【新関東リーグ2019一部・第4節】最大の山場である早稲田ダービー。FC.GUSTAが執念の逆転勝利!

BeYonD 編集部

開幕からしっかりと三連勝を収め、今節も勝利し優勝に向け弾みをつけたい早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。対するは3節を終え3位となんとしてでも今節勝ち点3をもぎ取り優勝争いに関わりたい早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)。多くのギャラリーが見守る中、早稲田学内戦決勝以来の因縁の対決が行われた。

img_5442稲穂スターティングメンバー

img_5432グスタスターティングメンバー

前半

前半6分、最初にシュートを放ったのは稲穂。今大会躍動中の二年シャバシュ哲生(2年=暁星)が左サイドからバイタルエリアに切り込み、待っていた9番山根(3年=湘南)が左足を振り抜いた。しかし、今大会調子を上げているグスタの守護神重松(3年=大森FC)ががっちりキャッチ。

拮抗された展開が予想されたゲームであったがゴールマウスが破られたのは前半9分。

左サイドから右サイドに流れてきたボールを強烈な左足を持つ稲穂の20番豊田吏央(2年=幕張総合)が保持。グスタのバックラインが対応するものの、抜き切ることなくタイミングをずらして技ありのシュートがネットを揺らした。パワーに定評のある豊田であるが、テクニックを駆使したシュートで攻撃の多彩さを披露した。img_5443

ここで稲穂が勢いに乗るかと思われたが、グスタの真骨頂であるパスワークからチャンスを演出し稲穂ゴールを脅かす。

11分、左サイドで奥本統太郎(2年=國學院久我山)が持ち上がり、三橋智哉(3年=國學院久我山)、金田直輝(3年=國學院久我山)とのコンビネーションで攻め上がりギャラリーを沸かせた。

グスタは18分、21分とチャンスが立て続けに訪れるもなかなかものにできない。

そんな中グスタに待望のゴールをもたらしたのは2節、3節と得点を挙げすっかりタレント軍団の一角をなす選手となっている杉本達郎(2年=FC栗の木)であった。23分、右サイドから放り込まれた三橋のフリーキックを宮沢が折り返し、ペナルティエリア内での混戦の末、杉本が値千金のゴールを挙げた。

今年は例年よりセットプレーからの得点が多いグスタに立て続けにセットプレーからのゴールが生まれる。

28分、稲穂がバイタルエリアでグスタにフリーキックを献上。「中で触らなくても直接入るようなボール蹴り込んで。」という關慎之介(3年=浦和レッズユース)の言葉通りに三橋の右足から正確無比なキック放たれ、ボールはゴールに吸い込まれた。

前半で逆転に成功したグスタの興奮冷めやらぬままスコアは2—1で折り返した。

後半

後半最初のチャンスを迎えたのはグスタ。稲穂がグスタ陣に攻め上がるもグスタがボールを奪う。前線に残っていた宮沢にロングパスが入り、持ち前の機動力で一気に攻め上がるも二年生ながら稲穂ゴールマウスを任されている松山嘉宏(2年=早大本庄)がセーブ。

続くは稲穂。5分、10分、11分と立て続けにコーナーキックを獲得し、グスタゴールを脅かす。その後もバックラインから放たれる正確なロングボールから稲穂の大エース中島剣士郎(3年=早大本庄)が収め、幾度となくチャンスを作るもゴールには繋がらず。

23分、グスタが再び細かいパスから稲穂ディフェンダーを翻弄。中央の金田から左の三橋、もう一度中央で待つ宮沢、そして右の杉本へというピッチの幅を使った攻撃からシュートを放つも松山がキャッチ。

後半はディフェンス陣の凄まじい集中力によりお互い攻め上がるもあまり決定機は生まれず、2-1でグスタがリードしたまま後半終了のホイッスルが鳴った。

今季最大の注目カードであった早稲田ダービーはグスタが勝利。第4節を終え稲穂、グスタ共に勝ち点9とさらに優勝争いの激しさが増すこととなった。この2チームの対決はロングボール対ポゼッションと称されがちだが、今回のゲームを見る限り両チームとも多様なスタイルで戦っているように思えた。

優勝争いと合わせて稲穂キッカーズ、FC.GUSTAのプレースタイルにも注目していきたい。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.02.21

【新人戦1年生大会②】総集編

【優勝】成蹊大学FC kanoa 安定した守備と厚みのある攻撃を武器に優勝という最高の結果を収めた。準決勝では法政PASSION AとPK戦までもつれ込むなど苦しい試合もたくさんあったはずだが勝…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.10.09

サッカーマガジンカップ オープン大会2023 大会総括

9月8日から12日にかけて行われた『第41回サッカーマガジンカップ オープン大会 2023(以下:マガハイ)』は中央大学サッカー同好会A(以下:中央サカ同)の優勝で幕を閉じた。 株式会社毎日コム…

read more 柴田尋生
コラム 2021.04.02

[新歓記事2021]vol.8 立教大学・青山学院大学・上智大学サッカーサークル

本日は、立教大学・青山学院大学・上智大学の3大学、全7チームについて紹介していきます!   立教大学サッカー愛好会 ・大学名チーム名 立教大学サッカー愛好会 ・サークルを一文…

read more 青木優太
コラム 2018.03.23

【新歓記事vol.0】大学サッカー同好会初の公式メディア”BeYonD”

こんにちは! 暖かい日が続き花粉が飛び交い、本格的に春が到来しましたね! あとは桜が咲き乱れるのを待つのみです。 さて、新学期が始まると同好会カテゴリーでは名物行事の ”新歓活動” …

read more 高橋佑輔
コラム 2021.12.16

【新関東リーグ2021・1部】大会総括

10月16日に開幕した『新関東リーグ・1部』は、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の優勝で幕を閉じた。   2021年明治安田生命J1リーグでは、川崎フロンターレの歴史…

read more 東 孝太郎
コラム 2017.11.01

【BMOM82】亦野陸生(3年=八千代) 鮮やかなFKで同点弾を演出

[10.28 新関東リーグ2017・1部第3節 青山理工 1-1 明治生田 ZOZOPARK] 一点のビハインドを負って迎えた後半17分、センターよりやや左で手に入れたFKのキッカーを務…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.04.27

【マネの想いvol.8】"無冠の代とは言わせない"

–稲穂キッカーズ(以下稲穂)は練習がすごく厳しいことで有名ですよね。 週3回、午前に2時間練習します。早いときは8時から。2時間集中して練習を行います。遅刻は絶対にだめで、1年時からプレマネ関係なく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.06

【新関東カップ2022 得点王】新谷 唯我(3年=日大三高)今大会8得点をマークし見事得点王に輝く!!

6月7月と約1ヶ月にかけて行われた新関東カップ2022で大事な場面でも大きな仕事を果たし、さらにはハットトリックを2回達成し、計8得点と驚異の得点力で見事得点王に輝いた中央大学サッカー同好会の10番新…

read more 杉本 竣平
コラム 2017.03.15

【チームの根vol.3】”無賃雇用” 明治大学Groovy kids 儘田和也(3年=國學院久我山)

  昨年度、タレントを兼ねそろえ好成績を残した“異端児”Groovykids。その副代表と言うことで期待をしていくと、そこにいたのは顔の八割が俳優の佐藤次郎で構成された男だった。一見地…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.11

【BMOM92】 中大同好会の次世代エース! 鯵坂 賢(2年=多摩大目黒) 会心の2発!

5月6日にzozoパークで行われた新関東カップ2018・2回戦中央大学サッカー同好会(以下:中大同好会)と明治学院白FC(以下:明学白金FC)のカードになった。 立ち上がりに苦しんだ中大同好会だった…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-