【新入生特集】ラグビー花園経験者がサッカーサークルに入った理由とは

柴田尋生

こんにちは。BeYonD編集部です!!

梅雨が明け、ますます暑さが増してくる季節かと思いますが体調を崩さず過ごせているでしょうか。そんな時期ですが、大学一年生にとってはやっとサークルに慣れてくる時期だと思います。サークルを選ぶ理由は人様々であり、中には高校時代は違うスポーツをしていた人も多いと思います。

そこで今回は

秦涼太(1年生)

・早稲田大学HUMAN.F.C (以下:HUMAN)

・近代和歌山高校

高校時代に副キャプテンとしてラグビー花園経験がある彼に色々インタビューしていきたいと思います!!
インタビューに合わせて当時のユニフォームを着てきてくれました笑

 

ラグビーとの出会いは高校

-それでは早速インタビューしていきたいと思います。まずラグビーはいつ頃から始めたのでしょうか?

 

はい。ラグビーは高校一年生の冬から始めました。それまでは幼稚園の頃からラグビーを始める高校一年生の冬までサッカーをしていました。近代和歌山のラグビー部に入る前は、近代和歌山のサッカー部に入ってました。

 


-なるほど!元々はサッカー部だったんですね!長い間サッカーをやっていたと思うんだけど、なぜサッカーからラグビーへと競技を移したのか聞いても大丈夫ですか。

 

はい。大きく二つ理由があるのですが1番のきっかけは怪我をしてしまったことです。又関節の怪我で全治半年かかると聞き、モチベを無くしてしまったのが大きいです。もう一つは当時のチームの雰囲気があまり良くなく、監督とも合わなかったからです。サッカー部をやめて何か部活をしたくて探しているときにラグビー部の監督に誘っていただいて入部しました。

 

-監督やチームの雰囲気はやっぱり合う合わないがあるから難しいよね。高校の途中から始めたということなんだけど、花園では副キャプテンだったんだよね。急な抜擢だったと思うんだけどそれはどうしてだったんですか?

 

15人制ラグビーで副キャプテンになる前に7人制ラグビーでも全国に出たのですがそこでキャプテンをやらせて頂いたのがきっかけです。そこでキャプテンになったきっかけは自分がラグビーに対して消極的になっていたのを監督が解消するためだったそうです。7人制でのキャプテンの仕事を評価して頂いてそのまま副キャプテンに就かせていただきました。

 

HUMANに入ったのは「もう一度サッカーがやりたかったから」

-ラグビーでもサッカーでも、高いレベルでの経験があったということなんですね。それでは今回の本題なのですが、なぜ大学ではラグビーではなくサッカーを選んだのでしょうか?

 

1番はやっぱりサッカーが好きだからです!!幼少期からやってたのもあってやっぱりサッカーをもう一度やりたい気持ちが強かったです。だから大学に入る前からサッカーをやろうと決めていました。もう一つはぶっちゃけ、ラグビーに燃え尽きちゃったからです笑体育会に入るのはいいかなって思ったのもあるし、ラグビーはサークル界があまり盛り上がってないっていうのも一つの要因だったと思います。

 

-最初からサッカーをやろうとして大学に入ったんですね。じゃあ、サッカーサークルの中からHUMANを選んだと思うんだけど、決め手は何だったんですか?

 

遊びもサッカーも全力なサークルっていう点に惹かれました。せっかくサークルに入ったから遊びたいけどサッカーもガチでやりたい、そんな自分の理想にぴったりだったからです。あとは、上下関係がないというのがよかったです。新歓期からたくさん話しかけてきてくれたので馴染みやすかったです。

 

-自分の理想の大学生活がおくれる場だったんですね。高校までは全国に出場するほど本気で部活に取り組んでたと思うんだけど、率直に元々サークルに対するイメージはどんな感じでしたか?

 

最初は緩く、楽しく、適当にって感じです。そもそも大会すらないと思ってました笑遊びとか飲みとかがメインだと思ってたから最初練習に行った時は驚きました。

 

サークルの魅力は「練習が楽しい」「種目の壁を越えられる」こと

-確かに部活生はよく抱くイメージですね笑いざサークルに入ってみて感じたギャップとか心境の変化はありましたか。

 

一番は練習が楽しいこと!!自分達で練習メニューを組むし、レベルが高い環境で真剣にやってるにもかかわらずみんな優しい!高校の時はミスした時に怒られたりするから伸び伸びプレーできなかったけど、サークルではみんな楽しそうにサッカーしていると思いました。

 

-サークルは監督もいないから主体的に楽しめるところがいいよね!!ラグビーからサッカーに戻ってきたと思うんだけど、種目の壁というか、難しい部分はありましたか?

 

みんなより歴が短くなるから技術とか戦略で足りない部分はあったと思います。でもHUMANのみんなはサッカーのうまさ関係なくみんな仲がいいところがいいですね。あと、ラグビーをやってたからこそのメリットもありました!一番はフィジカルかな。サッカーではほとんど当たり負けすることは無くなりましたね笑たまに間違えてタックルしそうになっちゃいますけど、、笑

 

-確かに当たり負けしているところは見たことないなー笑いろんなレベルの人がいて全員楽しめるのはサークルの最大の魅力だよね。最後にそんなサークルでの目標を教えてください!!

 

ラグビーでは全国を経験したけどサッカーではまだできてないから、全国大会に出たいです!そして、ラグビーでは無理だった全国制覇ができたらなあって思ってます!

 

種目の壁を乗り越えて再びサッカーを楽しんでいるのが印象的な秦涼太さんへのインタビューでした。まだまだ始まったばかりの大学生活、是非とも花のあるものにしてほしいと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、高校時代にラグビー花園を経験し、今はサッカーサークルという舞台に活躍の場を移した秦涼太さんにインタビューをしました。サークルの魅力は皆様に伝わったでしょうか?

 

この記事を読んだ人の中で高校時代には別のスポーツをやっていた人も、運動部に所属したことがない人も是非一度「サッカーサークル」に一度足を運んでみてはどうでしょうか?

Written by

柴田尋生

shibatahirooki

Keywords

Recommend

コラム 2017.08.16

【BMOM70】 抜群の推進力と身体の強さを活かし、矢部晃太(3年=埼玉栄)がFC FLITTを東洋大学頂点に導く2発!!

先日大雨の中行われた東洋大学 F.C. FLITT(以下FLITT)と東洋大学 就活してboys(以下就活)による東洋大学学内戦決勝は、打ち合いの接戦となった。 天候のせいか、試合は互いにロングボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.26

【BMOM100】梶原大和(2年=都立狛江)記念すべき100回目を飾ったのは、”強くて走れる”早稲田稲穂の長身フォワード!!

2016年11月に行われたアットホームカップ関東大会決勝で初めて執筆されたBMOMも、今回で100回目を迎えた。記念すべきビヨンド初のBMOMは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の"いぶし銀…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.16

【BMOM105】安東尚宏(3年=國學院久我山)創立初の稲穂狩り!帰ってきたスーパーエースが歴史的勝利の立役者!

新関東リーグ2018の1部第1節、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)の試合が鹿島ハイツで行われた。 新関東リーグ3連覇を果たすため、初戦は絶対に落…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.18

【BMOM77】三好駿(2年=福島東)ラスト10分の攻防、鍵を握るのはこの男!

新関東リーグ2017の1部第3節、明治大学体同連サッカー部(以下体同連)と早稲田大学F.C.GUSTA(以下GUSTA)の試合がZOZOパークで行われた。 初戦ということで、両チーム気合が入っていた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.09.08

3年ぶりの開催!マガジン杯直前記事

9/9~13までの5日間、長野県上田市菅原高原にて第40回サッカーマガジンカップ オープン大会2022、通称マガジン杯・マガ杯が開催される。 新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となる今大会。全…

read more 遠藤瞭介
コラム 2017.04.17

【プレからの想い Vol.1】”マネは一番のサポーター”

○○くんありがとう。○○くんありがとう。 あ〜、サークルに入って良かった!! どうも、協力的な仕事ぶり、充実したサークル生活、BeYonDです!笑 さて、おふざけはこの辺にして本題に入りましょう…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.07

【チームの根vol.6】”敏腕会計士” 立教大学サッカー愛好会 岩佐 顕三郎(4年=広島なぎさ)

立教大学の雄として、実力、そして周りが羨むほどの雰囲気を兼ね備える立教大サッカー愛好会(以下、立愛)。 今回は、立愛を会計長と言う一見地味な役職、マガジン杯の"Dキャプテン"としてチームを支えた男に…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.03

【BMOM130】石井 諒太郎(三年=日大習志野)チームの愛され大バカ者が値千金の先制点!

2019年5月25日新関東カップ第3回戦が行われた。カードは立教愛好会(以下:立愛)vs早稲田大学HUMAN.FC(以下:ヒューマン)。ヒューマンは2戦目、立愛はシードもありこの試合がチームとしては初…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.24

【BMOM27】藤林拓哉(2年=比叡山) とにかく明るい藤林が圧倒的な活躍でHUMAN F.Cを早稲田の頂点に導く

早稲田大学学内戦決勝戦では、圧倒的な得点力で勝ち上がってきたHUMAN F.Cと、優勝候補である稲穂キッカーズを準決勝で倒した早稲田理工サッカー部が相見えた。   この決勝戦でも…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.07

【同好会基礎情報Vol. 3】秀才揃い?!理工系リーグとは?

  大学サッカー同好会カテゴリーの様々な大会・イベントなどについて解説する連載企画。   今回の第3弾では、こちらも最近よく聞くようになった「理工系リーグ」につい…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-