【同好会基礎情報Vol.5】スペイン遠征に行っていた同好会トレセンって何だろう?自分たちでも参加できるの!?

BeYonD 編集部

先日のクラブワールドカップでレアルマドリードが日本に凱旋していた頃、日本からもスペインへ渡り、サッカーをしてきた同好会カテゴリの選手達がいます。

 

それが同好会トレセンです!!
関東と関西を拠点にして国内での活動を行い12月にスペインで行われる国際大会へ参加してきました。

 

スポーツマネジメントのTwitterやFacebookで同好会トレセンをチラッとでも見たことがある人は多いのではないでしょうか。

 

そんな同好会トレセンの詳しい活動や意義について紹介していきます!

 

 

まずは、関東同好会トレセンを担当していただいたスポーツマネジメントの近藤さん(以下敬称略)にお話を伺いました!

 

なぜ同好会選抜という呼び方ではなく、同好会トレセンなのですか?
近藤「同好会カテゴリの価値向上、環境向上に繋がるような取り組みをしたかった。ただ単純にうまい選手を集める単発の活動ではなく、上手くなくても上手くなることにモチベーションがあり、サッカーが好きな選手を集め、定期的に集まり活動(練習、試合)をする事で個人、所属するチームにも良い影響を与え、同好会全体が活性化していくことを願っています。」

 

なるほど。そのような思いが込められていたのですね!
ただ単に上手い選手の集まりではなく、向上心のあるサッカーが好きな選手を集める。

 

素晴らしいです!!

 

自分も参加したい!と思ったら誰でも応募することができるわけですね!!

 

次に、同好会トレセンの意義について教えてください。
近藤「他のチームの選手との新しい繋がり、同好会でサッカーをやっていると普段はいない指導者からの指導、普段は試合を出来ない体育会や社会人チームとの試合をする非日常。海外に少しでも出て、海外を経験する事で、人生の経験値を高め、大きな人間へと成長してほしいと思っています」

 

ここまで大学生のことを考えてくれているのですね。もう頭が上がりません!!

 

 

続いては、同好会トレセンの年間スケジュールについて私の方から説明させていただきます!

 

国内での活動は初回の説明会を含めて全部で8回!

7月  ①説明会、②トレーニング
8月  ③トレーニング
9月  ④大学体育会、社会人チームとの練習試合
10月 ⑤トレーニング、⑥大学体育会、社会人チームとの練習試合
11月 ⑦トレーニング、⑧大学体育会、社会人チームとの練習試合

 

国内での活動を通してスペイン遠征に参加するメンバーを選考し、ついに12月。
選ばれたメンバーでいざスペインへ!!

 

気になるスペイン遠征のスケジュールはこちら!

img_7730

 

関東は40分ハーフの公式戦を3試合!
25分ハーフの練習試合を一本行いました。

 

サッカー以外の楽しみとしては、
レアルマドリードのホームスタジアムツアーとマドリード市内観光の2つ!

img_7736

 

なんとあのレアルマドリードの公式にTwitterに関東同好会トレセンの選手が!!

 

img_7739

 

しかし、観光の後にもスケジュールが詰まっているため
じっくり観光してのんびりショッピング~
というわけにはなかなかいきません。

 

同好会トレセンとして来ているのであくまでサッカーがメインです!!

 

 

上の日程を見ると休憩が多くてそこまでキツそうには見えませんが、
飛行機での移動に15時間以上かかるなど、思っている以上に体には応えます。

 

数回集まっただけの即席チームですが、
キツイことがあるからこそチームで一致団結し、絆が生まれてくるものです!!

 

それもまた同好会トレセンの良いところ!!

 

 

そしてもう一つ同好会トレセンの特出すべきポイントは、
ユーロプラスインターナショナルから優秀なスタッフ指導者としてついていただけるということです!!

 

普段は指導者がいない中で質の高いトレーニングがなかなかできない。
自分のサークルよりももっと高いモチベーションを持った選手とサッカーがしたい。
もっとレベルの高い環境で自分の可能性を試したい。

 

そんな思いを持った選手にとってこれ以上恵まれた環境はないと思います!!

 

 

来年度で5回目を迎える同好会トレセン。
今年参加するか迷った人、活動自体を知らなかった人。
はたまた、活動は知っていたけどその時は変な意地を張って応募しなかった人。

 

様々な人がいると思いますが、
この記事を読んで少しでも興味を持っていただけたのであれば

 

来年7月の説明会に足を運んでみてください!
きっとそこにはワクワクするような環境が待っているはずです!!

 

2016年度の関東同好会トレセンに参加した選手のコメントはこちら

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.16

【BMOM12】菰原 大喜(2年)が途中出場で決勝点を挙げる大活躍

ウルトラマン 菰原 早稲田大学HUMAN.F.Cは第6節、立教大学サッカー愛好会と対戦した。結果は2-1で早稲田HUMANが勝利した。試合は前半開始早々から1点ずつ奪い合い、1-1で迎えた後半23分…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.12

【新関東FL2部B第6節】マッチプレビュー

  1位 早稲田大学 FC.GUSTA 第4節まで無傷の4連勝を飾り、失点もオウンゴールのみの1点と首位を独走していた早稲田大学FC.GUSTA。5節の法政工体連戦、前半9分…

read more 古平 翔太
コラム 2016.12.01

【BMOM17】八木俊輔(1年) 新生TRIOSの守護神が三ツ葉の猛攻を完封

謙虚なニュースターの誕生   関西同好会リーグ最終節、同志社大学三ツ葉キッカーズと関西大学TRIOSとの一戦。春の王者TRIOSには負けられない意地があった。押される場面も少なくない…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.21

【東洋大学学内戦決勝】フォトギャラリー

東洋大学を制したF.C.FLITT、アットホームカップ本大会にも期待したい。   圧倒的な存在感で決勝のマンオブザマッチに輝いた矢部(3年=埼玉栄) &nb…

read more 大塚朝史
コラム 2016.12.06

【BMOM19】岩間稜(1年) 同点ゴールにつながるファール獲得など、途中出場で流れを変える

ジョーカー岩間 明治生田9年振りの新関東FL1部昇格を引き寄せたのは、期待のニュースター岩間稜(1年=座間)であった。リーグ戦を通して、チームのジョーカー的な存在を担い幾度となく流れを変えてきた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.01

【BMOM51】磯島悠太(2年=真岡) ピッチを駆け回るHUMANのチャンスメーカー

早稲田大学HUMAN FC(以下:ヒューマン)は新関東カップ2017の3回戦で明治大学BeeVooと対戦し、6-1の快勝を見せた。ヒューマンの豊富なタレント、特にこの日ハットトリックを見せた藤林(3年…

read more 澤田結人
コラム 2019.04.02

【新歓記事2019 vol.9 法政大学】

  今回は第7弾!法政大学について紹介していきます! 法政大学生必見です! 法政大学 学団連サッカー部 ・大学・チーム名 法政大学 学団連サッカー部 …

read more 小川雄矢
コラム 2018.06.30

【BMOM101】小川潤之助(3年=杉並FC)同好会カテゴリーNo.1キーパー!?

6月30日、中央大学フースバルクラブ(:以下 中央フースバル)と日本大学法学部サッカー部(:以下日法サッカー部)が決勝への駒をかけて鹿島ハイツにて対決が行われた。 先に日法サッカー部8番(名前)…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.04.20

【新歓記事2018 vol.10】成蹊大学・東京理科大学の紹介

成蹊大学 アースエラスティックサッカー ・自分達のサークルを一文で表すなら 常笑軍団 ・大学、チーム名 成蹊大学 アースエラスティックサッカー ・活動地域 吉祥寺 ・設立…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.06

【BMOM71】途中交代ながら持ってる男野々村大輝(2年=東久留米)の一振りで試合を決める!!

先日行われたアットホームカッププレーオフ決勝で日本大学教育サッカーBAMBINO(以下バンビ)は格上である中央大学サッカー同好会(以下サカ同)に対して1-0で劇的な勝利を収めた。 その立…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-