【新関東カップ2018】大会総括

高橋佑輔

4月末から始まり7月1日(日)に閉幕した『新関東カップ2018』。

今回はその大会を簡単に振り返るとともに
最後に、BeYonDが取材を通じて感じたことについて言及していきたい。

優勝

中央大学フースバルクラブ(初優勝)

5de7d408-2e37-4754-bf8d-0989593b28f6

新関東カップ2018は中央大学フースバルクラブが見事初優勝を果たし幕を閉じた。
決勝では大会3連覇中の早稲田大学稲穂キッカーズを3-0で圧倒し、早稲田稲穂の4連覇を食い止め、中央フースバルが新たな歴史を刻んだ。

1年次からチームを支えた安藤(3年=東福岡)、西野(3年=星陵)らがチームを率いる代となり、小竹(2年=新潟明訓)や谷口(1年=町田ゼルビア)らの期待の下級生を交えて、非常にクウォリティーの高いサッカーを展開した。

準優勝

早稲田大学稲穂キッカーズ

eb3400dc-4cff-4ff8-8eec-ef884e731648

大会3連覇を果たした早稲田稲穂は惜しくも決勝で敗れ準優勝となった。決勝で敗れた早稲田稲穂は2015年ぶりの新関東カップでの敗戦であり、これまでの強さは圧巻であった。

三冠日本一を達成した昨年までの主力が抜けるも、持ち前の勝負強さでPK戦で2連勝を飾ると、準決勝では3発快勝。優勝はできなかったものの彼らの強さは健在である。

総括

そんな新関東カップ2018であるが、今大会は非常に見応えのある大会であった。それを象徴するのはジャイアントキリングの数である。サッカーという勝負の世界では勝った方が強いというのは当たり前のことであるが、新関東リーグのカテゴリーで下に位置するチームが上に位置するチームを倒した試合が11回もあったのである。

結果でも見てわかるようにベスト8には、二部所属の中央大学サッカー同好会、日本大学法学部サッカー部、慶応大学FC.e.l.f.の3チームが残り、三部からは日本大学スポーツ科学部サッカー部が残った。
決勝こそ一部の強豪同士の戦いであったが、第3位の2チームが二部リーグ所属のチームであったということは素晴らしい結果である。

実際に試合では所属しているリーグなど一切関係なく、好ゲームが多く繰り広げられた。一部所属の早稲田大学FC.GUSTAを倒し、昨年度王者の早稲田稲穂をPK戦まで追い詰めた日本大学スポーツ科学部サッカー部の躍進はこのカテゴリーに携わる者に大きな衝撃を与えただろう。

このことから言えるのは、今年の大学同好会カテゴリーのチームは一強ではなくどのチームを実力が均衡しているのである。どのチームが勝つかわからない今シーズン、これから開催されていく、マガジンカップ・新関東リーグ2018から目が離せなくなりそうだ。

また一部リーグと二部リーグの差が以前よりも無くなっているのも現状である。これは大学同好会カテゴリーに魅力的なチームが増え、全体でのレベルアップがなされたと捉えられる。

そして、もう一つは大会日程変更の多さである。今回問題になったのが使用グラウンドが取れておらず、試合が延期になったという事件だ。

結果的にすべての試合を行えたことは良かったがそれにより、中央フースバルクラブは連戦を強いられることとなったり、応援に駆けつけたOBや保護者の方に大変ご迷惑をかけてしまうという形となってしまった。
まだ発足したばかりの委員会であるが今後このようなことが起きないように環境を向上させていってほしいと願う。

だが、これだけの試合数を管理し運営した競技運営部のメンバーに改めて賛辞を送りたい。

グラウンド、審判の確保、本部運営から始まり、良い環境の中で非常に見応えのある試合を行えたのは、紛れもなく委員会の努力の賜物である。

以上のことを踏まえ、次に行われる新関東リーグでも高いパフォーマンスを期待したい。

また強いチームが増えている今、さらに大会を盛り上げるべく、W杯のような予選ラウンドの導入、リーグ戦の一部参戦チームの増加、二部リーグを一つに統一し四部構成にするなど新たな改革をすればもっと大学同好会カテゴリーが盛り上がると感じた。

 

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.07.21

【H.I.S.主催ドルトムント選手交流会&マーケティングセミナー】愛されるクラブになるためには?同好会運営へのヒントがここにある!

2017年7月、香川真司選手も所属するブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムントは2年ぶりとなる日本ツアーを行いました。 ドルトムントのツアーパートナーとして旅行代理店のH.I.S.が契約を結び今回…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.05

【新関東リーグ2017・2部A第4節ハイライト】慶應の2チームが勝ち点で並び首位争いを展開!!

日本大学教育サッカーBAMBINO – 日本大学生産工サッカー部 日大BMBINOはサイドバックのオーバーラップを活かした攻撃で攻め立て、日大生産工も中盤でのボール奪取からのカウンターで得点チャ…

read more 古平 翔太
コラム 2020.03.28

【新歓記事2020】vol.5明治学院大学・東洋大学・神奈川大学

お待たせしました! 新歓企画第5弾の今回は明治学院、東洋、神奈川の3大学から計5つのサークルを紹介します! 明治学院白金FC ・大学、チーム名 明治学院白金FC ・自分達…

read more 狩野幹太郎
コラム 2017.02.26

「そもそも、お前ら誰だよ?」BeYonD運営メンバー紹介〜関東編〜

みなさんこんばんは。 普段見てくれている人も初めての人もこんばんは。 同好会カテゴリー待望のWEBメディア”BeYonD”の認知度も徐々に増してきて嬉しい限りです。 新企画などもどんどん…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.16

【BMOM64】桑垣誓広(2年=大社) 関西を代表する怪物級ストライカー

6月10日、関西同好会サッカートーナメントの決勝戦が同志社大学京田辺キャンパスにて行われた。 前半から激しい球際の攻防、確かな技術でこの大会1番の好ゲームとなったこの試合を制したのは京都産業大学ON…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.02

【美女マネ特集vol.3】第3弾は同好会カテゴリー随一のスタイリッシュ集団、あのチームのマネ!

おひさしぶりです。   先日の第2回記事も、相変わらずものすごい反響でした。   この初期段階で何千人という規模の方が見ていることに驚きが隠せません。 …

read more 上野澄人
コラム 2017.08.22

【美女マネvol.22】今回は史上初となる関西のチームから美女マネが登場!!

こんにちは!   夏休みですね~!   BBQ、花火大会など存分に遊び散らかしているであろう皆さん。     もしくは…

read more 上野澄人
コラム 2019.11.06

【新関東リーグ2019・1部第5節マッチハイライト】混戦の優勝争い、優勝へ向けてグスタが勝ち点を積み重ねる!

11/3(日) 鹿島ハイツで第5節4試合が行われた。 第1試合目は早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)の試合。 終始拮抗した試合展開だったが、終了間際に稲…

read more 落合陸
コラム 2017.07.16

【高校別OB座談会vol.5】市立浦和OB座談会 高校選手権出場の思い出を振り返る!

群雄割拠で高校サッカーの激戦区である埼玉県内で強豪として名の知れているさいたま市立浦和高等学校(以下:市立浦和)。 そんな市立浦和のOBたちに高校時代の思い出やそれぞれのサークルについてインタビュー…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.06.08

【BMOM59】高橋昌樹(3年=暁星国際) 相手のロングボールを弾きに弾いたエアバトラー

先日行われた新関東カップ準々決勝。ベスト4への切符を懸けた一戦の地はZOZOPARK。早稲田大学HUMAN.F.C.(以下ヒューマン)は稲穂フェスタ王者中央大学フースバルクラブ(以下フースバル)を迎え…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-