【マネの想いvol.8】"無冠の代とは言わせない"

BeYonD 編集部

–稲穂キッカーズ(以下稲穂)は練習がすごく厳しいことで有名ですよね。
週3回、午前に2時間練習します。早いときは8時から。2時間集中して練習を行います。遅刻は絶対にだめで、1年時からプレマネ関係なく冠婚葬祭以外の欠席は授業以外認められていません。なので、理工学部だと1年のとき1回も練習に来れない人もいるんですが、3年間続けたプレもいました。そして、試合に出る条件として、試合前の1週間全ての練習に参加するっていう決まりがあるので、他のサークルと比べると厳しいかもしれません。

1493257558505

–ご自身からみた稲穂の印象はどうですか?
入りたてのときは、キラキラしてるなぁって感じだったんですが、慣れてくると、キラキラしたTHE大学生のサークルっていう感じではないなぁと(笑)

 

–周りからの稲穂の印象はどうだと感じていますか?
サッカーをしっかりやっているチームのマネということから、稲穂なんだすごいねって声もあれば、なんで稲穂なのという声、新歓ではいや稲穂はちょっとついていけないです、みたいに嫌煙されるような声もありました。

 

–マネージャーの仕事にはどのようなものがありましたか?
学年で分かれているのですが、1年はボトルを決められた位置に常にいっぱいにして置いておくこと、合宿のときの洗濯、2年はボール拾いと1マネのサポート、3年はスコアとタイムキーパー、合宿のときの物品補充、全学年に共通するのは声を出すこと。夏過ぎから3年の仕事は2年に引き継がれていきます。あと、毎練習後のマネーミーティング。練習を振り返って、ちょっと声出てなかったんじゃないかな、とか、雰囲気ゆるかったんじゃないかな、っていうのを伝えます。でも、厳しさだけを追求するのではなく、その根底にはマネとしてお楽しさっていうのが絶対にないといけないと思っていました。それを崩すと、マネがいなくなっちゃうし。

 

 

1493257548813

–マネージャーをする上で心がけていたことはなんですか?
私たちの代の人数が少ないっていうのがあったので、マネから雰囲気をつくっていこうっていうのがありました。試合のときの応援ではマネから率先して声を出していくとか。あと、全体で話し合いがあったときに、プレも、俺らの代は人数が少ないからプレマネみんなでやっていくしかない、だから思うことがあったらマネもプレに言ってって言ってくれていたので、プレにも今日ちょっと雰囲気ゆるくない?って伝えたり。マネは直接的に試合に関われないから、できることは雰囲気作りくらいかなぁと思っていました。

 

–去年の稲穂は相当強かったですよね。
早稲田大学の学内戦優勝、新関東FLのカップ戦(以下カップ戦)優勝して、マガジンカップ(以下マガハイ)は準優勝、アットホームの本大会優勝、新関東FLのリーグ戦(以下リーグ戦)優勝でした。

 

–稲穂の目標はどのようなものでしたか?
三冠日本一。カップ戦、マガハイ、リーグ戦の三冠とリーグ戦のあとの東西交流戦で日本一を獲ること。結果は、二冠日本一でした。

 

–1年間を振り返ってみてどう思いますか?
マガハイの準優勝っていうのは相当ダメージが大きかったです。準決勝で同志社大学三ツ葉キッカーズにPK戦でギリギリのところで勝利したことの喜びが大きくて。慢心といいますか、決勝いけちゃったよっていう気持ちがあって、全体としてそういう空気感になってしまってたんだと思います。当時はその自覚はなかったんですが、今振り返るとそうだったのかなって。私たちの代は、たくさんスター選手がいるわけではなくて強いわけではなかったので、先輩たちからはずっと「無冠の代」と言われていました。それに対する悔しさとか見返してやる、負けたくないって気持ちがしぬほどあって、それは大きな原動力になっていました。後輩たちのおかげもあって、ここまで結果を出すことができたのではないかと思います。

 

–1年間で一番印象に残ったことはなんですか?
マガハイの決勝で負けたことです。

 

–勝ったところではなく、負けたところ?
はい。勝ったら二冠目のところで負けてしまって、当時の3年はみんな泣き崩れたんですが、きっと公式戦で稲穂が負けるのを初めて見た当時の1年生が呆然と立っていた光景がとても印象的です。そこから、もう負けたんだから俺らは強くないって言い聞かせてそれがバネになりました。でも、フースバルは強かったし、人数が多くて応援がすごかった。

 

–後悔していることはありますか?
ありません。

 

–後輩に伝えたいことはありますか?
何も言わなくてもいいかなって思うんですが、本気でサッカーに取り組む期間は限られてて、今のこの時期にしかできないと思うので、そういったサッカーができる恵まれた環境があることに感謝しつつ、余計なことは考えずに楽しんでほしいなって思います。

1493257560539

–あなたにとって稲穂とは?
成長できた場所。これからの生き方を教えてくれた場所。

 

圧倒的王者稲穂キッカーズ。強かった。怖かった。多くの記録を残し、皆の記憶に残す伝説的なチームだった。数々のタイトルを手にするも、マネージャーが1年間で1番印象に残ったのは負けたところと言う。これが、強かった理由かもしれない。そして、当たり前に強いと思われていた稲穂が、「無冠の代」から「二冠日本一」までのぼりつめたその裏には、マネージャーの、プレイヤーと変わらない熱い想いと考動力があった。去年共に戦い抜き、同じ景色を見たプレイヤーとマネージャーは、今年、どのような稲穂キッカーズをつくるのか。プレッシャーもあるかもしれないが、君たちにしかないものを背負って、勝っていってほしい。

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.04.14

【マネの技術Vol.2】プレイヤーに強烈なボールが当たってしまったときに使える技術〈応急処置編〉

猿も木から落ちるみたいな感じに、プレイヤーもボールにあたる!! すぐに復活して、いや大丈夫なんかい!という場合もあれば、 ちょ・・・無理待って・・・ となってて心配になっちゃうことも…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.04.18

新関東リーグ所属サークル新ユニフォーム『徹・底・解・説』!! 早慶明治編

代替わりを終え新学期が始まり、新歓活動が本格化してきているチームも多いのではないでしょうか🌸 そんな今回は…! 新年度が始まって他のチームの雰囲気が気になる現役の皆さん&サッカーサークルの…

read more 川田 千夏
コラム 2017.06.02

【BMOM54】安東尚宏(2年=國學院久我山)久我山仕込みのテクニック!オレンジ軍団の新10番が攻撃を牽引する!!

早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)が同大学の早稲田理工サッカー部(以下:早理)を4-0で破ったこの試合。 歓喜の輪の中心にいたのはハットトリックを決めたグスタの新10番安東尚宏(2年=國學院…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.04

【イケメン特集vol.2】モダン女子が求める正統派、スタイル抜群イケメン

こんにちは!     8月9月と暑かった夏が嘘のように 最近は寒くなってきました!     9月にはサッカーサークル一大イ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.05

【新関東カップ MVP】MVPに輝いたのは誰か!?

新関東カップ2022決勝が昨日7/2(土)に埼玉スタジアム2022第2グランドで開催された。 今大会のMVPに輝いたのは中央サカ同42番加藤翔太(3年:浦和西)である。 優勝したサカ同の守護神…

read more 三田結人
コラム 2022.10.14

”マネージャー代表”の視点から見るサッカーサークル

こんにちは!BeYonD編集部です。 サッカーサークルはプレーヤーとマネージャーで構成されていますが、マネージャーのあり方はサークルによって多種多様です。今回は、2つのサークルのマネージャー代表…

read more 関谷 朱音
コラム 2017.05.11

【新歓ムービー紹介vol.2】中央同好会、早稲田理工、慶應リコタイ、立教愛好会

中央大学 サッカー同好会 https://vimeo.com/213201875 【コンセプト】 同好会にとって最も重要なオンザピッチとオフザピッチの切り替えの部分を、年間行事を通して分かり…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.20

【参加チーム募集】関西で大好評だったフットサル1年生選手権が関東上陸!!サッカーサークル大歓迎!!

全て倒して王になれ。 最強は誰か?1年生王者は誰か? 【WHO IS NO.1 ?】 参加資格は至ってシンプル。 <世代最強>を欲していること。 勝って勝って勝ちまく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.31

【BMOM80】川田朋典(3年=高松北) 劇的スーパーゴールでチームを勝利に導く!

BMOMに輝いた。と言うよりは選ばざるを得なかった。 明治大学Groovy kids(以下明治グルービー)は1節で大敗を喫し、2節では先制しながらもPKにより追いつかれドロー。 そしてこの試合…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.12

【新関東リーグ2017・1部第6節ハイライト】稲穂の優勝は次節までお預け!より激化する残留争い!

11月11日、ZOZOPARK にて新関東リーグ2017 ・1部第6節が行われた。 リーグ戦も終盤に差し掛かり優勝争い・残留争いが一層過激となり見所の多い試合となった。 明治大学体同連サッカー…

read more 高橋佑輔

-PICKUP CIRCLE-