【BMOM35】髙坂圭一(3年=本郷) ”Esperanzaの闘将”

古平 翔太

明治大学 Esperanza

DF 髙坂圭一(3年=本郷)

img_0455

明治大学Esperanza vs 早稲田大学 Sunday SCの試合は両者実力が均衡し、なかなかチャンスが訪れないゲームとなった。前半23分、20番細谷(3年=伊奈学園)が接触で足首を負傷。抱えながらでないとピッチを出ることができないほどのケガでキーマンを失ったエスペランサであったが、溢れんばかりの気迫でチームを鼓舞したのがキャプテンの30番髙坂(3年=本郷)であった。ディフェンスラインの微妙なラインコントロールはもちろん、前線のフォワードやサイドの選手にも声をかけ続け、ピッチ上の監督としてチームを統率した。自身も空中戦に強く、この試合1度もヘディングに競り負けることなく、気持ちあふれるその姿はまさに“闘将”であった。

これは余談なのだが、この日はゴールデンウィークの初日ということもあり到着に遅れるチームがあるアクシデントもあった。しかし、そんなアクシデントもある中、ピッチ外での会場設営を誰よりも率先して行い大会をスムーズに運営した彼の姿には感銘を受けた。

img_0440

また、BMOMの選出を伝えた際、「自分は得点を決めたわけではないのに本当にいいんですか?」と謙遜する姿が印象的であったが、

「今日はBMOMに選んでいただきとても光栄です。今回の試合は、とても難しい試合でしたが、最終的に勝ちをもぎとれて素直に嬉しいです。一戦一戦、自分たちの戦いができるように、いい準備をしたいと思います。目指すは新関東カップ優勝!!!」とコメントは力強く、言葉には自信があふれていた。
決して人数は多くはないが、サッカーに対する情熱を大いに感じさせるエスペランサ。

“闘将”髙坂の熱いハートがチームを新関東カップでエスペランサをどこまで躍進させられるか、非常に楽しみだ。

明治大学 ESPERANZAのチームページ

Written by

古平 翔太

Shota Kodaira

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.11

【BMOM7】GK山崎亮輔(2年) ビッグセーブ連発でチームを救う

最後の砦 山崎 第5節、7位早稲田大学HUMAN.F.Cは、8位中央大学サッカー同好会と対戦。結果は4-0でHUMANが快勝した。スコアだけを見れば、簡単な試合に見えるが、幾度となくピンチが訪れる危…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.19

【新人戦1年生大会①】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月7~8日に行われた新人戦1年生大会①において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったも…

read more 古平 翔太
コラム 2017.06.02

【BMOM54】安東尚宏(2年=國學院久我山)久我山仕込みのテクニック!オレンジ軍団の新10番が攻撃を牽引する!!

早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)が同大学の早稲田理工サッカー部(以下:早理)を4-0で破ったこの試合。 歓喜の輪の中心にいたのはハットトリックを決めたグスタの新10番安東尚宏(2年=國學院…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.11

新チーム始動インタビュー第4弾”青山学院大理工サッカー部 亦野陸生”

2年前の夏の祭典マガジン杯で圧倒的な力を見せつけて優勝した青山学院理工サッカー部。当時1年生でその優勝をピッチで経験した亦野陸生(2年=八千代)。亦野は今年度、青山理工のキャプテンになった。新チームと…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.14

【プレスリリース】BeYondがH.I.Sとパートナーシップ契約!これからのインタレスティングなイベントに乞うご期待!!

  この度、2018年3月14日より BeYonDプロジェクト(代表:古平翔太)は株式会社エイチ・アイ・エス スポーツイベントセクションとの間で、スポンサーシップ契約を締結しました…

read more 古平 翔太
コラム 2018.11.10

【BMON114】遊馬幹彦(4年=熊谷西)カンテにアザール?!今回のBMONは多彩なプレーを持つあの男!

11月3日鹿島ハイツで行われた新関東1部第5節。明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同)と立教大学サッカー愛好会(以下:立愛)のフィジカルとテクニックが相対した。結果から先に言おう。結果は3対3。壮…

read more 寺島直哉
コラム 2017.09.15

【BMOM73】マガジン杯2017・王者稲穂を率いた”肩幅オバケ”闘将末永(3年=都立駒場)

早稲田稲穂キッカーズは2017年の夏を最高の形で締めくくった。 9/8~12の5日間、マガジンカップ2017が開催され、昨年度準優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は明治大学体同連サッカー部…

read more 澤田結人
コラム 2016.10.28

【新関東FL一部第3節】中央ダービー含めた4試合の見どころ

第1試合(9:00 ko) 明治大学体同連サッカー部vs稲穂キッカーズ 前節、両チームとも完勝したこのカードは先制点が鍵となるだろう。両チームのキャプテン共に守備に重点を置き、「まずは守備をしっかり…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.30

【BMOM34】西岡祥樹(3年=東久留米総合)大型フォワードのハットトリックで新関東初勝利を逆転で飾る!

東洋大学FC Liberte FW 西岡祥樹(3年=東久留米総合) 今年度、新関東フットボールリーグに参入した技巧派集団東洋大学FC Liberte(以下:リベルタ)の初の公式戦の…

read more 古平 翔太
コラム 2016.12.12

【BMOM20】長瀬良太(2年) 稲穂の次期王様が1ゴール1アシストの活躍で三ッ葉キッカーズをねじ伏せる

次世代の王様 強風のなかで行われた東西対抗戦は、新関東FLを全勝で優勝した稲穂キッカーズが関西の三ッ葉キッカーズに押し込まれるかたちとなった。前半27分、劣勢の中10番今井(3年=都立駒場)のニアへ…

read more 古平 翔太

-PICKUP CIRCLE-