【BMOM16】坂梨 龍太(2年) スプリントを繰り返しチームを支える

BeYonD 編集部

デビル 坂梨

早稲田稲穂は、先日に行われた新関東リーグ最終節で早稲田HUMANと対戦した。早稲田稲穂 にとっては、全勝優勝がかかった大事な早稲田ダービーとなった。結果は1-0で早稲田稲穂が苦しみながらも勝利し、全勝優勝を決めた。この試合ではいつものように今井や長瀬の活躍が見られた。その活躍の裏でチームを支えているのが、77番左SH坂梨 龍太(2年=早稲田実業)だ。1試合通して、攻守にわたりスプリントの連続で左サイドの端から端を走り続けた。このスプリントこそが今の早稲田稲穂の強みの象徴とも言えるだろう。

 

坂梨は全勝優勝を遂げて「雰囲気をよくすることと、チームのために走り運動量で相手を圧倒すること。さらに相手へのリスペクトを忘れず地に足をつけて戦うこと。優勝が決まってからも、慢心せずこれらの事を意識してずっとやってきたことが、全勝優勝につながったと思います。いつも全力で応援してくれるメンバーやOB、OGの方々の前で勝ててよかったです」とコメントした。今年の早稲田稲穂の強さが存分に伝わってくるコメントだ。坂梨は「自分は陣地回復係的な役割を担っています。正直な話をすると、攻撃の最後の部分はテクニックのある前線の3人に任せています」と暴露した。しかし、この暴露の裏を返せば、ほかの3人をスピードや運動量で支えている。3人の活躍は坂梨がいてこそのものかもしれない。また、坂梨のプレーを見ていると中学校時代の「シャトルラン」が頭をよぎることだろう。みなさん「シャトルラン」にいいイメージはないだろう。悪いことを思い出させてしまうプレーの坂梨。まるで「悪魔」と言っていいものなのだろうか。

img_3134

また日本一決定戦に向けて「関西のチームと戦う機会が少ないので、今からとてもワクワクしています。接戦になると思いますが、稲穂らしく戦って勝ちたいです。あと、そろそろ点決めたいですね」と意気込んだ。坂梨のスプリントやゴールパフォーマンスに注目だ。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2018.03.26

【4/10(火)開催】BeYonD ×Criacao コラボイベント「まだ間に合う!内定直結!?自己表現セミナー」開催決定!

今年も桜が見ごろになってきました。 4年生の多くは思い出がたくさん詰まった大学の卒業式を迎え、社会人に向け本格的な準備を始めている頃でしょう。 そんな中、新4年生は就職活動真っ只中!! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.28

【BMOM86】齋藤綱太(3年=渋谷幕張)頼れるキャプテンが悲願の1部昇格に導く!

【新関東リーグ2017・1部昇格戦】Zozopark Honda Football Area 慶應義塾大学慶應キッカーズ 2-1 明治大学ESPERANZA 11月25日に行われた新関東リーグ…

read more 森井 貴弘
コラム 2021.04.04

【新歓記事2021】vol.10専修大学サッカーサークル

こんにちは!新歓記事vol.10では専修大学の2チームについて紹介していきます!   専修大学サッカー愛好会 ・大学名・チーム名 専修大学サッカー愛好会 ・自分達の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.18

【文教大学学内戦決勝戦】フォトギャラリー

1番桐ヶ谷(3年=久喜北陽)はビッグセーブを連発し、ゴール前の番人となった。優勝の立役者はこの人に違いない。 10番関(1年=千葉経済大学附属)は豊富な運動量と共に、攻撃のリズム…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.11

【BMOM7】GK山崎亮輔(2年) ビッグセーブ連発でチームを救う

最後の砦 山崎 第5節、7位早稲田大学HUMAN.F.Cは、8位中央大学サッカー同好会と対戦。結果は4-0でHUMANが快勝した。スコアだけを見れば、簡単な試合に見えるが、幾度となくピンチが訪れる危…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.15

【BMOM63】小田島圭吾(3年=國學院久我山) 重戦車”改”となったこの男が2得点の活躍!

新関東カップ2017準決勝で明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は早稲田大学HUMAN FC(以下:HUMAN)と対戦し2-1で勝利を果たした。決勝へ進むべく絶対に負けることのできないこ…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.08.16

【BMOM70】 抜群の推進力と身体の強さを活かし、矢部晃太(3年=埼玉栄)がFC FLITTを東洋大学頂点に導く2発!!

先日大雨の中行われた東洋大学 F.C. FLITT(以下FLITT)と東洋大学 就活してboys(以下就活)による東洋大学学内戦決勝は、打ち合いの接戦となった。 天候のせいか、試合は互いにロングボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.05.23

【BMOM124】増田圭(3年=日大日吉)187cmの長身DFが勝利に貢献

5月18日(土)ATSU FOOTBALL FIELD にて青山学院大学理工学部サッカー部(以下:青山理工)vs 日本大学法学部サッカー部(以下:日大法学部)の試合が行われた。 パスサッカーを掲げる…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.14

【プレスリリース】BeYondがH.I.Sとパートナーシップ契約!これからのインタレスティングなイベントに乞うご期待!!

  この度、2018年3月14日より BeYonDプロジェクト(代表:古平翔太)は株式会社エイチ・アイ・エス スポーツイベントセクションとの間で、スポンサーシップ契約を締結しました…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.16

【大好評イベント!】マネージャーカレッジ開催!

みなさんこんにちは! BeYonD兼稲穂キッカーズマネージャーの高橋ちひろです。   普段はプレーヤーメインの記事が多いですが、 今回はマネージャーの皆さんにお知らせ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-