【プレーヤーからマネージャーへ vol.1】フースバル編

松本 瑠風

今回から、BeYonDの新しいシリーズ企画として、サッカーサークルにおけるプレーヤーからマネージャーへの想いをテーマとした対談を記事にさせていただきました。

第一弾は、中央大学体同連フースバルクラブさんの対談記事です。

プレーヤーからは、山口輝さん(3年)、増田誠也さん(3年)、岡本共生さん(3年)に、マネージャーからは島田小雪さん(3年)に話を伺いました。

 

プレーヤーとマネージャーで作り上げるサークル

 

―フースバルクラブ(以下フース)のマネージャーを選んだ理由は何ですか?

 

島田大学でも何かに打ち込んで頑張りたいな、と思っていた時に、それにピッタリだったのがフースでした。プレーヤーもマネージャーも全力で日本一を目指して戦う先輩達の姿に憧れて、私もここで最後の学生生活に、夢中になって頑張って日本一を目指したいと思い、フースに入りました。

増田:プレーヤーはもちろんサッカーをやっていて楽しいけど、マネージャーはサッカーをするわけではないのに、プレーヤーと同じ温度感で日本一を目指してくれたり、毎回練習に来ててすごいなと思う。特に最近は授業も始まったり、夏は暑くて具合悪くなる子とかいるのに。自分だったらこんなに他の人に奉仕できるかなと思って尊敬してる。

島田:マネージャーはサッカーをプレーしてるわけではないけど、たぶん皆違うところで一緒に日本一を目指して戦っている気持ちを持っていると思う。100パーセントサポートしてるわけではなくて、一緒に戦っている気持ちだから、それが結果で帰ってきたら一緒に喜べるし、勝ってほしいな笑

プレーヤーはマネージャーのために、マネージャーはプレーヤーのために

 

―フースのマネージャーと他のサークルのマネージャーとで違うところはありますか?

 

山口フースが練習する上でマネージャーがいないと成り立たないところはあるよね。他のサークルがどうなのかはわからないけど、フースはプレーヤーだけじゃなくて、マネージャーとプレーヤー合わせて作ってるサークル。ちゃんとプレーヤーに尽くした仕事をやってくれるのは、サークル界で見てもフースと稲穂くらいなのかな、と試合会場に行くたびに思うし、やってもらうことが当たり前じゃないんだって改めて思う。他のサークルの人たちにフースのマネージャーって厳しいとかまじめすぎる、もっとはじけてるマネージャーの方がいいんじゃないかって言われたりもするけど、自分はフースのマネージャーの方が好きだし、フースのマネージャーじゃなきゃいやだな、と今は思ってるかな。

岡本1番フースのマネージャーで大きいなと思うのは、一緒に日本一を目指してくれてると感じられるところかな。やっぱり勝ったら一緒に喜んでくれるし、負けた時も、もちろん自分達も悔しいけど、自分達以上に悔しがってくれる、そんなところを見てもっと頑張らないとなって気合いを入れてる。マネージャーの頑張っている姿が自分達のプレーに繋がっている、ほんとに感謝してます笑

山口:マネージャーがサポートしてくれることで自分達はサッカーに集中できる。マネージャーがいなかったら、サッカーしながらも他にやらないといけないことが増えてきて、回らなくなると思うから、自分達が集中してサッカーできる環境があるのは他のサークルと比べるとマネージャーのおかげっていうのが大きいのかな。

島田あと私が思うのは、プレーヤーとマネージャーが同じ立場?ラフ?な関係だよね。

山口対等な関係で居られているのはいいことだよね。プレーしてる方が上、サポートしてる方が下とかではなくて、同じ立場でやれているのが居心地がいいな。

増田あと、フースのマネージャーって、マネージャーの中でよくミーティングするじゃん?他のサークルだとあまりマネージャーの中で話し合うとか聞いたことないから、フースに対して真剣に考えてくれてるんだなって思うよ。そしてそれは、たぶん自分達のためっていうのが根底にあるから、ありがたい。

島田そうだね、皆がサッカーに集中できるようにするために、できることを話し合ったり、マネージャーの中での意識の共有をしてる。

恩返しは、後悔のないフース生活を

 

―マネージャーの姿を受けて、今シーズンへの意気込みはありますか?

 

山口:マネージャーが暑かったり寒かったりする中で自分の時間を割いて、自分達のサポートしてくれてるから、頑張ってくれてる分それに応えるじゃないけど、さらに頑張らなきゃっていうのは口に出さないけどプレーヤーの総意としてある。今シーズンに入ってからまだ思うような結果が残せてない分、申し訳なさもある。だから今後の大会で、もちろん日本一という形で返せるのがベストだけど、3マネだったら3年間サポートしてきてよかったなって思えるようなシーズンにしたいなと思ってる。だから、苦しいシーズンになるし色々大変なこともあるけど、最後までついてきてほしいな。

島田任せてください。

 

 

 

インタビューをしてみて、『プレーヤーとマネージャーで作っているサークル』という結束力が、フースの強さに繋がっているのだと感じました。

全国優勝の経験をもつフース。今年のチームはどうなるのか、活躍が楽しみです。

 

 

Written by

松本 瑠風

matsumotoruka

Keywords

Recommend

コラム 2021.05.18

【YouTuberインタビュー】サークルからプロを目指すあとぅきさんにインタビュー

はい、どうもみなさんこんにちは。   beyond編集部です! 本日の企画!! YouTuberの【あとぅきさん「サークルからプロへ」】で、中央大学サッカー同好会(以…

read more 山崎冬弥
コラム 2021.04.05

【新歓記事2021】vol.11日本大学サッカーサークル

【新歓記事2021】最終回は、日本大学の特集記事です! 学部ごとにキャンパスが異なる日本大学だからこそ、サークルごとにそれぞれの良さが出てますね! 新入生はぜひサークル選びの参考にしてもらえると嬉…

read more 大田智輝
コラム 2021.11.06

【新関東リーグ2021・1部第5節マッチハイライト】新関東リーグも遂に折り返し。勝ち点を積み上げ、優勝に近づいたチームはどこだ!?

10月16日(土)に開幕した2021年の新関東リーグも第5節で折り返しを迎え、目が離せない稀に見る大混戦となっている。   11月6日(土)、鹿島ハイツで行われた新関東リーグ第5節の結果…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.26

【BMOM46】伊藤貴紀(1年=座間) 強心臓ルーキーの1発が試合を決める

新関東カップ2017の2回戦、明治大学ESPERANZAと明治学院大学白金FCが対決した。 猛暑の中で試合は拮抗し、両チームスコアレスのままPK戦に突入するかと思われたが、試合終了直前のところで1人…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.29

【BMOM32】蓮池壮(2年=錦城)”リコタイのレジスタ”が推進力抜群の攻撃陣のタクトを振る

【BMOM32】慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 蓮池壮(2年=錦城)     3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、FC.ESPALDの組織的な守…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.15

【BMOM10】 MF今井 淳貴(3年)が2ゴールの活躍で優勝を決める

 数多くのルーティーンを持つ男 今井   早稲田大学稲穂キッカーズは第6節に、中央大学サッカー同好会と対戦した。稲穂は引き分け以上で優勝が決まるという大一番。結果は4-0で稲穂が勝利…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.27

【OB・OGインタビューvol.2】同好会生活を共に過ごしたナオト・インティライミさんを支える、あの人にインタビュー!!

同好会カテゴリー出身で、現在社会で活躍されている方々に貴重なお話を伺うシリーズ第二弾です! 今回は、中央大学サッカー同好会33期OBで、同じく中大同好会34期OBのナオト・インティライミさんが所…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.17

【BMOM75】30mFKも決めちゃう超ド級アンカー土佐林佑(2年=八千代)

新関東リーグ2017が開幕し、1部の各チームがZOZOパークで第1節を迎えた。 青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)は、得意のパスワークで明治大学Groovy kids(以下:グルービー)を翻弄…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.05

【美女マネvol.19】今回はスーパー美女マネサークルとの呼び声高いあのチームのマネ!!

どーも、美女マネです。 とうとう4月ですよね! 美女マネもお陰様で新学期を迎えることができました! どうぞそれからも、BeYondと美女マネをよろしくお願い致します!   …

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.09.29

「マネージャー経験」は強い武器?!その経験を就活で活かすコツとは

今回の記事は、マネージャーの就活事情が知りたい!との声から   『サークルマネージャーの強みとは何か。』 『マネージャーで培った経験は、就活にどう活かせるのか。』 &nb…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-