【特別企画】プロを諦めた元Jユースキャプテンが目指すサッカーサークル日本一

大田智輝

こんにちは!こんばんは!BeYonD編集部です。昨今のサッカーサークル界には、全国高校サッカー選手権経験者やJユース出身者なども所属し、レベルの高い試合が繰り広げられています!

今回の記事では、中央大学体同連フースバルクラブの小嶋和典さん(3年=アビスパ福岡U-18)にインタビューを行いました。高校時代にはキャプテンも務めた彼が、何故サークルを選んだのか。サッカーサークル 日本一を目指す理由、会長としてサークルに懸ける熱い思いを語ってくれました。

最後までお楽しみください!

中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フースバル)

怪我に悩み現実にぶつかった高校時代

中学・高校とアビスパ福岡の下部組織に所属し、ユースに上がるときにプロ選手になりたいと監督に伝えていました。高校2年生になってからはAチームで試合にも出れるようになりトップ昇格を意識していましたね。また、昇格が叶わなくても大学でも体育会に所属し、プロサッカー選手を目指すんだろうと思っていました。

しかし、3年生になる直前に鼠蹊部や下腹部が痛むグロインペイン症候群を発症し、復帰に4ヶ月ほど要し春休みの試合に出れなかったんです。完治したと思っても再発し、うまくいかない日々が続いていました。キャプテンとしてやるべきことと自分ができることのジレンマを感じる日々でした。

最終的には自分の代からはトップ昇格が2人いたのですが、彼らとの差も感じていたし、何処かで夢を諦める時が来るとも思ってたんです。

夏頃に関東地方のサッカー強豪校のセレクションを受けるも落ちてしまい、進路選択に悩んでいました。進学校に在学していたこともあり、サッカー推薦ではなく、指定校推薦や勉強で大学に進む道もありかなと思ったんです。

確かに葛藤はありました。ずっとプロを目指してやってきた自分からサッカーが無くなってしまうと、自分はどうなっているんだろうと。しかし、プロサッカー選手になった同期が身近にいて、現実を見たり、差を感じる中で、プロサッカー選手になり将来食べて行くほどの気力は自分にはない。大学で体育会に入り、もう一度プロを目指そうとしても中途半端に終わってしまうのではないかと思ってもいました。少し悩みましたが、大きな決断をしたと自分でも感じています。s__2433071

 はじめは高校で一区切りをつけて、サッカーをやめようとも思っていました。サークルのことなんて全く知らなかったですし、休みの日に少し体を動かす程度にサッカーが出来ればいいかなと考えていました。

上京した3月後半に前幹事長からツイッターのDMが届き、友達づくりとしてガイダンスに一緒に出ました。そこで練習に誘われたんです。参加してみると、自分の想像以上に真面目に取り組んでいて驚きました。雰囲気も良く先輩方も優しく、気づけばフースバルから抜け出せなくなってました。

サッカーの上手さだけが全てじゃない

確かにフースバルはレベルが高いです。日本一を目指している組織でもあるので、正直なところどんなに頑張ってもAチームの試合に出るのが厳しい人もいる。しかし、サッカー面だけでなくチームに貢献する方法はたくさんあるんです。オフの日やイベントの時に、サークルの中心となって盛り上げ役に徹したり、サッカーが上手でなくてもそれぞれが輝く場所があります。

また、何年後にサークルのことを振り返った時に、あの人サッカー上手かったよねってよりも、優しくしてれたとか人間的な面が残ると思うんです。やっぱりサークルは人と人が繋がれる場所でもあるし、その繋がりは一生ものになると思います。

人として成長したい

フースバルは日本一を目指す組織なので、色々と悩んだり、喧嘩する時もあります。方向性の違いや試合に出れず途中でやめてしまう仲間もいます。他のサークルに比べるとシビアな面は確かにあります。しかし、サッカー、そしてフースに向き合うことは人間的成長につながると思ってます。

高校時代の指導者に言われた「サッカーが上手いだけになるな」という言葉が印象に残っています。 チームのことを考えて動く、継続すること、仲間を思いやる、きついときに頑張るなど、人生で大切なことをサッカーは育んでくれると考えています。今はプロサッカー選手を目指していませんが、サッカーを通して1人の人間として成長していきたいと思っています。

s__2433064

先頭に立ち背中で引っ張る

学生だけの組織で仲間への要求はとても難しいところでもあります。自分は監督ではなく会長という立場であり、自分もプレーヤーの1人なんです。

ただ頭ごなしに言いつけるのは違う、怒るだけも違う、しかし何も言わないのは緩さに繋がってしまう。オンでもオフでも自分が一番頑張る。誰よりも勝ちにこだわる姿勢を見せる。この2つが大事だと感じています。人は感情で動く生き物だと思うんです。自分の頑張りが誰かのモチベーションに繋がることを信じて取り組んでいます。

決定権を持つ人と選手が一体となっているサークルにおいては、会長である自分の調子悪かったりすると誰もついてこないし、うまくいかないと考えています。

だからこそ自分が一番やらなきゃいけないと感じています。実際のところそれはプレッシャーでもありますが、やりがいでもあると思うんです。

日本一のサークルを目指して

先輩からフースバルは日本一を目指すサークルだと常日頃から言われてきました。日本一を目指すのが当たり前のサークルなんです。サッカーをやる以上やっぱり負けたくないし、取れるなら日本一を目指すと思うんです。自分の個人的な目標ではなく、サークル全員で掲げているからこそ、厳しく練習に取り組めています。

これだけみるとガチガチすぎてプライベートが楽しくないと感じてしまう人もいるかもしれないですが、そんなことはないです。旅行やイベントなどもあります!体育会とはまた違う良さがサークルにあり、勉強やアルバイトなど大学生活も充実させたい人にはもってこいのサークルです。s__2433072

今年度の意気込み

新チームになってからはプレミアカップ、MARCHカップ、学年別大会と無敗で優勝という成績を収めてきています。この先行われる新関東カップ戦、学内戦、マガジン杯、新関東リーグ戦でも無敗記録を続けて優勝したいです。これは出来るか出来ないかのちょうどいい目標だと思っています。

2年前にはマガジン杯優勝、昨年には新関東リーグ戦準優勝という成績を残した偉大な先輩たちに追いつき追い越し、歴史に残る代にしたいです。

個人的には、2年連続で学年別大会でベストイレブンを頂いたので、スポマネアワードで年間MVPであるバロンドールを獲得して終わりたいです。

高校生へのメッセージ

色々な視点を持って欲しい

高校生の頃の自分は、正直なところサッカーサークル のことを少しマイナスに捉えすぎていました。大学サッカーサークルの中でもそれぞれの色はありますが、本気でやるところはやっています。体育会だけではなく、サークルでも色々な感情を味わえるよと伝えたいです!まずは情報を沢山集めるのがいいと思います!

中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

大田智輝

Tomoki.O

Keywords

Recommend

コラム 2017.06.02

【BMOM54】安東尚宏(2年=國學院久我山)久我山仕込みのテクニック!オレンジ軍団の新10番が攻撃を牽引する!!

早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)が同大学の早稲田理工サッカー部(以下:早理)を4-0で破ったこの試合。 歓喜の輪の中心にいたのはハットトリックを決めたグスタの新10番安東尚宏(2年=國學院…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.02

【BMOM129】小竹直輝(3年=新潟明訓)試合を決めたのはやはりこの男!

5月25日(土)神栖市矢田部サッカー場にて中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)vs慶應義塾大学FC e.l.f.(以下:慶應e.l.f.)の試合が行われた。 主導権を握り何度もチャンスを作る…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.18

【新関東FL1部第7節】 マッチプレビュー

第1試合 青山理工vs.明治大学体同連サッカー部 4位青山理工(勝ち点9)は6位明治体同連(勝ち点6)と対戦する。前回両チームとも負けてしまい残留には後がない状態となった。青山理工は前回試合を終始支…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.05

【BMOM56】千葉駿哉(2年=横浜Fマリノス)1G1AでJユースの違い魅せつける!

明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は5月28日新関東カップ2017 4回戦 ジャイアントキリングを起こしている首都大学東京八雲FCと対戦し、2-0で勝利し1部の意地を魅せつけた。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.01

【BMOM51】磯島悠太(2年=真岡) ピッチを駆け回るHUMANのチャンスメーカー

早稲田大学HUMAN FC(以下:ヒューマン)は新関東カップ2017の3回戦で明治大学BeeVooと対戦し、6-1の快勝を見せた。ヒューマンの豊富なタレント、特にこの日ハットトリックを見せた藤林(3年…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.06

【新関東カップ2022 得点王】新谷 唯我(3年=日大三高)今大会8得点をマークし見事得点王に輝く!!

6月7月と約1ヶ月にかけて行われた新関東カップ2022で大事な場面でも大きな仕事を果たし、さらにはハットトリックを2回達成し、計8得点と驚異の得点力で見事得点王に輝いた中央大学サッカー同好会の10番新…

read more 杉本 竣平
コラム 2020.08.03

【マネの想いvol.5】“勝利の喜びを共有させてくれて、ありがとう”

第5弾となるマネの想いを語ってくれたのは、 慶應義塾大学 慶應キッカーズ 3年 諸星咲奈さん (写真右) ―キッカーズのマネージャーはどんな仕事していますか? 正直1番…

read more 田中菜々美
コラム 2017.11.20

【イケメン特集vol.3】お笑い担当!?國學院ミスターコン出場中のイケメンに取材!

  こんにちは!!   もう11月の中旬に入ってしまいました。。。。 時間がすぎるのは早いですね。。。。 秋のこの時期といえば文化祭 文化祭といえば そ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.06

【BMOM19】岩間稜(1年) 同点ゴールにつながるファール獲得など、途中出場で流れを変える

ジョーカー岩間 明治生田9年振りの新関東FL1部昇格を引き寄せたのは、期待のニュースター岩間稜(1年=座間)であった。リーグ戦を通して、チームのジョーカー的な存在を担い幾度となく流れを変えてきた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.13

【新関東リーグ2017・1部】ベストイレブン

2017年11月18日、新関東リーグは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の二連覇という形で幕を閉じた。 多くのドラマがあった今大会の中で、活躍した選手からベストイレブンを選出した。 …

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-