【新関東リーグ2018 1部】第4節ハイライト

BeYonD 編集部

10月27日、新関東リーグ2018 1部・第4節が開催された。第4節は聖地・鹿島ハイツから会場を移し、波崎での開催となった。
波崎特有の風はあまり強くなく、良好なコンディションでの試合となった。

22e6ecab-4c82-43be-a7cc-8a33c2da4752

1試合目の対戦カードは青山学院大学理工サッカー部(以下:青山理工)と慶應大学キッカーズクラブ(以下:慶應キッカーズ)。
唯一別会場で行われた試合はお互いに1分2敗の崖っぷちに立たされたチーム同士の対決となった。
残留のために絶対負けられない試合は2-0で青山理工の勝利。
後半9分、青山理工キャプテン木越(3年=東北学院)がミドルシュートを決めて先制に成功。
また19分にセットプレーのこぼれ玉を2番徳田(3年=八千代)が押し込み2点目。
青山理工は残留への希望となる勝ち点3を手に入れた。

1試合目開始から30分後、別の会場でキックオフされた2試合目のカードは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と立教大学サッカー愛好会(以下:立教愛好会)。
前半立ち上がりに早稲田稲穂が近藤(3年=日大藤沢)のミドルシュートで先制すると、続く20分には3番下村(3年=都立駒場)がコーナーキックに頭で合わせ追加点。
出鼻をくじかれた立教愛好会だが、すぐさま8番茂木(3年=日野台)のゴールで1点差へとする。
後半になると、いきなり早稲田稲穂がエース中島(2年=早大本庄)のゴールで3点目をあげる。
突き放された立教愛好会は10番谷口(3年=桃山学院)のゴールで再び一点を返すが、早稲田稲穂が集中した守りでリードを守りきり、開幕後初勝利を挙げた。

ef535fb5-8eea-4fe0-9ce9-203aeec20f36

3試合目は明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同連)と明治大学体同連生田サッカー蹴友会(以下:明治生田)の明治ダービーとなった。
良好のプライドをかけた一戦は明治体同連が1-0で勝利。
前半に、スタメン復帰した瞬足フォワード8番遊馬(4年=熊谷西)のゴールで先制に成功。
その後明治生田は猛攻を仕掛けるが11番辻森(3年=海星)のシュートがバーに嫌われるなどして同点ゴールを奪えず。勝利した明治体同連が勝ち点を7に伸ばし3位へと浮上した。

そして第4試合は中央大学体同連フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)が対戦した。
1位と2位対決という天王山であり、優勝のために絶対に勝利が欲しいこのゲームはスコアレスドローで勝ち点1を分け合う結果となった。
中央フースバルは丁寧なビルドアップで最終ラインをあげると前線の小竹(2年=新潟明訓)や大石(4年=藤枝東)にボールを供給する。
一方早稲田グスタはFW金田(2年=國學院久我山)を中心としたテクニカルな攻めで相手ゴールへと迫る。
しかし早稲田グスタGK樋口(3年=宮崎西)、中央フースバルGK小川(3年=杉並FC)が互いに好セーブを見せ、点を許さなかった。
好調の2チームの戦いは非常にハイレベルで、優勝争いはまだまだ面白くなりそうだ。

186f0862-7957-41bf-99d7-f2e67bb75525

【試合結果】

青山理工 2-0 慶應キッカーズ
得点者:(青) 木越、徳田

早稲田稲穂 3-2 立教愛好会
得点者:(稲) 近藤、下村、中島 (立) 日野、谷口

明治体同連 1-0 明治生田
得点者:(体) 遊馬

早稲田グスタ 0-0 中央フースバル
得点者:無し

 

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.12

【新関東FL2部A第6節】マッチプレビュー

  1位 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 集中開催を終え、混戦の2部Aにおいて勝ち点12で首位に立っているのは慶應大学理工サッカー部。第2節で明治生田戦を1-3で落とし…

read more 古平 翔太
コラム 2017.08.05

【美女マネvol.21】第21弾はプリティ八重歯でY字バランスを繰り出す美女!!

  お久しぶりです!   久しぶりすぎて気まずいですね!!   成人式などで久しぶりに会う友達も、最初何を話せばいいかわからなくて写真撮りが…

read more 上野澄人
コラム 2016.11.04

[BMOM1]MF新井裕貴(3年) “いぶし銀”のプレーで中盤を支配

【アットホームカップ決勝戦】味の素スタジアム西競技場 早稲田大学稲穂キッカーズ 2-1 法政大学学団連サッカー部 ”いぶし銀”の仕事人 背番号4番。エンジ色のユニフォームを着た、この男には"いぶ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.03.26

【3/27(水)開催!】第1回 サークル×体育会 交流会!! チーム早稲田を結成しよう!

みなさんこんにちは! もうすぐ春休みが終わり、学年が変わろうとしていますね! そんな季節の変わり目に、大学サッカー界は新たな試みにチャレンジをしていきます!!! 今まで混ざることがな…

read more 高橋佑輔
コラム 2021.03.30

【新歓記事2021】vol.6 明治大学

beyond編集部です! 本日は中央大学に続き明治大学の5チームを紹介していきます! ぜひご覧になってくださいナ   明治生田サッカー部蹴友会 ・大学名…

read more 山崎冬弥
コラム 2017.07.21

【H.I.S.主催ドルトムント選手交流会&マーケティングセミナー】愛されるクラブになるためには?同好会運営へのヒントがここにある!

2017年7月、香川真司選手も所属するブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムントは2年ぶりとなる日本ツアーを行いました。 ドルトムントのツアーパートナーとして旅行代理店のH.I.S.が契約を結び今回…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.28

【BMOM86】齋藤綱太(3年=渋谷幕張)頼れるキャプテンが悲願の1部昇格に導く!

【新関東リーグ2017・1部昇格戦】Zozopark Honda Football Area 慶應義塾大学慶應キッカーズ 2-1 明治大学ESPERANZA 11月25日に行われた新関東リーグ…

read more 森井 貴弘
コラム 2017.08.21

【東洋大学学内戦決勝】フォトギャラリー

東洋大学を制したF.C.FLITT、アットホームカップ本大会にも期待したい。   圧倒的な存在感で決勝のマンオブザマッチに輝いた矢部(3年=埼玉栄) &nb…

read more 大塚朝史
コラム 2017.05.30

【BMOM47】増田伸(3年=幕張総合) 後半のハットトリックで大逆転!勝利を呼び込むゴールハンター!!

新関東カップ2017、3回戦で日本大学理工学部サッカー部(以下:日理)と法政大学工体連サッカー部(以下:工体連)がしのぎを削った。前半終了時のスコアは0-2で工体連が2点リード。後半も日理にとっては難…

read more 澤田結人
コラム 2018.03.31

【新歓記事2018 vol.2】早稲田大学のチーム紹介その2

前回に引き続き、今回も早稲田大学のチーム紹介です! 今回紹介するチームは個性派ぞろいです! それぞれの色を持ったチームがたくさんあって選ぶのに頭を抱えてしまいますね。 それでは紹介し…

read more 高橋佑輔

-PICKUP CIRCLE-