新チーム始動インタビュー第4弾”青山学院大理工サッカー部 亦野陸生”

BeYonD 編集部

2年前の夏の祭典マガジン杯で圧倒的な力を見せつけて優勝した青山学院理工サッカー部。当時1年生でその優勝をピッチで経験した亦野陸生(2年=八千代)。亦野は今年度、青山理工のキャプテンになった。新チームとなりいくつかの大会が終了しているが、新チーム始動ということでキャプテンの亦野にインタビューをした。

img_3526

2016-2017シーズン

“1年間を振り返って“

昨年度、リーグ戦が終わりプレミアカップに臨んだ。プレミアカップでは、予選敗退。まさかの結末だった。亦野は「メンバーを見ても勝てると思っていたが、予選敗退。期待していた分、つらかった」とコメントした。結局このままタイトルを獲得できないまま1年が経ってしまった。「勝てるチームだと思っていたが、実際は勝てないチームだった。悔しくきつい1年だった」とコメントした。また亦野自身は、夏に開催された夏の陣で顎を骨折し戦線離脱。マガ杯は欠場となり、マガ杯にはいかず結果を聞く形だった。まずグループリーグは死の組(フースA、体同連A、HUMAN A)に入った。「どうなるかと結果を聞いていたが、残念な結果だった。流れ的に新関東リーグは降格かなという雰囲気が漂い始めた」と厳しさが伝わるコメントだった。そして新関東リーグは、怪しい雲行きはあったものの、初戦の中央同好会に快勝し、いい手ごたえをつかみ残留を決めることができた。

img_3853

“ライバル“

強い相手について聞くと、早稲田稲穂キッカーズと答えた。「稲穂は、すべてにおいてのレベルが高かった。リーグ戦では、なにもすることができずに3-0で負けた。納得の0-3という内容であった」と早稲田稲穂を評価している。

選手について聞くと、中央フースバルのSH38番“大石”(2年=藤枝東)の名を挙げた。「あの38番はすごかった。いや~うまかったね~」と亦野は笑みを浮かべながらコメントした。この時の亦野は、対戦を楽しみにいているようである。

2017-2018シーズン

“目標”

「アットホームやリーグ戦、マガ杯などの主要タイトルを獲りたい気持ちはある。でも、まずは目先の1戦1戦を大事にしたい。その先に優勝があれば良いですね。今年は優勝候補としてではなく、ダークホース的な立ち位置で虎視眈々と勝ちを積み上げたい。チャレンジの1年にしたい」と今年の目標を掲げた。優勝は視野に入れずに、目の前の試合に集中するとはいえ、正直獲りたいタイトルはと聞くと「マガ杯アットホームは獲りたいです」と素直に答えた。また、スポマネの全国大会にも非常に興味を示していた。実はすごい優勝にこだわっているのではないかと、思ってしまった。

img_3855

“チームコンセプト”

「こういうサッカーをしたいとかはないですね。言うならば自分たちの技量をしっかりと理解したうえで、最善のサッカーができたらいい」とコンセプトについて語った。私も含め誰もが「青理はパスサッカーだろう」と予想していただろう。その点について聞いてみると「もちろん回せる時には、いつも通りのサッカーをする。でもそれだけでは勝てないと感じたので、相手の能力や戦い方を見て、カウンターを仕掛けたりゆっくり攻撃を仕掛けたりというサッカーをしたい」と答えてくれた。今年からフォーメーションをガラッと変えた青山理工のサッカーに注目していきたい。

 

“注目選手”

木越 健太郎」(1年=東北学園)

あまり注目されてはいないが、非常にいい選手。ドリブル、パス、スピードのレベルが高い。さらに身体能力が高く器用だから、攻撃的な選手なのにCBとSBでもプレーできる。「本当に何でもできる選手です」と亦野は力強く話した。また「もっと点を決めてくれたらもっといい」と強い期待感を感じた。BeYonDも木越に注目していきたい。

また、鎖骨骨折のため昨年度のリーグには出てないが、丸山というDFの名も挙げられた。まだ丸山のプレーは見れていないので、見てみたい。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2018.06.26

【BMOM100】梶原大和(2年=都立狛江)記念すべき100回目を飾ったのは、”強くて走れる”早稲田稲穂の長身フォワード!!

2016年11月に行われたアットホームカップ関東大会決勝で初めて執筆されたBMOMも、今回で100回目を迎えた。記念すべきビヨンド初のBMOMは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の"いぶし銀…

read more 古平 翔太
コラム 2017.04.10

【新入生必見!同好会チームガイドvol.16】専修大学編

専修大学Sefida 【所属リーグ】 なし 【男性メンバー数】 77名 【女性メンバー数】 18名   【SNS・ホームページ】 https:/…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.04.02

【新歓記事2018 vol.3】慶應大学のチーム紹介

記念すべき今年度1発目の新歓記事はつい先日学内戦を終えた慶應大学! 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 ・自分達のサークルを一文で表すなら(何をするにも激アツ) ・大学、チーム名(…

read more 高木啓行
コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more 浅川大樹
コラム 2016.12.29

新チーム始動インタビュー第1弾”中央大学サッカー同好会”

新関東リーグ戦が終わり、新チーム始動となった中央大学サッカー同好会。キャプテンの”山本 璃来” (2年=桐蔭)を取材した。 2015-2016シーズンについて ”1年を振り返って”  昨シー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.26

【BMOM79】終了間際の衝撃2発!!2連勝に導いた体同連エース遊馬幹彦(3年=熊谷西)

新関東リーグ2017・1部第2節、明治大学体同連サッカー部(以下:体同連)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)の試合が鹿島ハイツ第5グラウンドにて行われた。 試合は体同連が退場者を出しなが…

read more 大塚朝史
コラム 2017.06.15

【BMOM63】小田島圭吾(3年=國學院久我山) 重戦車”改”となったこの男が2得点の活躍!

新関東カップ2017準決勝で明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は早稲田大学HUMAN FC(以下:HUMAN)と対戦し2-1で勝利を果たした。決勝へ進むべく絶対に負けることのできないこ…

read more 高橋佑輔
コラム 2019.10.20

【新関東リーグ2019・1部第2節マッチハイライト】運命を分けた第2戦の行方は!

10月27日、新関東リーグ2019 1部 第2節が行なわれた。 第1節に続き、鹿島ハイツでの開催となり、天候にも恵まれベストコンディションでの戦いとなった。   1試合目の…

read more 高橋優斗
コラム 2017.04.20

【新チーム始動インタビューvol.8】”早稲田大学 稲穂キッカーズ”

昨年度、新関東カップ、アットホームカップ、新関東リーグで優勝を果たし、日本一に輝いた早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。 まさに「稲穂の年」と言われた昨シーズンが終わり、新シーズンが幕を開け…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.01

【新入生必見!同好会チームガイドvol.7】上智大学編

The 上智大学FC EAGLE 【所属リーグ】 新関東フットボールリーグ3部 【男性メンバー数】 35名 【女性メンバー数】 25名 【SNS・ホームページ】 Twitter…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-