バレンタインデー間近!サッカーサークル内のプレゼント事情を覗き見👀

木村彩歌

2月がスタートし、1年に1回のイベントが近づいてきましたね。

そう!バレンタインデーです!

 

例年、お菓子を用意したり、動画を作成したりと各チームで様々なバレンタインデーを過ごしているようです🍫

学年別大会とも重なるこの時期、マネージャーからプレイヤーへプレゼントを渡すチームも多いのではないでしょうか?

実は、バレンタインデーだけでなく年間を通してマネージャーからのプレゼントはたくさん!そこで今回は、プレマネプレゼント事情を覗き見していきたいと思います👀

 

まずは、マネージャーからのプレゼントの王道を3つご紹介します!

 

M V

大会前に応援組からの熱いエールを込めて作るMV。なんと言っても、選曲、ワードセンス共に完璧。MVを見るとそれまで練習を重ねてきた日々が思い起こされ、大会にかけるチームの「想い」を再確認することができます。これで選手のモチベーションが上がること間違いなし。チームによっては、試合に出ないプレイヤーがAチームに向けて作ることもあるそうです。

 

ミサンガ

ひとつひとつ丁寧に編まれるミサンガは、マネージャーからの想いがたくさん詰まった1本です。チームによってデザインが異なっていますが、その代のユニフォームの色に合わせてデザインを決定し、9月に行われるマガジン杯に合わせてプレゼントするチームが多いようです。

また、あるチームには「ミサンガ会」と呼ばれる、自分のミサンガを作ってくれたマネージャーに対してプレイヤーがお礼に遊びへ連れていくというスペシャルイベントがあるそう🌟素敵な関係性ですね!

 

アルバム

アルバムは、合宿毎に用意することもあるようですが、引退に合わせてプレゼントするチームが多い印象です。引退の際には、1、2年生のプレイヤーにも協力してもらってメッセージを集めたり今までの写真をレイアウトしたりと、世界に1冊だけのオリジナルアルバムが用意されるとか・・・。思い出がたっぷり詰まっているアルバムを見ていると懐かしい気持ちが蘇ってくるのではないでしょうか?

中にはOB・OGにも協力してもらうチームもあり、サッカーサークル生活で出会ったたくさんの人から引退を見届けてもらえることを実感できるという点もアルバムの魅力かもしれませんね。

 

ここからは、それぞれのチームにある特徴的なプレゼントをいくつかご紹介します✨

 

手作りマスコット

ユニフォームやサッカーボールなどのマスコットを手作りで用意します。ミサンガにマスコットにと、身に付けられるものは一緒に戦う気持ちも込めて贈れますね。

ここまで見てきて、マネージャーからのプレゼントは手作りのものが多い印象ですが、細かい作業が苦手な人でも毎年丁寧に作っていれば、3年生になる頃にはかなりの上達が見られるそうです(笑)

 

横断幕

毎年納会で発表される次の幹部代のスローガンの横断幕を、初蹴りのタイミングでプレゼントします。写真でご紹介する横断幕は、余白に想いを寄せ書きするデザインにしたそうです。

試合会場でこの横断幕を掲げて応援することによって、チームにより強い一体感が生まれそうですね。

 

 

ここまではマネージャーからのプレゼントをご紹介してきましたが、ここからはプレイヤーからのプレゼント事情をご紹介していきます!

 

まず驚いたのは、マネージャーからの王道プレゼントとしてご紹介したMVアルバムは、プレイヤーからのプレゼントとしても多く見られるということです。プレイヤーが自分のために手作りで用意してくれているなんて、受け取ったマネージャーは嬉しいこと間違いなし。やはり、手作りのプレゼントは「気持ちを込めて贈れる」「オリジナルのものが用意できる」などという点で人気のようです🎁

 

では、マネージャーからのプレゼントと同じようにチーム独自のプレゼントをご紹介します!

 

オリジナルユニフォーム

胸元にはチームのエンブレムを、背中には自分たちの代を背番号にし、その上下いずれかにマネージャーの名前を入れます。毎年色やデザインはプレイヤーが相談して決めるので、マネージャーは実物を見てとても喜んでくれます✨

今回はユニフォームのプレゼントをご紹介しましたが、他にもトレーナージャージのプレゼントを贈るチームもあるそうです。

 

メッセージ入りサッカーボール

マネージャーへのメッセージをプレイヤーがサッカーボールに寄せ書きしてプレゼントします。ひとりひとりに対して同期みんなが書くため、感謝の言葉であったり面白いエピソードであったりと個性が見られそうですね。飾っておける素敵なプレゼントではないでしょうか💭

また、この写真に写っているクマのマスコットもプレイヤーからのプレゼントで、そのチームのユニフォームを着ているそうです!

 

 

いかがでしたか?今回ご紹介することができなかったものも含め、チーム内では様々なプレゼントを贈りあっていることがわかりました。普段照れ臭くて言えない感謝の気持ちなども、プレゼントと一緒になら贈ることができそうですね。

また、チームによっては練習終わりに誕生日が近いメンバーをお祝いしているそう。

仲が良いからこそできる贈り物やお祝い。今一度、チームメイトへの想いを伝える場を設けてみてはいかがでしょうか?💌

 

(アンケート協力、写真提供:新関東リーグマネージャーの皆様*ご協力ありがとうございました。*)

Written by

木村彩歌

ayaka

Keywords

Recommend

コラム 2016.12.20

【BMOM22】臼田海人(2年)先制点に最優秀選手賞、有終の美を飾る

中央のセルヒオ・ラモス 2016/12/17・18の二日間で行われたpremiere cupは4年ぶりに中央大学サッカー同好会(サッカー同好会)が無失点優勝を成し遂げだ。 慶応義塾大理工体育会サッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.23

【BMOM16】坂梨 龍太(2年) スプリントを繰り返しチームを支える

デビル 坂梨 早稲田稲穂は、先日に行われた新関東リーグ最終節で早稲田HUMANと対戦した。早稲田稲穂 にとっては、全勝優勝がかかった大事な早稲田ダービーとなった。結果は1-0で早稲田稲穂が苦しみなが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.25

【新歓記事2021】vol.1 早稲田大学サッカーサークルその1

サッカーサークルに入りたい!マネージャーとして選手をサポートしてみたい!そんな風に思っているけれど、迷ってしまっている新入生の皆さん! 今年も新型コロナウイルスの影響下で、サークル選びの判断材料が少…

read more 後藤直也
コラム 2017.06.01

【BMOM53】武田海青(1年=東久留米)縦横無尽にピッチを駆け巡るバンビのダイナモ!

新関東カップ2017三回戦日本大学教育学部サッカー部BAMBINO(以下バンビ)と明治大学ESPERANZA(以下エスぺ)との試合はバンビが5-0の快勝で幕を閉じたが圧倒的な存在感でピッチを駆け巡って…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.29

新チーム始動インタビュー第1弾”中央大学サッカー同好会”

新関東リーグ戦が終わり、新チーム始動となった中央大学サッカー同好会。キャプテンの”山本 璃来” (2年=桐蔭)を取材した。 2015-2016シーズンについて ”1年を振り返って”  昨シー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.01

【BMOM128】水野晃佑(3年=慶應志木)エースが躍動。チームをベスト8に導く2ゴール。

5月25日、慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下:慶應リコタイ)と明治大学生田蹴友会(以下:明治生田)の試合が神栖市矢田部サッカー場にて行われた。新関東リーグ1部の明治生田を相手に2部の慶應リコタイ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.01

【BeYonD特別ご招待】浦和レッズvsボルシア・ドルトムント試合観戦&特別セミナー+ドルトムント所属選手交流会イベント開催!!

BeYonDをご覧のみなさまこんにちは!!   本日から7月ということで、 早いもので、2017年も下半期に差し掛かりましたね!   そんな本日7月1日に…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.07.27

【キャプテン特集vol.1】サークル屈指の熱き闘将

こんにちは! 今回の記事はキャプテン特集です! 第一弾は昨年、悲願の新関東1部昇格を決めノリに乗ってる 慶應義塾大学理工学部サッカー部 3年 田中崇太 さんです。 キャ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.25

[BMOM28] 藤生凛太郎(1年=柏日体)「輝くシャドーストライカー」

「あとは合わせるだけでした」   上智大学学内戦、上智大学サッカー愛好会と上智大学FUN-ta-SISTERとの決勝戦は立ち上がりから膠着状態が長く続き、後半に突入してか…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.22

【BMOM135】金田直輝(3年=國學院久我山)グスタの不動のエースが開幕戦で圧巻のプレーを魅せた!

10月19日、早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)の早稲田ダービーで今季の新関東リーグが開幕した。試合前まで降り続いた雨の影響でグラウンドには大きな水溜り…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-