【マネの想いvol.8】"無冠の代とは言わせない"

BeYonD 編集部

–稲穂キッカーズ(以下稲穂)は練習がすごく厳しいことで有名ですよね。
週3回、午前に2時間練習します。早いときは8時から。2時間集中して練習を行います。遅刻は絶対にだめで、1年時からプレマネ関係なく冠婚葬祭以外の欠席は授業以外認められていません。なので、理工学部だと1年のとき1回も練習に来れない人もいるんですが、3年間続けたプレもいました。そして、試合に出る条件として、試合前の1週間全ての練習に参加するっていう決まりがあるので、他のサークルと比べると厳しいかもしれません。

1493257558505

–ご自身からみた稲穂の印象はどうですか?
入りたてのときは、キラキラしてるなぁって感じだったんですが、慣れてくると、キラキラしたTHE大学生のサークルっていう感じではないなぁと(笑)

 

–周りからの稲穂の印象はどうだと感じていますか?
サッカーをしっかりやっているチームのマネということから、稲穂なんだすごいねって声もあれば、なんで稲穂なのという声、新歓ではいや稲穂はちょっとついていけないです、みたいに嫌煙されるような声もありました。

 

–マネージャーの仕事にはどのようなものがありましたか?
学年で分かれているのですが、1年はボトルを決められた位置に常にいっぱいにして置いておくこと、合宿のときの洗濯、2年はボール拾いと1マネのサポート、3年はスコアとタイムキーパー、合宿のときの物品補充、全学年に共通するのは声を出すこと。夏過ぎから3年の仕事は2年に引き継がれていきます。あと、毎練習後のマネーミーティング。練習を振り返って、ちょっと声出てなかったんじゃないかな、とか、雰囲気ゆるかったんじゃないかな、っていうのを伝えます。でも、厳しさだけを追求するのではなく、その根底にはマネとしてお楽しさっていうのが絶対にないといけないと思っていました。それを崩すと、マネがいなくなっちゃうし。

 

 

1493257548813

–マネージャーをする上で心がけていたことはなんですか?
私たちの代の人数が少ないっていうのがあったので、マネから雰囲気をつくっていこうっていうのがありました。試合のときの応援ではマネから率先して声を出していくとか。あと、全体で話し合いがあったときに、プレも、俺らの代は人数が少ないからプレマネみんなでやっていくしかない、だから思うことがあったらマネもプレに言ってって言ってくれていたので、プレにも今日ちょっと雰囲気ゆるくない?って伝えたり。マネは直接的に試合に関われないから、できることは雰囲気作りくらいかなぁと思っていました。

 

–去年の稲穂は相当強かったですよね。
早稲田大学の学内戦優勝、新関東FLのカップ戦(以下カップ戦)優勝して、マガジンカップ(以下マガハイ)は準優勝、アットホームの本大会優勝、新関東FLのリーグ戦(以下リーグ戦)優勝でした。

 

–稲穂の目標はどのようなものでしたか?
三冠日本一。カップ戦、マガハイ、リーグ戦の三冠とリーグ戦のあとの東西交流戦で日本一を獲ること。結果は、二冠日本一でした。

 

–1年間を振り返ってみてどう思いますか?
マガハイの準優勝っていうのは相当ダメージが大きかったです。準決勝で同志社大学三ツ葉キッカーズにPK戦でギリギリのところで勝利したことの喜びが大きくて。慢心といいますか、決勝いけちゃったよっていう気持ちがあって、全体としてそういう空気感になってしまってたんだと思います。当時はその自覚はなかったんですが、今振り返るとそうだったのかなって。私たちの代は、たくさんスター選手がいるわけではなくて強いわけではなかったので、先輩たちからはずっと「無冠の代」と言われていました。それに対する悔しさとか見返してやる、負けたくないって気持ちがしぬほどあって、それは大きな原動力になっていました。後輩たちのおかげもあって、ここまで結果を出すことができたのではないかと思います。

 

–1年間で一番印象に残ったことはなんですか?
マガハイの決勝で負けたことです。

 

–勝ったところではなく、負けたところ?
はい。勝ったら二冠目のところで負けてしまって、当時の3年はみんな泣き崩れたんですが、きっと公式戦で稲穂が負けるのを初めて見た当時の1年生が呆然と立っていた光景がとても印象的です。そこから、もう負けたんだから俺らは強くないって言い聞かせてそれがバネになりました。でも、フースバルは強かったし、人数が多くて応援がすごかった。

 

–後悔していることはありますか?
ありません。

 

–後輩に伝えたいことはありますか?
何も言わなくてもいいかなって思うんですが、本気でサッカーに取り組む期間は限られてて、今のこの時期にしかできないと思うので、そういったサッカーができる恵まれた環境があることに感謝しつつ、余計なことは考えずに楽しんでほしいなって思います。

1493257560539

–あなたにとって稲穂とは?
成長できた場所。これからの生き方を教えてくれた場所。

 

圧倒的王者稲穂キッカーズ。強かった。怖かった。多くの記録を残し、皆の記憶に残す伝説的なチームだった。数々のタイトルを手にするも、マネージャーが1年間で1番印象に残ったのは負けたところと言う。これが、強かった理由かもしれない。そして、当たり前に強いと思われていた稲穂が、「無冠の代」から「二冠日本一」までのぼりつめたその裏には、マネージャーの、プレイヤーと変わらない熱い想いと考動力があった。去年共に戦い抜き、同じ景色を見たプレイヤーとマネージャーは、今年、どのような稲穂キッカーズをつくるのか。プレッシャーもあるかもしれないが、君たちにしかないものを背負って、勝っていってほしい。

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2016.10.27

【スパイク特集vol.2】~FGスパイクを使いこなせ!!~

みなさん、スパイクコラムの第1弾は読んでいただけたでしょうか? 「読んでないよ~」という方がいましたら、ぜひページを戻って第1弾の方を先に読んでみてください!!   では、…

read more 古平 翔太
コラム 2017.05.12

【関西サッカー同好会トーナメント】マッチプレビュー

関東では一足先にカップ戦が開幕しているが… 明日からは遂に、関西でも同好会トーナメントが開幕する。 気になるトーナメント表はこちら! 今年は大阪大学DACOTA、京都大学BONBERS、オチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.10

【BMOM24】安藤匠(1年=東福岡)がピッチ上の監督として君臨しタレント軍団を統率した

フースバルの監督 安藤匠 その世代での今後のサッカーサークル勢力図を占うと言われている新人戦一年生大会。前日程で行われた新人生一年生大会vol.1の決勝カードは中央大学フースバルクラブダービーで…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.11

【美女マネ特集vol.1】記念すべき第1回はこの夏日本一に輝いたあのチームのマネ!!

ついに始まった夢の企画。 同好会カテゴリーに所属する全プレーヤーが この日を待ちわびていたといっても過言でしょう。   はい、過言です。 しかし、この日のためにボー…

read more 上野澄人
コラム 2017.05.03

【新チーム始動インタビューvol.9】“早稲田大学 FC.GUSTA”

昨年度、新関東リーグ2部で優勝を果たし、悲願の1部昇格を決めた早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ) 。 当時からボランチでタッグを組み、1部昇格に貢献した、 現キャプテンの池田洋平(…

read more 澤田結人
コラム 2017.05.31

【BMOM50】中島剣士郎(1年=早大本庄)名門の攻撃を牽引した”超絶怒涛のスーパールーキー”

激戦区の早稲田大学学内戦で優勝を逃した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。今年も名門としての強さを示すにはこの男が一番のカギになるかもしれない。 名門のスーパールーキー中島剣士郎(1年=早大…

read more 古平 翔太
コラム 2021.02.18

【特別企画】『体育会』から『サークル』へ活躍の場を移した選手たち~vol.2~

こんにちは、BeYonD編集部です!   2月に入り、そろそろ大学入試が終わって大学が決まり、大学生活での「サッカー活動」の選択をどうしようか考えている人も多くいる頃ではないでし…

read more 杉本達郎
コラム 2016.11.25

【新関東FL1部昇格戦】マッチプレビュー

各リーグ熱戦を制し、新関東FL1部昇格への挑戦権を得た2チーム 早稲田F.C.GUSTAと明治生田サッカー部蹴球会 2年前の自動昇格戦と同カードになるとは、 いったいどんな神のいたずらな…

read more 古平 翔太
コラム 2018.10.01

【就活記事vol.1】早稲田稲穂 米澤直也(4年=早稲田実業)の某大手広告会社の内定獲得に迫る!

某大手広告会社1に就職予定の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)6番米澤直也(4年=早稲田実業)の就職活動に迫った。 早稲田稲穂では、副キャプテンを務め“対人負け知らず”のサイドバックと…

read more 浅川大樹
コラム 2018.10.05

【関西同好会リーグ2018】関西で繰り広げられる熱き戦い!その展望を紹介!

間も無く開幕する関西同好会リーグ2018。開幕に先立ち、リーグ戦1部の注目チームを紹介したい。 本命はやはり同志社大学三ツ葉キッカーズだろう。これまで関西同好会リーグを幾度となく制してきた彼らは…

read more 古平 翔太

-PICKUP CIRCLE-