【BMOM138】三橋智哉(3年=國學院久我山)因縁の対決を勝利に導いたのは、待ちに待ったこの男!

丸山椋大

リーグ戦優勝を占う大事な一戦、3節を終えて1位の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と3位の早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)の因縁の早稲田ダービーは2対1でグスタの勝利に終わった。
この試合のBMOMには、二本のフリーキックから得点を演出した三橋智哉(3年=國學院久我山)を選出した。

−三橋選手、まずは勝利おめでとうございます。優勝のためには勝つしかない一戦、どんな気持ちで臨みましたか。という言わばテンプレートの質問にも、最初は緊張した様子でなかなか答えていただけなかったインタビュー。見ていた感じ彼はものすごく恥ずかしがり屋で、照れ屋さんのようだ。待つこと、30分。

「リーグ戦の大一番ではありましたが、自分は「いつも通り」で臨もうと意識して入った結果、リラックスして試合に入れたので良かったです。」となんとも普通な回答。これもいつも通りなようだ。

そんな彼は、試合前の話では今日はMOM狙っていると言っており、まさに有言実行の活躍。そのことについて聞いてみると、はじめは「まんをじ」(満を持してという意)の選出であると語っていた彼も、すぐに言葉を訂正し

「グスタの秘密兵器である高橋悦郎(2年=土気)と、最も信頼を置いてる後輩である丸山椋大(2年=甲府東)の2人の期待に応えたい想いが強く、想いの強さが行動に繋がってとても嬉しかったです。」と、ビジネス感が否めない後輩想いぶりを見せていただいた。

試合では、同点のフリーキックのキッカー、2点目はフリーキックを直接ゴールに決めた三橋選手。そのシーンを振り返っていただくと、

「セットプレーは今のグスタの強みなので、とにかく速くて鋭いボールを入れることだけを意識して蹴っています。 1点目に関しては中の巨人たちが頑張ってくれて、2点目はフース戦と同じような状況でなんとなく入る気はしてたので2点ともうまく決まってよかったです。」

といういつもからは考えられないような謙遜ぶり。本来の彼なら、やっぱり俺のおかげだと言わんばかりの傲慢さを持つがこのインタビューでは猫をかぶっているようだ。

優勝を狙える位置にいるグスタ。彼に残り少ないサークル生活をどう過ごすか聞いてみた。

「サッカー面においては、優勝という結果を残して最高の終わり方をしたいと思います。私生活の面では、パッと光って散ってしまったので次こそはゴラッソを決めれるように頑張りたいです!never give up!!」

試合は絶好調であった三橋だが、コメントはやや滑り気味である。

いつもグスタ攻撃陣の中でも圧倒的な個人技で一際目立っている三橋選手。今回のBMOMが遅すぎるくらいの選手だが、ビッグマッチで結果を残す彼には今後のグスタの試合ではもちろん、プライベートの面でも注目だ。

Written by

丸山椋大

maruyama

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.04

【新関東FL1部第4節 ・第5節】マッチプレビュー

1位 早稲田大学稲穂キッカーズ 勝ち点9と首位を走る稲穂は今週末、中央大学フースバルクラブと立教大学サッカー愛好会と対戦する。稲穂は11月3日にアットホームカップ決勝を戦った。この試合が土曜日の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.20

【マネの技術Vol.1】消毒液は使わない?プレが怪我した時に使える技術〈応急処置編〉

マネージャーをしていると、プレイヤーの怪我の手当ては日常茶飯事。でも、なんとなく知っている知識でなんとなく行っていませんか?是非この記事を読んで応急処置をマスターし、知識と技術をもったマネージャーにな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.25

【高校別OB座談会 番外編】この春上京した新入生へ。インハイ王者含む北海道4チームが大集合!

    高校別座談会第4弾は、北海道出身特集ということでインハイ王者、プリンスリーグ所属など4チームが集合!左から北星学園大学付属→青山学院大学理工サッカー部井…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.22

【筋トレ特集vol.1】筋トレはもてるためではない。

皆さんこんにちは!   おうち時間いかがお過ごしですか?     本日紹介するのは、、、、 おうち時間全てを筋トレに捧げたイカした男 …

read more 上月優
コラム 2017.08.21

【東洋大学学内戦決勝】フォトギャラリー

東洋大学を制したF.C.FLITT、アットホームカップ本大会にも期待したい。   圧倒的な存在感で決勝のマンオブザマッチに輝いた矢部(3年=埼玉栄) &nb…

read more 大塚朝史
コラム 2020.11.07

【新関東リーグ2020・1部第3節マッチハイライト】連勝か、初勝利か。絶対に負けられない戦いの行方は?!

11月7日、新関東リーグ2020・1部第3節@鹿島ハイツの速報がこちら。 ①中央大学フースバルクラブ VS 早稲田大学HUMANF.C. (以下:中央フースバル、早稲田ヒューマン) 開幕2連…

read more 小川雄矢
コラム 2016.11.23

【美女マネ特集vol.6】第6回は同好会カテゴリー屈指のかわいい集団との呼び声も高いあのチームのマネ!

こんにちは!   今日は勤労感謝の日ですね。   年一回ペースで勤労を感謝されてもあまりしっくりこないですよね。   とりあえ…

read more 上野澄人
コラム 2021.11.06

【新関東リーグ2021・1部第5節マッチハイライト】新関東リーグも遂に折り返し。勝ち点を積み上げ、優勝に近づいたチームはどこだ!?

10月16日(土)に開幕した2021年の新関東リーグも第5節で折り返しを迎え、目が離せない稀に見る大混戦となっている。   11月6日(土)、鹿島ハイツで行われた新関東リーグ第5節の結果…

read more 落合陸
コラム 2017.12.08

【マネの想いvol.10】”サークルの枠を超えた日本一のチームへ”

同志社大学三ツ葉キッカーズ 野村まどかさん −三ツ葉キッカーズ(以下三ツ葉)についておしえてください。 プレは同志社大学、マネは同志社大学と同志社女子大学で構成されていて、私たち…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.25

[BMOM28] 藤生凛太郎(1年=柏日体)「輝くシャドーストライカー」

「あとは合わせるだけでした」   上智大学学内戦、上智大学サッカー愛好会と上智大学FUN-ta-SISTERとの決勝戦は立ち上がりから膠着状態が長く続き、後半に突入してか…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-