【チーム特集】中央大学サッカー同好会

BeYonD 編集部

 

今回は【インスタ企画 良い写いいね大会第二グループ】において、

3430いいねを獲得し見事優勝に輝いた「中央大学サッカー同好会」にインタビューしました。

会長の阿部拓哉さん、マネキャプの石井花波さんが「サカ同」の魅力を熱く語ってくれました!

soccerdou

 

古豪復活!!

まずはサカ同の歴史について教えてください!

「1967年創立の伝統あるサークルです。主な成績はマガジン杯優勝6回、新関東リーグ1部優勝13回、新関東カップ優勝、東西対抗戦優勝6回です。しかし、近年は満足のいく結果を残せておらず、去年はマガ杯6位、中大カップ準優勝、今年も中大カップ準優勝という結果でした。そのため、古豪復活に向けた取り組みをしています!」

 

古豪復活】具体的にどのような取り組みをしているんですか?

「チーム全員にどんなチームにしたいかアンケートを取ったり、意思統一の為にチームコンセプトを明確に発信したりしてます。あとは雰囲気作りです。日々の練習から沢山人数を集めて「活気」を意識して取り組んでます!試合に出ていないメンバーやマネージャーも含め、チーム全体が盛り上がって、ワイワイして、一体感あるときのサカ同は本当に強い。(笑)」とニヤニヤしながら意地悪い表情で答えて頂きました!

 

サークルの充実度

次にサークルの充実度について教えてください!

サッカー面での充実は?

「まずはサッカー面での充実なんですけど、とにかく環境が良い!練習は人工芝のグラウンドだし、シャワーついてるし、正直高校の時より環境整ってる。(笑)それと、試合に出るメンバーを決める制度が、頑張っている人が報われるようになってます!練習に行けば行くほど、試合に出れるチャンスが広がります!あとは、伝統あるサークルで他サーとの繋がりが深いから練習試合がすぐ組めたり、OBの方々の支援が手厚いことです」

サッカー以外の充実は?

「イベントや企画の多さです!大きなイベントとしては学年旅行、クリパ、BBQなどがあります。それ以外にも、空いてる日を見つけ次第みんなそれぞれのメンバー同士で遊びに行ってます!遊びに行く回数が圧倒的に多いです!また日々の大学生活でも、お昼に一緒に学食食べたり、あきこまにみんなで集まったり、放課後に夜ご飯食べに行ったり、練習の前日お泊りしたり、プレマネ関係なくとにかく仲良いです!それと誕生日みんなで祝ってくれる。一発ギャグ用意しなきゃだけど。(笑)卒業後もイベントがあって、パパ同という会があるみたいです」※現会長は彼女すらできたことないのでパパ同に入るのは生涯無理です。

s__11304962

 

【美女マネ集団】

最後にマネージャー目線のサカ同を教えてください!

「まずマネージャーの仕事は、試合中の応援やスクイズの用意、練習メニューに応じたグリッドの作成などです。合宿でアルバムを作ったり、プレにミサンガを作ったりもします。ほとんどがマネージャー未経験者ですが、一人一人が自分の長所を活かしてそれぞれの役割を果たしてます!マネ同士でご飯に行ったり、旅行に行ったりもします!プレが練習終わりの締めの時にマネに感謝の言葉を言ってくれて、マネージャーを大切にしてるサークルだと思います」

写真は去年の1年生の学年合宿。(現2マネ)

s__11313154

インタビューさせて頂きありがとうございました!

このインタビューを通して、会長とマネキャプのサカ同への愛がとても深いことが伝わってきました!

それと同時に、お二人が「彼氏」「彼女」という愛する人が居ないので、よりサカ同への愛が強く、サカ同に全てを捧げている理由もわかりました!

沢山の魅力で溢れる「中央大学サッカー同好会」に今後も注目です!!

 

中央大学サッカー同好会基本情報

チーム理念
サッカーにも遊びにもガチ(全力)

所属リーグ
新関東リーグ2部

主な成績(2019,2020年)
マガジン杯6位
プレミアカップ優勝

メンバー数
87人(比率)

(プレ:52 マネ:32)

練習頻度
週4日(火水木金)

練習場所
市民の森スポーツ公園陸上競技場(日野陸G)
浅川スポーツ公園グラウンド

中央大学 サッカー同好会のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2022.07.06

【新関東カップ2022 得点王】新谷 唯我(3年=日大三高)今大会8得点をマークし見事得点王に輝く!!

6月7月と約1ヶ月にかけて行われた新関東カップ2022で大事な場面でも大きな仕事を果たし、さらにはハットトリックを2回達成し、計8得点と驚異の得点力で見事得点王に輝いた中央大学サッカー同好会の10番新…

read more 杉本 竣平
コラム 2016.10.28

【新関東FL一部第3節】中央ダービー含めた4試合の見どころ

第1試合(9:00 ko) 明治大学体同連サッカー部vs稲穂キッカーズ 前節、両チームとも完勝したこのカードは先制点が鍵となるだろう。両チームのキャプテン共に守備に重点を置き、「まずは守備をしっかり…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.05

【新関東リーグ2017・2部A第4節ハイライト】慶應の2チームが勝ち点で並び首位争いを展開!!

日本大学教育サッカーBAMBINO – 日本大学生産工サッカー部 日大BMBINOはサイドバックのオーバーラップを活かした攻撃で攻め立て、日大生産工も中盤でのボール奪取からのカウンターで得点チャ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.05.13

【チーム特集】早稲田大学 A.C.Campione

今回は【インスタ企画 良い写いいね大会】において、 見事1099いいねを獲得して第3グループ優勝を果たした「早稲田大学AC.Campione」に独占インタビューを行いました! キラ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.09.08

3年ぶりの開催!マガジン杯直前記事

9/9~13までの5日間、長野県上田市菅原高原にて第40回サッカーマガジンカップ オープン大会2022、通称マガジン杯・マガ杯が開催される。 新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となる今大会。全…

read more 遠藤瞭介
コラム 2022.07.31

What’s in MANE’s bag ? ~大会中のマネバッグの中身とは~

皆さんこんにちは! 新関東フットボールリーグカップ戦が終わり、各チーム夏の大会に向けて動き出している頃でしょうか👀 今回はそんな大会中のマネージャーのバッグの中身にフォーカスした記事となっ…

read more 川田 千夏
コラム 2017.04.02

【新入生必見!同好会チームガイドvol.8】日本大学編その1

やってきました、「あなたとともに 100万人の仲間とともに」でお馴染みみんな大好き日本大学。   100万人も仲間がいるなんて心強いですね!今回は3つのサッカーサークルをご紹介し…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.05

【マネの想いvol.2】”いつもプレの1番側にいる存在へ”

マネージャー特集 第2弾 早稲田大学HUMAN F.C. 吉留里乃さん 「いつもプレイヤーの1番側にいるマネージャーでいよう」 −HUMAN F.C.(以下human)に入ったきっ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.01.08

【就活記事 vol.2】早稲田大学HUMAN F.C. 藤林拓哉 「自分の決定を正解に変えていく覚悟作り」が就活

時にとにかく明るい藤林と称され、持ち前の明るさとカリスマ性で2017年度の早稲田大学HUMAN F.C代表としてチームをまとめ上げた藤林拓哉。 1部リーグ昇格こそできなかったものの、学内戦優勝や新関…

read more 高橋佑輔
コラム 2019.10.22

【BMOM135】金田直輝(3年=國學院久我山)グスタの不動のエースが開幕戦で圧巻のプレーを魅せた!

10月19日、早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)の早稲田ダービーで今季の新関東リーグが開幕した。試合前まで降り続いた雨の影響でグラウンドには大きな水溜り…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-