【BMOM30】SB嶋方翼(2年=農大二高)左サイドをシャットアウトし悲願の初タイトル獲得

BeYonD 編集部

本日、GuamChampionship予選が鹿島ハイツにて行われた。決勝戦は立教大学サッカー愛好会、慶應大学理工学部サッカー部というカード。結果は1-1の同点で50分間が終了した。そして、PK戦の末、立教愛好会が優勝した。立教愛好会は優勝という最高の結果で大会を終えることができた。
試合は、立教愛好会の16番藤田(2年=暁星国際)の直接フリーキックがネットを揺らしゲームが動く。後半になり慶應リコタイが攻め続ける。慶應リコタイはコーナーキックで9番白石(2年=鎌倉学園)が頭で合わせ同点に追いつく。1-1のままタイムアップ。PK戦での決着となり、立教愛好会が勝負強さを見せ、PK戦を制した。
その試合で立教愛好会の44番浅田や17番近藤、16番藤田のような大きな存在感はないものの、質の高いパフォーマンスを見せていたのが左SBの25番嶋方(2年=農大二高)。高い身体能力と思い切りがいいオーバーラップで左サイドを駆け抜けた。守備面においても、慶應リコタイの攻撃の核の6番石井をしっかりとシャットアウト。最少失点の1失点に抑える堅い守備に大きな貢献をした。

img_9099
大会を通して嶋方は「チームとして初のタイトルを全員の力で獲得できてすごく嬉しく思います。それと同時にチームとしても個人としても課題が見つかり、まだまだできると感じた大会でした。
また今大会の勝因は、課題だった立ち上がりの入り方がよかったことと、守備が安定していたことが大きな要因だったと思います」とコメントした。
決勝戦でもこの立ち上がりと守備の安定感、この2つの課題をしっかりと徹底しようという意識が優勝に繋がったのだろう。
「個人としてはもっとプレーの精度を高めていきたいです!
チームとしてはまず目先のカップ戦で優勝できるようさらに引き締めてやっていきたいです!!」と今後の意気込みを語った。
サイドに強いポテンシャルを揃えている立教大学サッカー愛好会。嶋方を含め、今年の立愛は技術、フィジカル、高さが豊富な選手が多い。非常に注目していきたいチームだ。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.09.28

【あの人たちが対談vol.1】カップ戦準決勝で対戦したグルービーとHUMANが対談!

"あの人と対談"という新企画を始めました!あの人と対談したいなどのご要望があれば是非ご連絡ください!マガ杯の決勝戦などマネ対談などなどやっていけるといいですね! 今春に行われた新関東カップの準決…

read more 浅川大樹
コラム 2019.03.26

【新歓記事2019 vol.2 早稲田大学 その2】

新歓企画第二弾です 今回も引き続き早稲田大学のチームを紹介していきます! たくさんチームがあるので迷っちゃいますね...   早稲田大学理工サッカー部 ・大学名・チ…

read more 遠藤瞭介
コラム 2016.11.11

【BMOM9】CB福田拓也(3年) 先制点を挙げ勝利に貢献

 攻守の要  福田   第5節、4連勝で勝ち点12と首位を走る稲穂は、勝ち点1差の立教愛好会と対戦した。結果は誰もが驚いただろう。5-0で稲穂が大勝した。稲穂の攻撃陣が爆発するきっか…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.05.21

【BMOM122】鹿野鉱樹(1年=専大松戸)1年生ながらチームの攻撃を牽引!同点弾で勝利に大きく貢献した法政工体連の新戦力!

5月18日ATSU FOOTBALL FIELDにて、新関東カップ2回、明治大学グルービーキッズ(以下:明治グルービー)vs法政大学工体連サッカー部(以下:法政工体連)が行われた。 昨年度のリー…

read more 平野楓
コラム 2017.08.16

【BMOM70】 抜群の推進力と身体の強さを活かし、矢部晃太(3年=埼玉栄)がFC FLITTを東洋大学頂点に導く2発!!

先日大雨の中行われた東洋大学 F.C. FLITT(以下FLITT)と東洋大学 就活してboys(以下就活)による東洋大学学内戦決勝は、打ち合いの接戦となった。 天候のせいか、試合は互いにロングボー…

read more 大塚朝史
コラム 2018.04.01

【フットサル新歓記事vol.4】早稲田大学編(足猿キッカーズ、小手指FC、The Words、FC FALTA)

フットサルでも大好評の新歓企画! 満を持して紹介するのは、サッカー同様フットサルでも最多数を誇る「早稲田大学」です!! 早稲田大学からはFFCカレッジフットサルリーグに計4チーム参入しています…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.21

【新人戦1年生大会②】総集編

【優勝】成蹊大学FC kanoa 安定した守備と厚みのある攻撃を武器に優勝という最高の結果を収めた。準決勝では法政PASSION AとPK戦までもつれ込むなど苦しい試合もたくさんあったはずだが勝…

read more 古平 翔太
コラム 2018.10.16

【新関東リーグ2018】2部A 第1節ハイライト

今年も新関東リーグ1部への狭き門へ挑戦する新関東リーグ2部が10月13日に開幕した。 2部Aブロックは、降格してきた明治大学グル―ビーキッズ(以下=明治グルービー)や昨年惜しくも昇格戦に敗れ、昇…

read more 浅川大樹
コラム 2020.04.29

【チーム特集】早稲田大学FC.GUSTA

今回は【インスタ企画 良い写いいね大会】において、 見事3231いいねを獲得して第1グループ優勝を果たした「早稲田大学FC.GUSTA」に独占インタビューを行いました! GUSTAの魅力や強さ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.04

【新関東FL1部第4節 ・第5節】マッチプレビュー

1位 早稲田大学稲穂キッカーズ 勝ち点9と首位を走る稲穂は今週末、中央大学フースバルクラブと立教大学サッカー愛好会と対戦する。稲穂は11月3日にアットホームカップ決勝を戦った。この試合が土曜日の…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-