【同好会基礎情報Vol.5】スペイン遠征に行っていた同好会トレセンって何だろう?自分たちでも参加できるの!?

BeYonD 編集部

先日のクラブワールドカップでレアルマドリードが日本に凱旋していた頃、日本からもスペインへ渡り、サッカーをしてきた同好会カテゴリの選手達がいます。

 

それが同好会トレセンです!!
関東と関西を拠点にして国内での活動を行い12月にスペインで行われる国際大会へ参加してきました。

 

スポーツマネジメントのTwitterやFacebookで同好会トレセンをチラッとでも見たことがある人は多いのではないでしょうか。

 

そんな同好会トレセンの詳しい活動や意義について紹介していきます!

 

 

まずは、関東同好会トレセンを担当していただいたスポーツマネジメントの近藤さん(以下敬称略)にお話を伺いました!

 

なぜ同好会選抜という呼び方ではなく、同好会トレセンなのですか?
近藤「同好会カテゴリの価値向上、環境向上に繋がるような取り組みをしたかった。ただ単純にうまい選手を集める単発の活動ではなく、上手くなくても上手くなることにモチベーションがあり、サッカーが好きな選手を集め、定期的に集まり活動(練習、試合)をする事で個人、所属するチームにも良い影響を与え、同好会全体が活性化していくことを願っています。」

 

なるほど。そのような思いが込められていたのですね!
ただ単に上手い選手の集まりではなく、向上心のあるサッカーが好きな選手を集める。

 

素晴らしいです!!

 

自分も参加したい!と思ったら誰でも応募することができるわけですね!!

 

次に、同好会トレセンの意義について教えてください。
近藤「他のチームの選手との新しい繋がり、同好会でサッカーをやっていると普段はいない指導者からの指導、普段は試合を出来ない体育会や社会人チームとの試合をする非日常。海外に少しでも出て、海外を経験する事で、人生の経験値を高め、大きな人間へと成長してほしいと思っています」

 

ここまで大学生のことを考えてくれているのですね。もう頭が上がりません!!

 

 

続いては、同好会トレセンの年間スケジュールについて私の方から説明させていただきます!

 

国内での活動は初回の説明会を含めて全部で8回!

7月  ①説明会、②トレーニング
8月  ③トレーニング
9月  ④大学体育会、社会人チームとの練習試合
10月 ⑤トレーニング、⑥大学体育会、社会人チームとの練習試合
11月 ⑦トレーニング、⑧大学体育会、社会人チームとの練習試合

 

国内での活動を通してスペイン遠征に参加するメンバーを選考し、ついに12月。
選ばれたメンバーでいざスペインへ!!

 

気になるスペイン遠征のスケジュールはこちら!

img_7730

 

関東は40分ハーフの公式戦を3試合!
25分ハーフの練習試合を一本行いました。

 

サッカー以外の楽しみとしては、
レアルマドリードのホームスタジアムツアーとマドリード市内観光の2つ!

img_7736

 

なんとあのレアルマドリードの公式にTwitterに関東同好会トレセンの選手が!!

 

img_7739

 

しかし、観光の後にもスケジュールが詰まっているため
じっくり観光してのんびりショッピング~
というわけにはなかなかいきません。

 

同好会トレセンとして来ているのであくまでサッカーがメインです!!

 

 

上の日程を見ると休憩が多くてそこまでキツそうには見えませんが、
飛行機での移動に15時間以上かかるなど、思っている以上に体には応えます。

 

数回集まっただけの即席チームですが、
キツイことがあるからこそチームで一致団結し、絆が生まれてくるものです!!

 

それもまた同好会トレセンの良いところ!!

 

 

そしてもう一つ同好会トレセンの特出すべきポイントは、
ユーロプラスインターナショナルから優秀なスタッフ指導者としてついていただけるということです!!

 

普段は指導者がいない中で質の高いトレーニングがなかなかできない。
自分のサークルよりももっと高いモチベーションを持った選手とサッカーがしたい。
もっとレベルの高い環境で自分の可能性を試したい。

 

そんな思いを持った選手にとってこれ以上恵まれた環境はないと思います!!

 

 

来年度で5回目を迎える同好会トレセン。
今年参加するか迷った人、活動自体を知らなかった人。
はたまた、活動は知っていたけどその時は変な意地を張って応募しなかった人。

 

様々な人がいると思いますが、
この記事を読んで少しでも興味を持っていただけたのであれば

 

来年7月の説明会に足を運んでみてください!
きっとそこにはワクワクするような環境が待っているはずです!!

 

2016年度の関東同好会トレセンに参加した選手のコメントはこちら

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.03.29

【BMOM32】蓮池壮(2年=錦城)”リコタイのレジスタ”が推進力抜群の攻撃陣のタクトを振る

【BMOM32】慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 蓮池壮(2年=錦城)     3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、FC.ESPALDの組織的な守…

read more 古平 翔太
コラム 2017.06.01

【BMOM53】武田海青(1年=東久留米)縦横無尽にピッチを駆け巡るバンビのダイナモ!

新関東カップ2017三回戦日本大学教育学部サッカー部BAMBINO(以下バンビ)と明治大学ESPERANZA(以下エスぺ)との試合はバンビが5-0の快勝で幕を閉じたが圧倒的な存在感でピッチを駆け巡って…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.19

新チーム始動インタビュー第3弾”明治大学Groovykids 竹井伸吾”

昨年度、高い技術を備えたタレント達が躍動し、新関東カップベスト4、明大カップ準優勝や新関東リーグ2位と好成績を収めた明治大学Groovykids。そのタレント軍団を率いた澤井(3年=ジェフ千葉Y)に代…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.18

【新人戦1年生大会①】総集編

【優勝】 中央大学体同連フースバルクラブA 【総評】 2月7・8日に行われた新人戦1年生①は中央大学フースバル同士の決勝戦となり、圧倒的な層の厚さを見せつけ"フースバルの大会…

read more 古平 翔太
コラム 2016.12.21

【美女マネ特集vol.9】第9回はシリーズ史上初となるユニオンリーグに所属するあのチームのマネ!

  こんにちは!   審判の言うことは~??     ぜった~~い!!   でおなじみの美女マネ特集で…

read more 上野澄人
コラム 2017.07.21

【H.I.S.主催ドルトムント選手交流会&マーケティングセミナー】愛されるクラブになるためには?同好会運営へのヒントがここにある!

2017年7月、香川真司選手も所属するブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムントは2年ぶりとなる日本ツアーを行いました。 ドルトムントのツアーパートナーとして旅行代理店のH.I.S.が契約を結び今回…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.11

【美女マネ特集vol.12】第12回の今回はユニオンリーグに所属し、今年で44期を迎えるワールドなあのチームのマネ!

  こんにちは!   新年も最高のスタートを切った美女マネです!   いや~それにしても青森田中、あ、、青森山田強かったですね~!! …

read more 上野澄人
コラム 2017.10.28

【新関東リーグ2017・1部第3節】連勝中の2チームが敗れ3冠をかけた覇者が僅差で首位へ踊り出る!1部全4試合をハイライト!

爽やかな秋の空模様の中、新関東リーグ1部第3節が行われた。 早稲田稲穂 - 明治体同連 1試合目はマガハイ優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と同大会準優勝の明治大学体同連サ…

read more 斉藤 耕兵
コラム 2017.06.25

【BMOM65】米澤直也(3年=早稲田実業) 稲穂が誇る超強力サイドバックが得意のインターセプトから決勝ゴールをお膳立て!!

6月24日、新関東カップ2017の決勝戦が埼玉スタジアム第4グラウンドにて行われた。 新関東カップ3連覇を目指す早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は、明治大学Groovy kids(以下グルービ…

read more 遠藤拓朗
コラム 2016.11.15

【BMOM9】 MF大石元気(2年)がチームを残留に導く決勝点

多摩の暴れ馬   中央大学フースバルクラブは第6節に、明治大学体同連サッカー部と対戦し、1-0で勝利した。5位と低迷していたチームを救ったのが、左SH38番の大石 元気(2年=藤枝東…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-