【同好会基礎情報vol.11】アットホームカップとは?

篠田 麻衣

 

こんにちは!

ついにどこの大学も夏休みが終わり
長袖がちょうどいい季節になってきましたね。

 

でも皆さん、涼しい顔をしてる場合じゃないですよ??

 

今年もあの熱い大会が帰って来る、、、、、、

そう!アットホームカップです!!!!

 

 

アットホームカップとは

 

関東の大学の学内戦や合同予選で勝ち上がったチームだけが出場権を獲得でき、計4日間の死闘の末、大学同好会の最高峰である、真の関東一を決定する大会です。

今年は東大、早稲田、慶応をはじめとする各大学の代表32チームが名を連ね、248チームの中の頂点が決まります。

予選と準決勝は例年同様、10月7〜9日に茨城県の鹿島ハイツで行われ、11月3日に味の素スタジアム西競技場で行われる決勝戦に向けて戦います。

s__33652849

 

唯一のJFA公認大会

 

アットホームカップ・インディペンデンスリーグは、2004年に公共財団法人日本サッカー協会(JFA)が、多くの学生に公式戦出場の機会を提供することを目的として誕生させた大会です。

なので全員が正式に選手登録をしたり、JFAの公式ルールに則った大会競技規定がしっかりとしており、今までの大会ではなかなか味わえなかった緊張感があります。ガチです。ガチ。

 

これは、大学同好会唯一のJFA公認大会だからこそできる体験です。

 

 

味スタで決勝戦!?

 

なんといってもこの大会の魅力は、決勝戦の会場。
怒涛の3日間を勝ち上がった2チームには、プロも使用する味スタ西競技場が用意されます。普通のサークルではなかなか立つことのできないスタジアムですね。
もちろん天然芝で、観客席が800席、、、、、可愛い女の子をたくさん呼べる、ということはこれでプレーヤーのモチベーションは完璧!!

去年は早稲田大学稲穂キッカーズ法政大学学団連サッカー部がここで熱戦を繰り広げ、見事稲穂キッカーズが関東1位の座を手にしました。

s__33652851

 

運営は学生が主体

 

こんな大規模な大会、どんな会社のどんな大人達が仕切ってるんだろう、、、と思ったあなた!

実は、、学内戦から関東大会の決勝まで全ての運営を学生主体で行なっているんです!!!

s__33652852

見てください、この笑顔。めっちゃ青春してます!って感じですよね。

委員会のメンバーには、あらゆる大学のサッカーサークルでプレーヤーやマネージャーをしている学生が所属しており、自分たちのチームの活動と委員会の仕事を両立して行なっています。

 

少しでも興味のある人はアットホーム委員の仕事っぷりにも注目ですね!

 

去年から始まったムービーコンテストが大盛況!

 

『魅せるのはサッカーだけじゃない』

このフレーズを掲げ去年から始まったモチベーションムービーコンテストでは、多くのチームが渾身の力作を作成しエントリーします。

第一回目は慶應大学理工サッカー部が見事優勝し、なんと 360度カメラのtheta が贈られました!!

https://goo.gl/photos/Ga3MU7nSh4duW3Dy7

↑↑↑これは昨年の優勝ムービーです、ぜひ見てみてください

めっちゃ良いムービーです!!!!これぞセンスの塊です

そしてみなさん、今年の優勝景品はもうチェックしましたか?今年は、まさかまさかの、、、昨年を上回る豪華商品、、、、、、「Go-pro」です!!!!!
噂によると、5万円以上はするとかしないとか。なんて懐が深いんでしょうか、、、これは絶対にゲットしたいですよね!

%ef%bd%825

モチベーションムービーコンテストはなかなか言葉にして直接伝えられない想いや感謝をチームメイトに伝えるチャンスです。

今年も愛のこもった作品が続々出てくるのが楽しみですね。

エントリーされたものはアットホームカップのHPからチェックでき、投票にも参加できるので、全マネージャーの皆さん、研究の為にも必見です!!!もちろんプレーヤーの方も!

 

 

どこが優勝してもおかしくないハイレベルな大会が予想されます。

今週末
ついに32/248チームがしのぎを削る、アットホームカップの幕開けです!!!

 

 

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ 法政大学 学団連サッカー部のチームページ

Written by

篠田 麻衣

shinoda

法政大学 学団連サッカー部

Keywords

Recommend

コラム 2018.04.20

【新歓記事2018 vol.10】成蹊大学・東京理科大学の紹介

成蹊大学 アースエラスティックサッカー ・自分達のサークルを一文で表すなら 常笑軍団 ・大学、チーム名 成蹊大学 アースエラスティックサッカー ・活動地域 吉祥寺 ・設立…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.30

新チーム始動インタビュー第4弾”明治大学体同連サッカー部 青木聡汰”

2年前、アットホームカップを制し日本一を勝ち取った明治大学体同連サッカー部。翌年、マガ杯で3位入賞となるものの無冠の1年となった。リーグ戦では最終節に土砂降りの中、青山理工に劇的勝利し残留をもぎ取った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.29

【プレスリリース】株式会社トラストグロースとスポンサー契約締結を致しました。

この度、2017年10月1日より BeYonDプロジェクト(代表:森井貴弘)は株式会社トラストグロース(代表取締役:長井博)との間で、スポンサーシップ契約を締結しましたことをご案内申し上げます。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.13

【新関東リーグ2017・1部】ベストイレブン

2017年11月18日、新関東リーグは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の二連覇という形で幕を閉じた。 多くのドラマがあった今大会の中で、活躍した選手からベストイレブンを選出した。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.07.29

【イベントレポート】テレビ東京主催!就活イベント「スゴい会社」

 みなさんこんにちは! じめじめした梅雨もそろそろ終わる頃でしょうか…。 洗濯物が乾かなくて困ってしまいますよね。   そんな話はさておき、6月23日に「渋谷ソラスタコン…

read more 豊岡志帆
コラム 2017.08.17

【千葉大学学内戦決勝戦】フォトギャラリー

22番岡内(3年=市立千葉)は確かな技術と笑顔がトレードマーク。心なしか歯が出ている。素晴らしい活躍で優勝へ大きく貢献した。 27番藤方(3年=県立船橋)は岡内と共に中盤を支配し…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.11

【BMOM25】 伴勇(1年=松本山雅Y) 寄せ集めのチームを決勝まで導いたキャプテンの心意気が歓喜の瞬間をもたらす!

新人戦1年生大会②の決勝戦は成蹊大学FC kanoaと法政大学学団連サッカー部の激しい攻防が繰り広げられた。技巧派集団法政学団連の攻撃陣を無失点で抑え込み、1-0の接戦をものにした成蹊大学FC kan…

read more 古平 翔太
コラム 2018.12.20

新関東リーグ2018・1部 ベストイレブン

2018年11月17日、新関東リーグは中央大学フースバルクラブが圧倒的な強さを見せ無敗優勝を果たすという形で幕を閉じた。 中央フースバルは新関東カップに続く、2冠目となる。 BeYonD編集部は今…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.03.31

【新歓記事2020】vol.8早稲田大学その1

新歓記事を締めくくるのは、サッカー同好会の中でも強豪が揃う早稲田大学! 「その1」では、2月に行われた学内戦の決勝トーナメントに勝ち進んだ7チームを紹介します! ※コロナウイルスの影響で新…

read more 高橋ちひろ
コラム 2017.08.21

【東洋大学学内戦決勝】フォトギャラリー

東洋大学を制したF.C.FLITT、アットホームカップ本大会にも期待したい。   圧倒的な存在感で決勝のマンオブザマッチに輝いた矢部(3年=埼玉栄) &nb…

read more 大塚朝史

-PICKUP CIRCLE-