【新関東リーグ2022・2部B・第7節】ついに迎えた最終節。笑顔で締めくくるのはMAPLEか、工体連か。

野口日向

RESULTS

新関東リーグ2022・2部B・第7節

中央大学
MAPLE
2-5
法政大学
工体連サッカー部

11/27(日)、矢田部サッカー場にて新関東リーグ第7節が行われた。気が付けば新関東リーグも最終節。
対戦カードは中央大学MAPLE(以下:中央MAPLE)と法政大学工体連サッカー部(以下:法政工体連)。
この試合が3年生にとっての引退試合となる両チームは引退に勝利で花を添えたい
今季この2チームは理工系リーグ、カップやアットホームカップなどで幾度となく接戦を繰り広げている。

そんな両チームのスタメンは以下。

(中大MAPLEスタメン)

(法政工体連スタメン)

前半

中央MAPLEのキックオフで試合開始。
ボールをつなぎビルドアップから攻撃を組み立てる法政工体連。対して、中央MAPLEは運動量を上げつつ前からのプレスとセカンドボールの回収で自分たちの時間を作っていく。

前半6分、さっそく試合が動く。中央MAPLEの右サイドからの攻撃に対する法政工体連のクリアボールをダイレクトで裏にボールを送ると、抜け出した中央MAPLE13番岡田佳也佳(1年=熊谷)がゴール前へクロスを送る。このクロスに飛び込みボールに合わせたのはMAPLE7番渡邉真之介(3年=桜が丘)。これが決まり、中央MAPLEが先制点を挙げる。応援に駆け付けたたくさんのマネージャーたちと共に喜びを爆発させる。

先制点を機に中央MAPLEが主導権をにぎるかと思われたが、法政工体連はペースを乱さずに工体連らしさを見せる。
3-5-2のフォーメーションの法政工体連はウイングバックをうまく使い、幅を持ってボールを回しながら中央MAPLE陣地へとじわじわと攻め入っていく。中央MAPLEもボールを奪取すると素早いカウンターでシュートまでもっていくシーンも見られたが、お互い決めきれない展開が続く。

試合が動いたのは前半25分。ペナルティアーク付近でCBからの楔のパスを受けた法政工体連58番小林俊介(2年=拓殖一)が個人技でボールを左サイドへ持ち出し、カットインからのシュートを放つ。これがゴール右隅へと吸い込まれ、法政工体連は同点に追いつく。こちらも応援に駆け付けたマネージャーやベンチメンバーとともに喜びを爆発させた。

 

勝ち越しゴールを挙げるのはどちらか。前半さらに試合が動く。
終了間際の前半35分、中央MAPLE陣地の右サイドでボールを保持していた法政工体連はアーリークロスを上げる。
このクロスのこぼれ球を拾った法政工体連22番藤好康介(3年=法政二)がゴール右上へとシュートを突き刺し、前半のうちに逆転に成功する。
このゴールの直後、前半が終了。

 

法政工体連ボールで後半がスタート。
追加点で勝利に近づきたい法政工体連は得意のポゼッションをさらに見せつける。勝利へ向けまず1点が欲しい中央MAPLEだが、なかなかボールを奪いきれず苦しい展開が続く。

応援の声が響く両チームベンチ。歓声にこたえたいピッチのプレーヤー。
法政工体連がこの歓声にこたえる。

後半10分、法政工体連のコーナーキックのチャンス。法政工体連64番二上利弘(2年=駒場)がニアで頭で後ろにそらすとこぼれたボールを51番青木銀志朗(3年=朋友学園)が冷静に流し込みゴールイン。法政工体連がリードを広げる。

さらに後半20分、法政工体連15番菅原都月(3年=法政二)が右サイドからドリブルで中央に切り込むと、中央MAPLE最終ラインの裏へとボールを送る。抜け出したのは13番相沢敬心(3年=真岡)。キーパーとの一対一を冷静に制し、追加点を決める。スコアは4-1。中央MAPLEを突き放す。

まずは1点を返したい中央MAPLEは後半24分、コーナーキックからゴール前で混戦になったところを41番田村航希(3年=桐光学院)が押し込み1点を返す。
勢いに乗り同点に追いつきたい中央MAPLEだが、疲れもあるのか法政工体連のポゼッションを前に自分たちのペースに持っていくことができない。

後半32分、フリーキックを獲得した工体連のチャンス。22番藤好のキックに15番菅原が頭で折り返すと、78番粂谷広海(2年=戸塚)が押し込み追加点。試合を決定づける1点を決める。

中央MAPLEも最後まで走り続けるが、ここで試合は終了。
終わってみれば法政工体連が5得点の大勝となった。

新関東リーグはこれで終了。法政工体連は4勝3敗の4位。中央MAPLEは1勝2分4敗の6位という結果に終わった。
以上の結果から両チーム来年も2部の舞台で戦うことが決まった。新チームになる今後の動向に注目だ。

 

 

 

中央大学
MAPLEの詳細を見る
法政大学
工体連サッカー部の詳細を見る

Written by

野口日向

noguchihinata

Keywords

Recommend

試合情報 2018.07.04

【LEGRO FUTSAL LEAGUE2018 powered by R.Project 開幕節】第2試合目は、壮絶なシーソーゲームに!!

LEGRO FUTSAL LEAGUE2018 第1節

明治大学体同連フットサル部 GOONY
6-5
明治学院大学フットサル部 SAjugaria
read more BeYonD 編集部

LEGRO FUTSAL LEAGUE2018 第1節

明治大学体同連フットサル部 GOONY
6-5
明治学院大学フットサル部 SAjugaria
試合情報 2016.11.12

【新関東1部第6節】絶好調のHUMANが競り勝つ

新関東1部第6節

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-1
立教大学
サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

新関東1部第6節

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-1
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2017.10.23

【新関東リーグ2017・1部第2節】試合巧者立愛が強豪フースバルを4得点で下す!!

新関東リーグ2017・1部第2節

立教大学
サッカー愛好会
4-2
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more 高橋佑輔

新関東リーグ2017・1部第2節

立教大学
サッカー愛好会
4-2
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2017.04.29

【新関東カップ2017 1回戦】最後はキーパーの独壇場で理科大Ⅱ部がPK戦を制す!

新関東カップ2017 1回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
0-0
千葉大学
サッカー同好会
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 1回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
0-0
千葉大学
サッカー同好会
試合情報 2018.05.21

【新関東カップ2018 3回戦】圧巻の逆転劇!中央同好会が後半の2得点で1部の明治生田を下す!

新関東カップ2018 3回戦

中央大学
サッカー同好会
2-1
明治大学
生田サッカー部蹴友会
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2018 3回戦

中央大学
サッカー同好会
2-1
明治大学
生田サッカー部蹴友会
試合情報 2019.07.10

【新関東カップ2019 決勝】七夕の決勝戦を制したのは立教愛好会!

新関東カップ2019 決勝

青山学院大学
理工サッカー部
0-1
立教大学
サッカー愛好会
read more 遠藤瞭介

新関東カップ2019 決勝

青山学院大学
理工サッカー部
0-1
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2023.10.10

【新関東理工系カップ2023】優勝はどちらの手に⁉東京電機大サッカー部と青山学院理工サッカー部が激突!

新関東理工系カップ2023決勝

s__4554806
3-0
青山学院大学
理工サッカー部
read more 山田大晴

新関東理工系カップ2023決勝

s__4554806
3-0
青山学院大学
理工サッカー部
試合情報 2021.11.10

【新関東リーグ2021・1部第5節】念願の勝ち点3を立愛が獲得!!

新関東リーグ1部・第5節

立教大学
サッカー愛好会
2-1
明治大学
生田サッカー部蹴友会
read more 大田智輝

新関東リーグ1部・第5節

立教大学
サッカー愛好会
2-1
明治大学
生田サッカー部蹴友会
試合情報 2019.02.19

【上智大学学内戦2019決勝】FUN-ta-SISTERが圧巻の6発で3連覇達成!

上智大学学内戦決勝

上智大学
FUN-ta-SISTER
6-0
上智大学
ゴキマルズF.C.
read more BeYonD 編集部

上智大学学内戦決勝

上智大学
FUN-ta-SISTER
6-0
上智大学
ゴキマルズF.C.
試合情報 2018.07.01

【LEGRO FUTSAL LEAGUE2018 powered by R.Project 開幕節】ついにLEGRO FUTSAL LEAGUE2018開幕!!第1試合は強豪と新興勢力のぶつかり合い!

LEGRO FUTSAL LEAGUE2018 第1節

東京大学 FITTY626
3-1
東京工業大学 Tokyo Tech
read more BeYonD 編集部

LEGRO FUTSAL LEAGUE2018 第1節

東京大学 FITTY626
3-1
東京工業大学 Tokyo Tech

-PICKUP CIRCLE-