【新人戦1年生大会①】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

BeYonD 編集部

2月7~8日に行われた新人戦1年生大会①において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったものの今後、同好会カテゴリで活躍していくことであろう要注目選手をピックアップしていきたいと思います!!

 

FW

img_8588

早稲田大学FC GUSTA68番 安東尚宏

1年 國學院久我山高校
昨年の全国高校選手権準優勝時にメンバー入りを果たした選手。攻撃的ポジションならどこでもこなす万能アタッカー。スピードに乗ったドリブルの中でも抜群のボールコントールでゴール前まで簡単に侵入してしまう。また、体幹の強さは群を抜いており、強く潰しに来た屈強なディフェンダーを返り討ちにする。

「このたびは優秀選手に選んでいただきありがとうございます。優勝を目指してこの大会に挑みましたが、チームとして結果が残せず、とても不甲斐ない気持ちです。これからもチームに貢献できるように頑張りたいです。」

 

MF

 a886aa37-0b69-48a2-b670-be281472c328

専修大学PinkMonkey’s 00 番中村玲央

1年 茨城県立古河第一高校
上背はないものの、守備の予測とフィジカルコンタクトの強さで脅威のボール奪取率を誇った。左足のキックにも自信があり、鋭い直接フリークックを叩きこんだ。また、あわやゴールかと思われるようなキックオフシュートも見せ、ゴールへの高い意識が垣間見られた。

「注目選手に選んでいただいき嬉しく思います。チームの結果が良くなかった事もあり、選ばれた事に驚いています。今回はゲームキャプテンを務めました。これからはチームの中心としてプレーするのはもちろん、自分のレベルアップに努めたいと思います。」

 

専修大学サッカー愛好会35番 中山尚俊

1年 星稜高校
柔らかいボールタッチと正確なショートパスで小気味よくパスを繋ぎ中盤を構築した。無駄なダッシュをすることは少なく、軽快なフリーランニングでボールを常に引き出し、相手はなかなか彼を捕まえることができなかった。

「レベルの高いスポマネの大会に参加されてもらい多くの素晴らしい選手がいる中で選ばれて嬉しいです!今後もスポマネさんの大会に参加させてもらい多くの強いチームとやり楽しくやっていきたいです。 」

 

 

日本大学教育サッカーBAMBINO 6番 衛藤 渉

1年 八千代高校
すらりとした長身を活かしたボール運びと長短織り交ぜたパスで、個性派集団BAMBINOの中心となった。長身な選手にありがちな動きの堅さは一切なく、繊細な足元のボールタッチを誇り、狭いスペースでもうまくボールをさばいた。

「注目選手に選んでいただきありがとうございます。自分は目立つ選手ではないので、評価してもらいすごく嬉しいです。今後は、Bambinoとしてタイトルが取れるようにしっかりと自分の役割をこなしていきたいです。カゼミロみたいな選手になります。これからもよろしくお願いします。」

 

DF

img_8589

日本大学教育サッカーBAMBINO 65番 二瓶亮

1年 関東第一高学校
関東第一がインターハイベスト4に進出した際、右サイドバックでレギュラーを張っていた本格実力派。絶妙なタイミングでのオーバーラップは、スピード豊かで迫力がある、BAMBINOの攻撃に厚みを作り出した。

「この度は注目選手に選んで頂きありがとうございます。今大会はチームを勝利に導けず悔しい思いをしました。今後はよりチームとしてまとまりその中でもチームを支えていけるような選手になりたいと思いました。今回選ばれた名に恥じないようなプレーをしていきたいです。これからもよろしくお願いします。」

 

GK

img_8591

専修大学サッカー愛好会77番 三富駿

1年 新潟明訓高校
セービング、キック、飛び出し全てを高水準でこなす万能ゴールキーパー。1年生合宿①において、キーパーが豊作と言われたのは彼の存在があったからだろう。

「選んでいただき光栄に思います。これからも優秀賞に恥じないプレーをしたいと思います。」

 

新人戦1年生大会①では、高校サッカーの名門校出身が多数活躍した。そんな経歴を持った彼らが同好会カテゴリでいかに活躍していくのか、非常に楽しみだ!

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2022.08.02

【新入生特集】ラグビー花園経験者がサッカーサークルに入った理由とは

こんにちは。BeYonD編集部です!! 梅雨が明け、ますます暑さが増してくる季節かと思いますが体調を崩さず過ごせているでしょうか。そんな時期ですが、大学一年生にとってはやっとサークルに慣れてくる時期…

read more 柴田尋生
コラム 2022.05.26

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.1

真剣勝負の場である新関東カップが今週末の5/28(土)より開幕する。 今年度は新たに予選リーグが導入され、予選各グループ1位の7チームと各グループ2位のうち成績上位1チームを加えた計8チームが決…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.05.25

【BMOM125】川島 優太(3年=東京ヴェルディ)圧倒的なサッカーセンスで相手を翻弄する

新関東カップ二回戦第三試合。慶応義塾大学慶応キッカーズ(以下:慶応キッカーズ)と、明治学院大学白金FC(以下:明治学院白金)の試合が5月18日(土)ATSU FOOTBALL FIELDにて行われた。…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.04

2年生学年大会 みどころ

2月5日・6日に鹿島ハイツにて2年生大会が行われる。昨年度の1年生大会は神奈川大学Colpoが決勝で立教愛好会に3-1と勝利し優勝している。しかし、前回大会覇者の神奈川大学Colpoは、今回の大会には…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.22

初代「Beyon d’Or」決定

BeYondによる新企画!!!   その名も「Beyon d'Or」※ビヨンドール どこかで聞いたことがあるような響きですよね。   そうです国際サッカー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.07.05

【BeYonD History vol.1】“真面目老害” 古平翔太編

新企画がスタートしました! 今回はBeYonD内部でメンバーの紹介も交えながら各メンバーがどうしてBeYonDに入ってどんな気持ちで活動しているのか等、普段の記事だけでは分からない内情を発信していけ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.11.20

【新関東リーグ2022・1部・5節マッチハイライト】終盤戦に向け、勢いをつけたのはどのチームだ!?

中央大学体同連フースバルvs早稲田理工サッカー部 前半は互いに譲らず0-0で終える。後半22分中央フースバル27番大久保廉(2年=新潟明訓)のロングフィードに抜け出した33番大塚信太朗(2年=座間)…

read more 大田智輝
コラム 2016.11.28

【BMOM17】鷲田正英(3年) 生田キラーが全得点に絡む活躍で2度目の1部昇格を決める

快速ウインガー 涙のラストラン   新関東FL2部Bを無敗で優勝した早稲田大学FC.GUSTAは、先日行われた1部昇格戦で2部A王者の明治生田と対戦した。 2年前の昇格戦と同カード…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.24

【BeYonDフットサル部門発足決定】立ち上げメンバーをご紹介!!

こんにちは!! 突然ですが、、、! この度、『BeYonDフットサル部門』が立ち上がることが決定しました!! サッカー同好会カテゴリーだけではなく、 フットサル同好会カテゴリーの情…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.11

【特別企画】マガハイ髪の毛特集!その名も”マガ髪”

こんにちは! 今回はマガハイ特別企画ということで、 マガハイ参加者の髪型特集をしていきたいと思います!   「普段はオシャレな髪型なんて興味ない」 「バイトの関係で染められ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-