【H.I.S.主催ドルトムント選手交流会&マーケティングセミナー】愛されるクラブになるためには?同好会運営へのヒントがここにある!

BeYonD 編集部

2017年7月、香川真司選手も所属するブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムントは2年ぶりとなる日本ツアーを行いました。
ドルトムントのツアーパートナーとして旅行代理店のH.I.S.が契約を結び今回の来日に至ったのはご存知でしょうか。
H.I.S.はドルトムントと2014年からリージョナルパートナーとして、活動を連携しているのです。
今回BeYonDはドルトムントの日本ツアーの一環である「H.I.S.主催マーケティングセミナー・選手交流イベント」を取材させていただきました。
2005年に破たん寸前となったドルトムントがどのように復活を遂げたのか。
クラブを自分たちで運営する同好会カテゴリのみなさんにとって、参考にできるのではないでしょうか。

 

マーケティングセミナー

セミナーに登場したのはドルトムントの営業・マーケティングの責任者カーステン・クラマー氏(以下クラマー氏)。

img_1624
軽快なユーモアで場を和ます場面もありましたがこのセミナーを通してクラマー氏のドルトムントへの熱い気持ちがよく伝わってきました。

ドルトムントは現在14万5千人以上のクラブ会員に支えられています。
ドルトムントのビジネスに関わる従業員は約800人!!
クラマー氏が在籍するのはセールス&マーケティング部署で彼は400人いるその部署の責任者を任されています。

昨シーズンのドルトムントの収益は約410億円!!
1990年代に選手補強に巨額を投じて2005年に破たん寸前になったクラブとは思えませんね!
「我々はあくまでサッカークラブであり、サブビジネスとしてホテルを経営していたり投資をしているわけではない。愛するサッカーをメインにビジネスを行っているんだ。」
クラマー氏の言葉の通り、収益におけるメインのビジネスはサッカー事業であるのです!
収益の内訳についても
・放送権
・スポンサーシップ
・試合のチケット収益
・選手の移籍金
についても偏りがなく整合性の取れたものとなっており、非常にいい経営が維持できているそうです!

 

クラマー氏のこだわり

ドルトムントのブランド・アイデンティティー

チームの一体感
ビックタイトルへの野心
地元を大切にするオーセンティシティ
最も大事なINTENSE(熱狂)img_1872
この4つの柱から熱狂的なクラブであり続け、ファンのハートに入り込むようなクラブであり続ける。
我々はサッカーチーム

ドルトムントは第一にサッカーチームである。マーケティングをすることにおいて、サッカー事業を最も大切にしているクラブ。

選手は買うのでなく育てる

一人のスーパースターがいることでクラブが有名になることがあるが、ドルトムントはそのような方法をとることはない。
若手選手の育成に力を入れるスタイルでここまでの成長を遂げた。

 

 

そして舞台はアジアへ

国際戦略の際にクラマー氏はクラブのレジェンド的な存在である香川選手の出身であるアジアに目を向けました。
アジアの人々にドルトムントを知ってもらうために、どのような方法を取ったのでしょうか?

①become visible:まずはドルトムントの試合やイベントを通してチームを知ってもらう。
②become hot:ツアーが終わった後でもファンの方に熱く思われ、試合をチェックしてもらう。
③become love:ドルトムントがファンの方にこの先ずっと愛されるチームになる。
以上3つのステップを踏むことによってアジアのファンを獲得しようと試みたのです。

今回、①become visible:試合やイベントを通してのファン獲得のために来日したことがお分かりいただけると思います。
そうです。今回のツアーは単に試合をするだけではなく選手との交流イベントも行われていたのです。

img_5262

選手交流イベント

選手交流イベントでは元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロ選手と元ドイツ代表DFエリック・ドゥルム選手にお越しいただきました。
当初の予定ではサイン会と全体写真を行うはずだったのですが、一人一人と写真を撮っていただくという至れり尽くせりで会場は興奮の渦に包まれました!!(選手の写真は肖像権の都合上記事に掲載することができず申し訳ございません。)
質問タイムでは参加者70名程度の中から選ばれ、私浅川がBeYonD代表として質問させていただきました。

~ドゥルム選手の髪型が好きなのですが、どのようにセットしているのですか?~

「今の髪型はあまり気にいっていないので、こだわりがありません。言えることとしたら少し髪を濡らしてジェルを使っています。髪型を気に入ってくれて嬉しいです。」

~おすすめのドイツビールを教えてください~

両選手「体のことを気にしてビールを飲まないのでよくわかりません。でも一つ挙げるとしたら“ブリンコフ”がおすすめです。なぜならこれはドルトムントのスポンサーだからです(笑)」
ドイツ人誰しもがビールを飲むという私の思い込みは間違いでありました。
カストロ選手とドゥルム選手のプロ意識に感動です。

 

選手交流イベントはもちろんクラマー氏の講演でも多くの質問が飛び交うなど大変な盛り上がりを見せました。
BeYonDにこのような貴重な機会をいただいたH.I.Sのみなさんありがとうございました。

同好会カテゴリの選手のみなさんにもチームのマネージャーのハートに入り込み熱狂させることができるような試合やチーム運営を目指していってもらいたいですね!
私たちBeYonDもその活動のお手伝いをすることができたら嬉しいです!

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2019.05.25

【BMOM125】川島 優太(3年=東京ヴェルディ)圧倒的なサッカーセンスで相手を翻弄する

新関東カップ二回戦第三試合。慶応義塾大学慶応キッカーズ(以下:慶応キッカーズ)と、明治学院大学白金FC(以下:明治学院白金)の試合が5月18日(土)ATSU FOOTBALL FIELDにて行われた。…

read more 齋藤優
コラム 2017.04.20

【新チーム始動インタビューvol.8】”早稲田大学 稲穂キッカーズ”

昨年度、新関東カップ、アットホームカップ、新関東リーグで優勝を果たし、日本一に輝いた早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。 まさに「稲穂の年」と言われた昨シーズンが終わり、新シーズンが幕を開け…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.05

マネージャー事情 第一弾みんなの寒さ対策

1.定番「ホッカイロ」 ホッカイロはもはやサッカー観戦を問わず冬の必需品!貼るタイプはお腹や背中に、貼らないタイプはポケットに常備するなど複数使用は当たり前のようです。また末端冷え性の方には…

read more 鈴木瑠華
コラム 2019.05.21

【BMOM122】鹿野鉱樹(1年=専大松戸)1年生ながらチームの攻撃を牽引!同点弾で勝利に大きく貢献した法政工体連の新戦力!

5月18日ATSU FOOTBALL FIELDにて、新関東カップ2回、明治大学グルービーキッズ(以下:明治グルービー)vs法政大学工体連サッカー部(以下:法政工体連)が行われた。 昨年度のリー…

read more 平野楓
コラム 2019.06.16

【大好評イベント!】マネージャーカレッジ開催!

みなさんこんにちは! BeYonD兼稲穂キッカーズマネージャーの高橋ちひろです。   普段はプレーヤーメインの記事が多いですが、 今回はマネージャーの皆さんにお知らせ…

read more 高橋ちひろ
コラム 2017.09.07

【同好会情報vol.10】マガジン杯とは?

みなさん夏休みどのようにお過ごしでしょうか?9月に入り、 暑さもなくなり秋らしくなってきましたね!   しかしこの大会なしでは夏は終われない…   そ…

read more 北村莉穂
コラム 2020.05.26

【イケメン特集vol.5】FC東京U15出身!サッカーサークル界の”貴公子”に取材!

皆さんこんにちは!!お家時間いかがお過ごしでしょうか。 外は暑くなって来ましたね。外出自粛の生活も、もう2ヶ月になります。 今僕が思うこと。 「そろそろ友達に会いたい。」 皆さんも自粛生活に疲…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.02.20

【BMOM118】小林将真(2年=新潟明訓)中盤をオーガナイズし勝利に貢献!

2月15日(金)中央大学学内戦決勝が浅川スポーツ公園グラウンドにて行われた。 決勝戦は、昨年新関東カップ・新関東1部リーグの2冠を遂げた中央大学体動連フースバルクラブ(以下、中央フースバル)と新…

read more 落合陸
コラム 2021.02.18

【特別企画】『体育会』から『サークル』へ活躍の場を移した選手たち~vol.2~

こんにちは、BeYonD編集部です!   2月に入り、そろそろ大学入試が終わって大学が決まり、大学生活での「サッカー活動」の選択をどうしようか考えている人も多くいる頃ではないでし…

read more 杉本達郎
コラム 2017.05.05

【同好会基礎情報vol.7】稲穂FESTAってなに?

  GWも終盤にさしかかってきましたね!   どのチームも新歓が終わり一息ついてるところだと思います!   そしたらやっぱり気になるのが、明…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-