【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.8

BeYonD 編集部

明治大学ESPERANZA

チームPR

サッカーも遊びも全力!

注目選手

山崎宙也 (都立三鷹):スピードと技術を兼ね備えたアタッカー!

注目新入生

今年は2.3年での参加なので新入生は不在です。

このサークルだけには負けられない

明治体同連:友好関係があるサークルだから

自分たちのサークル実は…

エスペは、実は大規模サークルです!

 

法政大学 学団連サッカー部

チームPR

昨年9月の代替後無敗、出場全大会優勝中🏆

注目選手

保田 恵汰:知る人ぞ知る学団連のスーパーサブ!彼を温存しているうちは他のチームに勝ち目はないだろう。。。

注目新入生

坪谷 至祐:強豪市船出身、選手権で得点した経験を持つ学団のスーパールーキー

このサークルだけには負けられない

中央大学サッカー同好会:稲穂フェスタ優勝してたから

自分たちのサークル実は…

実は2年連続学内戦優勝出来てないです😢

早稲田大学・稲穂キッカーズ

チームPR

早稲田大学稲穂キッカーズです!
「全冠日本一」を目標に臨んだ今シーズン。早稲田大学の学内戦は優勝したものの、主催である稲穂フェスタでタイトルを落としてしまいました。
その中で、この大会に向けた想いはどのチームにも負けません。
その想いを乗せてプレーする選手だけではなく、今年のスローガンでもある「圧倒的一体感」を表現する試合に出れないプレーヤーやマネージャーの姿にも注目してください!!

注目選手

森島雅貴(3年・川和高校):稲穂フェスタでチームが苦しむ中、1人絶好調だった幹事長のモリシ。
ムチムチな体を活かした球際の強さとあの体からは考えられない丁寧なパスが彼の持ち味。幹事長として、この大会に向けた想いは人一倍。その想いを乗せたプレーに注目してください!!

注目新入生

小野雄大:早実から稲穂に入ってくれたスーパールーキー。同じく早実産の現正GKが怪我がちの中、この大会で活躍し、カップ戦優勝に貢献してくれるのか。彼の魅力は、めちゃくちゃでかい声での的確な指示。安定感も半端なく、期待大です!

カップ戦への本気度

「全冠日本一」を目指して臨んだ今シーズンにおいて、稲穂フェスタを落としてしまったので、この大会に対する本気度と覚悟は負けません!

自分たちのサークル実は…

実は、ガキが多いんです。真面目そうに見える稲穂キッカーズですが、そんなことは全くありません。オンとオフのギャップにも注目してください!

明治大学 ESPERANZAのチームページ 法政大学 学団連サッカー部のチームページ 早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.11

【BMOM8】FW赤塚武也(3年) 相手の隙をつき決勝点を挙げる

クールなストライカー赤塚 5位の青山学院大学理工サッカー部は、3位の中央大学フースバルクラブと対戦した。結果は1-0で青理が勝利し、2位に浮上。2位浮上への値千金のゴールを決めたのが、エース10番赤…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.06

新人戦2年生大会 予選ダイジェスト「第5グループ〜第7グループ」

第5グループ 1位通過をしたのは勝ち点4の慶應義塾大学リコタイ無駄な人生選抜。2位通過は同じく勝ち点4の明治大学生田サッカー部蹴友会。3位は中央大学MAPLE。グループ5の1位2位はイエロー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.12.21

【新関東リーグ2020・1部】大会総括

10月31日から開催された同好会カテゴリーの最高峰のリーグである『新関東リーグ』は12月5日に幕を閉じた。 新型コロナウイルスの影響も受けながら開催された今年の1部は、早稲田大学FC.GUSTA…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.28

【同好会基礎情報Vol.5】スペイン遠征に行っていた同好会トレセンって何だろう?自分たちでも参加できるの!?

先日のクラブワールドカップでレアルマドリードが日本に凱旋していた頃、日本からもスペインへ渡り、サッカーをしてきた同好会カテゴリの選手達がいます。   それが同好会トレセンです!!…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.18

【BMOM76】小川潤之助(2年=杉並FC) 同好会カテゴリ屈指のハイレベルな闘いでチームを救った守護神!!

新関東リーグ1部第1節最も注目となったカードは間違いなくこの一戦だろう。 現在新関東FLカップとマガジン杯で2冠を収め悲願の三冠に挑む早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と昨年度マガジン杯を制…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.16

サッカー同好会都市伝説!?Premier Cupを制する者はマガ杯を制す!

いよいよ明日! 12月17日(土)~18日(日)の二日間で【Premier Cup EAST in 波崎】が開催されます。   そこで今回はPremier Cupについて耳寄り…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.17

【千葉大学学内戦決勝戦】フォトギャラリー

22番岡内(3年=市立千葉)は確かな技術と笑顔がトレードマーク。心なしか歯が出ている。素晴らしい活躍で優勝へ大きく貢献した。 27番藤方(3年=県立船橋)は岡内と共に中盤を支配し…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.08

【BMOM59】高橋昌樹(3年=暁星国際) 相手のロングボールを弾きに弾いたエアバトラー

先日行われた新関東カップ準々決勝。ベスト4への切符を懸けた一戦の地はZOZOPARK。早稲田大学HUMAN.F.C.(以下ヒューマン)は稲穂フェスタ王者中央大学フースバルクラブ(以下フースバル)を迎え…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.26

MVとは? 〜伝えたいメッセージ〜

こんにちは、BeYonD編集部です🌻 この夏、大きな大会に参加したり、イベントを行うチームも多いのではないでしょうか🌈 そこで今回は、サッカーサークルや同好会に所属している人には馴染みの深い、モチ…

read more 中込 こころ
コラム 2022.06.14

【新関東カップ2022 ベスト4マッチハイライト】プライドをかけた戦い!決勝の舞台に立つのはどのチームか!?

第1試合早稲田稲穂vsFC立教 昨年度王者で2連覇を狙う早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と明治大学Groovy Kidsを下し快進撃を続ける立教大学FC立教(以下:F立)さいたまスタジア…

read more 杉本 竣平

-PICKUP CIRCLE-