【H.I.S.主催ドルトムント選手交流会&マーケティングセミナー】愛されるクラブになるためには?同好会運営へのヒントがここにある!

BeYonD 編集部

2017年7月、香川真司選手も所属するブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムントは2年ぶりとなる日本ツアーを行いました。
ドルトムントのツアーパートナーとして旅行代理店のH.I.S.が契約を結び今回の来日に至ったのはご存知でしょうか。
H.I.S.はドルトムントと2014年からリージョナルパートナーとして、活動を連携しているのです。
今回BeYonDはドルトムントの日本ツアーの一環である「H.I.S.主催マーケティングセミナー・選手交流イベント」を取材させていただきました。
2005年に破たん寸前となったドルトムントがどのように復活を遂げたのか。
クラブを自分たちで運営する同好会カテゴリのみなさんにとって、参考にできるのではないでしょうか。

 

マーケティングセミナー

セミナーに登場したのはドルトムントの営業・マーケティングの責任者カーステン・クラマー氏(以下クラマー氏)。

img_1624
軽快なユーモアで場を和ます場面もありましたがこのセミナーを通してクラマー氏のドルトムントへの熱い気持ちがよく伝わってきました。

ドルトムントは現在14万5千人以上のクラブ会員に支えられています。
ドルトムントのビジネスに関わる従業員は約800人!!
クラマー氏が在籍するのはセールス&マーケティング部署で彼は400人いるその部署の責任者を任されています。

昨シーズンのドルトムントの収益は約410億円!!
1990年代に選手補強に巨額を投じて2005年に破たん寸前になったクラブとは思えませんね!
「我々はあくまでサッカークラブであり、サブビジネスとしてホテルを経営していたり投資をしているわけではない。愛するサッカーをメインにビジネスを行っているんだ。」
クラマー氏の言葉の通り、収益におけるメインのビジネスはサッカー事業であるのです!
収益の内訳についても
・放送権
・スポンサーシップ
・試合のチケット収益
・選手の移籍金
についても偏りがなく整合性の取れたものとなっており、非常にいい経営が維持できているそうです!

 

クラマー氏のこだわり

ドルトムントのブランド・アイデンティティー

チームの一体感
ビックタイトルへの野心
地元を大切にするオーセンティシティ
最も大事なINTENSE(熱狂)img_1872
この4つの柱から熱狂的なクラブであり続け、ファンのハートに入り込むようなクラブであり続ける。
我々はサッカーチーム

ドルトムントは第一にサッカーチームである。マーケティングをすることにおいて、サッカー事業を最も大切にしているクラブ。

選手は買うのでなく育てる

一人のスーパースターがいることでクラブが有名になることがあるが、ドルトムントはそのような方法をとることはない。
若手選手の育成に力を入れるスタイルでここまでの成長を遂げた。

 

 

そして舞台はアジアへ

国際戦略の際にクラマー氏はクラブのレジェンド的な存在である香川選手の出身であるアジアに目を向けました。
アジアの人々にドルトムントを知ってもらうために、どのような方法を取ったのでしょうか?

①become visible:まずはドルトムントの試合やイベントを通してチームを知ってもらう。
②become hot:ツアーが終わった後でもファンの方に熱く思われ、試合をチェックしてもらう。
③become love:ドルトムントがファンの方にこの先ずっと愛されるチームになる。
以上3つのステップを踏むことによってアジアのファンを獲得しようと試みたのです。

今回、①become visible:試合やイベントを通してのファン獲得のために来日したことがお分かりいただけると思います。
そうです。今回のツアーは単に試合をするだけではなく選手との交流イベントも行われていたのです。

img_5262

選手交流イベント

選手交流イベントでは元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロ選手と元ドイツ代表DFエリック・ドゥルム選手にお越しいただきました。
当初の予定ではサイン会と全体写真を行うはずだったのですが、一人一人と写真を撮っていただくという至れり尽くせりで会場は興奮の渦に包まれました!!(選手の写真は肖像権の都合上記事に掲載することができず申し訳ございません。)
質問タイムでは参加者70名程度の中から選ばれ、私浅川がBeYonD代表として質問させていただきました。

~ドゥルム選手の髪型が好きなのですが、どのようにセットしているのですか?~

「今の髪型はあまり気にいっていないので、こだわりがありません。言えることとしたら少し髪を濡らしてジェルを使っています。髪型を気に入ってくれて嬉しいです。」

~おすすめのドイツビールを教えてください~

両選手「体のことを気にしてビールを飲まないのでよくわかりません。でも一つ挙げるとしたら“ブリンコフ”がおすすめです。なぜならこれはドルトムントのスポンサーだからです(笑)」
ドイツ人誰しもがビールを飲むという私の思い込みは間違いでありました。
カストロ選手とドゥルム選手のプロ意識に感動です。

 

選手交流イベントはもちろんクラマー氏の講演でも多くの質問が飛び交うなど大変な盛り上がりを見せました。
BeYonDにこのような貴重な機会をいただいたH.I.Sのみなさんありがとうございました。

同好会カテゴリの選手のみなさんにもチームのマネージャーのハートに入り込み熱狂させることができるような試合やチーム運営を目指していってもらいたいですね!
私たちBeYonDもその活動のお手伝いをすることができたら嬉しいです!

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2016.12.22

初代「Beyon d’Or」決定

BeYondによる新企画!!!   その名も「Beyon d'Or」※ビヨンドール どこかで聞いたことがあるような響きですよね。   そうです国際サッカー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.08.11

【ユニフォーム特集 puma編】サッカーユニフォームオーダー作成!かっこいいユニフォームどうやって作る?

皆さん、サッカーユニフォームのオーダー作成の際に、かっこいいユニフォームをどうやって作るのか興味ありませんか? ユニフォームのオーダー作成って難しいですよね、、 メーカーやデザイン、ロゴの種類や値…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.08.29

【高校生必見!】体育会ではなく、サークルであることの意味とは?

8月17日、都内会議場にてプレイヤーズカレッジ・マネージャーズカレッジ、通称プレ・マネカレが開催された。   プレ・マネカレとは、様々な大学サッカーサークルの代表者が集まり、各サ…

read more 東 孝太郎
コラム 2022.01.26

【マネ長対談vol.2】"コロナ禍×サークル活動"マネージャー長が思うこと

第二弾となる今回の "マネ長対談" では、 3年間のサークル活動をやり切った3名のマネージャー長に チームをまとめることの難しさややりがいについて伺いました。   中…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.15

【チームの根vol.3】”無賃雇用” 明治大学Groovy kids 儘田和也(3年=國學院久我山)

  昨年度、タレントを兼ねそろえ好成績を残した“異端児”Groovykids。その副代表と言うことで期待をしていくと、そこにいたのは顔の八割が俳優の佐藤次郎で構成された男だった。一見地…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.06

新人戦2年生大会 予選ダイジェスト「第1グループ〜第4グループ」

第1グループ 法政大学学団連サッカー部と新関東リーグ1部の明治大学体同連サッカー部、昨年の新人戦1年生大会で予選1位通過を果たしたダークホース國學院大学FC ROSSOの3チームで、1位通過をし…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.07

【チームの根vol.6】”敏腕会計士” 立教大学サッカー愛好会 岩佐 顕三郎(4年=広島なぎさ)

立教大学の雄として、実力、そして周りが羨むほどの雰囲気を兼ね備える立教大サッカー愛好会(以下、立愛)。 今回は、立愛を会計長と言う一見地味な役職、マガジン杯の"Dキャプテン"としてチームを支えた男に…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.02

【美女マネvol.26】シリーズ開始から約1年!節目を華々しく飾る素敵なマネ!

  こんにちは!!   そして本当にありがとうございます!!       なんと、美女マネ第1回公開から約1…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.04

【新関東リーグ2017・1部第4節ハイライト】混戦の残留争い!!伝統の2チームが優勝争いを繰り広げる!

【新関東リーグ2017】雨の予報もなくなり晴天を迎えた集中開催初日。今後の順位に大きく影響する2連戦の初戦が行われた。   明治大学体同連生田サッカー部 - 早稲田大学FC.GU…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.04.24

【サークル × 体育会イベント】早稲田大学ア式蹴球部 須藤友介『サークルと体育会の見えない壁を壊す』

3/27(水)に大学サッカー界新たな試みとして開催された「サークル × 体育会」イベント。先日公開させていただいたサークル側の立場からの気づきを綴った記事に引き続き、今回も「サークル × 体育会」イベ…

read more 高橋佑輔

-PICKUP CIRCLE-