【BeYonD History vol.4】頼れる前会長、小川雄矢

渡部雄飛

BeYonD History一年ぶりの復活です!!

BeYonD History vol.1BeYonD History vol.2、

BeYonD History vol.3もぜひ見てみてください!

vol.4で紹介するのは、中央大学FUSSBALL(以下:フースバル)では幹事長を、 BeYonDでは会長も務めた小川雄矢さんにインタビューしていきます!

(左のイケメンが小川雄矢である)

 

-BeYonDに入ったきっかけを教えてください-

仲の良かった中央大学サッカー同好会の友達に誘われて入ったのがきっかけだね。

他の大学やサークルにも関わりが欲しくてとりあえず入ってみようと思い、加入したかな。

 BeYonDの業務自体は全然知らなかった()

 

実際に入ってみて感じた事ありましたか?

仕事面で言えば、やっぱり自分が書いた記事をみんなが見てくれるのは素直に嬉しかったな。

あと、前の代の会長だった高橋佑輔さんと古平翔太さんの凄さに驚いたな。同じ大学生なのにこんな面白いアイディア浮かぶんだ〜って純粋に凄いなと思ったね。こういう人たちと一緒にやることで刺激がもらえて面白いって感じたのは覚えてるな。

オフの面で言ったら飲み会の激しさに驚いた。僕が入ってたフースバルも飲み会は盛り上がるけど BeYonDは全員、飲みのモチベーションが高い。僕の前の会長はビールの早飲みがすごくて最初はずっと圧倒されてた()

-BeYonDではどんな役割だったんですか?

12年の間は取材して試合記事やコラムを書くことがメインだったかな。3年時は企業の方と協力してリーダーズカレッジやセミナーを開催していた。4年になってからは代表を任され、収益化を目指して組織運営に奮闘していた。

その中で大変だった事は?

3年時のリーダーズカレッジを任された際の集客が大変だったね。

最初は参加するメリットを伝えられていなかったから人が集まらなかったんだよね。そこで相手の立場に立って伝えることで無事に人を集めることができて嬉しかったね。

伝え方一つで変わることを知ったし、この力は現在の仕事でも役立ってるって感じる。

-4年時は代表も務めていましたが意識していたことはありますか?

自由にやらせることかな。

記事を書く際も、最低限のマニュアルは作ってたけど、インタビューする人の良さが出るように細かく指示はせずみんな自由に書かせていた。全員が自分のやりたいことや書きたいことを遠慮なく発信できる組織づくりを意識してたね。

あとはやっぱり色んな人に支えられたね。同期には本当にお世話になったし、後輩たちも盛り上げてくれたりして本当に感謝だね()

( 久々にBeYonDのメンバーで飲み、顔を赤くする小川雄矢)1番右。

活動の中で印象に残っている事はなんですか?

2つあるね。1つ目はリーダーズカレッジを開催したこと。元プロサッカー選手の人と一緒に何かを作り上げるってのが新鮮だったな。

もう1つは就活セミナーに関われたこと。自分も参加者としてベンチャー企業の人事部長の方と話す機会などを作り、普段関わることができない人と関われたのは印象深いな。

ズバリ小川さんが思う BeYonDの魅力はなんですか?

うーん、難しいな()

企業と協力してイベントを開催したり、営業をする場が多いからビジネスを学べる機会が多いことかな。パブリックビューイングを開いたり、リーダーズカレッジを開いたり色々やってきたな。

あとはやっぱり人脈が広がるとこかな。他のサークルや大学の人と関わることができるのら良いよね。知り合いが多いと大会とかも楽しいしね()

 

-小川さんが思うサークルカテゴリーとは?

「誰もが主役になれる場所」って思うかな。

サッカーが上手くなくても面白さで輝ける人もいるし、もちろんサッカーが上手くて輝く人もいる。飲み会で体を張って盛り上げてくれる人も本当にすごい。マネージャーも一人一人役割があって全力で支えられるってのは体育会とはまた違う良さがあるよね。

(横顔もイケメンな小川雄矢)

最後にサッカーサークルに所属する人に一言お願いします!

自分たちがやってる事は価値あるものだと思って欲しい。一つの組織を全部自分たちでマネジメントして、自分たちの色にしていくってのは特別だしなかなか出来ない事だと思う。個人としても輝く場は絶対にあるから、等身大の自分を出して頑張ってください!!

 

小川さん、お忙しい中お時間を作っていただきありがとうございました。この記事を読んで BeYonDそして同好会カテゴリーに興味を持っていただけたら嬉しいです。次回の記事もお楽しみに!

Written by

渡部雄飛

Watanobe

Keywords

Recommend

コラム 2017.04.26

【Guam Championship決勝戦】フォトギャラリー

12番天下谷(3年=実践学園)が先制ゴールを挙げ、歓喜のLiberteイレブン 東洋Liberteは同点に追いつかれるも、長身を生かした16番西岡(3年=東久留米総合)がドンピシ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.13

【新関東カップ2018】大会総括

4月末から始まり7月1日(日)に閉幕した『新関東カップ2018』。 今回はその大会を簡単に振り返るとともに 最後に、BeYonDが取材を通じて感じたことについて言及していきたい。 優勝 中…

read more 高橋佑輔
コラム 2019.03.27

【新歓記事2019 vol.3慶應義塾大学 その1】

慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 ・大学・チーム名 慶應義塾大学・慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 ・自分達のサークルを一文で表すと! 熱盛 ・チームの理念・モットーは?…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.14

【マネの技術Vol.2】プレイヤーに強烈なボールが当たってしまったときに使える技術〈応急処置編〉

猿も木から落ちるみたいな感じに、プレイヤーもボールにあたる!! すぐに復活して、いや大丈夫なんかい!という場合もあれば、 ちょ・・・無理待って・・・ となってて心配になっちゃうことも…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.29

【プレスリリース】株式会社トラストグロースとスポンサー契約締結を致しました。

この度、2017年10月1日より BeYonDプロジェクト(代表:森井貴弘)は株式会社トラストグロース(代表取締役:長井博)との間で、スポンサーシップ契約を締結しましたことをご案内申し上げます。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.23

【BMOM108】大沢 慶(2年=西武文理) at home cup 2018圧巻の無失点優勝の立役者!

10/6~10/8に鹿島ハイツで行われた年に一度の大会。 at home cup 2018。各学内戦を勝ち抜いた32チームが集い凌ぎを削るハイレベルな大会であり、JUFA公認の関東NO.1を決める大会…

read more 成瀬将希
コラム 2017.03.16

【サッカーを仕事にするということvol.1】第一弾はアマチュアサッカーを支えるあの企業!

新企画、「サッカーを仕事にするということ」が始まります! プレーヤーとしてサッカーに関わることがすべてではなく、様々な形でサッカーに関わっている人にインタビューしていきたいと思います。 第一弾…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.16

【大好評イベント!】マネージャーカレッジ開催!

みなさんこんにちは! BeYonD兼稲穂キッカーズマネージャーの高橋ちひろです。   普段はプレーヤーメインの記事が多いですが、 今回はマネージャーの皆さんにお知らせ…

read more 高橋ちひろ
コラム 2019.10.02

第2回 マネージャーカレッジ開催!

  みなさんこんばんは! 10月になったはずなのにまだまだ暑い日が続きますね。。。 秋らしくなるのはいつ頃? . さて、前回ご好評いただいたマネージャーカレッジ? 第2回の開催が決…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.05

【新入生必見!同好会チームガイドvol.11】法政大学編その1

法政大学 FC PASSION 【男性メンバー数】 50名 【女性メンバー数】 50名 【SNS・ホームページ】 Twitter:https://twitter.com/shu…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-