【BMOM138】三橋智哉(3年=國學院久我山)因縁の対決を勝利に導いたのは、待ちに待ったこの男!

BeYonD 編集部

リーグ戦優勝を占う大事な一戦、3節を終えて1位の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と3位の早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)の因縁の早稲田ダービーは2対1でグスタの勝利に終わった。
この試合のBMOMには、二本のフリーキックから得点を演出した三橋智哉(3年=國學院久我山)を選出した。

−三橋選手、まずは勝利おめでとうございます。優勝のためには勝つしかない一戦、どんな気持ちで臨みましたか。という言わばテンプレートの質問にも、最初は緊張した様子でなかなか答えていただけなかったインタビュー。見ていた感じ彼はものすごく恥ずかしがり屋で、照れ屋さんのようだ。待つこと、30分。

「リーグ戦の大一番ではありましたが、自分は「いつも通り」で臨もうと意識して入った結果、リラックスして試合に入れたので良かったです。」となんとも普通な回答。これもいつも通りなようだ。

そんな彼は、試合前の話では今日はMOM狙っていると言っており、まさに有言実行の活躍。そのことについて聞いてみると、はじめは「まんをじ」(満を持してという意)の選出であると語っていた彼も、すぐに言葉を訂正し

「グスタの秘密兵器である高橋悦郎(2年=土気)と、最も信頼を置いてる後輩である丸山椋大(2年=甲府東)の2人の期待に応えたい想いが強く、想いの強さが行動に繋がってとても嬉しかったです。」と、ビジネス感が否めない後輩想いぶりを見せていただいた。

試合では、同点のフリーキックのキッカー、2点目はフリーキックを直接ゴールに決めた三橋選手。そのシーンを振り返っていただくと、

「セットプレーは今のグスタの強みなので、とにかく速くて鋭いボールを入れることだけを意識して蹴っています。 1点目に関しては中の巨人たちが頑張ってくれて、2点目はフース戦と同じような状況でなんとなく入る気はしてたので2点ともうまく決まってよかったです。」

といういつもからは考えられないような謙遜ぶり。本来の彼なら、やっぱり俺のおかげだと言わんばかりの傲慢さを持つがこのインタビューでは猫をかぶっているようだ。

優勝を狙える位置にいるグスタ。彼に残り少ないサークル生活をどう過ごすか聞いてみた。

「サッカー面においては、優勝という結果を残して最高の終わり方をしたいと思います。私生活の面では、パッと光って散ってしまったので次こそはゴラッソを決めれるように頑張りたいです!never give up!!」

試合は絶好調であった三橋だが、コメントはやや滑り気味である。

いつもグスタ攻撃陣の中でも圧倒的な個人技で一際目立っている三橋選手。今回のBMOMが遅すぎるくらいの選手だが、ビッグマッチで結果を残す彼には今後のグスタの試合ではもちろん、プライベートの面でも注目だ。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2018.10.25

【BMOM109】途中出場の大井川翔(2年=八千代松陰)が値千金の同点弾!!

先週の試合が延期になったこともあり、他のリーグより遅れて開幕した新関東リーグ2部B。 このリーグきっての強豪、日本大学法学部サッカー部(以下=日大法学部)と、慶応大学理工学部サッカー部(以下=慶応リ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.27

【フットサル】「LEGRO FUTSAL LEAGUE powered by R.project」 とは??

LEGRO FUTSAL LEAGUE2018開幕!! BeYonDでは今年度より新たにフットサル部門を立ち上げ、フットサルとサッカーの2本の柱で盛り上げることになりました!! そして、フット…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.16

【新人戦2年生大会】 総集編

【優勝】 慶應義塾大学リコタイChanpagenaFC 【総評】  2月5・6日に行われた2年生学年大会。抽選によりグループリーグの組み合わせが決まった。昨年度準優勝の立教愛好会…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.03

【エントリー受付中】1回生フットサル選手権大会 ~WHO IS NO.1~

1回生フットサル選手権大会 ~WHO IS NO.1 ~ 大阪無敗のMDホワイト、無限の得点パターンを持つ・京都 Panternや兵庫の魅せまくるfutsal集団 GRANDGE というチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.06.04

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.8

明治大学ESPERANZA チームPR サッカーも遊びも全力! 注目選手 山崎宙也 (都立三鷹):スピードと技術を兼ね備えたアタッカー! 注目新入生 今…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.01

【BMOM18】苅部杜行(1年) 決勝点アシストに加え、攻守で圧倒的な存在感を発揮

フースバルの心臓 苅部 中央大学体同連フースバルクラブは全国大学サッカー同好会選手権大会決勝戦で関西大学FC TRIOSに3-1と快勝し、全国制覇を成し遂げた。その試合で決勝点のアシストとなるロング…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.30

新チーム始動インタビュー第4弾”明治大学体同連サッカー部 青木聡汰”

2年前、アットホームカップを制し日本一を勝ち取った明治大学体同連サッカー部。翌年、マガ杯で3位入賞となるものの無冠の1年となった。リーグ戦では最終節に土砂降りの中、青山理工に劇的勝利し残留をもぎ取った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.19

【新関東カップ2018】 ベストイレブン

7月1日、中央大学体同連フースバルクラブ(以下:中央フースバル)が早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)を下し、中央フースバルが稲穂の4連覇を防ぐという形で幕を閉じた新関東カップ2018。この大…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.17

【美女マネvol.28】水色のユニフォームが似合う!MGC準グランプリの実力派マネが登場!!

みなさんこんにちは!     桜の季節も終わり、暑い日が続いてますね!街ももう新緑に包まれています!     新歓期も終盤に…

read more 高橋佑輔
コラム 2018.06.30

【BMOM101】小川潤之助(3年=杉並FC)同好会カテゴリーNo.1キーパー!?

6月30日、中央大学フースバルクラブ(:以下 中央フースバル)と日本大学法学部サッカー部(:以下日法サッカー部)が決勝への駒をかけて鹿島ハイツにて対決が行われた。 先に日法サッカー部8番(名前)…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-