【BMOM93】中島剣士郎(2年=早大本庄)が稲穂を優勝へ導く意地の一発!

BeYonD 編集部

5/13〜14に鹿島ハイツで開催された稲穂カップ2018は、早稲田大学稲穂キッカーズA(以下:稲穂)が慶応義塾大学キッカーズフットボールクラブ(以下:キッカーズ)を1-0で撃破し稲穂の優勝で幕を閉じた。

26dfed13-f4f0-4a7e-8077-2703170e594b

終始激しい攻防戦が繰り出されたこの試合。前半を0-0で折り返し、後半20分ついに先制点が生まれる。この先制点をもぎ取った稲穂97番中島剣士郎(2年=早大本庄)が今回BMOMである。

結果的にこの一点が決勝点となり稲穂を優勝へと導く一発となった。

優勝した率直な感想を聞いてみると、
「強いチームが沢山きているこの大会で優勝出来たのは素直に嬉しいです。雨の中、声枯らしてまで応援してくれた稲穂のみんなに感謝したいです」と今回の結果を素直に喜んでいた。

また、自分の長所について聞いてみると、
「スピードと弾丸シュート(笑) フリーキックも得意です!」とコメントを残した。
彼は1年生の頃から試合に出場していて、長所であるスピードと弾丸シュートで幾度となくゴールを奪ってきた。また、この試合でも左サイドを駆け上がり何度もチャンスを演出した。彼がバイタルエリアで前を向いてボールを持った時には会場全員がゴールを予感するだろう。

最後に今後の抱負について聞いてみると、
「今回の稲穂フェスタはなんとか優勝することができたけど、自分たちはまだまだ課題が山積みなので、カップ戦に向けて頑張っていきたい。個人的には大事な場面でもゴールが決められる持ってる男になりたい!」

と今回の結果に満足せず次の大会へ向けたエースらしいコメントを残してくれた。

稲穂カップ2018を優勝へと導き次なるタイトルは新関東カップ2018。稲穂がタイトルを手にするには彼の活躍が必要不可欠であることは間違いない。今後の彼のプレーに注目したい。

e1a5e981-f60c-4bd2-9d9d-7741372ea498

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2021.08.24

【各サークルの面白い人たち特集】vol.2 中央大学体同連フースバルクラブ:渡部雄飛

こんにちは!BeYonD編集部です!   各サークルの面白い人たち特集vol.2中央大学体同連フースバルクラブの渡部雄飛さんにインタビューさせていただきました!  …

read more 早坂
コラム 2017.04.30

【BMOM34】西岡祥樹(3年=東久留米総合)大型フォワードのハットトリックで新関東初勝利を逆転で飾る!

東洋大学FC Liberte FW 西岡祥樹(3年=東久留米総合) 今年度、新関東フットボールリーグに参入した技巧派集団東洋大学FC Liberte(以下:リベルタ)の初の公式戦の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.01

【BMOM51】磯島悠太(2年=真岡) ピッチを駆け回るHUMANのチャンスメーカー

早稲田大学HUMAN FC(以下:ヒューマン)は新関東カップ2017の3回戦で明治大学BeeVooと対戦し、6-1の快勝を見せた。ヒューマンの豊富なタレント、特にこの日ハットトリックを見せた藤林(3年…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.14

【BMOM68】門倉怜央(1年=正智深谷) 全国経験者の大きな貢献

先日行われた大東文化大学AVANZRE(以下AVANZRE)と大東文化大学GLANZ(以下GLANZ)による大東文化大学学内戦決勝戦は1点を争う好ゲームを繰り広げた。 前半はGLANZがボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.15

【BMOM63】小田島圭吾(3年=國學院久我山) 重戦車”改”となったこの男が2得点の活躍!

新関東カップ2017準決勝で明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は早稲田大学HUMAN FC(以下:HUMAN)と対戦し2-1で勝利を果たした。決勝へ進むべく絶対に負けることのできないこ…

read more 高橋佑輔
コラム 2022.04.23

今後のサッカーサークル界を牽引する11人を紹介!【前編】

【学年別ROUND 1年生 ベストイレブン】 先日スポーツマネジメント株式会社が主催するFOOTBALL COMPETITION 2022【学年別ROUND】1年生が開催されました。また、決勝戦…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.15

【BMOM116】苅部杜行(3年=新潟明訓)帰ってきたフースバルの心臓が優勝の立役者に!

11月11日、鹿島ハイツ第5グラウンドにて1部リーグ第6節、中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)VS 明治大学生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)の試合が行われた。 中央フースバル…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.18

【新関東リーグ2017・1部最終節】早稲田稲穂が2連覇3冠達成!!明治グルービーはまさかの2部降格へ

【新関東リーグ2017・1部最終節】 同好会最高峰の新関東リーグが最終節を迎えた。 小雨が降りしきる中、優勝・残留を目指した熱い戦いが繰り広げられた。   引き分け以上でリー…

read more 森井 貴弘
コラム 2018.10.27

【新関東リーグ2018 1部】第4節ハイライト

10月27日、新関東リーグ2018 1部・第4節が開催された。第4節は聖地・鹿島ハイツから会場を移し、波崎での開催となった。 波崎特有の風はあまり強くなく、良好なコンディションでの試合となった。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.15

【BMOM9】 MF大石元気(2年)がチームを残留に導く決勝点

多摩の暴れ馬   中央大学フースバルクラブは第6節に、明治大学体同連サッカー部と対戦し、1-0で勝利した。5位と低迷していたチームを救ったのが、左SH38番の大石 元気(2年=藤枝東…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-