【就活記事】就活生必見!!24卒の先輩たちに聞く就活事情!!!

中嶋 快

誰にどんな質問??

新関東リーグで各チーム熱戦を繰り広げている真最中だと思いますが、3年生は『就職活動』とも本気で戦っている、もしくはこれから戦う人たちがほとんどだと思います。今回は新関東リーグに所属するチームの24卒3名に事前にアンケートをとり、先輩たちの就職活動について記事にしました。就活生の皆さんは必見の記事です!!是非読んでみてくださいね。

 

対象の24卒3名は以下の方々です。(個人情報保護のために個人名は避けております。)

1人目

慶應義塾大学 Sさん

内定先:損保(入社)、商社、デベロッパー、コンサル

 

2人目

早稲田大学 Hさん

内定先:広告(入社)、銀行、証券、コンサル、メーカー

 

3人目

中央大学 Kさん

内定先:デベロッパー(入社)、コンサル

 

事前アンケートでは以下の3つの質問について答えてもらいました。

質問1:新関東リーグ戦や練習と就職活動の両立はどのように行っていたのか。

質問2:面接でサークル活動について伝える際に意識していたことは何か?

質問3:ズバリ、就職活動で大切なことは何か?

 

質問1:新関東リーグや練習と就職活動の両立はどのように行っていたのか。

Sさん

隙間時間を上手く活用していました!大学受験と似たイメージです。例えば電車移動中に想定質問を調べたり、1人で運転する時に面接練習の音声を流して復習したり、などなどです。練が習無い時間に説明会とか入れていました。時間がないときこそ、いかに効率的に対策をするかを考えていました。

 

Hさん

優先順位をつけてその日やるべきことを明確にしていました。サークルが毎日あるわけではないので、サークルの時間は思いっきり没頭して、それ以外の時間で就活の時間を確実に確保するようにしていました。何事もオンとオフが大切だと思います。

 

Kさん

家でゆっくりする時間にESを提出する日々を過ごしていました。インターンや面接が練習や試合と被らないよう、企業からのメールはこまめに確認し、他の学生の面接で予定が埋まる前に予約をしていました。自分の予定に合わせることが大切だと思います。

 

質問2:面接でサークル活動について伝える際に意識していたことは?

 

Sさん

体育会との差別化です。サークル故の困難さを伝えるようにしていました。でもたまに体育会至上主義みたいな面接官にあたります。その時は諦めるか、サークルも体育会位頑張っていますアピールするかの2択です。

 

Hさん

自分なりの思いを伝えることです。サークルで経験した事実を伝えるのではなくて、サークルに対する思いや、価値観の変化などの自分自身の内面のことを伝えることを意識しました。特にサークルはありきたりだと思われやすいので、自分自身の想いで差別化を図りました。

 

Kさん

ただ自分が行なっていた事実を伝えるだけでなく、その経験から自分が会社でどんな貢献をできるのかを伝えることを意識しました。面接官に会社で活躍するビジョンを伝えるよう意識しました。

 

 

質問3:ズバリ、就職活動で大切なことは?

 

Sさん

一憂しないことです!上記の通り、面接官との相性など就活には運要素が付き纏います。お祈りはスルー。冷静に改善点考えて切り替える。通ったら超喜ぶ。酒と共に沢山一喜して下さい。滑ったので終わります。

 

Hさん

素直さ、自己理解力、コミュ力だと思います!

 

Kさん

『愛嬌』これに限ると思います。書類を通ってしまえば学歴なんてほとんど関係ないです。あとは自分の魅力を伝え、選んでいただくだけです!

 

上記の回答を受けて、去年就職活動を経験した著者自身が特に大切だと感じたことは

1.『メリハリをつけた効率的な就職活動』をすること

2.サークル活動について話す際には『何をしたか』ではなく、その背景にある『自身の想い』や『経験に結びつく自身の強みをいかに社会で活かすことができるか』を意識すること

上記の2点です。

サークルがある時期にいかに効率的に対策するか。それがテストセンター対策でも自己分析でも、企業分析でも、人それぞれです。大事なのは本選考が始まる3月から逆算して、『サークル活動と両立してできること』を今行うことだと思います。サッカー人生最後のリーグ戦。思い残すことがないように新関東リーグ、サテライトリーグを本気で楽しんで戦い、それ以外の時間を有効的に用いた就職活動を行ってみてはいかがでしょうか。

Written by

中嶋 快

nakajimakai

Keywords

Recommend

コラム 2021.06.08

【関東・関西サッカーサークル対談企画】東西の強豪チームが語るサークルの存在価値とは。

こんにちはBeYonD編集部です。 今回はBeYonDの新しい企画として、新関東リーグ1部に所属する早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と、関西同好会リーグ1部や京都府社会人リーグにも所属する…

read more 山田大晴
コラム 2017.06.01

【BMOM52】樋下田泰成(2年=伊勢崎商業) 和製ロナウドと呼び声の高いゴールゲッター

先日行われた新関東カップ4回戦明治大学体同連サッカー部(以下体同連) vs 日本大学生産工サッカー部(以下生産工)。18時キックオフというナイターゲームはZOZOPARKで行われた。 試…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.17

【新関東リーグ2017・2部Bブロック第1節、第2節】明治エスペランサが2連勝、昨年一部同士の対決は中大同好会が土壇場で追いつきドロー決着

第1節は直近のアットホームカップで強豪チームを倒し決勝まで駒を進めた日本大学法学部サッカー部(以下日法)と昨年一部早稲田学内戦優勝の早稲田大学HUMAN F.C(以下HUMAN)が激突。雨でピッチが濡…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.16

【BMOM105】安東尚宏(3年=國學院久我山)創立初の稲穂狩り!帰ってきたスーパーエースが歴史的勝利の立役者!

新関東リーグ2018の1部第1節、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)の試合が鹿島ハイツで行われた。 新関東リーグ3連覇を果たすため、初戦は絶対に落…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.20

【BMOM88】鯵坂賢(多摩大目黒=1年)技巧派FWがプレミアカップ連覇を手繰り寄せる。

プレミアカップ2017は中央大学サッカー同好会(以下:中央同好会)の2連覇で幕を閉じた。新関東FL1部や2部の強豪チームや、アットホームカップでも躍動したチームが数多く出場した激戦必至の2日間であった…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.14

【マネの技術Vol.2】プレイヤーに強烈なボールが当たってしまったときに使える技術〈応急処置編〉

猿も木から落ちるみたいな感じに、プレイヤーもボールにあたる!! すぐに復活して、いや大丈夫なんかい!という場合もあれば、 ちょ・・・無理待って・・・ となってて心配になっちゃうことも…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.16

【マネの技術Vol.3】もしもの大怪我に備えておきたい技術をあの美女マネが!?〈応急処置編〉

ほとんど起きませんが、1年に数回は起こるのではないでしょうか。素人には判断がつきませんが、応急処置としてできること、してはいけないことがあります。 これを読んで、頼り甲斐のあるマネージャーになろ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.02

【BMOM66】 竹井伸吾(3年=水戸商) ”THE ボランチ”

2017年の明治大学学内戦決勝は、異例のGroovy kids(以下グルービー)対決となった。 前半から新ユニフォームを身に纏い、ジャイアントキリングを狙う勢いあるグルービーBを、ライバル明治体同連…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.07.16

【BeYonD History vol.2】”サッカー同好会を胸張って語れる場所にしたい”高橋佑輔

普段は中の人が見えないBeYonDのこれまでとこれからを紐解いていく新企画BeYonD Historyvo.1はもう読んでいただけましたでしょうか?vol.2はvol.1に登場した"真面目老害"の古平…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.07

【新入生必見!同好会チームガイドvol.13】日本大学編その2

今回は、100万人の仲間がいる日本大学の続編です! 先日紹介した3チームに続き、今回は4チーム! それでは早速、紹介して行きましょう!!   日本大学 法学部サッカー部 …

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-