【早稲田大学学内戦2019決勝】因縁の早稲田二大対決!稲穂が3期ぶりの優勝か?グスタの初優勝か⁈注目の激戦!

成瀬将希

RESULTS

早稲田大学学内戦2019決勝

早稲田大学
稲穂キッカーズ
0-0
早稲田大学
FC.GUSTA
12 PK 13

2019年2月18日清瀬内山グランドにて早稲田大学学内戦決勝が行われた。
対戦カードは2011年度、2016年度の早稲田大学チャンピオン、日本一など数々のタイトルを幾度となく取ってきた王者稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と初優勝を狙う早稲田大学GUSTA(以下:グスタ)の組み合わせ。

王者稲穂は去年学内戦王者を落としており今年にかける思いは相当ものがある。また、昨年の新関東リーグでグスタに負けたリベンジを果たしたいところだ。
対するグスタも今年は粒揃いとも言われており、非常に白熱した展開が予想された。

 

849d1268-2138-41cf-bdf6-e161a1ac7845

稲穂スターティングメンバー

7df18656-1d87-4148-b356-b4e7098cda71

 

グスタスターティングメンバー

 

前半

少し肌寒い天候のまま試合はスタート。
ロングボールで前線に当て組み立てる稲穂のサッカーと中盤での繋ぎを重視するグスタのサッカー。
対照的な2チームはお互いの形を探り合いながらの立ち上がりとなる。

最初に形が見え始めたのはグスタ。22番宮沢(2年=桐朋)のキープによるタメが徐々にグスタの中盤の繋ぎを活性化させる。
また両サイドハーフが積極的に中にカットイン。
ペナルティエリア付近で人数をかけることによって多彩な攻撃を展開する。

初シュートは15分。グスタ宮沢が自分で持ち込みミドルシュート。これは枠を外してしまう。

22分にも宮沢が右サイドから切り込んでのシュート。
これもゴールにはならず。しかしグスタがゴールへの形を見せ始める。

しかし王者稲穂も黙ってはいない。
24分、稲穂に決定機が訪れる。
左サイドの崩しからのグランダーのクロスにうまくマークを外したエース10番中島(2年=早稲田本庄)が反応。
低く丁寧に打ち込んだグランダーのシュートは惜しくもDFにあたりポスト左横をそれる。

試合はこのまま膠着状態に。
中盤での繋ぎを 重要視するグスタに対し稲穂は激しいプレッシングにより前を向かせない。

グスタも稲穂のDFラインからのロングフィードに対して22番宮沢を中心に前線から激しいプレス。
簡単にロングフィードを蹴らせない。
両チーム緊迫した試合展開のまま前半は終了する。

後半

スコアは0-0のまま後半はスタート。
開始早々5分、稲穂20番豊田(1年=幕張総合)のミドルシュート。

1分後の6分にはグスタ14番三橋(2年=久我山)がミドルシュート。
グスタが左サイド三橋を起点とした崩しを見せ始める。

後半10分を超えてからはグスタペース。
7番関(2年=浦和レッズユース)が中盤でのセカンドボールを確実に拾い攻撃に転じる場面が多く見られた。

また前半からのミドルシュートが効いてきたのかやや稲穂のDFラインが下がり、そこの中盤のスペースを上手くグスタがついていく。
しかし稲穂GK1番松山(1年=早稲田本庄)が広すぎる守備範囲でラストパスやスルーパスをことごとくカット。
グスタの前線に最後の最後で仕事をさせない。

15分には稲穂10番中島のミドルシュート。これは枠を捉えられない。
両チームとも選手間でのコミニケーションも多く意思疎通が図られていた。
しかし最後の最後までがうまくいかないといった印象。

稲穂は早々に3枚の交代カードを消費。
よりリフレッシュな選手の投入を図る。誰が出ても戦える。こういったところも稲穂の強さの秘訣なのかもしれない。

試合はこのまま動かず0-0のまま試合終了。

早稲田大学学内戦決勝はpkへともつれ込む。

 

PK戦

稲穂       ○ ○ × ○ × ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ×

グスタ   ○ ○ ○ × × ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

注目のpk戦はお互い気持ちの入った激闘に。

キッカーは13人目まで及びサドンデスでの決着となった。
準決勝でもストップをしているグスタ1番重松(2年=大森FC)がまたもやスーパーセーブ。
pkスコア13-12でグスタが早稲田大学学内戦で初の優勝に輝いた。

グスタにとっては初めての優勝。
歓喜の中涙を流すグスタイレブンと悔しさで涙を流す稲穂イレブン。
それぞれ学内の中でのトップを争うチームのレベルや意識が高ければ高いほど勝った後の喜びも負けた後の悔しさも大きなものがある。
涙を流せるほどにこの試合にかけてきた両チームは素晴らしいチームだと言える。
これからのグスタのさらなるタイトル獲得、そして稲穂の王座奪還には注目していきたい。

 

2bf31617-cc0d-4a90-9427-4b6e2120a409

 

 

 

早稲田大学
稲穂キッカーズの詳細を見る
早稲田大学
FC.GUSTAの詳細を見る

Written by

成瀬将希

naruse

Keywords

Recommend

試合情報 2017.09.23

【ユニオンリーグカップ戦2017決勝】三連覇を狙う早稲田水曜サッカー会と準決勝で強豪を倒し勢いにのる早稲田CHUTARが激突!

ユニオンリーグカップ戦2017決勝

早稲田大学
水曜サッカー会
2-1
早稲田大学
CHUTAR
read more 大塚朝史

ユニオンリーグカップ戦2017決勝

早稲田大学
水曜サッカー会
2-1
早稲田大学
CHUTAR
試合情報 2017.02.23

【早稲田大学学内戦決勝】終了間際に早稲田理工に追いつかれるも、いい雰囲気を保ち続けたHUMANがPK戦を制し、激戦区の早稲田を統一!

早稲田大学学内戦決勝戦

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-2
早稲田大学
理工サッカー部
read more 古平 翔太

早稲田大学学内戦決勝戦

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-2
早稲田大学
理工サッカー部
試合情報 2017.02.09

【新人戦1年生大会①・決勝戦】中大フースバル同士の対決は、中村の強烈な一撃で幕を閉じる

新人戦1年生大会①・決勝戦

中央大学
体同連フースバルクラブA
1-0
中央大学
体同連フースバルクラブB
read more BeYonD 編集部

新人戦1年生大会①・決勝戦

中央大学
体同連フースバルクラブA
1-0
中央大学
体同連フースバルクラブB
試合情報 2018.06.13

【新関東カップ2018準々決勝】怒涛の新関東1部崩し!!日大法学部が実力の高さを見せつけ青山理工を下す!!

新関東カップ2018

青山学院大学
理工サッカー部
1-4
日本大学
法学部サッカー部
read more 古平 翔太

新関東カップ2018

青山学院大学
理工サッカー部
1-4
日本大学
法学部サッカー部
試合情報 2016.11.18

【関西同好会リーグ1部第6節】関西TRIOSが優勝へ望みをつなぐ

関西同好会リーグ1部第6節

関西大学
FC. TRIOS
2-0
京都大学
青城サッカークラブ
read more BeYonD 編集部

関西同好会リーグ1部第6節

関西大学
FC. TRIOS
2-0
京都大学
青城サッカークラブ
試合情報 2018.09.15

【マガジン杯2018 決勝】5日間に渡る激闘を制したのは一体どのチームか!?

マガジン杯2018

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
0-2
立教大学
サッカー愛好会
read more 遠藤瞭介

マガジン杯2018

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
0-2
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2018.10.22

【新関東リーグ2018 1部 第3節 】 今期マガ杯王者vs今年度 at home cup ベスト4の注目の激戦!

新関東リーグ

立教大学
サッカー愛好会
1-0
慶應義塾大学
キッカーズフットボールクラブ
read more 成瀬将希

新関東リーグ

立教大学
サッカー愛好会
1-0
慶應義塾大学
キッカーズフットボールクラブ
試合情報 2016.10.21

【関東同好会トレセン】体育会相手に先制するも逆転負け。リーダー不在が課題か

関東同好会トレセン2016強化試合

関東同好会トレセン
1-3
東京国際大学
体育会サッカー部
read more 斉藤 耕兵

関東同好会トレセン2016強化試合

関東同好会トレセン
1-3
東京国際大学
体育会サッカー部
試合情報 2019.06.09

【新関東カップ2019・準々決勝】激戦必須!勢いに乗るチーム同士の対決を制したのは?

新関東カップ2019

青山学院大学
理工サッカー部
2-1
法政大学
工体連サッカー部
read more 丸山椋大

新関東カップ2019

青山学院大学
理工サッカー部
2-1
法政大学
工体連サッカー部
試合情報 2018.10.31

【新関東リーグ2018 1部・第4節】勝ち点2差の天王山!果たして首位は入れ替わるのか?

新関東リーグ2018 1部 第4節

中央大学
体同連フースバルクラブ
0-0
早稲田大学
FC.GUSTA
read more 小川雄矢

新関東リーグ2018 1部 第4節

中央大学
体同連フースバルクラブ
0-0
早稲田大学
FC.GUSTA

-PICKUP CIRCLE-