【BMON114】遊馬幹彦(4年=熊谷西)カンテにアザール?!今回のBMONは多彩なプレーを持つあの男!

寺島直哉

11月3日鹿島ハイツで行われた新関東1部第5節。明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同)と立教大学サッカー愛好会(以下:立愛)のフィジカルとテクニックが相対した。結果から先に言おう。結果は3対3。壮絶な展開だった。

明治体同は立愛に3点を先取され、もう敗北が決まったようなそんな雰囲気が会場には流れていた。見ていた私も立愛の完全勝利だと思っていた。だが明治体同の選手達は諦めていなかった。そこから怒涛の3得点。衝撃の展開に驚きを隠せなかった。そんな体同の3得点のうち、1点目のPKを決め、異彩を放つ活躍をしていたのが今回BMONである明治体同の遊馬幹彦(4年=熊谷西)である。

b78531a1-ee9e-421a-aa65-4b19e411b4f7

遊馬のプレーは小柄ながらフィジカルが強く、セカンドボールの回収、卓越した技術を持っていて、さながらフランス代表のエンゴロ・カンテを彷彿させるプレーをしていた。

遊馬のプレーはそれだけでなく、足の速さ、フィニッシュまで持っていくドリブルはベルギー代表のエデン・アザールのプレースタイルにも似ていると思った。

カンテにアザール。全て揃っているんじゃないかと、もう無敵なんじゃないかと、こんなプレー憧れちゃうんじゃないかと、私はそう思っちゃいました。遊馬のプレーはそのくらい質の高いプレーだった。

そんな遊馬に今回の試合を振り返ってもらった。

「前半は自分のところでボールがおさまらなくて相手に主導権を握られてしまったんですけど、後半はそれが改善できたうえにチーム全員が相手より走って、球際の勝負にも勝っていたので3点差を追いつくことができたと思います。」

謙虚に体同のメンタルの強さを物語ってくれた。

次に普段プレーで意識していることを聞いてみた。

「強引な形でもシュートで終わらせることはいつも意識してます。試合を自分達の流れにするためやカウンターの防止になるし、個人的にもシュートを打つことで波に乗っていくタイプなので。」

とセカンドボールの回収だけでなく、ストライカーの面も持ち合わせていることがコメントから分かる。

体同の来年の選手達も気になったので、遊馬が思う自チームの注目したい、1、2年生を聞いた。

「辻 良太朗(2年=都立三鷹)です。彼も僕と同じFWなんですけどボールがよくおさまって、冷静で的確な判断ができる選手なので今後も体同連の攻撃を牽引していくと思います!」遊馬が期待する2年生辻にも今後要チェックだ!

最後に今後の試合について

「得点で勝利に貢献することはもちろん、4年生で迎えた最後の新関東リーグを楽しみたいです!」

と4年生の意地を見せる力強いコメントを残してくれた。

遊馬ら4年生にとっては最後の新関東での戦い。とても最近まで就活をしていたとは思えない体同の4年生軍団の活躍に残りのリーグ戦も目が離せない!

Written by

寺島直哉

terashima

Keywords

Recommend

コラム 2020.05.26

【イケメン特集vol.5】FC東京U15出身!サッカーサークル界の”貴公子”に取材!

皆さんこんにちは!!お家時間いかがお過ごしでしょうか。 外は暑くなって来ましたね。外出自粛の生活も、もう2ヶ月になります。 今僕が思うこと。 「そろそろ友達に会いたい。」 皆さんも自粛生活に疲…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.03.25

【新歓記事2019vol.1 早稲田大学 その1】

新歓の時期がやってきました!今年も新入生に向けた新歓企画が始まります! 1発目に紹介するのは同好会カテゴリの激戦区である「早稲田大学」です!! 学生活動が日本一活発と言われる早稲田大学にはサッ…

read more 高橋ちひろ
コラム 2018.03.23

【新歓記事vol.0】大学サッカー同好会初の公式メディア”BeYonD”

こんにちは! 暖かい日が続き花粉が飛び交い、本格的に春が到来しましたね! あとは桜が咲き乱れるのを待つのみです。 さて、新学期が始まると同好会カテゴリーでは名物行事の ”新歓活動” …

read more 高橋佑輔
コラム 2017.05.26

【BMOM45】伊藤道隆(2年=明大中野) 魔の左足から2アシストを記録しEAGLE撃破に貢献

先日5月20日に行われた新関東カップ戦2回戦、上智大学EAGLE(以下EAGLE)と明治大学BeeVoo(以下BeeVoo)の対戦。 EAGLEが先制点を上げ勢いに乗り、順調に勝利するかと思われたが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.07

【BMOM58】森本麗(2年=広島国泰寺) グルービーのラスボスが青理の攻撃をシャットアウト

Zozopark Honda Football Area で行われた新関東カップ2017準々決勝。明治大学 Groovy Kids(以下:グルービー)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)がベスト…

read more 澤田結人
コラム 2020.09.10

【特別企画】体育会からサークルへ活躍の場を移した選手たち

こんにちは!   BeYonD編集部です。   今回は体育会からサークルへ活躍の場を移した3人の選手たちにスポットライトを当てインタビューしました。 …

read more 狩野幹太郎
コラム 2019.10.24

【BMOM136】シャバシュ哲生(2年=暁星)豪華絢爛たる早稲田稲穂のキーマン!

2019年10月19日、新関東リーグが幕を開けた。2試合目の対戦カードである早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と明治大学生田サッカー蹴友会(以下:明治生田)の戦いは早稲田稲穂が3得点を挙げ完…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.11.09

【美女マネ特集vol.4】第4弾は大統領選挙のトランプ氏のごとく新関東FL2部を首位で走るあのチームのマネ!

こんにちは!   トントントントンクリントン!でおなじみの美女マネ特集です!   いやークリントンさんも、トランプさんに負けてしまいましたね。 &nb…

read more 上野澄人
コラム 2017.07.02

【BMOM66】 竹井伸吾(3年=水戸商) ”THE ボランチ”

2017年の明治大学学内戦決勝は、異例のGroovy kids(以下グルービー)対決となった。 前半から新ユニフォームを身に纏い、ジャイアントキリングを狙う勢いあるグルービーBを、ライバル明治体同連…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.25

【BMOM95】早稲田稲穂GK落合裕太(3年=日大藤沢)頼れるGKはカバーリングスキルも卓抜!

[05.20  新関東カップ 2018 3回戦  早稲田稲穂 0(6)-(5)0 早稲田ヒューマン 鹿島ハイツ第4グラウンド] スコアレスドロー、枠内シュート無し。 このような試合展開…

read more 高橋佑輔

-PICKUP CIRCLE-