【新関東リーグ2017・1部第3節】連勝中の2チームが敗れ3冠をかけた覇者が僅差で首位へ踊り出る!1部全4試合をハイライト!

BeYonD 編集部

爽やかな秋の空模様の中、新関東リーグ1部第3節が行われた。

早稲田稲穂 – 明治体同連

1試合目はマガハイ優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と同大会準優勝の明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同連)の屈指の好カード。優勝のために両チームともに負けられない一戦は3-1で早稲田稲穂が勝利した。稲穂は開始3分に長瀬(3年=國學院久我山)が先制し幸先よくゲームを進める。しかしマガハイの雪辱を果たしたい明治体同連も遊馬の得点によって前半のうち同点で折り返す。早稲田稲穂はボランチの山本が一発退場し10人という数的不利に立たされながらも、持前の豊富な運動力を活かし中島(1年=早大本庄)とオウンゴールにより3-1で明治体同連を下した。

 

明治グルービー – 立教愛好会

2試合目は残留のために負けられない明治大学Groovy kids(以下:明治グルービー)と優勝のために勝利が欲しい首位立教サッカー愛好会(以下:立教愛好会)の一戦。首位立教愛好会の猛攻をなんとか耐えていたグル―ビーは前半終了間際に小田島(3年=國學院久我山)がドリブルで立愛DFを単独で突破し先制点を決めた。意地を魅せたい立教愛好会は後半に入っても猛攻を続けた。必死に猛攻に耐えていた明治グル―ビーであったが後半5分ループパスに抜け出した立愛11番藤田(3年=暁星国際)が左足で巻いたビューティフルゴールを決め追いつく。しかしこの日の明治グル―ビーは一味違った。30分29番川田がミドルレンジから豪快に左足を振りぬきスーパーゴール。2-1で立愛を下した。早稲田稲穂が1試合目に勝利したため、首位の座を明け渡すことになった立愛は次節の明治体同連戦までにチームを立て直すことが至上命題であろう。

ccbb86cc-5dae-4d0e-9329-659c05e53e2e

 

早稲田グスタ – 中央フースバル

3試合目は共に勝ち点1で並ぶ早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)と中央大学体同連フースバルクラブ(以下:中央フースバル)の一戦。残留争いから抜け出すために勝ち点3が欲しい両チームの一戦は均衡したものであった。終始中央フースバルがボールを支配し猛攻を仕掛け、早稲田グスタが耐えカウンターで虎視眈々と得点のチャンスをうかがう展開。幾度となくチャンスを作った中央フースバルであったが早稲田グスタの両CB金子(3年=早大本庄)と関(1年=浦和レッズU-18)の牙城を最後まで崩すことができずにタイムアップ。共に残留争いから抜け出せなかった両チーム。早稲田グスタは次節、最下位の明治生田との裏天王山で勝利できるかが残留への分かれ目になるであろう。また、優勝候補の一角に上げられていたいた中央フースバルにとっては痛い引き分け。この1週間でどこまでコンディションを上げられるかが今後のキーとなる。

 

明治生田 – 青山理工

4試合目は勝ち点0の明治大学体同連生田サッカー部(以下:明治生田)と勝ち点3の青山学院理工サッカー部(以下:青山理工)との一戦。試合開始早々、明治生田の小林(3年=三重海星)が鮮やかなループシュートを決め、幸先良くスタートしたがその後は拮抗した試合展開に。1部常連として昇格組には負けられない青山理工は後半17分キャプテン亦野(3年=八千代)がゴール正面から鮮やかな直接FKを決め同点にすると、その後も立て続けに決定機を作り出すが決めきれず1-1でタイムアップ。決定力のなさが露呈してしまった青山理工は早急にチームを立て直したいところ。一方ようやく勝ち点を獲得できた明治生田はここから勝ち点を積み上げたい。

2969cc0a-171d-42b6-b619-501153c6aee4

第3節の結果により首位争いは混戦を極める。早稲田稲穂が勝ち点7で首位。立教愛好会、明治体同連が勝ち点6で早稲田稲穂を追う。しかし次節立教愛好会と明治体同連は直接対決。優勝のための天王山となる試合は要注目だ。一方で残留争いも混戦である。勝ち点2の早稲田グスタと勝ち点1の明治生田。3チームとも一刻も早く勝ち点3を獲得し残留争いから抜け出しところであろう。

 

【第3節】(10月28日)

[ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA]

早稲田稲穂3-1明治体同連
[早]長瀬 中島 オウンゴール
[明]遊馬

明治グル―ビー2-1立教愛好会
[明]小田島 川田
[立]藤田

早稲田グスタ0-0中央フースバル

明治生田1-1青山理工
[明]小林
[青]亦野

362aad21-0d43-495c-b15f-33e65e4c2886

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2020.11.07

【新関東リーグ2020・1部第3節マッチハイライト】連勝か、初勝利か。絶対に負けられない戦いの行方は?!

11月7日、新関東リーグ2020・1部第3節@鹿島ハイツの速報がこちら。 ①中央大学フースバルクラブ VS 早稲田大学HUMANF.C. (以下:中央フースバル、早稲田ヒューマン) 開幕2連…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.15

【新人戦2年生大会】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月5~6日に行われた新人戦2年生大会において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったもの…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.29

【新歓記事2021】vol.5 中央大学サッカーサークル

本日の新歓記事は、サッカーサークル数が少ないものの、強豪チームばかりの中央大学です! 本日紹介する3チームのうち、2チームが新関東リーグ1部に所属しています! (新関東リーグの概要は、Be…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.04

[BMOM1]MF新井裕貴(3年) “いぶし銀”のプレーで中盤を支配

【アットホームカップ決勝戦】味の素スタジアム西競技場 早稲田大学稲穂キッカーズ 2-1 法政大学学団連サッカー部 ”いぶし銀”の仕事人 背番号4番。エンジ色のユニフォームを着た、この男には"いぶ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.18

【新関東リーグ2017・1部最終節】早稲田稲穂が2連覇3冠達成!!明治グルービーはまさかの2部降格へ

【新関東リーグ2017・1部最終節】 同好会最高峰の新関東リーグが最終節を迎えた。 小雨が降りしきる中、優勝・残留を目指した熱い戦いが繰り広げられた。   引き分け以上でリー…

read more 森井 貴弘
コラム 2019.06.03

【BMOM130】石井 諒太郎(三年=日大習志野)チームの愛され大バカ者が値千金の先制点!

2019年5月25日新関東カップ第3回戦が行われた。カードは立教愛好会(以下:立愛)vs早稲田大学HUMAN.FC(以下:ヒューマン)。ヒューマンは2戦目、立愛はシードもありこの試合がチームとしては初…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.11

【美女マネ特集vol.1】記念すべき第1回はこの夏日本一に輝いたあのチームのマネ!!

ついに始まった夢の企画。 同好会カテゴリーに所属する全プレーヤーが この日を待ちわびていたといっても過言でしょう。   はい、過言です。 しかし、この日のためにボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.27

【新関東1部リーグ総集編】

【優勝】 早稲田大学稲穂キッカーズ   【得点王】 8得点 10番 MF 今井 淳貴 (3年=都立駒場) 早稲田大学稲穂キッカーズ 【新人賞】 76番 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.27

【マネの想いvol.8】"無冠の代とは言わせない"

–稲穂キッカーズ(以下稲穂)は練習がすごく厳しいことで有名ですよね。 週3回、午前に2時間練習します。早いときは8時から。2時間集中して練習を行います。遅刻は絶対にだめで、1年時からプレマネ関係なく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.20

【マネの想いvol.4】”稲穂は大学生活の全て”

第4弾となるマネの想いを語ってくれたのは、 早稲田大学稲穂キッカーズ 3年 船見優奈さん −稲穂キッカーズ(以下稲穂)に入ったきっかけを教えてください。 最初は新歓コン…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-