【同好会基礎情報vol.8】あのJリーグクラブが後援している同好会カテゴリー最大規模の大会「紫京杯」とは?

BeYonD 編集部

サッカー同好会カテゴリーでは稀だが、都道府県内No.1を決める大会が京都には存在する。
その名も、京都学生サッカー同好会選手権大会『紫京杯』
毎年8~9月に、60以上の参加チームで行われている同好会カテゴリー最大規模を誇る大会である。
『紫京杯』は、「開催することで京都のスポーツ界を大学生の力で活性化させ、大会を通じて今まで交流のなかった他チームの大学生や地域との輪を広めることができる場にしていきたい」という考えの下、
京都のJクラブである京都サンガF.C.(当時:京都パープルサンガ)の後援を受け、2001年にスタート。

%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b5%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0

参加者にとって全国高校サッカー選手権大会のような大会であり、選手・マネージャーが一丸となって勝利を目指すことで思い出に残り、感動できる大会を目指している。
そして、その紫京杯を運営している役員は京都内の大学に通う学生であり、年間を通して定期的に会議を重ね、企画運営を行っている。

%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b5%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1

その役員は、同好会で選手としてサッカーをしながら活動をしている者が多くを占めるが、中には、どこにも所属しないサッカー好きや、運営に興味があって参加する者もいる。
ここで一人、ある男を紹介しておきたい。
所属大学が異なる役員メンバーを、まとめ上げる2017年度紫京杯役員代表、

同志社大学orange pigmon所属、飯村渉(3回生)。

%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b5%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a3

この写真で薄々気づくかもしれないが、彼はみんなにとことんいじられ愛される、所謂いいやつ。
”いわちゃん”の愛称で親しまれ、ドMながらも先頭を走り、紫京杯を運営している。今後、この男から目が離せない。
と、ここまで大会概要と役員について紹介してきたが、紫京杯には、夏の本大会に連動し、様々な事前企画が存在する。
プレフットサル大会、京都サンガ合同企画、子供サッカー教室、本大会前のレセプションパーティーなど、多岐に渡る。

 

そして、本大会参加チームにて行われるプレフットサル大会が、5月6日と27日に行われた。

%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b5%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a4

このプレフットサル大会開催の目的は、本大会に向けた大会参加チーム間の交流であり、
試合以外にもプレマネ合同企画などを行い、各チームの交流を図ることも狙いである。

会場は、京都サンガF.C.の練習場でもある、サンガタウン城陽。
午前中に予選、午後に順位別トーナメントを行う形式で行われ、6日大会には18チーム、27日大会には20チームが参加した。
6日大会は、悪天候にも関わらず、熱い試合が行われ、各チームのマネージャーもピッチサイドで献身的に応援していた。

京都No.1を決める本大会の参加チームだけあって、ハイレベルなチームがひしめく中、
6日大会で見事優勝を飾ったのは、京都産業大学pantra、そして準優勝は京都大学LosLocosであった。
pantraは様々な大会で優勝経験があるフットサルチームであり、決勝戦は5-2と実力を見せつけた。

%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b5%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a6

pantra代表の西川和哉は、
「まず、やるからには優勝を目指していたのでそれを達成できたことはよかったです。
どこのチームも良いチームで、楽な試合はありませんでしたが、何が起きても終始雰囲気良く試合運びをできたことが要因の1つかなと思います。
またマネージャーの協力ありきで優勝できたと思っているので、感謝したいです。ありがとうございました。」と話してくれた。
全員が楽しんで参加している姿が印象的なチームだった。

 

27日大会は、天気にも恵まれ、チーム数も増えたことでさらなる盛り上がりを見せた。

%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b5%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a9

27日大会の優勝は、京都外国語大学フットサル部、準優勝は立命館大学SFIDANTEであった。
京外大フットサル部もやはり強豪チームなだけあって、圧倒的な強さを見せての優勝。
準優勝のSFIDANTEは、フットサルチームである京都橘フットサル部を3位に抑えての準優勝と、健闘を見せた。

%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b5%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%aa

京外大フットサル部代表の真野晃は、
「チームが目指すフットサルと少し違いましたが、楽しく勝ちにこだわり、結果を残せたので、インカレの弾みになると思います。」と、
既に次に向けての強い気持ちを見せた。

プレマネ企画では、チーム対抗ドリブルリレー大会を行い、苦戦しながらも頑張る可愛らしいマネージャーと、技術を見せカバーするプレーヤーとの仲の良さも見られ、盛り上がりを見せた。

%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b5%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%ab

各チームが奮闘し、熱い戦いが繰り広げられた紫京杯プレフットサル大会。両日共に充実した大会となり、各チームの交流も深まったことで、
8月から予選がスタートする本大会が楽しみである。

60を超えるチームの中から激戦を勝ち抜き、真の京都No.1となるチームはいったいどこになるのか、今から目が離せない!

 

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2020.06.01

【マネの想いvol.3】“1番伝えたいのはプレーヤーへの感謝”

第3弾となるマネージャーの想いを語ってくれたのは、 早稲田大学理工サッカー部 3年 山下美穂さん(左から2番目)     −早稲田大学理工サッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.04.29

【審判目線】審判だからこそ分かる、”体育会”と”サークル”の違いとは?

こんにちは!BeYonD編集部です。 大学サッカー界には”体育会”と”サークル”という2つの組織があり、両者の違いは数多く存在します。サッカーのレベルからサッカーに対する熱意までその違いは様々で…

read more 東 孝太郎
コラム 2017.06.01

【BMOM52】樋下田泰成(2年=伊勢崎商業) 和製ロナウドと呼び声の高いゴールゲッター

先日行われた新関東カップ4回戦明治大学体同連サッカー部(以下体同連) vs 日本大学生産工サッカー部(以下生産工)。18時キックオフというナイターゲームはZOZOPARKで行われた。 試…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM4]MF三村翼(3年)直接FKで決勝点。攻守で存在感を示す

驚異のセカンド回収率 三村   明治大学体同連サッカー部は、中央大学サッカー同好会との生き残りを賭けた下位決戦。 結果は1-0で明治体同連が勝利した。この大事な決勝点を挙げたのは、キ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.01

【告知】あの埼玉スタジアム隣でサークルの試合が開催!?

5月下旬に開幕した新関東カップ2022も明日7/2(土)で決勝を迎える。 5試合20得点と爆発的な攻撃力を武器に勝ち進んできた中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)。迎え撃つのは今年度新関東…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.05

【新関東リーグ2019一部・第4節】最大の山場である早稲田ダービー。FC.GUSTAが執念の逆転勝利!

開幕からしっかりと三連勝を収め、今節も勝利し優勝に向け弾みをつけたい早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。対するは3節を終え3位となんとしてでも今節勝ち点3をもぎ取り優勝争いに関わりたい早稲田大学F…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.28

【BMOM96】 中村豪(3年=洛南)が無回転ミドルシュートでだめ押し弾!チームを勝利へ導く!

新関東カップ2018、3回戦鹿島ハイツにて中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)と首都大学東京八雲FC(以下:八雲)との試合は2対0の状況の中、ダークホース八雲が1点を取るも、フースが逃げ切る…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.03

【明治大学学内戦決勝】フォトギャラリー

9番井上(3年=浦和西)は確かなテクニックで前線で溜めを作り、チームに落ち着きをもたらしてきたが決勝では中々足元にボールを収めきれず。留学生クリストファーの通訳としての活躍が目立った。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.26

【BMOM44】柴田拓海(3年=東山) “攻守に躍動したCRACKSの頼れるキャプテン”

【関西同好会トーナメント1回戦】 立命館大学FC.CRACKS(以下CRACKS) vs 立命館大学 FC原谷(以下原谷) 奇しくも立命館ダービーとなったこの一戦のヒーローは紛れもなくCR…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.07.29

【復活!!マネの想いvol.1】”仲間はいて当たり前の存在、なくてはならないもの”

約1年半ぶりにこの企画が復活します! “マネの想い” 大学サッカー同好会カテゴリーにおいて必要不可欠な存在 また、そのあり方もチームによって大きく異なるマネージャーに迫るこのコラム。 様々なチ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-