【チーム特集】早稲田大学FC.GUSTA

後藤直也

今回は去年に引き続き開催した【インスタ企画 良い写いいね大会】において、1132いいねを獲得して第1グループ2連覇を果たした「早稲田大学FC.GUSTA」に独占インタビューを行いました!

 

img_9592

幹事長の閔海泓さん、副幹事長の川端千尋さんが「グスタ」の魅力や強さの秘訣を赤裸々に語ってくれています!

早稲田大学の新入生は特に必見です!

 

今回の企画はいかがでしたか?

率直に言えば、今年もこの企画来たか、っていう感じでした笑
去年やった初開催のいい写大会で優勝したときは3000いいねを越すっていう信じがたい記録だったんでその点ではプレッシャー的なものはありました。

 

率直な感想を聞かせてください!

1番はやっぱり安心した、という感じです。嬉しいのはもちろんですけど、やっぱり去年のあの記録がある以上は今年も優勝しないとなって思ってたので。どんな企画でも全力で取り組むっていうグスタならではの姿勢も、この優勝という形で示せたんじゃないかなって思います!

 

GUSTA最大の魅力

①自由度

②マネージャー

③サッカーと遊びの両立

 

自由度の高さとは?

プレーヤーもマネージャーもそうですが、全てのことにおいて強制力がないということです。日頃の練習や試合、イベントにおいても必ず参加しなければならないという決まりがなく、あくまで1個人の大学生としての日常を優先してくれます!サークル活動において、「いろんなサークルを経験したい」っていう願望だったり「バイトや授業との両立が大変そう」っていう悩みみたいなものって、やっぱり付き物だと思うんです。そういった人が来れるときに来れて、来た時には全力で楽しめる環境づくりを、どのサークルよりも出来ている自負があります!だから、皆いつでも来てね!全員で「来てくれてありがとー!」って迎えます!笑

img_8227

マネージャーの魅力とは?

一番に出てくることは、やっぱり「可愛い」っていうところですかね!!!

マネージャーはインカレで共立、聖心、学習院女子、実践などの女子大で構成されており、その華やかさ故に間違いなく今のグスタの代名詞です!img_9984

もちろん可愛くなければ入れないなんてことはないし、サッカーのルールを完全に理解していないとダメと言うこともありません!(ちなみに今のマネージャーにもルールを理解している人ほとんどいません。笑)

マネージャーの役割は、試合中に全力で応援すること!それだけです!付随業務としてボトルの準備、試合の時間管理などがあります!

つまり、グスタのみならず多くのサッカーサークルに所属するためにサッカーに関する知識や経験は必要ないと言うことを伝えたいです!

ぜひ一度グスタを見に来てください!

 

サッカーと遊びの両立とは?

サッカーはご存知の方も多いかもしれませんが、やっぱりウチの大きな強みは新関東1部2連覇中、って言えることですかね。サークルなんて、って思われがちだったりしますけど実際サークルでもめちゃくちゃレベル高いので。けどそんな中にあって常にメンバーが固定されがちになったり、っていうことがないのもでかいですね。参加率だったり色んな要素をフラットに考えながら、その時調子がいいやつを入れ替えながらやってるので、みんながモチベーションを保って充実したサッカーライフ送れるんだと思います!

もちろんサッカー以外の充実度もすごいです!その点で言うと、まず同期の仲がいい、それから上下関係とかそういうの一切なくて先輩後輩が仲良い、っていうこの2つが推しポイントですね。夏はみんなでドライブ行ってバーベキューして旅行して、冬は忘年会やってスノボ行ったりとか、メンバーの仲が良い分合宿とかの“グスタ系イベント”だけじゃなくてプライベートでもめちゃくちゃ遊びに行ったりします。現幹部代の11期プレは、グスタのおかげで本当にサークル以外の友人がいないので、毎回学食に集合してわざわざみんなで昼食べてました笑

 

新入生に一言!

グスタの魅力はここに書いたくらいじゃ収まらないくらい本当にたくさんあるので、ぜひ新歓に来て、現場の空気を味わってみてほしいです!大学生活輝かせたい人、青春したい人、彼女欲しい人彼氏欲しい人、最高の4年間保証します。一緒にグスタで楽しい人生作りませんか。
いつでも大歓迎で待ってます!

 

早稲田大学FC.GUSTAの基本情報

・チーム理念

『楽しむことを最優先に、愛を重じて自由を体現するサークル』

・所属リーグ

新関東リーグ1部

・主な成績

2019年早稲田大学学内戦優勝

2019年マガジン杯ベスト4

2019年新関東リーグ1部優勝

2019年アットホームカップ全国大会ベスト4

2019年東西日本一決定戦優勝

2020年早稲田大学学内戦ベスト4

2020年新関東リーグ1部優勝

・メンバー数

プレ60人弱:マネ60人(3学年)

・練習頻度

平日週3回(月水木)

・練習場所

落合運動場(高田馬場駅から徒歩15分)

西戸山運動場(高田馬場駅から徒歩10分)

小石川運動場(飯田橋駅から徒歩10分)

田無運動公園(田無駅から徒歩15分)

 

Written by

後藤直也

Naoya

Keywords

Recommend

コラム 2018.03.24

【BeYonDフットサル部門発足決定】立ち上げメンバーをご紹介!!

こんにちは!! 突然ですが、、、! この度、『BeYonDフットサル部門』が立ち上がることが決定しました!! サッカー同好会カテゴリーだけではなく、 フットサル同好会カテゴリーの情…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.12

【新関東リーグ2017・1部第6節ハイライト】稲穂の優勝は次節までお預け!より激化する残留争い!

11月11日、ZOZOPARK にて新関東リーグ2017 ・1部第6節が行われた。 リーグ戦も終盤に差し掛かり優勝争い・残留争いが一層過激となり見所の多い試合となった。 明治大学体同連サッカー…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.07.28

【少人数キャリアセミナー開催決定!】現社長+元人事が語る魅力的な人材とは?

BeYonDをご覧の皆さんいかがお過ごしでしょうか? テスト勉強に追われている人や 夏休みを迎えてスケジュールを埋めて夏へのモチベーションを上げている人など 様々だと思います!  …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.09

【新関東カップ2017】敢闘賞

新関東カップで対価通り新関東1部のチームが上位進出を果たす中、トーナメント上位進出はならなかったものの格上相手にも勇敢に戦い、素晴らしい戦績を残したチームがいたことをみなさんはご存知だろうか。 …

read more 古平 翔太
コラム 2017.12.15

【新関東リーグ2017MVP】やんちゃな王様から、真の王様へ。早稲田稲穂、長瀬が新関東リーグ2017MVPに輝く。

新関東リーグ1部2017が閉幕。優勝した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が東西対抗戦も制し、日本一に輝いた。 優勝した早稲田稲穂から、攻守ともに気迫溢れるプレーでチームを牽引したMF…

read more 斉藤 耕兵
コラム 2017.11.06

【新関東リーグ2017・2部B第4節ハイライト】4連勝の明治エスペランサが首位をガッチリとキープ

早稲田HUMAN – 日大理工 早稲田HUMANが前半早々から圧巻のゴールショーを見せる。前半2分、菰原(3年=熊本国府)のゴールを皮切りに前半だけで3得点と自慢の攻撃陣が火を吹く。後半に入りそ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.07

【BMOM58】森本麗(2年=広島国泰寺) グルービーのラスボスが青理の攻撃をシャットアウト

Zozopark Honda Football Area で行われた新関東カップ2017準々決勝。明治大学 Groovy Kids(以下:グルービー)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)がベスト…

read more 澤田結人
コラム 2016.11.11

【BMOM6】MF小田島圭吾(2年) ゴリゴリとゴールを決め2得点の活躍

重戦車 小田島 第5節、6位明治大学グルービーキッズは、明治大学体同連サッカー部と対戦した。結果は3-0とグルービーが明治ダービーを制した。明治ダービー勝利の立役者は、2得点と大活躍した23番小田島…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.25

【新歓記事2021】vol.1 早稲田大学その1

サッカーサークルに入りたい!マネージャーとして選手をサポートしてみたい!そんな風に思っているけれど、迷ってしまっている新入生の皆さん! 今年も新型コロナウイルスの影響下で、サークル選びの判断材料が少…

read more 後藤直也
コラム 2017.05.31

【同好会基礎情報vol.8】あのJリーグクラブが後援している同好会カテゴリー最大規模の大会「紫京杯」とは?

サッカー同好会カテゴリーでは稀だが、都道府県内No.1を決める大会が京都には存在する。 その名も、京都学生サッカー同好会選手権大会『紫京杯』 毎年8~9月に、60以上の参加チームで行われている同好…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-