【BMOM23】‪石井諒(2年=桐蔭学園)‬ ‪爽やかな笑顔とボールコントロールが魅力的な石井がリコタイ攻撃陣を牽引し、新シーズンを彩るタイトルを獲得した!!‬

古平 翔太

新人戦2年生大会の決勝は慶應義塾大学理工体育会サッカー部Champagena FC(以下リコタイChampagena)が法政大学Irishを0-3で下し、プレミアカップ準優勝の雪辱を果たし、見事優勝を飾った。

img_8268

今大会、リコタイChampagenaで特筆すべき点は予選から無失点で決勝も失点しなかったことだ。そんな固い守備は然る事ながら、予選や準決勝までの2試合のような、1.2点確実にもぎ取るスタイルの中心にいつも居たのは、6番石井諒(桐蔭学園)であった。敵がプレスにくればいなし、隙あらば正確なキックでスルーパスやサイドチェンジ、くさびのパスを入れ、敵陣を剥がしていく。ボールを簡単には失わないスキルを持っている彼はリコタイChampagenaの舵取り役である。

決勝戦では前半6分、ファーストプレーのCKを直接ファーサイドネットにねじ込み、先制点でチームを勢いづけ、後半13分にはダメ押しの3点目となる5番のヘディングでのゴールをアシストし、チームメイトも彼のキック制度の高さを再認識したに違いない。

決勝戦の2得点に貢献したそんな彼こそが今大会の[BMOM]だ。

試合後のインタビューで「今大会はとても充実した2日間でした。そして改めてリコタイ77thで本当に良かったなぁと実感することが出来ました。」と、チーム全体、仲間に感謝の姿勢。そして、「(貪欲に常に勝ちに拘る)
これからもそんなチームをみんなで作っていきたいと思います。」と、コメント。

今大会リコタイは2チーム編成で、両チームとも決勝トーナメントに進出し、選手層の厚さを見せつけた。新たな代は始まってまだ僅かだが、石井が操る今後のリコタイに目が離せない。

img_8279

 

Written by

古平 翔太

Shota Kodaira

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2016.12.16

[スパイク特集vol.3] HGのスパイクを履いているのに足の裏にマメができる!?そんな疑問を解決します!

今年は、夏が終わったと思ったら秋をすっ飛ばして冬になってしまいましたね。 ですが、スパイクコラムは大事なことを飛ばすことなくやっていきたいと思います!     …

read more 古平 翔太
コラム 2017.05.30

【BMOM47】増田伸(3年=幕張総合) 後半のハットトリックで大逆転!勝利を呼び込むゴールハンター!!

新関東カップ2017、3回戦で日本大学理工学部サッカー部(以下:日理)と法政大学工体連サッカー部(以下:工体連)がしのぎを削った。前半終了時のスコアは0-2で工体連が2点リード。後半も日理にとっては難…

read more 澤田結人
コラム 2017.12.20

【BMOM88】鯵坂賢(多摩大目黒=1年)技巧派FWがプレミアカップ連覇を手繰り寄せる。

プレミアカップ2017は中央大学サッカー同好会(以下:中央同好会)の2連覇で幕を閉じた。新関東FL1部や2部の強豪チームや、アットホームカップでも躍動したチームが数多く出場した激戦必至の2日間であった…

read more 高木啓行
コラム 2017.01.05

【マネの想いvol.2】”いつもプレの1番側にいる存在へ”

マネージャー特集 第2弾 早稲田大学HUMAN F.C. 吉留里乃さん 「いつもプレイヤーの1番側にいるマネージャーでいよう」 −HUMAN F.C.(以下human)に入ったきっ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.31

【BMOM80】川田朋典(3年=高松北) 劇的スーパーゴールでチームを勝利に導く!

BMOMに輝いた。と言うよりは選ばざるを得なかった。 明治大学Groovy kids(以下明治グルービー)は1節で大敗を喫し、2節では先制しながらもPKにより追いつかれドロー。 そしてこの試合…

read more 金子樹
コラム 2017.06.08

【BMOM60】三谷朋司(3年=国泰寺) 超強力攻撃陣を牽引し続けるマエストロ

超強力攻撃陣を牽引し続けるマエストロ 三谷朋司(3年=国泰寺)   関西同好会トーナメント準決勝京都産業大学ONZE(以下ONZE)対立命館大学CRACKS(以下CRACKS…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.07

マネージャーよ、ヒールを脱げ

みなさんのサッカーサークルのマネージャーのイメージってどんな感じでしょう?かわいい?癒し?黄色い声援?どれも間違ってはいないと思います。でも、最近のマネージャーはそれだけではないんです。チームによって…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.04.02

【新歓記事2018 vol.3】慶應大学のチーム紹介

記念すべき今年度1発目の新歓記事はつい先日学内戦を終えた慶應大学! 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 ・自分達のサークルを一文で表すなら(何をするにも激アツ) ・大学、チーム名(…

read more 高木啓行
コラム 2020.03.29

【新歓記事2020】vol.6 日本大学

新歓記事第6弾! 今回は日本大学のサッカーサークルを4つ紹介します! 日本大学スポーツ科学部体育会サッカー部 ・大学、チーム名 日本大学スポーツ科学部体育会サッカー部 ・自分達の…

read more 遠藤瞭介
コラム 2017.06.15

【BMOM63】小田島圭吾(3年=國學院久我山) 重戦車”改”となったこの男が2得点の活躍!

新関東カップ2017準決勝で明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は早稲田大学HUMAN FC(以下:HUMAN)と対戦し2-1で勝利を果たした。決勝へ進むべく絶対に負けることのできないこ…

read more 高橋佑輔

-PICKUP CIRCLE-