新チーム始動インタビュー第4弾”明治大学体同連サッカー部 青木聡汰”

BeYonD 編集部

2年前、アットホームカップを制し日本一を勝ち取った明治大学体同連サッカー部。翌年、マガ杯で3位入賞となるものの無冠の1年となった。リーグ戦では最終節に土砂降りの中、青山理工に劇的勝利し残留をもぎ取った。タイトルが獲れず、苦しい1年であったかもしれないが、リーグ残留という大きな置き土産を後輩に残した。大きなものを残した3年生キャプテン三村翼(3年=清水桜が丘)の後を継ぎ、キャプテンとなったのは青木聡汰(2年=幕張総合)。青木は、明治体同連を再び日本一に導くことができるのか?キャプテンの青木を支えるのが、副キャプテンの北澤(2年=都立駒場)と諸星(2年=竹早)だ。無冠の1年が終わり、心機一転0からのスタートとなった明治体同連のこの3人にインタビューした。

 

2015-2016シーズン

“1年を振り返って”

日本一になった次の年で目標は「全タイトル獲る」という中での、初めの大会となるプレミアカップの結果は3位。そのプレミアカップを経験した北澤と諸星は「日本一を体現したメンバーと新しく入ったメンバーの間に、気持ちのギャップがあり噛み合わなかった」とコメントした。そして新戦力のメンバーが馴染めてきた3月のスプリングカップでは、雨に苦しめられてまたもタイトルを獲れなかった。青木は「負けた試合は、初めて先制点を取られて逆転するオプションが見出せなかった」と勝ちきれない弱さが見えた大会を振り返った。5月初めの稲穂フェスタでも予選落ちという結果に終わってしまった。全タイトル獲ろうと臨んだ1年だったがカップ戦まで無冠。カップ戦前の雰囲気について「タイトルを獲れな過ぎて、焦りしかなかった。このままタイトルが獲れないんじゃないかと思い始めてしまい、楽しくなかった」と青木は話した。迎えた新関東カップ戦では準々決勝で中央フースバルに敗北を喫した。さらに、直後の明大カップ決勝トーナメントでも明治生田に負けて敗退した。夏を迎えようやく明治体同連にかすかな光が見えた。それはマガ杯。日本一を経験した4年生がチームに戻ってきて、雰囲気がよくなったのだ。結果はAチームがベスト8、Bチームが3位と大奮闘。集大成の新関東リーグではコンディション調整がうまくいかず怪我人も多い中で臨んだが、スタートダッシュ失敗。しかし、集中開催で調子を取り戻し6位と残留争いで生き残った。

 

“ライバル”

強いと挙げられたチームは、昨季マガ杯王者中央フースバル。明治体同連は4度対戦し、すべて負け。「苦手意識ではないけど、1度も勝てなかった。1試合を通して勝ち切ることができる強いチームだった」と青木は中央フースバルを評価した。選手について聞くと、まずCB北澤は中央同好会の関田(3年=昌平)と答えた。北澤は「あの人、とりあえずやばいよね」の一言で済ませた。諸星が挙げた選手は早稲田稲穂の新井(3年=茅ヶ崎光陵)。「セカンドの回収がすごかった。試合中どう対抗しようか非常に悩まされた」とコメントした。最後に青木はライバルの明治Groovyの山中(3年=川和)と答えた。「ボールを触れなかった。うまかったな~」と青木はお手上げムードでコメントした。明治体同連のマネージャーもうまいと思うほどである。

img_3606

(中央同好会 関田)

2016-2017シーズン

“目標”

「明大カップ優勝」

「正直他のタイトルも獲りたい。でも目標を曖昧にしないために、1番獲らないといけないタイトル、明大カップに焦点を合わせたい。それまではチームの調整期間としたい」と青木はコメントした。青木はタイトルが獲れず苦しい1年を経験し、1つのタイトルを獲る重みを体感することができたのだろう。その青木の口からの「明大カップ優勝」という言葉に大きな重みを感じた。また、明治Groovyのキャプテンも「明大カップ優勝」と目標を掲げていた。明大カップでのこの2チームの対戦は非常に注目である。

img_3605

“チームコンセプト”

「勝ち切るチーム」

青木は「去年タイトルが獲れず、なかなか勝てないことが多かった。それを経験したからこそとにかく結果だけにこだわる」とコメントした。このコメントから今年にかける思いやタイトルへのこだわりが感じ取れる。青木が目指す勝ち切るチームとは「決めるべきところでしっかりと決める。ゴール前の守備は粘り強く0で抑えるチーム」また今回のプレミアカップではグループリーグで得失点に泣き、決定力の重みを感じた大会となった。

“注目選手”

青木が注目選手に挙げたのは2名。1人目は遊馬幹彦(2年=熊谷西)。遊馬は小さくて足元の技術が高い選手。得点能力が高い選手だが点に関してはスランプであり、思うようなプレーができていない。だからこそ、幹部の3人からの期待が高い選手。「遊馬が点を取らないと始まらない」と青木と諸星が口を揃えていうほどの期待感だ。遊馬がエースとして調子を取り戻せれば、チームの勝利を大きく手繰り寄せることになるだろう。2人目は六田邦宏(1年=星稜)だ。「速い、上手い、とにかく速い」という選手。青木は「1年生ながらプレー面においても、チームを引っ張っていってほしい選手」と期待を寄せている。BeYonDもこの2人に注目していきたい。

img_3603

(明治体同連 遊馬)

img_3600

(明治体同連 六田)

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.05

【新関東カップ MVP】MVPに輝いたのは誰か!?

新関東カップ2022決勝が昨日7/2(土)に埼玉スタジアム2022第2グランドで開催された。 今大会のMVPに輝いたのは中央サカ同42番加藤翔太(3年:浦和西)である。 優勝したサカ同の守護神…

read more 三田結人
コラム 2019.10.02

第2回 マネージャーカレッジ開催!

  みなさんこんばんは! 10月になったはずなのにまだまだ暑い日が続きますね。。。 秋らしくなるのはいつ頃? . さて、前回ご好評いただいたマネージャーカレッジ? 第2回の開催が決…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.05

マネージャー事情 第一弾みんなの寒さ対策

1.定番「ホッカイロ」 ホッカイロはもはやサッカー観戦を問わず冬の必需品!貼るタイプはお腹や背中に、貼らないタイプはポケットに常備するなど複数使用は当たり前のようです。また末端冷え性の方には…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.09

【プレスリリース】株式会社アイ・パッションとスポンサーシップ契約締結!!

この度、2017年7月1日より BeYonDプロジェクト(代表:森井貴弘)は株式会社アイ・パッション(代表取締役:浅井慎吾)との間で、スポンサーシップ契約を締結しましたことをご案内申し上げます。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.23

【BMOM41】伊東大地(3年=勝田)長身から繰り出される多彩なプレーでチームを勝利に導く!

新関東カップ2017 2回戦東京理科大II部(以下理科大)vs日本大学経済学部サッカー部(以下日経)との試合は日経が2-1で勝利を収めた。日経が理科大DFを圧倒する場面があったがその中心にいたのが伊東…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.26

【新入生必見!同好会チームガイドvol.2】早稲田大学編その2

各大学でそれぞれのチームが新歓の準備を進めている今日この頃ですが、 第2回も第1回に引き続き「早稲田大学」を特集します! 今回は、ユニオンリーグ1部で戦う6チームをピックアップしていきます…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.05.18

サッカーサークルのマネージャーの実態を暴け!

  新入生のみなさんこんにちは!       今回の特集は、サッカーサークルの「マネージャー」についてです!!  …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.12

【BMOM20】長瀬良太(2年) 稲穂の次期王様が1ゴール1アシストの活躍で三ッ葉キッカーズをねじ伏せる

次世代の王様 強風のなかで行われた東西対抗戦は、新関東FLを全勝で優勝した稲穂キッカーズが関西の三ッ葉キッカーズに押し込まれるかたちとなった。前半27分、劣勢の中10番今井(3年=都立駒場)のニアへ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.16

【BMOM70】 抜群の推進力と身体の強さを活かし、矢部晃太(3年=埼玉栄)がFC FLITTを東洋大学頂点に導く2発!!

先日大雨の中行われた東洋大学 F.C. FLITT(以下FLITT)と東洋大学 就活してboys(以下就活)による東洋大学学内戦決勝は、打ち合いの接戦となった。 天候のせいか、試合は互いにロングボー…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-