【新関東リーグ2017・1部第6節】マッチプレビュー

BeYonD 編集部

2017年11月11日、ZOZOPARKにて新関東リーグ1部・第6節が行われる。
開幕からすでに5節消化し、残すところあと2節となり優勝争い、残留争い共に目が離せない展開となった。
そこで今回は第6節の見どころを紹介していく。

第1試合 明治大学体同連サッカー部 vs 明治大学Groovykids

第1試合目から注目対決となった。
明治体同連は勝ち点9で2位と他力本願ではあるが、まだ優勝の可能性がある。
一方明治グルービーは勝ち点5で6位と残留争いに巻き込まれている。
お互い是が非でも勝ち点3が欲しいところだ。
しかし、今回はお互いの立場は関係なく、プライドをかけて戦う一戦になるだろう。
明治大学同士であり、長くライバルとしてしのぎを削ってきた同士の対決。
今回はどちらが制すのであろうか。

明治グルービーの注目選手は10番山中(4年=川和)だろう。
広い視野と抜群のパスセンスを武器に中盤を制圧できる選手。
前節も見事なスルーパスを見せ、アシストを記録した。
今回もその左足から放たれるキラーパスに注目したい。

明治体同連からはキャプテンの3番青木(3年=幕張総合)を挙げる。
試合状況によってポジションを変え、CBとボランチをこなす。
危機察知能力が高く、明治体同連の守備の中心選手。
明治グルービーの個の力を止めるには、欠かせない選手であろう。

5c6109ca-4e54-43d8-a207-e3825b84ce83

第2試合 中央大学体同連フースバルクラブ vs 明治大学体同連生田サッカー部蹴友会

第2試合は終盤にかけ調子を上げてきた中央フースと最下位に沈み残留争いを戦う明治生田の一戦。
フースは前節2位につける明治体同連を4-1で下し、まさに勢いに乗っている。この勢いに乗ってさらに上位に食い込んで行くために重要な一戦となる。
明治生田は今だに勝ち星がなく、苦しい戦いを強いられている。
1部残留のためにはこの試合での勝利は必須であろう。

フースの注目選手としては、やはり10番の大石(3年=藤枝東)が挙げられるだろう。
高いテクニックとアジリティを武器に常に相手の脅威になることができる選手。今節の彼にも注目したい。

明治生田はキャプテンの吉崎(3年=八千代)が鍵になる。
フィジカルを生かした競り合いの強さや、高い決定力を持ち明治生田の攻撃を引っ張る。
残留のために彼の奮起が必要だろう。

5ab331ce-de55-49b3-b4cf-b4e0d6f8121c

第3試合 青山学院大学理工サッカー部 vs 早稲田大学 FC.GUSTA

第3試合は前節立教愛好会を3-1で下し、順位を4位に上げた青山理工と、今だに勝ちがなく勝ち点3で7位に留まっている早稲田グスタの戦い。
パスサッカーを信条として掲げる両チームの対戦とあって、とても興味深い一戦となった。
青山理工は勝てば残留が確定する一戦になる。
立教愛好会を下した勢いに乗ることができるであろうか。
一方早稲田グスタは、前節の早稲田稲穂戦を惜しくも落とし悲願の勝ち点3とはならなかった。
1部残留のためには一戦も落とせない状況のため、是が非でも勝利を掴みにいくだろう。

注目選手として、青山理工からは10番の高橋(3年=國學院久我山)を選んだ。
パスサッカーの青山理工のトップ下のポジションを担う選手。
前節でもトドメの3点目を挙げ、調子を上げている。
今節も彼のゴールを見ることができるだろうか。

早稲田グスタからは、キーパーの1番那須(3年=延岡)を選んだ。
キーパーでありながら、足元の技術に優れ攻撃に繋がるキックをすることができる。
今節も1番後ろから早稲田グスタのパスサッカーを支えていく姿が見れるか、注目したい。

b20f30db-65f2-4753-b216-f1dc5a68b304

第4試合 早稲田大学稲穂キッカーズ vs 立教大学サッカー愛好会

第4試合は勝てば新関東リーグ連覇が決まる王者早稲田稲穂と、開幕から2連勝したものの調子を落とし3連敗中の立教愛好会の戦い。
早稲田稲穂は、明治体同連の結果次第では試合前に優勝が決まる状況ではあるが、勝利で優勝を決めたいところ。
一方立教愛好会は、前節先制するものの、ミスから失点し逆転を許す展開。
残留のために今節は落とせないが、前節の敗戦からから立ち直ることはできるだろうか。

稲穂の注目選手は、SBの6番米澤(3年=早稲田実業)だ。
対人戦に優れ、前節明治グルービーの重戦車小田島(3年=國學院久我山)を完封した。
また積極的な攻撃参加も得意な選手で、まさに攻守で王者早稲田稲穂を支えているといっても過言ではないだろう。

立教愛好会は99番キャプテンの近藤(3年=三重海星)に注目したい。
立教愛好会伝統の99番を背負い、全てのプレーを高精度でこなすことができる選手。
苦しい3連敗から脱出するためには、彼のキャプテンシーが必要となってくるだろう。

f83581dc-6ddc-4ff8-84cf-18d2f113c8cf

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ 早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ 明治大学 Groovy kidsのチームページ 明治大学 生田サッカー部蹴友会のチームページ 明治大学 体同連サッカー部のチームページ 立教大学 サッカー愛好会のチームページ 中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ 青山学院大学 理工サッカー部のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2018.02.01

【2/16(金)開催!】株式会社Criacao×BeYonDコラボの”就活解禁前最後の”自己分析セミナー開催決定!

みなさんご無沙汰しております!! 最近全く更新ができておらず申し訳ありません!! 今はテストが終わって春休みを満喫している人が多いでしょうか! そろそろ始まる学内戦に向け新チームを仕上げてい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.09.18

【プレゼント企画 BeYonD×EVESPORTS】チームウェアプレゼントキャンペーン開催!!

こんばんは!BeYonD編集部です! これまで「かっこいいユニフォームどうやって作る?」をテーマに様々なユニフォーム特集を紹介してきました。 それでもやはりユニフォームのオーダー作成って難しい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.09.21

【特別企画】Jユース出身の私たちが大学サッカーサークルを選んだ理由[後編]

Jユースを選んだ理由、そして大学サッカーサークルとの出会いに迫った[前編]は楽しんで頂けたでしょうか。 まだ[前編]をお読みでない方はこちらから。 [後編]では、3年時に幹事長(鈴木)、副幹事…

read more 大田智輝
コラム 2021.03.31

【新歓記事2021】vol.7 法政大学サッカーサークル

本日は法政大学の4つのサークルを紹介していきます! ぜひ参考にしてみてください! 法政大学工体連サッカー部 ・大学名・チーム名( 法政大学工体連サッカー部 ) ・自分達のサークルを一文で表…

read more 早坂
コラム 2017.02.26

【BMOM28】大山銀士(1年=東福岡)悔しさをバネにもぎ取った同点弾

優勝を収めたのは今大会屈指のタレント軍団中央大学フースバルクラブB。Aチームは準決勝で法政学団連に惜敗したが優勝したBチームの中で異彩を放っていたのが大山だ。 1-2で迎えた後半19分に芸術的な…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.06

【新関東リーグ2017・2部B第4節ハイライト】4連勝の明治エスペランサが首位をガッチリとキープ

早稲田HUMAN – 日大理工 早稲田HUMANが前半早々から圧巻のゴールショーを見せる。前半2分、菰原(3年=熊本国府)のゴールを皮切りに前半だけで3得点と自慢の攻撃陣が火を吹く。後半に入りそ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.22

【筋トレ特集vol.1】筋トレはもてるためではない。

皆さんこんにちは!   おうち時間いかがお過ごしですか?     本日紹介するのは、、、、 おうち時間全てを筋トレに捧げたイカした男 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.26

【BMOM111】奥本統太郎(1年=國學院久我山)大胆不敵な早稲田グスタのルーキーが試合を決めた!

10月20日、鹿島ハイツ第1グラウンドで開催された新関東リーグ2018 1部・第3節にて早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)が明治大学体同連生田サッカー蹴友会を1-oで下し、2勝1分で2位…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.11.16

【BMOM84】GK那須将司(3年=延岡)気持ちのPKストップで残留に近づく初勝利に貢献

【新関東リーグ2017・1部第6節】Zozopark Honda Football Area 青山学院大学理工サッカー部 0-1 早稲田大学FC.GUSTA 11月11日に行われた新関東リーグ…

read more 森井 貴弘
コラム 2016.10.21

【美女マネ特集vol.2】第2回は他チームも借りたくなるほどのマネ王国、あのチームのマネ!

お久しぶりです。   先日ついに、ついに、始まった夢の企画。   フォロワーが100人しかいなかったBeYonD公式Twitterで第1回の記事更新をお知ら…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-