【プレからの想い vol.4】 “マネは当たり前ではない。感謝すべき存在。”

大貫 杏華

マガジン杯が始まりましたね!!

 

プレイヤー、マネージャー、一丸となって戦っていますか??

 

また試合以外の時間はプレマネ仲良く過ごしていますか??

 

夏の最後、プレマネ一緒に過ごすイベントの中だからこそ、プレの想いを伝えてもらいましょう!!

 

今回は、4年生でマガハイ参加中のこのチーム

慶應義塾大学 キッカーズフットボールクラブ

4年生の<粂田優至さん><宮武優旗さん>にお話を伺いました!

Processed with MOLDIV

○高校時代にマネージャーはいましたか?
粂田:男子校だったから女子マネージャーというのはいなかった。
最初1年生で入った時はどう接したらいいのかわからず困惑するところがあったけど、でも少しずつ自分の中で壁はなくなってきて仲良くなれるようになった
宮武:代表と同じように、高校時代マネージャーがいなかったから、マネが洗濯とかやってくれるのにびっくりした。

 

○部や他のサークルでなくキッカーズを選んだのは?

粂田:高校の監督から部活をやれとずっと言われ続けていたので正直揺れたところはあった。
でも、たまたま高校の先輩がキッカーズにいて誘ってくれて、練習に参加してすごく楽しいなって思って入った。
宮武:慶應の時点で部活は考えてなかった。
代表みたいにサッカー上手くないし笑 慶應の体育会はユースの子もいたりして強いから、他大だったら入ったかもしれない。
1年の初めはサッカー続けるかも迷っていて、ヨット部とかも見ていた。
けど、やっぱりサッカーに戻り、高3の時にアットホームカップで優勝していて憧れていたキッカーズに入りたいと思った。

 

○マネージャーがしてくれて嬉しかったことは?

粂田:マネージャーがしてくれてというか、やっぱりマネージャーがいてくれるっていうことが1番嬉しかった
自分たちがプレーしているわけじゃないのに感情移入をしてくれて、一緒に泣いて笑ってくれる存在っていうのが凄いなって思って、すごくありがたい存在だなって試合や練習のたびに思わされている。
宮武:正直全部。大学入ってマネージャーがいて、試合の時は本当にサッカーだけに集中出来るような環境が整ってると思った。
1部のチームに比べたらまだまだなのかもしれないけど、水やってくれたり、テーピングしてくれたり、
試合に出ている人間が試合に集中できる環境を現場で作ってくれたのはマネージャー
試合の結果に直結する役割だと思った、
粂田:試合のサポートの時は色んなサポートを頼んでいたけど、やっぱり1番嬉しかったのは応援をしてくれることだと思う。
試合中集中していて気づきにくいけどちゃんと声を出して応援してくれることがすごく幸せなことだなって今になって感じることだと思った。

image5

○マネにして欲しかったことは?
宮武:もうちょっと来て欲しかったかな。
それは、俺らが単純にさみしいってこともあるし、別にマネージャーが来てくれるから勝敗が決まるわけじゃないけど、特に同期のマネはずっと一緒にいて仲いいと思っているから、キッカーズの1つ1つの活動には極力同じ熱意で一緒に動きたいなと思っていた。
俺らがどれだけ意気込んでやっていても、マネがあんまり多くないこともあったから。
それは、俺らがマネに対して魅力的なチームにできなかったとかも感じている。
来てくれたら働いてくれるんだけど、来てくれないこともあったから、もう少しうまくマネを惹きつけられたらよかったなと反省はしている。
粂田:うちのサークルは強制参加じゃないからそこがいい点でもあり悪い点でもあるってずっと思っていた。
ずっと来てくれる人は来てくれるしあんまり来ない人は来ないしみたいな感じで、もっと全員来て欲しいなっておもう瞬間は何度かあったかなって思いた。

 

○マネージャー同士、プレマネ間で、マネの参加率が影響したことはないですか?

宮武よく来て仕事してくれていたのは2人だった。

でも他のマネージャーもそれを分かっていて、2人を中心に動いてくれるから、俺らから見ていてもスムーズに動いてくれていると思った。
2人も、なんで自分たちだけっていうのを出さずに仲良くしてくれっていたから、2人のキャパにも救われたかな。
どちらかといえば、2人は俺ら側かな。
来てくれたら良いねくらいの感じ。
2人がチームに捧げてくれたのには感謝しているし、その2人を支えてくれていた他のマネにも感謝している。
お互い謙虚さを持っていたから仲良かった思うし、同期のマネは後輩にも良い関係と思われるマネだったと思う。

image1-2

○どうしたらマネがより来てくれると思いますか?
宮武:本当に関係ないけど、1部のマネが多いチームとか羨ましいなと思う笑
けど、全員強制っていうルール付けは俺らには出来ないし…
将来的には、強制はしなくても自然と人が集まって来るチームにしたいと思っている。
暗黙の了解みたいな感じで。
プレーヤーの中ではそれが共有出来ていたけど、マネージャーは実際サッカーをするわけではないし、俺らみたいに騒いで楽しむのは少ないと思う。だから、もう少し普段の練習からマネを巻き込むようなことができなかったのかなとは感じた。
それに、去年のマガハイでAが早い段階で負けてしまって、マネにすごく申し訳ないし情けないのを感じて、マネージャーはお金払って夏休みの時間使って来てくれたのに、こんな試合5日間じゃそりゃ来なくなるよねとも思ったし。
10月のアットホームカップとかもあるし、これからについて話し合ったし、マネへの恩返しの仕方やマネが来たいと思うサークルにするために話し合った。
男だけで集まればマネに感謝してる話も出るし、どうしたら来てくれるかなとか、最近あいつ来てないなとかも話すから、俺らにとってマネは大事にしたい大切な存在だったから、それはもうちょっと上手く伝えればよかったかな。

image6

○サークルならではのことは?
粂田:ご飯を食べに行ったり、飲みに行ったり、ディズニーにいったり特に同期のマネージャーとは色んなところに行って、そういうイベントごともたくさんしたし、ただただ何も考えずにたまったたりしてそんな何気無い瞬間ですら一緒にいて落ち着くという、そういった感覚だった。
宮武:俺らが遊びに行く、旅行に行くってなったらまずキッカーズで行くことが多いから、その時にはマネも含めてみんなで楽しみたいと思っていた。
普段は勝てるチームとして目指しているけど、マネージャーに対してこのサークル楽しいなって楽しんでもらえるような雰囲気を作ろうとしていた。
「マネに恩返ししたい」という想い。

それもあり、夏合宿とかで最近はレクとかを入れて、プレマネ問わず雰囲気を楽しめるように意識していた。

image3-2

○マネとは?
粂田:マネージャーがいないとサークルは成り立ちません。
それだけは1番に言えると思う。
普段は恥ずかしくて言えないし、マネージャーがいるっていう環境が当たり前だと思いがちだけど、みんなプレーヤーは感謝しているしありがたい存在です。
宮武:お母さんとかいったら怒られんだよな普通に笑
大切な存在とか言葉で表せないくらい大事な存在だし、サークルを支えている存在。
言葉がないな… 本当に感謝しかない。なくてはならない存在だし、個人としてもサークルとしても最初に感謝を示す存在
それくらいチームに貢献していると思う。
マネがいるのを当たり前だと思ってはいけないし、感謝を伝えて恩返しをしなきゃいけないと思う。

(マネはキッカーズにとって大切な存在なんですね)

粂田:もちろんです。マネージャーがプレーヤーのためを思って普段動いてくれるからこそ、プレーヤーらマネージャーのためにという気持ちで試合に臨めると思います。本当にこれからもよろしくお願いしますって感じです。

image4

お二人ともどうしたらマネージャーも巻き込んで楽しめるかということを考えていて、
またマネージャーを大切にしたい気持ちを強く持っているとてもマネ想いなプレイヤーですね!!

大学生活最後のマガハイも、プレマネみんなでたくさんの思い出を作ってるでしょう…

残り3日間みんなで楽しくマガハイを盛り上げていきましょう!!

慶應義塾大学 キッカーズフットボールクラブのチームページ

Written by

大貫 杏華

onuki

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.08.16

【BMOM70】 抜群の推進力と身体の強さを活かし、矢部晃太(3年=埼玉栄)がFC FLITTを東洋大学頂点に導く2発!!

先日大雨の中行われた東洋大学 F.C. FLITT(以下FLITT)と東洋大学 就活してboys(以下就活)による東洋大学学内戦決勝は、打ち合いの接戦となった。 天候のせいか、試合は互いにロングボー…

read more 大塚朝史
コラム 2019.02.12

【BeYonD🐝×Criacaoイベント】新3年生幹部が集結!!リーダーズカレッジ

2019年1月16日(水)西新宿にあるCriacaoオフィスにて 新関東リーグに所属するサッカーサークルの新3年生幹部30名集めたリーダーズカレッジが行われた。 今回はそのリーダーズカレッジで…

read more 成瀬将希
コラム 2019.06.05

【BMOM131】田村和己(3年=FCトリプレッタ)工体連のファンタジスタが格上相手に躍動。

5月25日ZOZOパークで新関東カップ3回戦FC.GUSTA(以下:グスタ)と法政大学工体連サッカー部(以下:工体連)の試合が行われた。試合は華麗なパスワークから多彩な攻撃を仕掛けるグスタに対し、工体…

read more 狩野幹太郎
コラム 2017.07.10

【新関東カップ2017】ベストイレブン

6月24日、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下稲穂)が明治大学Groovykids(以下グル―ビー)を下し、見事な3連覇で幕を閉じた新関東カップ2017。この大会で活躍した選手からベストイレブンを選出させ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.09

【新関東カップ2017】敢闘賞

新関東カップで対価通り新関東1部のチームが上位進出を果たす中、トーナメント上位進出はならなかったものの格上相手にも勇敢に戦い、素晴らしい戦績を残したチームがいたことをみなさんはご存知だろうか。 …

read more 古平 翔太
コラム 2017.07.13

【マネの技術Vol.4】〜レンズ越しにプレを追いかるマネ達〜

7月になり、だんだん夏休みが近づいてきましたね! 夏休みは合宿にイベント、みなさんたくさんの思い出ができるのではないでしょうか。 そんな思い出を振り返るのに不可欠なのが“写真”。 プレイヤーの真…

read more 大貫 杏華
コラム 2016.11.23

【美女マネ特集vol.6】第6回は同好会カテゴリー屈指のかわいい集団との呼び声も高いあのチームのマネ!

こんにちは!   今日は勤労感謝の日ですね。   年一回ペースで勤労を感謝されてもあまりしっくりこないですよね。   とりあえ…

read more 上野澄人
コラム 2016.11.11

【BMOM9】CB福田拓也(3年) 先制点を挙げ勝利に貢献

 攻守の要  福田   第5節、4連勝で勝ち点12と首位を走る稲穂は、勝ち点1差の立教愛好会と対戦した。結果は誰もが驚いただろう。5-0で稲穂が大勝した。稲穂の攻撃陣が爆発するきっか…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.14

【チームの根vol.5】“破天荒副キャプテン” 早稲田大学HUMAN F.C. 阿部雅也(4年=渋谷幕張)

昨年苦くも、新関東リーグで入れ替え戦の末1部残留が叶わなかった早稲田大学 HUMAN F.C.(以下、HUMAN)。ただ今期の学内戦では再び早稲田の頂点に立ち、復活の狼煙を上げている。今回は、そんなチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.25

【マネの想いvol.1】 ”プレーヤー目線に立てるマネージャーでいるために”

大学サッカー同好会カテゴリーにおいてマネージャーは必要不可欠な存在である。また、マネージャーのあり方もチームによって大きく異なる。本企画は、様々なチームのマネージャーの想いをインタービュー形式で探って…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-