【新関東カップ2018】大会総括

高橋佑輔

4月末から始まり7月1日(日)に閉幕した『新関東カップ2018』。

今回はその大会を簡単に振り返るとともに
最後に、BeYonDが取材を通じて感じたことについて言及していきたい。

優勝

中央大学フースバルクラブ(初優勝)

5de7d408-2e37-4754-bf8d-0989593b28f6

新関東カップ2018は中央大学フースバルクラブが見事初優勝を果たし幕を閉じた。
決勝では大会3連覇中の早稲田大学稲穂キッカーズを3-0で圧倒し、早稲田稲穂の4連覇を食い止め、中央フースバルが新たな歴史を刻んだ。

1年次からチームを支えた安藤(3年=東福岡)、西野(3年=星陵)らがチームを率いる代となり、小竹(2年=新潟明訓)や谷口(1年=町田ゼルビア)らの期待の下級生を交えて、非常にクウォリティーの高いサッカーを展開した。

準優勝

早稲田大学稲穂キッカーズ

eb3400dc-4cff-4ff8-8eec-ef884e731648

大会3連覇を果たした早稲田稲穂は惜しくも決勝で敗れ準優勝となった。決勝で敗れた早稲田稲穂は2015年ぶりの新関東カップでの敗戦であり、これまでの強さは圧巻であった。

三冠日本一を達成した昨年までの主力が抜けるも、持ち前の勝負強さでPK戦で2連勝を飾ると、準決勝では3発快勝。優勝はできなかったものの彼らの強さは健在である。

総括

そんな新関東カップ2018であるが、今大会は非常に見応えのある大会であった。それを象徴するのはジャイアントキリングの数である。サッカーという勝負の世界では勝った方が強いというのは当たり前のことであるが、新関東リーグのカテゴリーで下に位置するチームが上に位置するチームを倒した試合が11回もあったのである。

結果でも見てわかるようにベスト8には、二部所属の中央大学サッカー同好会、日本大学法学部サッカー部、慶応大学FC.e.l.f.の3チームが残り、三部からは日本大学スポーツ科学部サッカー部が残った。
決勝こそ一部の強豪同士の戦いであったが、第3位の2チームが二部リーグ所属のチームであったということは素晴らしい結果である。

実際に試合では所属しているリーグなど一切関係なく、好ゲームが多く繰り広げられた。一部所属の早稲田大学FC.GUSTAを倒し、昨年度王者の早稲田稲穂をPK戦まで追い詰めた日本大学スポーツ科学部サッカー部の躍進はこのカテゴリーに携わる者に大きな衝撃を与えただろう。

このことから言えるのは、今年の大学同好会カテゴリーのチームは一強ではなくどのチームを実力が均衡しているのである。どのチームが勝つかわからない今シーズン、これから開催されていく、マガジンカップ・新関東リーグ2018から目が離せなくなりそうだ。

また一部リーグと二部リーグの差が以前よりも無くなっているのも現状である。これは大学同好会カテゴリーに魅力的なチームが増え、全体でのレベルアップがなされたと捉えられる。

そして、もう一つは大会日程変更の多さである。今回問題になったのが使用グラウンドが取れておらず、試合が延期になったという事件だ。

結果的にすべての試合を行えたことは良かったがそれにより、中央フースバルクラブは連戦を強いられることとなったり、応援に駆けつけたOBや保護者の方に大変ご迷惑をかけてしまうという形となってしまった。
まだ発足したばかりの委員会であるが今後このようなことが起きないように環境を向上させていってほしいと願う。

だが、これだけの試合数を管理し運営した競技運営部のメンバーに改めて賛辞を送りたい。

グラウンド、審判の確保、本部運営から始まり、良い環境の中で非常に見応えのある試合を行えたのは、紛れもなく委員会の努力の賜物である。

以上のことを踏まえ、次に行われる新関東リーグでも高いパフォーマンスを期待したい。

また強いチームが増えている今、さらに大会を盛り上げるべく、W杯のような予選ラウンドの導入、リーグ戦の一部参戦チームの増加、二部リーグを一つに統一し四部構成にするなど新たな改革をすればもっと大学同好会カテゴリーが盛り上がると感じた。

 

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2019.04.07

【新歓記事2019】vol.11 中央大学

強豪ひしめく中央大学のサークル紹介です! 中央大学サッカー同好会 ・大学名・チーム名 (中央大学サッカー同好会) ・自分達のサークルを一文で表すと! (サッカーをガチでや…

read more 三木大輔
コラム 2016.12.18

【BMOM21】中村悟(3年) 復活のキャプテンが中盤を支配しユニオンリーグ2連覇へ導く

絶対的なキャプテンの復活 ユニオンリーグ・チャンピオンシップで神出鬼没な動きでピッチを駆け回り、中盤を支配した選手がいた。それは、荒友キッカーズキャプテン中村悟(3年=県立船橋)だ。昨年までは、突破…

read more 古平 翔太
コラム 2017.05.08

【BMOM38】小川潤之助(2年=杉並FC) 守護神のビッグセーブ連発で稲穂フェスタ連覇達成!

ゴールデンウィーク最終日に行われた第15回稲穂フェスタ。中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)の2連覇で幕を閉じた今大会。 その決勝戦、青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)との対戦で…

read more 澤田結人
コラム 2019.02.25

【インタビュー記事 ISA 坂井惟史氏】ISAのサッカー留学事業に迫る!! 

「人生の転換期は間違いなくイギリス留学!」 と語る、坂井惟史氏。 今回、BeYonDでは留学事業を柱にサッカー事業を幅広く展開する International Sports Acad…

read more 川瀬日明
コラム 2017.04.26

【Guam Championship決勝戦】フォトギャラリー

12番天下谷(3年=実践学園)が先制ゴールを挙げ、歓喜のLiberteイレブン 東洋Liberteは同点に追いつかれるも、長身を生かした16番西岡(3年=東久留米総合)がドンピシ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.11

【BMOM6】MF小田島圭吾(2年) ゴリゴリとゴールを決め2得点の活躍

重戦車 小田島 第5節、6位明治大学グルービーキッズは、明治大学体同連サッカー部と対戦した。結果は3-0とグルービーが明治ダービーを制した。明治ダービー勝利の立役者は、2得点と大活躍した23番小田島…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.26

【BMOM111】奥本統太郎(1年=國學院久我山)大胆不敵な早稲田グスタのルーキーが試合を決めた!

10月20日、鹿島ハイツ第1グラウンドで開催された新関東リーグ2018 1部・第3節にて早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)が明治大学体同連生田サッカー蹴友会を1-oで下し、2勝1分で2位…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.11.24

【新関東FL2部自動昇格戦】マッチプレビュー 最高峰の舞台”新関東1部”へ昇格するのは

先週19日に、最終節を消化した新関東FL2部。各ブロック1位のみが1部昇格の道を許された狭き門をくぐり抜けたのはAブロックからは慶應義塾大学キッカーズFC(以下慶應キッカーズ)、Bブロックからは大方の…

read more 浅川大樹
コラム 2016.12.28

【美女マネ特集vol.10】記念すべき第10回は同好会カテゴリー最古の歴史を誇り、来年で77期を迎えるあのチームのマネ!

  みなさんこんにちは!   なんと、、、。   美女マネが、、、。   ついに第10回を迎えました!! &nb…

read more 上野澄人
コラム 2017.10.28

【新関東リーグ2017・1部第3節】連勝中の2チームが敗れ3冠をかけた覇者が僅差で首位へ踊り出る!1部全4試合をハイライト!

爽やかな秋の空模様の中、新関東リーグ1部第3節が行われた。 早稲田稲穂 - 明治体同連 1試合目はマガハイ優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と同大会準優勝の明治大学体同連サ…

read more 斉藤 耕兵

-PICKUP CIRCLE-