【プレからの想い vol.2】”家族であり、クラスメートのような存在”

BeYonD 編集部

どうも、協力的な仕事ぶり、充実したサークル生活、BeYonDです!
プレからマネへの想いを知るための企画“プレからの想い”第二弾です!

さてさて、今回ご紹介するのは「プレマネ仲良すぎて嫉妬不可避」がキャッチコピーの…

法政大学 学団連サッカー部

学団連は、学年ごとに試合に出場している珍しいチームです。そのため、横のつながりが強く、プレマネ本当に仲がよく感じます。また、学団連は強豪サークルながらも新関東リーグに所属していないという特徴もありますね。

今回は、<代表 新田樹さん><副代表 田嶋晃太郎さん><会計 藤田翔生さん>にお話を伺いました。

%e5%ad%a6%e5%9b%a3%e3%80%80%e4%b8%89%e4%ba%ba

なぜ部活ではなくサークルを選んだのですか?
:法政のサッカー部はスポーツ推薦や高校の顧問の推薦などでセレクションを受けた人しか入れないから、、、まず入るという選択がなかったかな。
:けど、部活に入るという選択がないから、サークルを選ぶときに真面目に練習して本気でサッカーが出来ると思ったのが学団連だと思って学団連に入った。
:みんな本気でサッカーしたいとは思ってて、だからこそ学団を選んだ。
:サークルの中でもメリハリがあったからいいと思ったかな。
(部活という選択がなかったからこそ、今があるんですね。)

みなさん高校時代マネージャーがいたそうですが、大学のサークルでもマネージャーがいてどうでしたか?
:上の代からマネージャーはちょっと特別みたいなところがあったから、まず高校のマネージャーとは違う存在だった。高校のマネと比べないのは、サークルのマネはそういうものだと思っていたから。プレもマネも自主参加だったし。
:高校の時はマネがいるのが当たり前で、仕事をするのも当たり前だった。けど、サークルのマネは来てくれるだけでありがたいと思ってたかな。だから、合宿の時とかユニフォームとか靴下を洗ってくれるのを見てびっくりした。高校の時は逆に洗濯自分たちがやらされてたから。

%e5%ad%a6%e5%9b%a3%e4%bb%b2%e8%89%af%e3%81%84%e5%86%99_170513_0029

マネージャーがしてくれて嬉しかったことは?
 <サークルの面>
全員2年の学年大会ではミサンガ、3年のオール法政ではお守りとモチベーションビデオを作ってくれたのがすごく嬉しかった。プレイヤーだけでもやる気になっていたけど、マネがそうやってくれることによってより一層頑張ろうと思えた。それが結果につながったと思う。
:本当にマネは脇で応援しててくれるだけで嬉しかった。サイドハーフにいる時にマネからの圧を感じた(笑)
<学業面>
:幹部は練習に必ず行かないといけなかったんだ。そんな中、学業も疎かにならなかったのは学団のマネのおかげかな。授業内容を教えてくれたりしたから、サークルの幹部という立場にありながら単位も取れた。
(サークルのことだけでなく、学業でも助け合っていて素敵ですね)

学団連ならではということはなんだと思いますか?
大会で優勝したときにマネにメダル渡してたのは学団連ならではなのかな。メダルもらうとすごく喜んでくれるから、勝って渡してあげようと思えた。
:学年毎だから、縦のつながりがあまりない分、横のつながりがとても強かった。九十九里のコテージにみんなで行った時は、海行ってスイカ割りしたり、プレマネ混合のリレーをしたなぁ。リレー時はマネをこけさせてた(笑)
:あと、学年ごとだから全部敵なのが面白いとこかな。全体としての目標はあるけど、それぞれ目標を持ってたから。だから、自分たちが新歓で強い子を入れると敵が増えてたね(笑)%e5%ad%a6%e5%9b%a3%e4%bb%b2%e8%89%af%e3%81%84%e5%86%99_170513_0009

マネ同士もとても仲が良かったそうですね!
:はじめはマネ同士割れちゃうところもあったけど、後半は本当にみんなで練習とか試合に来てくれてた。だから、車の手配大変だった(笑)。マネは絶対車に乗せてあげたいから、たまに乗れないプレが電車で行ったこともあるくらい。
(本当にマネを大事にしているんですね)
:いい意味で自己主張強い人がいないから、その分みんなで仲良くなったのかなと思う。学団のマネは、落ち着いてる雰囲気で、でも元気に応援してくれる姿が良かった。マネが引退した瞬間に彼氏作ってたから、学団のマネは本当に一途だと思う(笑)
:サッカーは本当に真面目にやるけど、サークルっていうゆるい感じも大事にして、マネも楽しめるようにするっていうのが難しかったかな。サークルのゆるさとサッカーの真面目さのギャップを埋めるメリハリを大事にするのが代表として大変だったところかな。サッカー以外でマネがいてくれたのはサークルっぽさに必要なところだったかな。

%e5%ad%a6%e5%9b%a3%e9%80%a3

プレにとってマネはどういう存在でしたか?
:モチベーションでもあるかな。メダルとかで本当に喜んでくれるから、頑張らなきゃと思う。
:同じ立ち位置にいる一つのチームの一員だった。サッカーするしないはあるけど、それ以外は変わらないと思っていたし、プレマネの垣根はなかったと思う。
家族のようでもあり、クラスメイトみたいな存在。イベントも全員参加だし、みんなで楽しい思い出を作る仲間。サークルは、サッカーする場でもあるけど、交流の場でもあって、だからマネージャーも仲良く楽しく過ごせていたかな。%e5%ad%a6%e5%9b%a3%e4%bb%b2%e8%89%af%e3%81%84%e5%86%99_170513_0023

 

学年同士本当に仲がいい学団連さん。サッカー面だけでなく学校でも仲が良く、本当にクラスメイトのようで羨ましい限りですね。新関東に所属しないが強いチーム学団連。これからもサッカー面もプレマネの仲の良さにも期待ですね!

法政大学 学団連サッカー部のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2019.06.10

【BMOM132】太田陸生(3年=桜丘)勝利へ導くラストプレーの劇的ゴール!!

2019年6月2日に鹿島ハイツで新関東カップ準々決勝が行われた。第1試合の法政工体連サッカー部(以下:工体連)と青山理工サッカー部(以下:青理)の試合はラストプレーでゴールを決め、劇的な展開で終了。2…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.12.10

【BMOM139】丸山航平(2年=松本山雅U-18) 悲願の一部昇格を勢いづけた先制点!チーム1の愛されキャラが勝利を手繰り寄せた!

先日行われた新関東リーグ一部昇格をかけたプレーオフの昇格戦で、早稲田大学HUMAN F.C(以下:ヒューマン)は明治ESPERANZAを下し、悲願の新関東一部参入を決めた。2-0というスコアで勝利した…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.01

【新入生必見!同好会チームガイドvol.7】上智大学編

The 上智大学FC EAGLE 【所属リーグ】 新関東フットボールリーグ3部 【男性メンバー数】 35名 【女性メンバー数】 25名 【SNS・ホームページ】 Twitter…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.04

2年生学年大会 みどころ

2月5日・6日に鹿島ハイツにて2年生大会が行われる。昨年度の1年生大会は神奈川大学Colpoが決勝で立教愛好会に3-1と勝利し優勝している。しかし、前回大会覇者の神奈川大学Colpoは、今回の大会には…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.18

【9/22(金)開催】各業界トップクラスの内定者が集結!19卒「BeYonD就活キックオフ座談会」

こんにちは! BeYonDをご覧頂いている皆様、どの様な夏休みをお過ごしでしょうか? 今年は冷夏が続き、東京都心部は8月1日から雨が降り続いてるそうですね。 「あれ、そんな降ってたっけ?…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.26

【BMOM28】大山銀士(1年=東福岡)悔しさをバネにもぎ取った同点弾

優勝を収めたのは今大会屈指のタレント軍団中央大学フースバルクラブB。Aチームは準決勝で法政学団連に惜敗したが優勝したBチームの中で異彩を放っていたのが大山だ。 1-2で迎えた後半19分に芸術的な…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.16

【BMOM84】GK那須将司(3年=延岡)気持ちのPKストップで残留に近づく初勝利に貢献

【新関東リーグ2017・1部第6節】Zozopark Honda Football Area 青山学院大学理工サッカー部 0-1 早稲田大学FC.GUSTA 11月11日に行われた新関東リーグ…

read more 森井 貴弘
コラム 2020.04.04

【一年越し!マネの想いvol.2】“目指すは全タイトル制覇”

約一年越しに帰ってきました!第二弾となるマネージャーの想いを語ってくれたのは… 中央大学体同連FUSSBALL CLUB 3年 川田珠莉さん   ―FUSSBALL CLUB(以下フース)に入…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.02

【BMOM129】小竹直輝(3年=新潟明訓)試合を決めたのはやはりこの男!

5月25日(土)神栖市矢田部サッカー場にて中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)vs慶應義塾大学FC e.l.f.(以下:慶應e.l.f.)の試合が行われた。 主導権を握り何度もチャンスを作る…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.25

【マネの想いvol.1】 ”プレーヤー目線に立てるマネージャーでいるために”

大学サッカー同好会カテゴリーにおいてマネージャーは必要不可欠な存在である。また、マネージャーのあり方もチームによって大きく異なる。本企画は、様々なチームのマネージャーの想いをインタービュー形式で探って…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-