【BMOM102】小竹直輝(2年=新潟明訓)決勝戦で1G1A!初優勝の立役者に!!

遠藤瞭介

7/1(日)、埼玉スタジアム2002第4グラウンドにて、新関東カップ2018の決勝戦が行われ、早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)が対戦。
後半に怒涛の3得点を挙げた中央フースバルが4連覇を狙う絶対王者早稲田稲穂を破り、見事初優勝を果たした。

歓喜に沸いた中央フースバルから、今回はこの男をBMOMに選出したい。

39番小竹直輝(2年=新潟明訓)だ。

unnamed

「どこが相手かは意識することはなかったです。ただ、連戦で気温の高い中での試合だったので走りきることが重要になってくるとチーム内で確認して試合に入りました」と、
早稲田稲穂という強大な相手を物ともせず、非常に高い気温の中ピッチを縦横無尽に駆け回り、中央フースバル攻撃陣を牽引した。

前半は主に右サイドでプレー。
61番小林(2年=新潟明訓)、11番太田(3年=中央杉並)との華麗な連携で早稲田稲穂の左サイドを何度も突破し、チャンスを演出した。
得点こそ入らなかったものの、早稲田稲穂にとって非常に脅威となる動きを見せる。

前半、チームとしては少しバタつく場面が散見していた。しかし、「後半は落ち着いてボールをつないでいこうと話し合いました」とハーフタイムに修正を図り、仲間の大声援を受けて後半へ。

後半は前半よりも中央寄りに位置どり、果敢にゴールへ仕掛けていく姿勢がとても印象的だった。
そして22分、ドリブルで切れ込んで8番西出(3年=座間)にラストパスを送り、追加点をアシスト。
さらにその直後、ミドルレンジから右脚を振り抜き、強烈なシュートをゴール右に沈めてダメ押しとなる3点目を奪った。

このゴールについて、「ボールを受けたらまずはゴールを意識しているので、遠目からだったのですがキーパーの戻りが遅かったので狙いました」と、本人は冷静に振り返る。

「フースバルとして初の新関東カップ優勝ということで素直に嬉しかったです。チームとして残りのタイトルも全部取れるように、個人として、より多く得点に絡めるよう努力します。自分が成長することでチーム成長できると思っているので、トレーニングからしっかり取り組んでいきます」と、謙虚ながらも大きな目標を語ってくれた。

果たして今年は中央フースバルの年となるのだろうか。
2年生アタッカーのさらなる成長と活躍に期待していきたい。

中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

遠藤瞭介

r.endo

Keywords

Recommend

コラム 2022.05.26

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.2

中央大学サッカー同好会 チームPR サッカーにも遊びにもガチ‼️ 注目選手 新谷唯我(3年・日本大学第三高等学校):サカ同の10番。そして稲穂フェスタMVP! 注…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.29

【特別企画】プレマネ必見!!胸キュン仕草まとめました!!

こんにちはBeYonD編集部です。     もう6月も末ですね、、、     夏です。っていうか梅雨真っただ中です。。。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.28

サークル×就活のすゝめ(マネージャー編)

3年生をはじめ、皆さん就活は始めていますか? 飲み会ばかりしてる場合じゃありませんよ! 今回はそんなみなさんの就活に対する疑問や不満を解消できる記事を書きました! 就活生は必見です!…

read more 渋井颯太
コラム 2016.11.12

【新関東FL1部第6節】 マッチプレビュー

第1試合 中央大学サッカー同好会 vs 早稲田大学稲穂キッカーズ 早稲田稲穂と中大同好会、この2チームは新関東リーグを語るには欠かせない2チームである。新関東リーグ創設時から2チームはライバル関係と…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.17

【プレからの想い Vol.1】”マネは一番のサポーター”

○○くんありがとう。○○くんありがとう。 あ〜、サークルに入って良かった!! どうも、協力的な仕事ぶり、充実したサークル生活、BeYonDです!笑 さて、おふざけはこの辺にして本題に入りましょう…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.03

【イケメン特集vol.1】筋肉ゴリゴリ色黒爽やかイケメン!

こんにちは!   8月も終わり、9月から同好会カテゴリー一大イベントマガジン杯がとうとう始まりますね! この大会にかけてるチームも数多いと思います。みなさん怪我に気をつけて…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.19

【BMOM107】小田島圭吾(4年=國學院久我山)開幕戦での貴重な同点ゴール! 今年もこの男が新関東を盛り上げる!!

明治大学Groovykidsは昨年、チーム史上初の2部降格。 この試合、悲願の1年での1部昇格のために、どうしても勝ち点3が欲しいところだ。 しかし、序盤から早稲田大学HUMAN.FCに主…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.09.04

【必見!】足つり予防の新しい提案!

夏も佳境を迎え、気づけば9月に突入してしまいました。コロナウイルスの影響からサークル活動がうまくやれない中、苦労しながらこの夏を過ごしたチームも少なくないのではないでしょうか。今後も練習などを行ってい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.05

【新関東リーグ2017・1部第5節】王者稲穂が一つ抜け出し、残留争いはまだまだ目が離せない展開に

【新関東リーグ2017】 集中開催2日目はzozoparkから鹿島ハイツに舞台を移し、応援が許された環境での試合に全試合盛り上がりを見せた。   第1節以来勝利を挙げられていな…

read more 森井 貴弘
コラム 2017.03.30

【スパイク特集vol.4】アディダスジャパンフットボール商品開発・企画担当者の山口さんにインタビュー!

ご無沙汰しております、スパイクコラムを担当いる古平です。スパイクコラムは同好会カテゴリの選手向けにスパイクの選び方などを伝授するためのものでしたが、正直なところ自分の趣味感覚で記事を作成していました。…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-