【BMOM63】小田島圭吾(3年=國學院久我山) 重戦車”改”となったこの男が2得点の活躍!

高橋佑輔

新関東カップ2017準決勝で明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は早稲田大学HUMAN FC(以下:HUMAN)と対戦し2-1で勝利を果たした。決勝へ進むべく絶対に負けることのできないこの一戦は両チームとも、たくさんのチャンスを作り出す白熱した試合展開となった。

この一戦で2得点を決め、グルービーの決勝進出に大きく貢献したのが23番小田島圭吾である。

img_2641

前半20分、ハンドの判定でPKを献上し先制点を許してしまったグルービー。雰囲気の良さを武器とするHUMANを前に先制点を許してしまったため、試合の流れは完全にHUMANに傾くと思われた。

しかし、違いを見せつけたのが小田島であった。23分に小田島が左サイドをえぐるとPKを獲得。同点ゴールを挙げた。卓越した技術と強靭なフィジカルを兼ね備える小田島を前にHUMANはファールストップしか手段がないというような形であった。

また28分には処理の甘かったDFからボールを奪うと、一人でボールを持ち込み左下にシュートを突き刺した。

さらに、この日の小田島の輝きはゴールシーンだけではなかった。味方とのコンビネーションと持ち前の強さを織り交ぜ、再三にわたりシュートを放ち相手ゴールを脅かした。以前BMOMにて小田島を重戦車と紹介したが、さらなる成長を遂げ重戦車”改”となってグルービーを決勝へと導いた。

img_2643

小田島は
「BMOMに選んで頂いてありがとうございます。去年選んで頂いてからこれに選ばれるように意識してプレーするようになりました。そのおかげでモチベーションを高く保ってサッカーができているのでとても感謝しています。」
と重戦車改となったモチベーションについて語った。

またこの試合については
「去年の準決勝と同じhumanさんが相手だったので今年は絶対に負けられないと思って試合に臨みました。正直先制点を取られてきついかなと思ったのですが前半のうちに逆転できてチームの士気も上がり最後まで粘り切ることができたと思います。個人としては思ったより相手が寄せてこなかったのでいつも通りの縦に速い攻撃でいくことを意識していました。結果として二点取れたのはよかったと思います。でも、後半も得点チャンスがあったのに外してしまっているのでそこは反省点です。」
と振り返った。

また、決勝戦について話を伺うと
「チームとしては今、いい雰囲気でサッカーができていてそれが結果につながっていると思っています。決勝の相手は稲穂さんなのでビビりまくっていますが、ここまできたら優勝しか考えていないのであと二週間しっかりと調整して決勝に臨みたいです。10番長瀬君よりは多く得点したいと思います。(笑)いつもと違い、出ているメンバー、控えメンバー、ガヤが大得意な応援団が同じ方向を向いて一つになれているのでみんなの力を合わせればきっと優勝できると信じています。今後はまだ明大カップが残っていてそっちも負けられないので頑張りたいです。」

と気持ちを伝えてくれた。同じく準決勝で2得点の活躍をした長瀬(稲穂キッカーズ)の名前を出してくれた。高校時代國學院久我山高校にてチームメイトだった二人。決勝でのこの二人のエース対決に目が離せないところだ。またチームとしてもグルービー流の雰囲気と戦い方で稲穂の3連覇を阻止して優勝を果たすことに期待が寄せられる。

 

明治大学 Groovy kidsのチームページ

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.05.25

【BMOM42】鉄羅周太(2年=郡山)驚異の無回転キッカーの強烈な一撃で試合を決定づける!

5月20日新関東3部所属の首都大学東京八雲FC(以下:八雲)は、同リーグ2部所属の慶應義塾大学FC.e.l.f.(以下:e.l.f.)と対戦した。 立ち上がりの得点で試合を優位に進めた八雲だったが、…

read more 古平 翔太
コラム 2016.11.07

【同好会基礎情報Vol. 3】秀才揃い?!理工系リーグとは?

  大学サッカー同好会カテゴリーの様々な大会・イベントなどについて解説する連載企画。   今回の第3弾では、こちらも最近よく聞くようになった「理工系リーグ」につい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.06.08

【関東・関西サッカーサークル対談企画】東西の強豪チームが語るサークルの存在価値とは。

こんにちはBeYonD編集部です。 今回はBeYonDの新しい企画として、新関東リーグ1部に所属する早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と、関西同好会リーグ1部や京都府社会人リーグにも所属する…

read more 山田大晴
コラム 2020.03.26

【新歓記事2020】vol.4 中央大学

強豪チーム揃いの中央大学からは4つのサッカーサークルを特集します! 各サークルの雰囲気や魅力が詰まっているので、ぜひ参考にしてみてください!!   中央大学フースバル ・大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.03.27

【新歓記事2019 vol.3慶應義塾大学 その1】

慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 ・大学・チーム名 慶應義塾大学・慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 ・自分達のサークルを一文で表すと! 熱盛 ・チームの理念・モットーは?…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.08

【チームの根vol.2】 ”モモレンジャー” 法政大学学団連サッカー部 高野勇貴(3年=日大習志野)

ピッチに立てるのは11人。ただチームの力はその11人じゃ決まらない。自分を下手くそ、盛り上げ役と表した男の胸に秘めた思いに迫った。     法政大学学団連サッカー部 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.15

【BMOM99】藤尾 圭吾(2年=実践学園)が2ゴールを挙げる活躍

6月10日、日中に降った雨の影響でグラウンドに水たまりができる中、新関東1部の明治大学体同連サッカー部を下した日本大学法学部サッカー部(以下:日大法学部)は青山学院大学理工サッカー部(以下:青山理工)…

read more 浅川大樹
コラム 2017.02.06

新人戦2年生大会 予選ダイジェスト「第1グループ〜第4グループ」

第1グループ 法政大学学団連サッカー部と新関東リーグ1部の明治大学体同連サッカー部、昨年の新人戦1年生大会で予選1位通過を果たしたダークホース國學院大学FC ROSSOの3チームで、1位通過をし…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.11.13

【新関東リーグ2021・1部第7節マッチハイライト】リーグ戦終盤!どのチームも落とせない一戦の行方は!?

11月13日(土)に新関東リーグ第7節が矢田部Gで行われた。結果は以下の通り。 第1試合目は、早稲田ダービー。昨シーズン優勝争いを共にした早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と早稲田大学…

read more 早坂
コラム 2018.03.31

【BMOM91】川島優太(1年=東京ヴェルディユース) 慶應学内戦王者奪還に大いに貢献したJ下部育ちのファンタジスタ

3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、慶應義塾大学キッカーズFC(以下:キッカーズ)が、昨年度の慶應学内戦王者、慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)、に先制されたものの、後半中盤…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-