【BeYonD History vol.3】BeYonDのお調子者・高木啓行

BeYonD 編集部

普段は中の人が見えないBeYonDのこれまでとこれからを紐解いていく、BeYonD Historyが1年ぶりの復活です!!

BeYonD History vol.1BeYonD History vol.2は見て頂けましたか??

今回は現役時代、中央大学サッカー同好会(以下、中央サカ同)副会長やBeYonD副代表を務めた、BeYonDのお調子者こと高木啓行にインタビューしていきます!

インタビュアーは高木啓行を敬愛している中央サカ同3年の落合陸でお送りいたします。

ec840948-20b1-4ec7-ac07-626bd02a97be

(BeYonDメンバーからもらった早稲田大学FC.GUSTAのユニを着る高木啓行)

ムードメーカーとしての役割

–BeYonDではどんなことをしていたんですか?

基本的に1、2年の時は試合記事を書いていて、3年になってから後輩の教育をしていた。記事よりコラムの方を書いていたかな。4年になってからは企業と接点を持つような仕事をしていた。

–BeYonDの副代表としてはどんなことをしてましたか?

BeYonDのみんなが自発的に発言できるような風土作り。アットホームと比べられがちなんだけど、アットホームと違って交通費も出ない中で取材に行かなきゃいけないから、自分で交通費を出してでも取材に行きたいと思えるような風土作りを心掛けていたかな

–お金がない時に楽しくないと行きたいって気持ちになりませんよね(笑)

そうなんだよね(笑)だから、佑輔(前代表、高橋佑輔)がミーティングで話している時に変なことをして場を和ませたり、夏に慰安旅行に行ったりしてる。(前代表高橋と高木は大の仲良しであり、いつも二人しか分からない言語で話している)

–高木さんが社会人になってから僕がムードメーカーの役割担ってますよ!

滑ってるだろうなあ(笑)

e9d5c219-a229-47fd-8a85-d0075e65b7a8

(ヘディング後の高木啓行)

先行きが見えない大学生活が不安でBeYonDへ

–高木さんは何でBeYonDに入ったんですか?

この答えは明確で、就活で話せることが欲しくてBeYonDに入った。大学に入って大学の楽しさを知ったんだけど、秋くらいにこのまま遊び続けていいのかなと思い始めたんだよね。当時BeYonDメンバーだった浅川大樹と仲良かったからBeYonDという組織を知って、サークル以外で熱くなれることがしたくて大学1年の冬にBeYonDに入った。

–入った経緯は意外と単純なんですね(笑)

言い方悪いな(笑)でも、単純な理由で入ったんだけど副代表をするくらい熱中できる組織がBeYonDなんだよね。

サークルでやっていることに価値を見出して欲しい

–高木さんが考えるサークルカテゴリーとは?

社会人になって思うのはサークルは所属者が思っているよりも価値のあることをやっている。社会人は全てやることがビジネスになるけど、サークルカテゴリーではお金をもらうわけでもなく組織運営をしている。その中で、サッカーの勝敗という普遍的なものを追い続けているのがすごい。

–難しい言葉使うようになりましたね(笑)

人間は成長するんだよ(笑)

–高木さんが思う、体育会カテゴリーと比較したサークルカテゴリーの良さを教えてください。

サークルカテゴリーは広くて体育会よりも多様性があると思っている。体育会カテゴリーはプロになりたいという目標があるからベクトルが同じ方向を向いている。練習頻度や雰囲気の多様性はサークルカテゴリーにしかない魅力だと思うよ

–BeYonDはサークルカテゴリーの価値を高めて発信していくために活動していますが、これからBeYonDがどんな組織であって欲しいですか?

答えはあまりないかな。BeYonDができてからの歴史は浅いし、こうあるべきという指標はないと思う。所属している人が色を出して変えていくべき。理念は変えずにビジョンを変えて運営してもいいと思うね。まあ、自由にやるべき(笑)

127fc1fd-48ff-4273-84b4-81f4fbbe66ad

(沢山鱒が釣れた高木啓行)

没頭、熱中、失敗、そして正解に変えろ

–サークルに所属している人にへ向けて話したいことはありますか?

サークルに所属している人へ向けては、自分が反省している事なんだけど、「やってみることが大事」って感じたんだよね。何かやってみて没頭できることを見つけて熱中する。熱中できることを見つけて没頭する。これがすごい大事だと思う。自分もBeYonDに入った時は目的も目標もないまま、ただ就活が不安だからって理由で入った。熱中できることはやってみなきゃ分からないんだなって感じてるんだよね。大学生活でサークルだけやっていて「このままでいいのかな」とか思う時があると思うんだけど、留学とか資格を取るとか、一回自分がそれに没頭できているのか考えて欲しい。没頭できていないことをしても、ただ自分の首を絞めているだけだと思うし、それが本当に就活で話せることなのかなと思う。

–高木さんはBeYonDをやってみて結果的に熱中して没頭できたんですね。

そうそう。没頭することを続けて欲しい。いろんなことをやってみて失敗できるのは大学生活だけだと思う。その失敗を正解に変える行動をとって欲しい。

–やっぱり高木さん熱いっすね(笑)

ぎゃざい!

–高木さん、社会人でお仕事がお忙しい中ありがとうございました。BeYonDはサークルカテゴリーの「価値の認識・向上・発信」を掲げ活動しています。これからもサークルカテゴリーの魅力をBeYonDメンバーの想いと共にメディアとして皆さんに届けられるように努めていきます。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.02.18

【新人戦1年生大会①】総集編

【優勝】 中央大学体同連フースバルクラブA 【総評】 2月7・8日に行われた新人戦1年生①は中央大学フースバル同士の決勝戦となり、圧倒的な層の厚さを見せつけ"フースバルの大会…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.23

【新歓記事vol.0】大学サッカー同好会初の公式メディア”BeYonD”

こんにちは! 暖かい日が続き花粉が飛び交い、本格的に春が到来しましたね! あとは桜が咲き乱れるのを待つのみです。 さて、新学期が始まると同好会カテゴリーでは名物行事の ”新歓活動” …

read more 高橋佑輔
コラム 2016.11.18

【全米に見せたい】青山学院大学理工サッカー部のモチベーションムービーがすごい!!!!

2009年チャンピオンズリーグ 決勝『バルセロナvs.マンチェスターユナイテッド』 世界一を決める重要な試合前にバルセロナのグアルディオラ監督が選手にみせたこちらのビデオをご存知でしょうか?? …

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.07.02

マネージャーの必需品『ドクターバッグ』の中身に迫る!

皆さんこんにちは! 7月になり、そろそろ活動再開に向けて準備をしていく時期だと思います。   サッカーサークルのマネージャーにとって絶対必要な物と言えば、ドクターバッグですよね…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.09

【フォトギャラリー】稲穂フェスタ決勝 フースバル vs 青山理工

中央大学体同連フースバルクラブ 今年一番の注目選手の10番大石(3年=藤枝東) 何でもこなすトップ下のルーキー田島(1年=正智深谷) この日決勝点を決める活躍…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.12.16

【新関東リーグ2021・1部】大会総括

10月16日に開幕した『新関東リーグ・1部』は、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の優勝で幕を閉じた。   2021年明治安田生命J1リーグでは、川崎フロンターレの歴史…

read more 東 孝太郎
コラム 2021.11.06

【新関東リーグ2021・1部第5節マッチハイライト】新関東リーグも遂に折り返し。勝ち点を積み上げ、優勝に近づいたチームはどこだ!?

10月16日(土)に開幕した2021年の新関東リーグも第5節で折り返しを迎え、目が離せない稀に見る大混戦となっている。   11月6日(土)、鹿島ハイツで行われた新関東リーグ第5節の結果…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.05

【BMOM102】小竹直輝(2年=新潟明訓)決勝戦で1G1A!初優勝の立役者に!!

7/1(日)、埼玉スタジアム2002第4グラウンドにて、新関東カップ2018の決勝戦が行われ、早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)が対戦。 後半…

read more 遠藤瞭介
コラム 2017.03.30

【スパイク特集vol.4】アディダスジャパンフットボール商品開発・企画担当者の山口さんにインタビュー!

ご無沙汰しております、スパイクコラムを担当いる古平です。スパイクコラムは同好会カテゴリの選手向けにスパイクの選び方などを伝授するためのものでしたが、正直なところ自分の趣味感覚で記事を作成していました。…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.14

体育会でも、サークルでもない。新たな選択肢を体現するFC GRAN SUMAとは。

体育会サッカー部でも、サッカーサークルでもない。神奈川県社会人リーグ3部に大学生のみで参戦するFC GRAN SUMA。 「2年連続で惜しくも2部昇格を逃し、何としても今年は昇格を決めたい。」そう語…

read more 大田智輝

-PICKUP CIRCLE-