【プレからの想いvol.3 】”マネはスパイス”

BeYonD 編集部

夏の合宿もほとんど終わり、3年生にとっての最後の夏が終わろうとしています。
久々のこの企画…

プレからの想い

今回はユニオンリーグから、

早稲田大学 GIOCATORE

このサークルは、男の子がサッカー、女の子がマネージャー兼フットサルということで、男女ともにプレイヤーのサークルです。
今回は、<幹事長 土屋さん><キャプテン 佐藤さん><副幹事長 岩井さん>にお話をお伺いしました。

image1

○2人とも高校の頃にマネージャーがいたということですが、サークルのマネージャーをどう感じましたか?
岩井:ジョカのマネはサッカーをサポートするよりも、僕らに会いに合宿や試合に来ているイメージ。

土屋:俺らそんなアイドル的感じ?笑 まあ合宿で女子同士でも集まって楽しそうだったよね。

岩井:俺の高校時代のマネは、サッカーが大好きでどうしてもマネがやりたくて、5年ぶりにマネージャーを採用した。だからこそ、その子も理想のサッカーを持っていてプレと意見がぶつかることがよくあった。

土屋:大学のマネはそれに比べると、マネ兼友達だったよね。だから、応援もより嬉しく感じていた。

岩井高校のマネは一緒に戦っていると言うよりも、先生や監督と同じ運営側の立場だったけど、サークルのマネは一緒に戦って一喜一憂する存在だった。

 

 

○部活や他のサークルもある中で、なぜジョカトーレを選んだのですか?

岩井:部活は実力的にも考えてなかったし、サッカー以外にも色々やりたいことがあったからサークルにしたな。

土屋:俺らは地方出身で、何もわからない中で最初に行ったのがジョカトーレで、一人暮らしだったこともあり、先輩にすぐ誘われて遊んだりしていた。そしたら他のところよりもジョカの人と仲良くなっていた。

image2-2

○サークルの良さはなんだと思いますか?

土屋:合宿とかで勝ち負けだけを気にするのでなく、それ以外でも楽しいことがあると思った。新しいサッカーの楽しみ方を覚えた。

岩井:高校の部活とは違って完全実力制じゃないから、均等に同じレベルの人と出来る。なおかつ、実力のチームわけじゃないからこそ、みんなとサッカーが出来て“あいつとあんまやったことないな”とかもない

土屋みんなで楽しめるのがサークルだと思う。

 

 

○インカレという良さはあると思いますか?

佐藤いい意味で変な子もたくさんいて面白かった笑 ただ、女の子は女子大の子も多くて同じ大学の子同士がよく一緒にいるなっていう印象が時折ありましたね。あまり深くはつっこまないようにしていましたけど、そういうグループ同士で少しもめたりもしたのかな、、?笑

土屋:試合によく来てくれるグループとか女子練に来てくれるグループ、飲み会要員とか分かれちゃうのはしょうがないと思う。

岩井:俺らとは大学が違うことで授業がどれだけ大変なのかがわからないから、ここ来られないの?とか無理にお願いしてしまうことが出来なかった分、逆に良かったのかなと思う。

土屋:サークルの許容は大事だと思う。インカレって、いろんな人がいるから楽しい部分は大きい。サッカー以外に普段の趣味があったりするといいと思う。

岩井:女子大の子は、僕らを立ててくれたり、優しい子が多い気がするので

土屋:基本的に早稲田のサークルだし、男が仕切っている方が円滑に進むと思うから、女の子が俺らの意見を聞いてついて来てくれるのがとてもやりやすくて感謝している。

image3

○マネがいてよかったと思うことは?

佐藤:みんな授業やらバイトやら忙しい中、授業の空きコマや、なかには授業をお休みして応援に来てくれる子もいて選手としてはそこが1番嬉しいことでしたね!

土屋:試合中は応援してもらえるとやる気は当然出る。だから。前半右サイドでベンチにマネがいるとスライディングしてみたりとか、ヘディングしてみたりしていた笑 そういう面で、部活とかは男の子が応援しにきてくれるけど、サークルだとたくさんの女の子が応援に来てくれるから、その方がやる気に繋がると思う。みんなで同じ方向を向いていたからこそ。

岩井:単純にボトルとかを何も言わずしてもやってくれるのも嬉しかった。試合後もベンチ移動するときも、最後まで残ってちゃんと忘れ物チェックしていてくれていたなぁ。

土屋普段気づけないけどちゃんとやってくれていたと思う。

 

 

○逆にマネにやって欲しかったことはありますか?

土屋:合宿でチームが分かれたりする時に、どうしても勝ち進むチームと下位になるチームがある。そうすると勝ち進んでいる方の試合に女の子は行きがちだった。しょうがないのはわかっているけれど、じゃんけんとかで均等に来て欲しかったかな〜笑

岩井:あと、めちゃくちゃ要求高いことを言うと、サッカーをもっと見て欲しかったかな。ルールとか知らない子が多くて、点決めたり止めたらすごいって感じだったから笑

土屋FWとGKだけじゃなくて中盤もすごい走ってるから、見て欲しい。試合後に少し声をかけて欲しかった。

岩井:この前、練習で脱臼した時に、相手のマネがそういう対応ができる資格を持っている子がいて、救急車よんでくれたりしたので、うちのチームにもいたらなと思った。プレは試合しているので、その怪我の対応はマネがしてくれたら、安心してサッカーに集中できるかな

土屋:サッカーを好きになったら、そういうサポートも自然とできるのかな

image2-2

佐藤:贅沢なこと言うと、うちはモチベーションビデオを作ったことがなかったのでもしマネが選手の動画とか作ってくれたらみんな大喜びして試合へのモチベーションももっと上がるんじゃないのかなぁと思います笑

土屋:それは少し意見が違うかなー

岩井:それって他のチームはプレが作っていることが多いんだよ。その試合に対するモチベーションが高いプレが作ったりするから、それは女の子に作ってって言うのはなぁ… 勝とうっていう気持ちが高いのを女の子が作ってくれるのは、ありがとうってなるけど、うちの方針的に勝てたらいいよねっていう気持ちが強かった。合宿全体としても絶対に勝たないと意味ないと言うよりも勝てたらなおよしと言う感じだった。だから、モチベーションビデオあったら嬉しいけど、そんなに見なくてもやる気はあるかな〜

土屋:インスタのストーリーくらいでも嬉しいし、何よりも応援に来てくれるのが一番嬉しいかな!!

 

 

○プレにとってマネージャーとは?

土屋:いなくてもサッカーとしては成立するけど、いないとサークルとしては成立しないと思う。

岩井当たり前だけどなくてはならない存在かな

土屋スパイスだと思う、カレーに例えると笑

image2

プレイヤーとマネージャーだけの関係ではなく、プレイヤー同士という関わりのお話はとても新鮮でした。
また、サッカーのことをもっと知ることで、より良いサポートも出来るのではないでしょうか…

早稲田大学 GIOCATOREのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2021.04.04

【新歓記事2021】vol.10専修大学サッカーサークル

こんにちは!新歓記事vol.10では専修大学の2チームについて紹介していきます!   専修大学サッカー愛好会 ・大学名・チーム名 専修大学サッカー愛好会 ・自分達の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.28

【あの人たちが対談vol.1】カップ戦準決勝で対戦したグルービーとHUMANが対談!

"あの人と対談"という新企画を始めました!あの人と対談したいなどのご要望があれば是非ご連絡ください!マガ杯の決勝戦などマネ対談などなどやっていけるといいですね! 今春に行われた新関東カップの準決…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.12.10

【BMOM139】丸山航平(2年=松本山雅U-18) 悲願の一部昇格を勢いづけた先制点!チーム1の愛されキャラが勝利を手繰り寄せた!

先日行われた新関東リーグ一部昇格をかけたプレーオフの昇格戦で、早稲田大学HUMAN F.C(以下:ヒューマン)は明治ESPERANZAを下し、悲願の新関東一部参入を決めた。2-0というスコアで勝利した…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.31

【新関東カップ戦2022 予選リーグ マッチハイライト】決勝トーナメント進出4チームが決定!予選リーグを勝ち抜きベスト8へ駒を進めたチームは!?

5月29日(日)鹿島ハイツにて新関東カップ戦の予選二日目が開催された。この日で第1グループから第4グループの決勝トーナメント進出チームが決まる大事な1日となる。   第1グループ …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.24

【BMOM33】 丹羽遼(3年=東海大仰星) バランサーに徹した男のスーパーボレーで延長戦を制し、グアムの切符を掴み取る!

【BMOM33】京都産業大学 ONZE 15番 MF 丹羽遼   Guam Championship本大会・決勝は東洋大学 FC Liberte(以下Liberte…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.15

【新関東リーグ2017MVP】やんちゃな王様から、真の王様へ。早稲田稲穂、長瀬が新関東リーグ2017MVPに輝く。

新関東リーグ1部2017が閉幕。優勝した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が東西対抗戦も制し、日本一に輝いた。 優勝した早稲田稲穂から、攻守ともに気迫溢れるプレーでチームを牽引したMF…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.05

【BMOM102】小竹直輝(2年=新潟明訓)決勝戦で1G1A!初優勝の立役者に!!

7/1(日)、埼玉スタジアム2002第4グラウンドにて、新関東カップ2018の決勝戦が行われ、早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)が対戦。 後半…

read more 遠藤瞭介
コラム 2019.04.23

【サークル × 体育会イベント】早稲田稲穂キッカーズキャプテン 中島剣士郎『実際にはサッカーに熱中する同じ大学生』

3/27(水)に大学サッカー界新たな試みとして開催された「サークル × 体育会」イベント。この日はサークルvs体育会でバチバチの試合が繰り広げられた後に、交流会が開催され、お互いのイメージや価値観を交…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.11.22

【BMOM14】溝部 賢人(3年) 冷静かつ熱くゴールを死守

九州が生んだ冷静な番人 明治グル―ビーは、先日行われた新関東リーグ最終節で中央フースバルと対戦した。勝利した方が2位という大事な一戦。結果は0-0の引き分け。得失点で明治グル―ビーが上回り、2位でリ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.07.12

【BMOM134】鷲田修一(3年=多摩)抜群の安定感とキャプテンシーでチームを優勝に導く。

7月7日、立教愛好会(以下:立愛)と青山理工サッカー部(以下:青理)の新関東カップ決勝戦が行われた。強い風と雨が吹き付ける悪天候の中の試合は前半に先制点を挙げた立愛がそのリードを守り切り、令和最初の新…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-