【東西対抗戦】マッチプレビュー

BeYonD 編集部

同志社大学三ツ葉キッカーズ

関西代表は今年、関西同好会サッカーリーグの前身を含め、リーグ10連覇を達成した同志社大学三ツ葉キッカーズである。
1964年に創設され、52周年を迎えた三ツ葉は今年、「サークルの枠を超えた日本一のチームへ」というスローガンを掲げ、体育会と積極的に練習試合を組み、学年毎に参加する京都府社会人リーグでも関西リーグプレーオフ決勝大会に進出するなどこれまでよりもさらに1つ進化した姿を見せている。
そんな中で迎えたリーグ戦。序盤から圧倒的な力を見せての無敗優勝を果たし、チームの努力をカタチとした。

今年のチームには、絶対的な攻守の要が存在する。まずは「守」の要、2番鈴木(3年=近畿大学附属)である。加入1年目からレギュラーとして活躍し、今年はキャプテンとしてチームを常に鼓舞し続けた。また、174cmと高身長ではないが空中戦では圧倒的な強さを誇り、守備だけでなく攻撃のセットプレーでも脅威となりうる。高校時代には、インターハイにも出場経験があり、2回戦ではセットプレーから決勝点を挙げヒーローとなった経験も持つ。そんな闘将を中心とした今年の守備は、リーグ戦ではPKでの失点1のみと抜群の安定感を見せており、稲穂でさえこの「壁」を崩すのには苦戦すると予想される。
次に、「攻」の要は10番大久保(3年=長崎南山)である。彼を一言で言い表すならば「王様」だろう。柔らかなボールタッチ、絶妙なスルーパス、一瞬のスピード、強烈なミドルシュート、相手の意表をつくロングシュートやロングパス。彼の持ち味を言い出すとキリがないほど類い稀なるサッカーセンスを持ち、小中年代では全国3位に輝いた。高校では惜しくも全国出場を果たすことが出来なかったが、1年次からエース番号である10番を任され、3年次にはインターハイ予選決勝まで進んだ。大久保もまた三ツ葉加入初年度からレギュラーに定着し、現在最高学年、そして最後の日本一決定戦となる。今期は膝の大怪我で出場時間は限られそうだが、与えられた時間の中で如何に仕事をするかが試合の鍵を握ってきそうだ。
他にも内垣(3年=久御山)や岩倉(1年=清水東)など今年も多くのタレントを擁し、また、ベンチにも古家(3年=必由館)や加藤(1年=ジュビロ磐田U18)など特徴を持った選手が待ち構えており、選手層も厚い。
稲穂とは今期、サッカーマガジン杯準々決勝で対戦しており、その際は先制して優位に試合を進めながらも、終了間際に同点に追い付かれPK戦で敗れるという悔やまれる結果に終わった。
そのリベンジを果たすと同時に、4年ぶりに日本一を取り返し、エンブレムに8つ目の星を付けるべく、関西の絶対王者が関東の常勝軍団に挑む。

s__83599367

稲穂キッカーズ

関東代表は、同好会カテゴリー最高レベルの新関東FLを無敗優勝し波に乗っている早稲田大学稲穂キッカーズだ。今年の稲穂キッカーズは、近年稀に見ないほどタイトルを総ナメしている。早稲田大学学内戦に優勝したことを皮切りに、5月に行われた新関東カップでは数々の強豪チームを倒し優勝する。8月にもマガジン社主催のマガジン杯において予選、決勝トーナメントでも力強さを見せ、決勝戦まで進む。しかし、ここで中大フースに敗れてしまう。絶対に取りたかった3大タイトルの優勝を逃すとここから稲穂に火が着く。各大学No. 1が集まるJFA公認大会アットホームカップで他チームを寄せ付けない強さで優勝に輝くと、極め付けは新関東FL。まさかの全勝優勝でタイトルを手にする。失点もわずか1と圧倒的な強さを見せ東西対抗戦進出を決めた。
なぜ、ここまで今年の稲穂が強いのか?それは、野球用語を借りるとすれば『走攻守』が揃ったチームとなっているからだ。
10番今井(3年=都立駒場)の活躍ばかりに目を奪われるが、18番長瀬(2年=國學院久我山)や97番大場(4年=横河武蔵野JY)など、どこからでも点を取ることが出来るタレント揃いの攻撃陣は常に相手の脅威となっている。
キャプテンの5番福田(3年=栃木SCY)と44番末永(2年=都立駒場)率いる高さ強さを兼ね備えるDF陣に加え守護神には1番大久保(3年=都立国立)が構えており、点を取るのは至難である。
そして、これだけの攻守のスペシャリストがいるのにも関わらず、11人全員がよく走るのが最大の特徴だ。稲穂キッカーズは、相手の運動量が落ちる終盤での得点率が高い。アットホームカップ決勝戦vs.法政学団連や新関東FLvs.明治グレービーなどはその最たる例である。両試合とも先制点を許す厳しい戦いとなったが最後の最後まで走りきり逆転へと繋げている。
走攻守の三拍子が揃っている稲穂キッカーズの集大成となる全国No. 1に向けた一戦に目が離せない。対戦相手となるのは、関西同好会リーグ10連覇中の同志社だ。どのような試合転換になるのか楽しみである。

img_3176

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2021.05.18

【YouTuberインタビュー】サークルからプロを目指すあとぅきさんにインタビュー

はい、どうもみなさんこんにちは。   beyond編集部です! 本日の企画!! YouTuberの【あとぅきさん「サークルからプロへ」】で、中央大学サッカー同好会(以…

read more 山崎冬弥
コラム 2020.07.28

【ユニフォーム特集 nike編】サッカーユニフォームオーダー作成!かっこいいユニフォームどうやって作る?

皆さん、サッカーユニフォームのオーダー作成の際に、かっこいいユニフォームをどうやって作るのか興味ありませんか? ユニフォームのオーダー作成ってメーカーやデザイン、ロゴの種類や値段などなど、、悩むポイ…

read more 小川雄矢
コラム 2017.10.22

【新関東リーグ2017・1部第2節】立教愛好会、明治体同連が2連勝!全4試合をハイライト!

10月21日、鹿島ハイツ第5グラウンドで1部第2節の全4試合が行われた。前節に引き続き雨の中での試合となったが、1部独特の熱気と雰囲気で悪天候を感じさせないゲームとなった。 前節明治生田戦で完勝…

read more 澤田結人
コラム 2017.06.07

【BMOM58】森本麗(2年=広島国泰寺) グルービーのラスボスが青理の攻撃をシャットアウト

Zozopark Honda Football Area で行われた新関東カップ2017準々決勝。明治大学 Groovy Kids(以下:グルービー)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)がベスト…

read more 澤田結人
コラム 2019.04.07

【新歓記事2019】vol.11 中央大学

強豪ひしめく中央大学のサークル紹介です! 中央大学サッカー同好会 ・大学名・チーム名 (中央大学サッカー同好会) ・自分達のサークルを一文で表すと! (サッカーをガチでや…

read more 三木大輔
コラム 2018.10.26

【BMOM110】山田隆太(3年=川和) ピッチを縦横無尽に切り裂く青理の「韋駄天」が躍動

10月20日に聖地、鹿島ハイツで行われた青山学院大学理工学部サッカー部(以下:青理)と早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)の一部リーグ強豪対決が行われた。 パスを繋ぎ相手を徐々に突き崩していく…

read more 寺島直哉
コラム 2017.06.01

【BMOM52】樋下田泰成(2年=伊勢崎商業) 和製ロナウドと呼び声の高いゴールゲッター

先日行われた新関東カップ4回戦明治大学体同連サッカー部(以下体同連) vs 日本大学生産工サッカー部(以下生産工)。18時キックオフというナイターゲームはZOZOPARKで行われた。 試…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.28

【新関東リーグ2019・1部第3節マッチハイライト】早稲田稲穂の単独首位を追撃するのはどのチームだ!?

10月27日、波崎ユニオングラウンドにて新関東リーグ第3節の4試合が行われた。   第1試合は開幕から2連勝と波に乗っている早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と開幕から…

read more 齋藤優
コラム 2020.06.01

【マネの想いvol.3】“1番伝えたいのはプレーヤーへの感謝”

第3弾となるマネージャーの想いを語ってくれたのは、 早稲田大学理工サッカー部 3年 山下美穂さん(左から2番目)     −早稲田大学理工サッ…

read more 高橋ちひろ
コラム 2017.02.10

【BMOM24】安藤匠(1年=東福岡)がピッチ上の監督として君臨しタレント軍団を統率した

フースバルの監督 安藤匠 その世代での今後のサッカーサークル勢力図を占うと言われている新人戦一年生大会。前日程で行われた新人生一年生大会vol.1の決勝カードは中央大学フースバルクラブダービーで…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-