeYonD

アットホームカップインディペンデンスリーグ決勝

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-1
明治学院大学
白金FC
試合情報 2016.10.23

【新関東FL1部第2節第4試合】今年3度目の対戦は打ち合いの末Groovy kidsが勝利

新関東FL1部第2節

明治大学
Groovy kids
3-2
中央大学
サッカー同好会
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第2節

明治大学
Groovy kids
3-2
中央大学
サッカー同好会

-PICKUP CIRCLE-