【BMOM80】川田朋典(3年=高松北) 劇的スーパーゴールでチームを勝利に導く!

BeYonD 編集部

BMOMに輝いた。と言うよりは選ばざるを得なかった。

明治大学Groovy kids(以下明治グルービー)は1節で大敗を喫し、2節では先制しながらもPKにより追いつかれドロー。
そしてこの試合も、前半終了間際に先制するも立教大学サッカー愛好会の個の力により追いつかれてしまう。

嫌なムード、劣勢の状態で迎えた後半残り5分、この男が一撃で流れを変えた。

競り合いが続き、浮き玉が相手を背負った29番川田(3年=高松北)の足元に渡る。SBの彼からは想像もつかなかったが、迷うことなく反転し左足ボレー。
力の抜けたボールは素晴らしい軌道を描きネットを揺らし、大会ベストにもあげられるだろう文字通りスーパーゴールを記録し、明治グルービーを初勝利に導いた。

df6d67bb-1c93-461d-ad06-d257bc831827

なるほど。
伝わらないかもしれないが
どうだろうこの愛くるしい顔は。

 

まるでガッシュベルのウマゴンのようではないだろうか。

『シュドルク!!』

本名はシュナイダー

 

まさにそんな感じだ。
そんな感じでしかない。
そう思ってもらわなければこの先非常に困る。
まずは川田に初勝利を振り返ってもらった。
『メルメルメルメ〜メルメルメ〜』
(*内容どうこうより勝点3取れて良かったです)

 

次は自身のプレーを振り返ってもらった。
『メルメルメルメ〜メルメルメ〜』
(*ゴール以外何も出来てないです。得点シーンは何も考えず振り抜きました)
と、謙遜しながら語った。

 

この一勝で上位陣との差も詰めたが、決して安心できる位置ではなく、気の抜けないまま集中開催を迎える明治グルービー。

 

今後の抱負を聞くと、気を引き締めてこう語った。
『メルメルメルメルメルメルメルメ』
(*今後もこのような試合を続けていけるよう頑張りたいです)

最後にヒーローになれてよかったです
(*メルメルメルメ〜)

f7899d33-5794-41a2-b4ac-969e9691f674

ポテンシャル軍団の名を持ちチームの有名選手に目が行きがちではあるが、そこには彼らを支える潰れ役たちがいるのだ。
対人の強さを活かした守備力と機を見た攻撃参加は決して目立たずとも、確実にチームの右サイドを支えている。
たとえ攻め込まれる時間が長くても、味方にどんな野次を飛ばされても、87番中司(3年=國學院久我山)が途中出場3分で交代しようとも、ブレずに最後の最後まで最終ラインで敵の攻撃をストップし続け、堅実に仕事に徹しきっていた。
川田は今後明治グルービーが残留、、、いや優勝争いに食い込むキーパーソンと言っても過言ではないかもしれない。

次節では、新関東カップ決勝で苦杯を舐めた早稲田大学稲穂キッカーズとの対戦だ。
なにやら苦手意識があるようだが、それはここには書かないことにしよう。

苦手意識を払拭した川田が、またチームの最後尾からチームを勝利に導くことに期待しメルメルメルメ。

明治大学 Groovy kidsのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.11.10

【新関東リーグ2017・1部第6節】マッチプレビュー

2017年11月11日、ZOZOPARKにて新関東リーグ1部・第6節が行われる。 開幕からすでに5節消化し、残すところあと2節となり優勝争い、残留争い共に目が離せない展開となった。 そこで今回は第…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.27

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.4

  明治学院大学 白金FC チームPR 昨年度は新関東2部リーグ2位、アットホームカップ全国大会ベスト4と白金FC初となる快挙を達成し、勢いのあるチームです。今年度は勢いそ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.03

【明治大学学内戦決勝】フォトギャラリー

9番井上(3年=浦和西)は確かなテクニックで前線で溜めを作り、チームに落ち着きをもたらしてきたが決勝では中々足元にボールを収めきれず。留学生クリストファーの通訳としての活躍が目立った。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.06

新人戦2年生大会 予選ダイジェスト「第1グループ〜第4グループ」

第1グループ 法政大学学団連サッカー部と新関東リーグ1部の明治大学体同連サッカー部、昨年の新人戦1年生大会で予選1位通過を果たしたダークホース國學院大学FC ROSSOの3チームで、1位通過をし…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.18

【9/22(金)開催】各業界トップクラスの内定者が集結!19卒「BeYonD就活キックオフ座談会」

こんにちは! BeYonDをご覧頂いている皆様、どの様な夏休みをお過ごしでしょうか? 今年は冷夏が続き、東京都心部は8月1日から雨が降り続いてるそうですね。 「あれ、そんな降ってたっけ?…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.01

【BMOM82】亦野陸生(3年=八千代) 鮮やかなFKで同点弾を演出

[10.28 新関東リーグ2017・1部第3節 青山理工 1-1 明治生田 ZOZOPARK] 一点のビハインドを負って迎えた後半17分、センターよりやや左で手に入れたFKのキッカーを務…

read more 高橋佑輔
コラム 2018.10.26

【BMOM110】山田隆太(3年=川和) ピッチを縦横無尽に切り裂く青理の「韋駄天」が躍動

10月20日に聖地、鹿島ハイツで行われた青山学院大学理工学部サッカー部(以下:青理)と早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)の一部リーグ強豪対決が行われた。 パスを繋ぎ相手を徐々に突き崩していく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.02

【プレーヤーからマネージャーへ vol.1】フースバル編

今回から、BeYonDの新しいシリーズ企画として、サッカーサークルにおけるプレーヤーからマネージャーへの想いをテーマとした対談を記事にさせていただきました。 第一弾は、中央大学体同連フースバルク…

read more 松本 瑠風
コラム 2022.04.23

今後のサッカーサークル界を牽引する11人を紹介!【前編】

【学年別ROUND 1年生 ベストイレブン】 先日スポーツマネジメント株式会社が主催するFOOTBALL COMPETITION 2022【学年別ROUND】1年生が開催されました。また、決勝戦…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.18

【文教大学学内戦決勝戦】フォトギャラリー

1番桐ヶ谷(3年=久喜北陽)はビッグセーブを連発し、ゴール前の番人となった。優勝の立役者はこの人に違いない。 10番関(1年=千葉経済大学附属)は豊富な運動量と共に、攻撃のリズム…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-