【チームの根vol.5】“破天荒副キャプテン” 早稲田大学HUMAN F.C. 阿部雅也(4年=渋谷幕張)

BeYonD 編集部

昨年苦くも、新関東リーグで入れ替え戦の末1部残留が叶わなかった早稲田大学 HUMAN F.C.(以下、HUMAN)。ただ今期の学内戦では再び早稲田の頂点に立ち、復活の狼煙を上げている。今回は、そんなチームを昨年一年間副キャプテンとして支え、周りからは“破天荒”などと揶揄された男に迫った。

img_0083

 

まずは、1,2年次を振り返ってもらった

チームから膝芸人とイジられるように、高校時代に両膝を怪我していたのもあり、大学ではサッカーを続けるつもりはなかったという。

 

「新歓のときに友達もいなくて、どこのサークルも勧誘を受けずに帰っちゃって、めちゃくちゃ乗り遅れてしまった。とにかくどっか参加しようと思って、馴染みのあるサッカーで所キャン(早稲田所沢キャンパス)だとサークル2つくらいしかないからとりあえずHUMANのイベントに参加したのがきっかけかな」
そんな新入生特有の焦りで入ったサークルだったが、レベルの高さに魅せられたという。

 

「俺らが1年生の時の3年生がめちゃくちゃ上手くて、こういう人たちとサッカーしたいって思い始めてドンドン参加して、気がついたら練習、試合、イベントはほとんど参加するようになってた(笑)」
2年生でも特に試合に出られる、という訳ではなかったようだが、常にサークルに参加していたようだ。

 

夏になり、自分たちの代から幹部を選ぶ。彼は使命感に似たものを持っていたようだ。

 

「自分たちが幹部になるってことで、それなりに参加してたし、やっぱり分かってる人がならなきゃ、大きい組織だから回らないし、どっかの役にはつくだろうし、つかなきゃなとは思ってた。最初は副幹事長のつもりだったんだけど、副キャプテン候補だったやつが1人辞退して。まぁ最後の1年だし、出られない人の気持ちも分かるってことで、ちゃんとサッカーしようと思って副キャプテンになった」

img_0084

 

 

そうして新関東リーグを終え、本格的に幹部学年としての一年が始まった。

「特にチームとして目標があった訳ではないんだけど、二個上の代が見せてくれた日本一っていうのを知ってるのが自分たちだけになって。その景色を後輩に見せてあげたいし、また見たいっていう思いが強かったかな」

 

また個人的には、先ほどの彼の発言のように「上手い人だけじゃなくて、出られない自分がそういう立場になることは、チームとしても大事だと思った。それに加えて、普段ふざけてる俺がいい雰囲気を作れたらって思ってた」
と、自分なりの副キャプテン像を描いていたようだ。

 

ただ、始まってみると“試合に出られないもどかしさ”と言うものを感じていたようだ。

 

HUMANは学内戦、新関東カップとどちらも惜しくも準優勝という結果だった。ただ彼の出場はなかったようだ。
「副キャプテンとして出来ることが少なくて。サッカーでもあんまりいいことも言えないし、プレーで見せるってこともできないし。結局は雰囲気を作るっていう所に終始しちゃって、最初は無力感とかギャップを感じたかなぁ。なんで副キャプテンやったんだろとかも思ってた

 

当初は強豪の中でも慣れない立ち位置に悩まされていたようだ。
特に学内戦、カップ戦と勝ちきれない時期と慣れない時期、そして試合に出られないことが重なり、副キャプテンという重責から普段のキャラクターを出しきれないことも多かったようだ。

 

夏を迎えてマガハイ。HUMANは死のグループを2勝1敗で終えるも、混戦のグループリーグを得失点差で上位トーナメントに進むことが出来なかった。しかしグループリーグでは結果的に優勝することになったフースバルに唯一黒星をつけるなど、収穫の少ない大会ではなかったようだ。

 

そして迎えた集大成、新関東リーグ。
先のアットホームカップでは良くない中でも勝ちきれた。その調子を良くない形で引きずってしまったようだ。

 

リーグが開幕しヒューマンは3連敗を喫した。
「チーム状況はめちゃくちゃ悪かったかな。キャプテンともう1人副キャプテンも両サイドハーフで言い分もあるし。それを見てることしか出来ずに。自分はディフェンスで、結局失点は自分たちの責任だから。本当にただ見ることしか出来なくて、地獄だったね(笑)」

 

後のなくなった4節から、怒涛の3連勝を果たすも阿部はスタメンを外されている。
「もう3連敗してやるしかないってなって、やっぱりどこかいじらなきゃ行けないからしょうがない。けど自分が外れた試合から連勝して嬉しいけどなんとも言えない気持ちだったかな。でもそこで腐っちゃおしまいだし、いつかは必要なときが来ると思ったし、チームのためにもならないしね」

 

最終節でライバル稲穂と当たった。この年3回目の対戦で、今までで1番の戦いが出来たようだった。しかし、「引き分けでも大丈夫ってのがチラついたかな」と語ったように、失点を喫してしまい、入れ替え戦に回る。

 

そして、入れ替え戦では生田蹴友会とのPK戦にまでもつれた激戦の末敗れ、悔しい形で引退となってしまった。

 

 

心苦しい質問だったが、副キャプテンとして残った後悔を聞いて見た。

「まずはもっとサッカーと向き合えばよかったって所かな。副キャプテンとして、向き合えてなかった訳ではないんだけど、少しでも”出なくても”って思ってた時点で逃げちゃってたのかなと思う」と自分の立場を理解しながらもそれ以上の働きをできなかったことに苦さを感じているようだ。

 

また「雰囲気作りって部分を見せることはできたし、慣れてきたらふざけていつものキャラもだせたし、後輩との関係もよくて頼られていたと思う。ただ、同期間ってところで。自分の役割外の仕事を抱え込みすぎたかな。もっとみんなに任せてよかったかなって思う。自分でやっちゃったほうが早いとかも思ったんだけど、もっと頼りにしてよかったなって思った。でも各々が仕事を抱えてるのも分かってたし、なかなかできなかった」と仲間を頼りきれなかったことに後悔を感じさせた。

 

HUMANのマネージャーは基本的にブログを書く役職しかなかったようだ。ただ、彼らの代は例年より人数も多く、協力的で、自分たちも何かしたいということでマネージャーも役職を持ったようだ。そんなマネージャーとの関係性を聞いてみた。
「負け続けて泣いちゃってるときとか、悩んでるときとかは見てあげたり、話聞いてあげるくらいしか出来なくて。逆に感謝のほうが多いかな。一個上の人の言葉ですごい心に残ってる言葉があって、マネージャーが声かけてくれたときに『頑張ってじゃなくて頑張ろうだろ』って言葉で。それを聞いてから俺もすごい大事にしてて、それからマネージャーもより一緒に戦ってくれたし、仕事とかもすごいやってくれて、本当に感謝してる。その当時はいろいろ思うこともあったけどね(笑)」と照れ隠ししながらも感謝を語ってくれた。

img_0085

 

後輩へのメッセージを聞いた。
「後悔をしてほしくない。っていうのはあるけれど、どんな形であれ後悔ってのは残ってしまうと思う。そのなかで一番後悔が残らないのが結果を残すっていう部分なのかなとは思う。けどまず思うのはみんなでやりきってほしいってのが一番かな。代ごとに色ってあるからそこを大切に、型にはまらずやってほしいかな。でもまわってるみたいだし、強いから大丈夫だと思う。あとは、幹部代っていうのに縛られすぎないでほしいかな。」

 

それは自分の経験を持って言ったことかもしれない。
自分を出し切れてないんじゃなかったかという質問に対して彼はこんなことを語っていた。
「確かに最初のころは幹部だからって自分を出し切れないところがあったかもしれない。けど下級生を楽しませたりするにはまずは自分が楽しんでないとだめだなって思った。だから自分を出し切れなかったってことはなかったし、充実してたかな。おかげでキチガイってよばれてたし(笑)」

 

幹部就任当初は、自分が定めた目標も難しく、幹部という責任感で中々自分を出しきれなかった。結果が付いてこず、難しい一年を過ごしてきた。ただ自分が楽しむということを忘れず、周りを巻き込むことで自然と仲間が付いてきてくれたのかもしれない。仲間とともに苦しみ、ともに戦うことで自分なりの副キャプテン像を築けたのかもしれない。

 

仕事や役職に縛られながらも“サッカーサークル”という根本を忘れず、楽しみ、戦い続けた。自分で考え動き、組織を動かすことは並大抵のことではないが、たくさんのことを経験したおかげで、就職活動では話が尽きなかったようだ。

 

破天荒副キャプテンをみた今のHUMANが自分たちの戦い方で再び頂点に輝く姿を心待ちにしている。

早稲田大学 HUMAN F.C.のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.10.12

【チームの根vol.8】 “自己犠牲” 慶應義塾大学理工体育サッカー部 愛野幸陽(4年=穎明館)

  77期にも及ぶ歴史を持ち、同好会カテゴリー最古参の慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下リコタイ)。 今回をそのリコタイを昨シーズン、副代表としてチームをまとめた男に迫った。 …

read more 金子樹
コラム 2017.04.06

【新入生必見!同好会チームガイドvol12】法政大学編その2

同好会チームガイドMARCH特集も大詰めを迎えました! MARCHのトリを飾るのは法政大学の4チームです! 法政大学工体連サッカー部 【所属リーグ】 新関東フットボールリーグ2部、理工…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.12

【新関東FL1部第6節】 マッチプレビュー

第1試合 中央大学サッカー同好会 vs 早稲田大学稲穂キッカーズ 早稲田稲穂と中大同好会、この2チームは新関東リーグを語るには欠かせない2チームである。新関東リーグ創設時から2チームはライバル関係と…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.07

【同好会基礎情報Vol. 3】秀才揃い?!理工系リーグとは?

  大学サッカー同好会カテゴリーの様々な大会・イベントなどについて解説する連載企画。   今回の第3弾では、こちらも最近よく聞くようになった「理工系リーグ」につい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.18

【BMOM21】中村悟(3年) 復活のキャプテンが中盤を支配しユニオンリーグ2連覇へ導く

絶対的なキャプテンの復活 ユニオンリーグ・チャンピオンシップで神出鬼没な動きでピッチを駆け回り、中盤を支配した選手がいた。それは、荒友キッカーズキャプテン中村悟(3年=県立船橋)だ。昨年までは、突破…

read more 古平 翔太
コラム 2019.04.02

【BMOM120】fc.elfを悲願の初優勝へ導いたスーパー1年生!

3月27日新横フットボールパークにて慶應義塾大学学内戦2019決勝が行われた。 昨年優勝チームの慶應キッカーズ、準優勝チームの慶應義塾大学理工サッカー部などが次々と準決勝で敗退していく中、ジャイ…

read more 成瀬将希
コラム 2017.09.06

【BMOM71】途中交代ながら持ってる男野々村大輝(2年=東久留米)の一振りで試合を決める!!

先日行われたアットホームカッププレーオフ決勝で日本大学教育サッカーBAMBINO(以下バンビ)は格上である中央大学サッカー同好会(以下サカ同)に対して1-0で劇的な勝利を収めた。 その立…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.17

【新関東FL1部第2節】マッチプレビュー

第4試合 明治大学Groovy kids VS 早稲田大学FC GUSTA 明治Groovy(勝ち点0)と早稲田GUSTA(勝ち点0)、この試合は大事な初戦をものにできなかったチーム同士の対戦となる…

read more 那須将司
コラム 2017.03.12

新チーム始動インタビュー第5弾”明治大学生田蹴友会 吉崎光”

昨年明大カップ優勝、新関東リーグ1部昇格と華々しい結果を残した明治大学生田蹴友会。3年生が引退し新チームの旗揚げとなった生田の代表吉崎光(2年=八千代)と副代表の 小林賢正(2年=海星)の2人に話を聞…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.08

【新関東カップ2017】大会総括(MVP、得点王)

4月29日に始まり、2カ月に及んだ新関東カップ2017は早稲田大学稲穂キッカーズの大会3連覇という形で幕を閉じた。 今回はその大会を簡単に振り返り、大会MVPと得点王の選手を紹介していく。 &…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-