【関西サッカー同好会トーナメント】マッチプレビュー

BeYonD 編集部

関東では一足先にカップ戦が開幕しているが…
明日からは遂に、関西でも同好会トーナメントが開幕する。
気になるトーナメント表はこちら!

img_4571

今年は大阪大学DACOTA、京都大学BONBERS、オチョモンテの3チームが加わり15チームで凌ぎを削る。
優勝チームが春の関西王者の座を獲るのは勿論だが、
この大会にはもう1つ、
8月に行われる東西交流戦(静岡)に出場出来るチームを決定するという大きな意味がある。
出場資格ラインはベスト4。
リーグ戦優勝の同志社大学三ツ葉キッカーズ以外は2度の勝利が必要となるが、逆に2度の勝利と言うことはどこにでもチャンスがあるとも言えるだろう。

そして気になるのは、優勝の行方だ。
昨年は関西大学TRIOSが準決勝で三ツ葉を、決勝で立命館大学原谷を破り、春の関西王者に輝いた。

img_4572

今年のトーナメントでは、昨年のトーナメント優勝TRIOSリーグ戦10連覇中の三ツ葉に加えて、
先日のGuamChampionship決勝大会で関東の強豪を相手に優勝を果たし、グアムへの切符を手にした京都産業大学ONZEを優勝候補筆頭として挙げられる。

しかし、その他にも実力者揃いの原谷や龍谷大学キッカーズ、毎年まとまった好チームで臨んでくる大阪大学同好会サッカー部や京都大学理工サッカー部、京都大学青城、リーグ戦では2部に所属しながらも昨年までは京都府社会人リーグ1部に所属していた立命館大学CRACKSなどどこが上位に食い込んで来てもおかしくない。
果たして今年の春の関西王者に輝くのはどこのチームか!?
目の離せない戦いの幕が切って落とされる。

BeYonD関西支部としても注目して結果や速報、戦評、MOMなどを随時更新していく予定!!!

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2019.07.12

【BMOM134】鷲田修一(3年=多摩)抜群の安定感とキャプテンシーでチームを優勝に導く。

7月7日、立教愛好会(以下:立愛)と青山理工サッカー部(以下:青理)の新関東カップ決勝戦が行われた。強い風と雨が吹き付ける悪天候の中の試合は前半に先制点を挙げた立愛がそのリードを守り切り、令和最初の新…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.05.12

写真に秘めたマネージャーの想いに迫る!

  風薫る5月がやってまいりました! 新歓活動も終盤を迎えた頃ではないでしょうか? 今回は、新マネージャーもプレイヤーの皆さんも必見!! マネージャーの仕事の一つでもある、"写真撮影…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.26

【プレからの想いvol.5】”女の子のチームメイト”

プレイヤーが、サークルのマネージャーのことをどう想っているのかを聞いてきたこの企画。 今回は、マネージャーへの想いだけではなく、新関東FLについても聞いてみました。 お忙しい中、取材を受けてくださ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.19

【BMOM107】小田島圭吾(4年=國學院久我山)開幕戦での貴重な同点ゴール! 今年もこの男が新関東を盛り上げる!!

明治大学Groovykidsは昨年、チーム史上初の2部降格。 この試合、悲願の1年での1部昇格のために、どうしても勝ち点3が欲しいところだ。 しかし、序盤から早稲田大学HUMAN.FCに主…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.25

【高校別OB座談会 番外編】この春上京した新入生へ。インハイ王者含む北海道4チームが大集合!

    高校別座談会第4弾は、北海道出身特集ということでインハイ王者、プリンスリーグ所属など4チームが集合!左から北星学園大学付属→青山学院大学理工サッカー部井…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.11.28

【新関東リーグ2022・1部・6節マッチハイライト】1・2位直接対決や、負ければ降格が決まる試合など重要な試合がひしめく第6節。優勝、残留へ前進したのはどのチームか!?

早稲田大学HUMAN F.C.vs早稲田大学稲穂キッカーズ 前半開始直後は早稲田稲穂ペースで2度の決定機を迎えるがゴールには繋がらない。前半7分アーク右隣からの直接FK。ヒューマン28番小山尚紀(2…

read more 片岡優汰郎
コラム 2016.11.22

【BMOM14】溝部 賢人(3年) 冷静かつ熱くゴールを死守

九州が生んだ冷静な番人 明治グル―ビーは、先日行われた新関東リーグ最終節で中央フースバルと対戦した。勝利した方が2位という大事な一戦。結果は0-0の引き分け。得失点で明治グル―ビーが上回り、2位でリ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.30

【BMOM47】増田伸(3年=幕張総合) 後半のハットトリックで大逆転!勝利を呼び込むゴールハンター!!

新関東カップ2017、3回戦で日本大学理工学部サッカー部(以下:日理)と法政大学工体連サッカー部(以下:工体連)がしのぎを削った。前半終了時のスコアは0-2で工体連が2点リード。後半も日理にとっては難…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.26

【BMOM44】柴田拓海(3年=東山) “攻守に躍動したCRACKSの頼れるキャプテン”

【関西同好会トーナメント1回戦】 立命館大学FC.CRACKS(以下CRACKS) vs 立命館大学 FC原谷(以下原谷) 奇しくも立命館ダービーとなったこの一戦のヒーローは紛れもなくCR…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.05

【美女マネvol.19】今回はスーパー美女マネサークルとの呼び声高いあのチームのマネ!!

どーも、美女マネです。 とうとう4月ですよね! 美女マネもお陰様で新学期を迎えることができました! どうぞそれからも、BeYondと美女マネをよろしくお願い致します!   …

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-