【プレからの想い vol.2】”家族であり、クラスメートのような存在”

大貫 杏華

どうも、協力的な仕事ぶり、充実したサークル生活、BeYonDです!
プレからマネへの想いを知るための企画“プレからの想い”第二弾です!

さてさて、今回ご紹介するのは「プレマネ仲良すぎて嫉妬不可避」がキャッチコピーの…

法政大学 学団連サッカー部

学団連は、学年ごとに試合に出場している珍しいチームです。そのため、横のつながりが強く、プレマネ本当に仲がよく感じます。また、学団連は強豪サークルながらも新関東リーグに所属していないという特徴もありますね。

今回は、<代表 新田樹さん><副代表 田嶋晃太郎さん><会計 藤田翔生さん>にお話を伺いました。

%e5%ad%a6%e5%9b%a3%e3%80%80%e4%b8%89%e4%ba%ba

なぜ部活ではなくサークルを選んだのですか?
:法政のサッカー部はスポーツ推薦や高校の顧問の推薦などでセレクションを受けた人しか入れないから、、、まず入るという選択がなかったかな。
:けど、部活に入るという選択がないから、サークルを選ぶときに真面目に練習して本気でサッカーが出来ると思ったのが学団連だと思って学団連に入った。
:みんな本気でサッカーしたいとは思ってて、だからこそ学団を選んだ。
:サークルの中でもメリハリがあったからいいと思ったかな。
(部活という選択がなかったからこそ、今があるんですね。)

みなさん高校時代マネージャーがいたそうですが、大学のサークルでもマネージャーがいてどうでしたか?
:上の代からマネージャーはちょっと特別みたいなところがあったから、まず高校のマネージャーとは違う存在だった。高校のマネと比べないのは、サークルのマネはそういうものだと思っていたから。プレもマネも自主参加だったし。
:高校の時はマネがいるのが当たり前で、仕事をするのも当たり前だった。けど、サークルのマネは来てくれるだけでありがたいと思ってたかな。だから、合宿の時とかユニフォームとか靴下を洗ってくれるのを見てびっくりした。高校の時は逆に洗濯自分たちがやらされてたから。

%e5%ad%a6%e5%9b%a3%e4%bb%b2%e8%89%af%e3%81%84%e5%86%99_170513_0029

マネージャーがしてくれて嬉しかったことは?
 <サークルの面>
全員2年の学年大会ではミサンガ、3年のオール法政ではお守りとモチベーションビデオを作ってくれたのがすごく嬉しかった。プレイヤーだけでもやる気になっていたけど、マネがそうやってくれることによってより一層頑張ろうと思えた。それが結果につながったと思う。
:本当にマネは脇で応援しててくれるだけで嬉しかった。サイドハーフにいる時にマネからの圧を感じた(笑)
<学業面>
:幹部は練習に必ず行かないといけなかったんだ。そんな中、学業も疎かにならなかったのは学団のマネのおかげかな。授業内容を教えてくれたりしたから、サークルの幹部という立場にありながら単位も取れた。
(サークルのことだけでなく、学業でも助け合っていて素敵ですね)

学団連ならではということはなんだと思いますか?
大会で優勝したときにマネにメダル渡してたのは学団連ならではなのかな。メダルもらうとすごく喜んでくれるから、勝って渡してあげようと思えた。
:学年毎だから、縦のつながりがあまりない分、横のつながりがとても強かった。九十九里のコテージにみんなで行った時は、海行ってスイカ割りしたり、プレマネ混合のリレーをしたなぁ。リレー時はマネをこけさせてた(笑)
:あと、学年ごとだから全部敵なのが面白いとこかな。全体としての目標はあるけど、それぞれ目標を持ってたから。だから、自分たちが新歓で強い子を入れると敵が増えてたね(笑)%e5%ad%a6%e5%9b%a3%e4%bb%b2%e8%89%af%e3%81%84%e5%86%99_170513_0009

マネ同士もとても仲が良かったそうですね!
:はじめはマネ同士割れちゃうところもあったけど、後半は本当にみんなで練習とか試合に来てくれてた。だから、車の手配大変だった(笑)。マネは絶対車に乗せてあげたいから、たまに乗れないプレが電車で行ったこともあるくらい。
(本当にマネを大事にしているんですね)
:いい意味で自己主張強い人がいないから、その分みんなで仲良くなったのかなと思う。学団のマネは、落ち着いてる雰囲気で、でも元気に応援してくれる姿が良かった。マネが引退した瞬間に彼氏作ってたから、学団のマネは本当に一途だと思う(笑)
:サッカーは本当に真面目にやるけど、サークルっていうゆるい感じも大事にして、マネも楽しめるようにするっていうのが難しかったかな。サークルのゆるさとサッカーの真面目さのギャップを埋めるメリハリを大事にするのが代表として大変だったところかな。サッカー以外でマネがいてくれたのはサークルっぽさに必要なところだったかな。

%e5%ad%a6%e5%9b%a3%e9%80%a3

プレにとってマネはどういう存在でしたか?
:モチベーションでもあるかな。メダルとかで本当に喜んでくれるから、頑張らなきゃと思う。
:同じ立ち位置にいる一つのチームの一員だった。サッカーするしないはあるけど、それ以外は変わらないと思っていたし、プレマネの垣根はなかったと思う。
家族のようでもあり、クラスメイトみたいな存在。イベントも全員参加だし、みんなで楽しい思い出を作る仲間。サークルは、サッカーする場でもあるけど、交流の場でもあって、だからマネージャーも仲良く楽しく過ごせていたかな。%e5%ad%a6%e5%9b%a3%e4%bb%b2%e8%89%af%e3%81%84%e5%86%99_170513_0023

 

学年同士本当に仲がいい学団連さん。サッカー面だけでなく学校でも仲が良く、本当にクラスメイトのようで羨ましい限りですね。新関東に所属しないが強いチーム学団連。これからもサッカー面もプレマネの仲の良さにも期待ですね!

法政大学 学団連サッカー部のチームページ

Written by

大貫 杏華

onuki

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.06.01

【BMOM52】樋下田泰成(2年=伊勢崎商業) 和製ロナウドと呼び声の高いゴールゲッター

先日行われた新関東カップ4回戦明治大学体同連サッカー部(以下体同連) vs 日本大学生産工サッカー部(以下生産工)。18時キックオフというナイターゲームはZOZOPARKで行われた。 試…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.04.01

【フットサル新歓記事vol.4】早稲田大学編(足猿キッカーズ、小手指FC、The Words、FC FALTA)

フットサルでも大好評の新歓企画! 満を持して紹介するのは、サッカー同様フットサルでも最多数を誇る「早稲田大学」です!! 早稲田大学からはFFCカレッジフットサルリーグに計4チーム参入しています…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.04

【新関東リーグ2017・1部第4節ハイライト】混戦の残留争い!!伝統の2チームが優勝争いを繰り広げる!

【新関東リーグ2017】雨の予報もなくなり晴天を迎えた集中開催初日。今後の順位に大きく影響する2連戦の初戦が行われた。   明治大学体同連生田サッカー部 - 早稲田大学FC.GU…

read more 古平 翔太
コラム 2017.08.30

【マネの技術vol.5 】〜プレを支えるテーピングの方法編〜

プレイヤーが足を痛めている…けど試合に出場したい… そんな時に必要なのがテーピング!! いつもプレイヤーがテーピングしている姿を見て、やってあげたいなと思っているマネさんもいるのではないでしょうか…

read more 大貫 杏華
コラム 2017.02.24

【BMOM27】藤林拓哉(2年=比叡山) とにかく明るい藤林が圧倒的な活躍でHUMAN F.Cを早稲田の頂点に導く

早稲田大学学内戦決勝戦では、圧倒的な得点力で勝ち上がってきたHUMAN F.Cと、優勝候補である稲穂キッカーズを準決勝で倒した早稲田理工サッカー部が相見えた。   この決勝戦でも…

read more 古平 翔太
コラム 2017.05.02

【BMOM37】小池建(3年=幕張総合)強烈な左足で1G1Aの活躍

【新関東カップ2017 1回戦】K9 football park ICHIHARA 早稲田大学CRUYFF 0-4 明治大学BeeVoo MF小池建(3年=幕張総合) 新関東カッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.25

【高校別OB座談会 番外編】この春上京した新入生へ。インハイ王者含む北海道4チームが大集合!

    高校別座談会第4弾は、北海道出身特集ということでインハイ王者、プリンスリーグ所属など4チームが集合!左から北星学園大学付属→青山学院大学理工サッカー部井…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.03

【BMOM130】石井 諒太郎(三年=日大習志野)チームの愛され大バカ者が値千金の先制点!

2019年5月25日新関東カップ第3回戦が行われた。カードは立教愛好会(以下:立愛)vs早稲田大学HUMAN.FC(以下:ヒューマン)。ヒューマンは2戦目、立愛はシードもありこの試合がチームとしては初…

read more 成瀬将希
コラム 2017.03.21

新チーム始動インタビュー第6弾”立教大学サッカー愛好会”

昨年度の新関東リーグで上位争いをするも、リーグ戦連覇とはならなかった立教大学サッカー愛好会(以下立愛)。結果は振るわなかったが、雰囲気は1番。多くの伝統行事がある立愛を引っ張っていくのが、キャプテン近…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.08.24

【各サークルの面白い人たち特集】vol.2 中央大学体同連フースバルクラブ:渡部雄飛

こんにちは!BeYonD編集部です!   各サークルの面白い人たち特集vol.2中央大学体同連フースバルクラブの渡部雄飛さんにインタビューさせていただきました!  …

read more 早坂

-PICKUP CIRCLE-