【プレーヤーからマネージャーへ vol.1】フースバル編

松本 瑠風

今回から、BeYonDの新しいシリーズ企画として、サッカーサークルにおけるプレーヤーからマネージャーへの想いをテーマとした対談を記事にさせていただきました。

第一弾は、中央大学体同連フースバルクラブさんの対談記事です。

プレーヤーからは、山口輝さん(3年)、増田誠也さん(3年)、岡本共生さん(3年)に、マネージャーからは島田小雪さん(3年)に話を伺いました。

 

プレーヤーとマネージャーで作り上げるサークル

 

―フースバルクラブ(以下フース)のマネージャーを選んだ理由は何ですか?

 

島田大学でも何かに打ち込んで頑張りたいな、と思っていた時に、それにピッタリだったのがフースでした。プレーヤーもマネージャーも全力で日本一を目指して戦う先輩達の姿に憧れて、私もここで最後の学生生活に、夢中になって頑張って日本一を目指したいと思い、フースに入りました。

増田:プレーヤーはもちろんサッカーをやっていて楽しいけど、マネージャーはサッカーをするわけではないのに、プレーヤーと同じ温度感で日本一を目指してくれたり、毎回練習に来ててすごいなと思う。特に最近は授業も始まったり、夏は暑くて具合悪くなる子とかいるのに。自分だったらこんなに他の人に奉仕できるかなと思って尊敬してる。

島田:マネージャーはサッカーをプレーしてるわけではないけど、たぶん皆違うところで一緒に日本一を目指して戦っている気持ちを持っていると思う。100パーセントサポートしてるわけではなくて、一緒に戦っている気持ちだから、それが結果で帰ってきたら一緒に喜べるし、勝ってほしいな笑

プレーヤーはマネージャーのために、マネージャーはプレーヤーのために

 

―フースのマネージャーと他のサークルのマネージャーとで違うところはありますか?

 

山口フースが練習する上でマネージャーがいないと成り立たないところはあるよね。他のサークルがどうなのかはわからないけど、フースはプレーヤーだけじゃなくて、マネージャーとプレーヤー合わせて作ってるサークル。ちゃんとプレーヤーに尽くした仕事をやってくれるのは、サークル界で見てもフースと稲穂くらいなのかな、と試合会場に行くたびに思うし、やってもらうことが当たり前じゃないんだって改めて思う。他のサークルの人たちにフースのマネージャーって厳しいとかまじめすぎる、もっとはじけてるマネージャーの方がいいんじゃないかって言われたりもするけど、自分はフースのマネージャーの方が好きだし、フースのマネージャーじゃなきゃいやだな、と今は思ってるかな。

岡本1番フースのマネージャーで大きいなと思うのは、一緒に日本一を目指してくれてると感じられるところかな。やっぱり勝ったら一緒に喜んでくれるし、負けた時も、もちろん自分達も悔しいけど、自分達以上に悔しがってくれる、そんなところを見てもっと頑張らないとなって気合いを入れてる。マネージャーの頑張っている姿が自分達のプレーに繋がっている、ほんとに感謝してます笑

山口:マネージャーがサポートしてくれることで自分達はサッカーに集中できる。マネージャーがいなかったら、サッカーしながらも他にやらないといけないことが増えてきて、回らなくなると思うから、自分達が集中してサッカーできる環境があるのは他のサークルと比べるとマネージャーのおかげっていうのが大きいのかな。

島田あと私が思うのは、プレーヤーとマネージャーが同じ立場?ラフ?な関係だよね。

山口対等な関係で居られているのはいいことだよね。プレーしてる方が上、サポートしてる方が下とかではなくて、同じ立場でやれているのが居心地がいいな。

増田あと、フースのマネージャーって、マネージャーの中でよくミーティングするじゃん?他のサークルだとあまりマネージャーの中で話し合うとか聞いたことないから、フースに対して真剣に考えてくれてるんだなって思うよ。そしてそれは、たぶん自分達のためっていうのが根底にあるから、ありがたい。

島田そうだね、皆がサッカーに集中できるようにするために、できることを話し合ったり、マネージャーの中での意識の共有をしてる。

恩返しは、後悔のないフース生活を

 

―マネージャーの姿を受けて、今シーズンへの意気込みはありますか?

 

山口:マネージャーが暑かったり寒かったりする中で自分の時間を割いて、自分達のサポートしてくれてるから、頑張ってくれてる分それに応えるじゃないけど、さらに頑張らなきゃっていうのは口に出さないけどプレーヤーの総意としてある。今シーズンに入ってからまだ思うような結果が残せてない分、申し訳なさもある。だから今後の大会で、もちろん日本一という形で返せるのがベストだけど、3マネだったら3年間サポートしてきてよかったなって思えるようなシーズンにしたいなと思ってる。だから、苦しいシーズンになるし色々大変なこともあるけど、最後までついてきてほしいな。

島田任せてください。

 

 

 

インタビューをしてみて、『プレーヤーとマネージャーで作っているサークル』という結束力が、フースの強さに繋がっているのだと感じました。

全国優勝の経験をもつフース。今年のチームはどうなるのか、活躍が楽しみです。

 

 

Written by

松本 瑠風

matsumotoruka

Keywords

Recommend

コラム 2017.09.11

【特別企画】マガハイ髪の毛特集!その名も”マガ髪”

こんにちは! 今回はマガハイ特別企画ということで、 マガハイ参加者の髪型特集をしていきたいと思います!   「普段はオシャレな髪型なんて興味ない」 「バイトの関係で染められ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.31

【BMOM50】中島剣士郎(1年=早大本庄)名門の攻撃を牽引した”超絶怒涛のスーパールーキー”

激戦区の早稲田大学学内戦で優勝を逃した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。今年も名門としての強さを示すにはこの男が一番のカギになるかもしれない。 名門のスーパールーキー中島剣士郎(1年=早大…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.02.25

【インタビュー記事 ISA 坂井惟史氏】ISAのサッカー留学事業に迫る!! 

「人生の転換期は間違いなくイギリス留学!」 と語る、坂井惟史氏。 今回、BeYonDでは留学事業を柱にサッカー事業を幅広く展開する International Sports Acad…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.15

【BMOM69】”圧倒的存在”遊佐拓矢(3年=川越南)が成蹊の頂点に導く決勝弾!!

8月17日に行われた成蹊大学学内戦の決勝戦。 成蹊大学アースエラスティックサッカー(以下:ARSE)と成蹊大学フットサルクラブ(以下:SFC)が頂点を争った。 前半からギア全開のARSEに押さ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.22

初代「Beyon d’Or」決定

BeYondによる新企画!!!   その名も「Beyon d'Or」※ビヨンドール どこかで聞いたことがあるような響きですよね。   そうです国際サッカー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.04

【高校別OB座談会vol.4】昌平高校OB座談会 コメコメクラブとは?

激戦区の埼玉県で全国常連校となりつつある昌平高校。 つい先日行われたインターハイ埼玉予選決勝で4-1で勝利し見事全国への切符を手にした。そんな昌平高校OBに高校時代の思い出や現在のサークルについて語…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.02.23

【BMOM119】重松 良祐(2年=大森FC)チームのいじられ役がまさかのスーパーヒーローに!

2019年2月15日清瀬内山グランドにて早稲田大学学内戦決勝が行われた。対戦カードは3期ぶりの優勝を狙う稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と初優勝を狙うFCグスタ(以下:グスタ)試合はpk戦にもつれ込む大接…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.01

【BMOM18】苅部杜行(1年) 決勝点アシストに加え、攻守で圧倒的な存在感を発揮

フースバルの心臓 苅部 中央大学体同連フースバルクラブは全国大学サッカー同好会選手権大会決勝戦で関西大学FC TRIOSに3-1と快勝し、全国制覇を成し遂げた。その試合で決勝点のアシストとなるロング…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.13

【BeYonD特別招待】優勝賞品はボルシア・ドルトムント観戦ツアー!!H.I.S主催フットサル大会

2017年10月28日 H.I.S主催フットサル大会開催決定! この度BeYonDは先日のボルシア・ドルトムント来日ツアーで 一緒にお仕事させていただいたH.I.Sさんのイベントに スポンサー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM5]FW谷口友哉(3年)ストライカーが残留へ望みをつなぐ決勝点

テクれ谷口 最下位と負けられない中、挑んだ第4節の明治大学グルービーキッズ戦。0-0で前半を折り返し、迎えた後半3分、勝ち点0の早稲田大学HUMANが先制点を決める。決めたのは背番号9番谷口 友哉(…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-