【BMOM98】西出有佑(3年=座間)が伝統の中大ダービーを制する決勝点!!

BeYonD 編集部

来たる6月10日、中央大学フースバルクラブ(:以下中央フースバル)と中央大学サッカー同好会(:以下中大サカ同)の両チームが待ちわびた因縁の中大対決がサークル界の「埼玉スタジアム2002」、ZOZOパークにて行われた。

今回は拮抗した試合ゆえにBMOMを1人に絞るのは難しかった。そんな中、試合を勝利に導いたこの男をBMOMに選びたい。

中央フースバル8番西出有佑(3年=座間高)だ。

試合が動いたのは後半5分。コーナーキックを獲得した中大フースはニアをギリギリ超える高精度のキック。これを合わしたのが西出だった。

この得点が決勝点となり中大フースはダービーマッチを制した。

本来、西出は卓越したボールテクニックが持ち味。激しいボディコンタクトを極力避け、常に相手から遠い位置にボールを置くプレースタイルは、さながら最近来日したイニエスタのようだ。544227a8-8fcc-4921-8774-e779e0e1945f

(画像引用 Twitter”イニエスタbot”)

タレント揃いの中央フースバルにおいて決して目立ったプレーは多くないが、彼なしでは中央フースバルの攻撃は成り立たない。私生活では中央同好会の会長である10番金子(3年=多摩)と親友であるという。しかし、中央フースバル戦の前に金子が西出から中央フースバルの試合ビデオをもらおうとすると見事に断ったとの噂。7f0e4c86-7ce2-47bd-95f1-d63bcd4e9420

そんな西出に試合を終えての感想を聞いてみた。

「悪天候の中、遅い時間にも関わらず、遠くまで多くの仲間と先輩方が応援に来てくれていたので、その人達の為にも勝てて本当に良かったです。攻撃陣も守備陣も全員が体を張って闘っていました。その中で1番何もしてなかった自分が点を取れてしまったので、本当にラッキーとしか言いようがないですね」
と点を決めたのにも関わらず謙虚なコメント。

自身のゴールについては、

「ニアの相手選手を越えてさえくれれば決められると思ってました。自分がCKを蹴る時に狙うポイントでもあるので絶対にボールが来ると信じてました。チームメイトにはまさか自分が決めるとは思ってなかったと言われました(笑)チーム全員でもぎ取った価値のある1点でした」
と子供のような可愛い笑顔で語ってくれた。

最後に準決勝への意気込みを聞くと

「代替わりしてから大会ごとにチームとして結果が残せていなくて、新関東カップに対する想いは強まっています。次の日法戦も心身共に良いコンディションで迎えたいです」

とイニエスタ選手を彷彿させるプロのような落ち着いた発言を残してくれた。

次の準決勝もこの男のゴールに期待したい!!

中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.03.23

【マネの想いvol.7】”日本一のマネージャーになる”

−中央大学体同連フースバルサッカークラブ(以下フース)でのマネージャーとしての仕事を教えてください。 3マネについてお話しすると、私たちの代は係制度にしていて、10人が副マネキャプ、出席係、会計、備…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.27

【マネの想いvol.8】"無冠の代とは言わせない"

–稲穂キッカーズ(以下稲穂)は練習がすごく厳しいことで有名ですよね。 週3回、午前に2時間練習します。早いときは8時から。2時間集中して練習を行います。遅刻は絶対にだめで、1年時からプレマネ関係なく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.04

[BMOM1]MF新井裕貴(3年) “いぶし銀”のプレーで中盤を支配

【アットホームカップ決勝戦】味の素スタジアム西競技場 早稲田大学稲穂キッカーズ 2-1 法政大学学団連サッカー部 ”いぶし銀”の仕事人 背番号4番。エンジ色のユニフォームを着た、この男には"いぶ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.02

【BMOM66】 竹井伸吾(3年=水戸商) ”THE ボランチ”

2017年の明治大学学内戦決勝は、異例のGroovy kids(以下グルービー)対決となった。 前半から新ユニフォームを身に纏い、ジャイアントキリングを狙う勢いあるグルービーBを、ライバル明治体同連…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.06

【BMOM112】谷口諒(3年=桃山学院) 立愛の勝利に導く決勝点をアシスト!

10月20日、鹿島ハイツにて新関東リーグ・1部第3節、立教サッカー愛好会(以下:立愛)と慶應義塾大学キッカーズフットボールクラブ(以下:慶應キッカーズ)との試合が行われた。 お互いに丁寧にボールをつ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.27

【フットサル新歓記事vol.1】慶應義塾大学編(慶應義塾大学フットサル倶楽部エルレイナ、FC Pierrot)

BeYonDフットサルの立ち上げは、昨年サッカーで大好評だった、「新歓記事」で飾ります! 大学フットサルを盛り上げるために、チームの運命を左右すると言っても過言ではない新歓活動を応援します! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.02

【美女マネvol.26】シリーズ開始から約1年!節目を華々しく飾る素敵なマネ!

  こんにちは!!   そして本当にありがとうございます!!       なんと、美女マネ第1回公開から約1…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.15

【BMOM10】 MF今井 淳貴(3年)が2ゴールの活躍で優勝を決める

 数多くのルーティーンを持つ男 今井   早稲田大学稲穂キッカーズは第6節に、中央大学サッカー同好会と対戦した。稲穂は引き分け以上で優勝が決まるという大一番。結果は4-0で稲穂が勝利…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.23

【BMOM40】千葉光輔(3年=上尾)ピッチ上を駆け回るひと際目立つ男の1発で試合を決定づける。

5/20に行われた新関東カップ2回戦、日本大学理工学部サッカー部(以下日理)vs東京大学駒場FC(以下駒場)は2-0で日理が勝利し、3回戦へ駒を進めた。 気温は28度、天然芝の照り返しも考えると…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.01.26

【マネ長対談vol.2】"コロナ禍×サークル活動"マネージャー長が思うこと

第二弾となる今回の "マネ長対談" では、 3年間のサークル活動をやり切った3名のマネージャー長に チームをまとめることの難しさややりがいについて伺いました。   中…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-